あいば達也 さん プロフィール

  •  
あいば達也さん: 世相を斬る あいば達也
ハンドル名あいば達也 さん
ブログタイトル世相を斬る あいば達也
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/aibatatuya
サイト紹介文金融資本主義の限界、欧米民主主義の綻び。日本人の21世紀以降の生き方に思いを馳せて
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/09/25 22:57

あいば達也 さんのブログ記事

  • ●“金満民進党” 助成金抱えて"希望"と絶望の抱きつき心中
  • 主権なき平和国家 地位協定の国際比較からみる日本の姿クリエーター情報なし集英社クリエイティブおそろしいビッグデータ 超類型化AI社会のリスク (朝日新書)クリエーター情報なし朝日新聞出版市民政治の育てかた: 新潟が吹かせたデモクラシーの風クリエーター情報なし大月書店東北を置き去りにした明治維新 戊辰戦争の謝罪なしに、日本の融和はないクリエーター情報なし文芸社●“金満民進党” 助成金抱えて"希望"と絶望の抱き [続きを読む]
  • ●森友加計問題、日馬富士事件、北朝鮮ミサイルに思うこと
  • 「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争・暴力・革命 (SB新書)クリエーター情報なしSBクリエイティブ永久属国論 ―憲法・サンフランシスコ平和条約・日米安保の本質クリエーター情報なしさくら舎忖度バカ (小学館新書 か 19-1)クリエーター情報なし小学館未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)クリエーター情報なし講談社●森友加計問題、日馬富士事件、北朝鮮ミサイルに思うこと  森友加計問 [続きを読む]
  • ●去りゆくジャパン・ハンドラー:Gカーチスの戯言から学ぶこと
  • 経済成長なき幸福国家論 下り坂ニッポンの生き方クリエーター情報なし毎日新聞出版在日米軍 変貌する日米安保体制 (岩波新書)クリエーター情報なし岩波書店国貧論(atプラス叢書14)クリエーター情報なし太田出版藻谷浩介対話集 しなやかな日本列島のつくりかたクリエーター情報なし新潮社●去りゆくジャパン・ハンドラー:Gカーチスの戯言から学ぶこと  コロンビア大学政治学者のジェラルド・カーティス氏の名を聞いたら、真っ [続きを読む]
  • ●保守対リベラル 護憲(保守)改憲(リベラル)と云う逆転現象
  • 閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済 (集英社新書)クリエーター情報なし集英社和の国富論クリエーター情報なし新潮社主権なき平和国家 地位協定の国際比較からみる日本の姿クリエーター情報なし集英社クリエイティブ●保守対リベラル 護憲(保守)改憲(リベラル)と云う逆転現象  安倍首相が野党の要求で嫌々応じた所信表明演説は手抜きが目立つ手短所信表明だった。憲法改正や北方領土など、厄介な所信は飛ばすか、触れる程度 [続きを読む]
  • ●保守化する若者票のゆくえ 自民の集票戦略とリベラル派の応戦力
  • 日本人が忘れた日本人の本質 (講談社+α新書)クリエーター情報なし講談社超高齢社会だから急成長する日本経済 2030年にGDP700兆円のニッポン (講談社+α新書)クリエーター情報なし講談社知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)クリエーター情報なし講談社おい、小池!クリエーター情報なしベストセラーズ●保守化する若者票のゆくえ 自民の集票戦略とリベラル派の応戦力  安倍一強、自公圧勝、与党大勝‥等と [続きを読む]
  • ●“眠れる獅子”のめざめ 選挙から見えてきた安倍晋三の脆さ
  • 経済と国民 フリードリヒ・リストに学ぶ (朝日新書)クリエーター情報なし朝日新聞出版底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路 (朝日新書)クリエーター情報なし朝日新聞出版漂流女子 ――にんしんSOS東京の相談現場からー― (朝日新書)クリエーター情報なし朝日新聞出版●“眠れる獅子”のめざめ 選挙から見えてきた安倍晋三の脆さ  総選挙が終わってみれば、案の定、自民党の圧勝で、自公与党が2/3議席を獲得、今にも憲法改 [続きを読む]
  • ●現状を踏まえた理想的与野党勢力 縄文共同体の萌芽
  • 大メディアだけが気付かない どアホノミクスよ、お前はもう死んでいる (講談社+α新書)クリエーター情報なし講談社核大国ニッポン (小学館新書)クリエーター情報なし小学館現代日本の地政学 - 13のリスクと地経学の時代 (中公新書)クリエーター情報なし中央公論新社永久属国論 ―憲法・サンフランシスコ平和条約・日米安保の本質クリエーター情報なしさくら舎●現状を踏まえた理想的与野党勢力 縄文共同体の萌芽*只今、22日午 [続きを読む]
  • ●“今がよければ” 損得、刹那、棄権に支持される与党自民
  • ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)クリエーター情報なし集英社沖縄と国家 (角川新書)クリエーター情報なしKADOKAWAスノーデン 日本への警告 (集英社新書)クリエーター情報なし集英社増補版 アメリカからが消える (扶桑社新書)クリエーター情報なし扶桑社●“今がよければ” 損得、刹那、棄権に支持される与党自民  自民党嫌いや安倍憎しの国民の目から見ると、“安倍続投をいいと思わない”、“与党より野党勢力が伸 [続きを読む]
  • ●世論調査の矛盾 内閣支持は高投票率、不支持は低投票率 
  • 中央銀行は持ちこたえられるか ──忍び寄る「経済敗戦」の足音 (集英社新書)クリエーター情報なし集英社「愛国」という名の亡国論 ―「日本人すごい」が日本をダメにするクリエーター情報なしさくら舎宝は農村にあり 農業を繋ぐ人たちクリエーター情報なし西日本出版社●世論調査の矛盾 内閣支持は高投票率、不支持は低投票率   まぁ半分当たり前のことを書くのだが、各メディアは衆議院選序盤情勢は、自公与党の圧倒的勝利 [続きを読む]
  • ●政治に期待しない国民 自民圧勝、いいんです、スマホさえあれば
  • 世代の痛み - 団塊ジュニアから団塊への質問状 (中公新書ラクレ)クリエーター情報なし中央公論新社底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路 (朝日新書)クリエーター情報なし朝日新聞出版もの言えぬ時代 戦争・アメリカ・共謀罪 (朝日新書)クリエーター情報なし朝日新聞出版●政治に期待しない国民 自民圧勝、いいんです、スマホさえあれば  日経・読売、朝日の選挙情勢が公表された。これにNHKの政党支持率を重ね合わせると、こ [続きを読む]
  • ●「立憲民主党」誕生は野党細分化にあらず 次世代政権政党の萌芽
  • 叩かれても言わねばならないこと。クリエーター情報なし東洋経済新報社「小池劇場」が日本を滅ぼす (幻冬舎単行本)クリエーター情報なし幻冬舎希望の政治 - 都民ファーストの会講義録 (中公新書ラクレ)クリエーター情報なし中央公論新社●「立憲民主党」誕生は野党細分化にあらず 次世代政権政党の萌芽 ほんの少し前まで、日本政界は、保守右翼(自公)準保守右翼(希望維新)の闘いの様相だった。どちらに転んでも、全体主義・ [続きを読む]
  • ●あこぎ過ぎる小池の騙し討ち 菅と小池の“にぎり”の疑惑
  • 新・幸福論: 「近現代」の次に来るもの (新潮選書)クリエーター情報なし新潮社安楽死で死なせて下さい (文春新書)クリエーター情報なし文藝春秋知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)クリエーター情報なし講談社メディアの驕り (新潮新書)クリエーター情報なし新潮社●あこぎ過ぎる小池の騙し討ち 菅と小池の“にぎり”の疑惑  福島瑞穂が他党のこととはいえ、あまりにも“あこぎな仕打ち”を受けている民 [続きを読む]
  • ●エージェント竹中平蔵 犯罪特区システム≒国家戦略特区
  • 市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像クリエーター情報なし講談社「国富」喪失 (詩想社新書)クリエーター情報なし星雲社国家戦略特区の正体 外資に売られる日本 (集英社新書)クリエーター情報なし集英社●エージェント竹中平蔵 犯罪特区システム≒国家戦略特区  常々、竹中平蔵という人物が東京地検特捜部の摘発を逃れられるのは何故なのかと不思議に思っている。個別の案件一つ一つでは犯罪要件を満たさないが、十数 [続きを読む]
  • ●平成の楼閣は砂上にあるのか “安倍1強の秘密”を探る 1
  • 大メディアの報道では絶対にわからない どアホノミクスの正体 (講談社+α新書)クリエーター情報なし講談社政治報道のカラクリ 安倍政権誕生の真相 & 操られた平成選挙史 (知的発見! BOOKS 018) (知的発見!BOOKS)クリエーター情報なしイースト・プレス亡国の安保政策――安倍政権と「積極的平和主義」の罠クリエーター情報なし岩波書店安倍政権の裏の顔 「攻防 集団的自衛権」ドキュメントクリエーター情報なし講談社●平成の楼閣 [続きを読む]
  • ●日米市場、北朝鮮危機は去ったのか? 中露韓の危機感を探る
  • 韓国左派の陰謀と北朝鮮の擾乱クリエーター情報なしベストセラーズ金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日 (講談社+α新書)クリエーター情報なし講談社独裁国家・北朝鮮の実像――核・ミサイル・金正恩体制クリエーター情報なし朝日新聞出版「北朝鮮」と周辺国の戦力がわかる本クリエーター情報なしメディア・パル●日米市場、北朝鮮危機は去ったのか? 中露韓の危機感を探る 安直なテロ手段として定着の感がある車両テロがスペイン・バ [続きを読む]
  • ●“身も蓋もなくなる話” 敗戦国日本はいまも健在、半分主権国家
  • 知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)クリエーター情報なし講談社日米同盟のリアリズム (文春新書)クリエーター情報なし文藝春秋米中激突 戦争か取引か (文春新書)クリエーター情報なし文藝春秋●“身も蓋もなくなる話” 敗戦国日本はいまも健在、半分主権国家矢部宏治氏著作の『知ってはいけない――隠された日本支配の構造』は、薄々理解していた日米関係の強靭な裏条約のようなものを、米国公文書など [続きを読む]
  • ●デマゴーグとテロルの「長州レジューム」 江戸幕府の見直し
  • 幕末維新史の定説を斬る (講談社文庫)クリエーター情報なし講談社明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト〔完全増補版〕 (講談社文庫)クリエーター情報なし講談社日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)クリエーター情報なし岩波書店赤松小三郎ともう一つの明治維新――テロに葬られた立憲主義の夢クリエーター情報なし作品社●デマゴーグとテロルの「長州レジューム」 江戸幕府の見直し [続きを読む]
  • ●自民大敗 敗因は数々あれど ”安倍”への嫌悪憎悪が最大
  • 「ポスト真実」の時代――「信じたいウソ」が「事実」に勝る世界をどう生き抜くかクリエーター情報なし祥伝社信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体 (朝日新書)クリエーター情報なし朝日新聞出版隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働クリエーター情報なし文藝春秋●自民大敗 敗因は数々あれど ”安倍”への嫌悪憎悪が最大 今回の都議選の総括、多くのメディアが実しやかに論じている [続きを読む]
  • ●三百代言詐欺師へのまなざし 完全に壊れた男による“政”
  • 憂国論 戦後日本の欺瞞を撃つ(祥伝社新書)クリエーター情報なし祥伝社物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディアクリエーター情報なし花伝社世界の右翼クリエーター情報なし宝島社●三百代言詐欺師へのまなざし 完全に壊れた男による“政” 【中日・東京新聞の大スクープ写真】 上掲写真は中日・東京新聞の沖縄がみつめる本土の内閣総理大臣へのまなざし。沖縄慰霊の日、翁長知事が睨むのは当然だが、少年少女の顔を [続きを読む]