ゴンタ さん プロフィール

  •  
ゴンタさん: 英単語ダジャレ集
ハンドル名ゴンタ さん
ブログタイトル英単語ダジャレ集
ブログURLhttp://eitango-dajare.blogspot.jp
サイト紹介文中々出会わず 度忘れしやすい英単語を、効率良くかつ面白く身に染み込ませる画期的な方法を毎月曜日公開
自由文日頃出会うことの少ない、しかし時折出現し悩ませられる英単語(即ち難解な)を、反射運動の要らない読解用として、日本国内で身につけるには、日本語で(語呂合わせで)覚えるのが、特に記憶力の低下している中高年者には有効のようです。一英語ファンの私が、作り溜めた語呂合わせ文を、英単語習得に奮戦されている皆様に見て戴く為に、毎週英語にまつわる随想を交えつつ公開する面白ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/09/27 09:33

ゴンタ さんのブログ記事

  • 11月号−−−日英語融合か???
  • 妙な語呂合わせ思いつきました。それは、英語をローマ字読みして、それを漢字にあてはめ、似た意味になる日本語を創れないかということです。ただ、一つありました。それが今回の1)です。1)やみくもに、ひっかき回してありかを探す事を、日本語英語共に『ランサク』という。英語で『ransack』、日本語で『乱索』?。⑭ransack(vt)例文:They had ransacked my room to find the letter.(weblio dictionary)いかがでしたか。分か [続きを読む]
  • 10月号−−−久しぶりに三語出来。
  •     1)政治は楽していると、すぐ緩みがでる。⑳laxity(n)例文;It has been pointed out that arrogance and laxity have merged in the Abe administration due to its longtime rule.(JapanNews 9/16 Editorial)※relaxから類推は可か。なお、ruleは「習わし」⇒「規則」⇒「支配」となって、「政権 」の意味で使わ  れることがまま有るんですね。(コズミ辞書より。)2)ダイア産出国の国民、紛争嫌って、ダイア( [続きを読む]
  • 9月号−−−今月は能書き無し!
  • 1)穴あけるんだからもたもたせんでパッパー掘れーと言われ。⑰perforate(vt)例文;Water could enter the basements of these buildings through stairways,air vents,perforated pipes and other openings. 2)伸びる会社の幹部らせんし、自己満足。⑫complacency(n)例文;No complacency on soy sauce throne.(キッコーマンの幹部へのインタビュー記事の見出し文) [続きを読む]
  • 8月号−−−タイムリーな話題
  •  難易度は高くない単語ですが、タイムリーな話題の文章に出ていた単語なので取り上げました。1)あざけりバカにされたことに対しては,誰かのように「なんか文句(モック)あっか」と言うべし!⑥  mock(vi,vt,n,a)                  例文:Women are told they have to give birth;if they don't,they're mocked as being     `unproductive' ,but then again,just the possibility that they might [続きを読む]
  • 7月号−−−トランプのツイッター
  • DonaldTrump 7月10日 Many countries in NATO, which we are expected to defend, are not only short o
    f their current commitment of 2% (which is low), but are also delinquent for many years in payments that have not been made. Will
    they reimburse the U.S.? 今回は例文から書きはじめました。多くの一般大衆に向けた言葉なので、新聞
    記事の文章より、難解な単語は少ないようです。尚 [続きを読む]
  • 6月号−−−遅くなりました。
  •                        5月下旬、何かの不具合で、このブログのログインが不能になり、6月号を公開できずにいました。昨日やっと直り、6月ギリギリセーフで公開致します。(6/28記)1)何度言っても聞き分けのない子に、チャイド(再度)小言を言った。⑪chide(vt,vi)例文:When I had Harley-Davidson officials over to the White House,I chided them about tarrifs in other countries,li [続きを読む]
  • 5月号ーーー米朝二語プラス1 
  • 1)さっきまでナスがいいと言っていたのに、「いまキューリある?」とはなんと、ころころ意見の変わる奴だ。意見がすぐヒックル変わる、気まぐれなどこかの大統領のようだ。mercurial(a) fickle(a)−−−二つは類語mercurial例文:With Angela Markel and Emmanuel Macron visiting Donald Trump this week,much of the commentary has focused on how wildly different the staid German chancellor and the globally minded Fr [続きを読む]
  • 4月号−−−連語二つ
  • 今月は、最近の新聞で出会った二つの連語を収載しました。どちらも私には見当つかず、何とか覚えようとしたわけですが、既知の方も多くいると思われます。ただ、このような連語は無限にあり、全てを覚えようとすると気の遠くなる作業になると思われ、出会ったものを一つ一つ攻略していく他ないのでしょうね。面倒なのは、場合毎にピタっとするものがそれぞれ異なることで、そこまで峻別して記憶していくのは、ただの学習では到底無 [続きを読む]
  • 3月号−−−実際にあった話
  • 1)がん細胞を無力化する本を書いてくれた或る研究者に今すぐ礼しよう。?emasculation(n)例文:The CEO is thinking about how to prevent emasculation of the staff.※今回のダジャレ文は、私が言葉を交わしたことのある研究者が著した著書が、初期がんに見舞われた私にとって、大変役に立つガンを寄せ付けない手法(食物療法)を発見された、その方に、実際に謝意をお伝えした経緯があります。つまり実話だったのです。、 [続きを読む]
  • 1・2月号−−−1,2月分同時公開
  • 2018年1・2月用ダジャレ文、遅くなりましたが、本日いっぺんに公開します。1月号1)悪意も匂わす辛辣な言葉。?acrimonious(a)  ※アクイ←アクリ−−−かつて随想で言及しましたように、  rは半母音でi とriは米語では紛らわしく、殊に弱アクセント  の場合は riはiに聞こえる)例文:Trump disputes cast shadow on acrimonious G-7summit.(2017.5/28    JapanNews)2)迷いに迷い、丸一日考え抜いた。⑪mull(vt,n)例 [続きを読む]
  • 1・2月号−−−1,2月分同時公開
  • 2018年1・2月用ダジャレ文、遅くなりましたが、本日いっぺんに公開します。1月号1)悪意(アクイ←アクリ−−−かつて随想で言及しましたように、  rは半母音でi と riは英語、特に米語では紛らわしく、殊に弱アクセント  の場合は riはiに聞こえる)も匂わす辛辣な言葉。?acrimonious(a)例文:Trump disputes cast shadow on acrimonious C-7 summit.−−−    2017.5/28の英字新聞の見出しにあった文章です。2月号1 [続きを読む]
  • 12月号−−−新聞でしか会わない単語
  • 1)サボ(プ)って丸もらえる学校なんて最低。⑲suboptimal(n)例文:忘れました(ある新聞に「おそまつ」と訳されていた、普通の辞書にも出ていない単語。これだから、書き言葉の英文はいやですね。)尚、sub-の接頭辞はいろいろな意味があり全てを覚えるのは無理ですね。似たものにsubopticalがありますが、「盲目の」とか「目には見えない」とかいう意味でつかわれるのでしょうかね。 [続きを読む]
  • 9月号その2−−−ある宣伝
  • 今回は英単語ダジャレとは無関係の話題にて失礼します。このブログの出稿者である私、後藤がこのたび、9/1〜9/30までの四週間、水彩画作品の展示会をさせていただくことになりました。個展などを催す会場ではなく、地下鉄の地下通路の壁面での展示です。 場所は、都営地下鉄三田線福祉会館口改札から出て左側の出口A8に入る左側で、地下鉄浅草線方面に向かって右側です。天井に「ギャラリーコーナー」という看板が下がっています [続きを読む]
  • 9月号−−−ちょっと早めの9月号
  • 1)人前でそこまで叱責するとは、非(び)礼としか言いようがない。⑮berate(vt)例文:As he left the meeting, he was berated by angry demonstrators.(傍線はberated以外無関係)2)2)レビュー苦に、省いたらものすごい非難が殺到した。例文:Trrump,Xi rebuke N.Korea aggression.⑩rebuke(vt)※1)2)は類語 [続きを読む]
  • 7月号―-神童 現る
  • 何の分野でも、子供のとき神童だったプロで(強い)爺をことごとく退けなかった者はいないものだ。。⑪prodigy(n)例文:Lapanese teenage prodigy Souta Fjii has achieved the longest-ever winning streak in the traditional board game of shogi.※winning streakの反対語は、losing streak。(普通a,theなどの定冠詞が付く)「連勝記録」は後にrecordを付ければよい。尚、記録を打ち立てるは、achieve 以外にset(反 [続きを読む]