鐡翁 さん プロフィール

  •  
鐡翁さん: 薪ストーブと高齢者の日々
ハンドル名鐡翁 さん
ブログタイトル薪ストーブと高齢者の日々
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tetsu7ou9
サイト紹介文薪ストーブを焚き、暇な時は庭の草花を眺め、時々薪探しに出かける高齢者の独り言
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2012/09/28 11:39

鐡翁 さんのブログ記事

  • 疲れが残って・・・
  •  一日置きに雪が降り、その片付けで腕や腰が痛いのに、今回は股関節まで痛くなり疲れがとれず老いを感じるこの頃、以前からグラグラで唯付いていだけの前歯が抜けたので午後から歯科医院へ・・・医院までの道路は除雪がされておらず、軽自動車の運転は雪にハンドルが取られ命がけ、医院まではいつも15分前後で行けるのに今回は倍の時間がかかり、雪投げ以上に疲れた。 抜けたあとを診て治療の必要なしとのこと、食べるのに差 [続きを読む]
  • 冬至が近い・・・
  •  昨日は全道が雪が降ったが、当地方は朝の内に止み午前中家の周りの雪を片付けて終わったが、午後から晴れた。 今年は前年以上に寒く、早くから深夜電力による蓄熱も使っていたが、これまで余り効果が感じられなかったのに、今日は朝から晴れて陽が射し込み部屋の中は暖かく、まだ薪ストーブに火が入っていないが、薪棚の空きが目立ってきたのが少し気になる。 陽が落ちて室内の温度も下がりはじめたので、薪を焚こうと立ち上 [続きを読む]
  • 燃えている・・・
  •  昨日の雪は午前中に19センチ降って、午後から晴れたが、この市は生活道路の除雪が午後8時からとのこと除雪車は来ず仕方なく、凍った上に積もった家の前の道路を除雪をしたが、足元が滑るのでいつもより時間がかかり疲れも倍増、腰も痛い・・・終わって僅かに残った熾きの上に薪をくべると、数分して燃え上がった。 夕食後炎を見ながら居眠りしていると、ゴーと音がして、カーテン越しに回転灯が見えた。 除雪車がきたの? [続きを読む]
  • 止めれない・・・
  •  前回降った雪が融けずに残っているのに、今夜から雪になる、との天気予報なので降らない内にと、コンビニまで煙草を買いに行ってきた。 家の前の道路は陽が当らず、前回の雪が車で踏み固められた轍でデコボコ、ツルツル、で学校帰りの子供達が、転ばないようにと恐々歩いていた。 転ばないようにと慎重に歩いて帰ると、カミさんに随分時間が掛ったね、転んで動けなくなったのではと思った、そして煙草を止めたら、と一言・ [続きを読む]
  • 師走に入った・・・
  •  今朝の最低気温は−10.8℃、日中も気温は上がらず、真冬日に・・・ 火夫は老いが進み体力の低下を感じているが、それでも血圧が少し?高い以外は、風邪を引く事もなく、薪が燃えて出るオーロラ模様の炎を眺めながら、世の中が何だ、かんだと騒がしい中、今年も残すところあとひと月になったが、今後も薪ストーブ生活が順調に続くことを願いながら、薪をくべている・・・                        [続きを読む]
  • 何の足しにも・・・
  •  年寄りは暇だねぇ、散歩したいが道路はツルツル、滑って危ないし、テレビを点けても何の足しにもならない横綱の暴力の事ばかり・・・ その暴力も、巡業中の深夜に横綱三人も参加していたカラオケ店?で・・・ 本人は数十発も殴っていない・・・傍にいた横綱はビールを持ったが滑って落としたとか言っているようだが、そうなる前になぜ止めなかったのかね・・・ その横綱は優勝したあと、膿を出して二人とも土俵に上げてあげ [続きを読む]
  • 平々凡々・・・
  •  昨日の午前中、雪が降り前回の雪が融け表面が氷になった道路に積り滑るので外出も儘ならず、朝から薪ストーブを焚き居眠りしていると、火災保険の更新のため代理店をしている知人が右手に包帯をして訪ねてきた。なんで包帯しているのと聞くと、滑って転び腕にヒビが入ったが、車の運転に支障はないと言いながら、外は寒いが薪ストーブは暖かいねと一言・・・夕方にはまた雪が降り出し、寝るまで焚いたが、今日は一転して快晴 [続きを読む]
  • 薪に明け暮れて・・・
  •  寒い日が続いていて、薪ストーブはフル稼働・・・薪をくべる以外スルことがなく、暇を持て余し、時々テレビのスイッチを入れても、北朝鮮に始まり、相撲とりの暴力事件?や国会中継、しまいには慰安婦に関する事など俺には全く興味のない事ばかりで、見ていても詰まらない・・・ そこで、薪の燃えている間は居眠りし、燃え尽きると外から薪を運び入れて、くべることの繰り返しで、暮れていく日々が続いている・・・     [続きを読む]
  • 今冬初積雪・・・
  •  天気予報はウソ付かない?何時ものとおり朝起きると雪が降っていて、小さな庭は真白になっていて、隣近所の人達が雪投げをしていた。 雪を投げた跡をみると舗装が濡れており、日中の最高気温は8℃になると言うので、慌てて投げなくてもある程度融けると予想し、雪投げは暫く様子を見る事にして薪を焚き付けた。 雪は間もなく降り止み雪投げが終わった人達もそれぞれ家に入って外に物音はなく、薪が燃える炎も静かに揺らい [続きを読む]
  • 冬眠に入る?・・・
  •  永年の経験からこの時期の雪は降っても道路はすぐに乾くので、峠を越えて走らない限り必要ない、仮に降っても道が乾くまで乗らなければいいと、冬タイヤに交換せずにいたが、ある雨降りの日朝食のあと、カーポート下にある指定席に座り積んである薪を見ながら煙草を吸っていると、隣の旦那が自分の車のタイヤを交換するついでに取り換えてやると言うのでして貰った。 だが、その後も雨は降っても雪は降らず、交換後車は未だ運 [続きを読む]
  • 燃料の消費量・・・
  • 週末になるとテレビでのニュースは、天候が大荒れ、強風が吹き、北の地方は雪になると報じらているが、この地方では遠くの山が薄らと白くなったが平地は所々で秋蒔き小麦の緑がまだ鮮やか・・・ 薪ストーブを使い始めてからの同期間での最低気温が氷点下になった日は、昨シーズンに13日ほどあったが、今シーズンは6日と少なく、焚き始じめてから一カ月、灯油の消費量は同じだが、薪は前年の約半分で済んでいる・・・  [続きを読む]
  • 薪事情Ⅱ・・・
  •  NHKテレビに東京のある薪ストーブ店が出て、設置するのに約百万円、それに焚く薪の量が一日で約この位で約千円、とラックに積んである一部分を適当?に手で示していたが、どの位の量か判らなかった。 そして薪は燃料として割高に付くと言っていたが、この地方の楢薪は一立米で運賃込み二万円前後、年間六立米焚くとして約十二万円・・・ 東京の薪は燃料として高いのが判るが、残念なのは薪を焚くのに絶対必要な焚付けの事が [続きを読む]
  • 薪事情・・・
  •  7年前から我が家はどの位燃やしているのか記録し、薪作りの参考にしていたが数年前、テレビで女性でも出来る薪割りを指導しているという団体が薪ストーブで使う薪の量は1シーズン約2.500本(6?)位と言っていたのを聞いて、比較してみたところ、ほとんど変わらなかった。 体力的に年々薪集め(薪作り)が減少して、3年前からは秋口と春先に補助暖房(カセットガスやポータブル石油ストーブ)を使うようになって焚く [続きを読む]
  • 落ち枝・・・
  •  昨日は晴天、気温も上がり、絶好の散歩日和になったので久し振りに公園に隣接する林の中の散策道へ・・・ 木々はほとんどの葉を落としたなか、茶色になった柏の葉が・・・ それを眺めながら歩いて行くとヤチダモの枝が斜めに落下しており、薪にいいなと思いながら、その下をくぐり抜けてきた・・・                                   [続きを読む]
  • 小枝を拾いながら・・・
  • 近所の人々から薪乞食と言われながらも、散歩時は何時も薪の事を考えながら歩いて、木々の下では枯れ枝が落ちていないか辺りをキョロキョロと落ち枝を見付けては拾って歩いているが、このところ二週、続いて台風の影響から雨が降らずとも強い風が吹き散歩をしない日が多い。 四日ぶりに何時もと違う道を歩いていると、小さな公園に生えている木から、強風で落ちたと思われる枯れた小枝が数本落ちていたので、拾って持ち帰え [続きを読む]
  • 冬支度・・・
  •  秋晴れの日が続き、窓から射し込む陽光のお陰で、室内はポッカポ薪、カストーブの出番もなく手持無沙汰・・・ 一昨日は冬支度を始めたカミさんに連れられて、知り合いが作っている隣町の畑に行き大根を引き、車に積んで運び、それを洗い、乾すために二階のベランダに上げるなどの手伝を・・・ 今冬も美味い漬け物が食べられると思えば仕方のないことだがが、これが結構な重労働?で、まだ背中な腰が痛く疲れが抜けきれないで [続きを読む]
  • まだ紅葉が・・・
  • 台風の影響から積雪30センチと報じられたが、道路や庭は白くならなかった。 薪ストーブは何時でも火を点れるようにしてあるが昨夜は暖かく焚かずに済んだため、老火夫は朝から何もすることが無く、居眠りして過ごすも、さすがに午後は眠れず、ガソリンの無駄使いと知りながら親戚の雑木林まで久し振りのドライブ・・・途中の山裾は寒さでほとんどの木々が葉を落としたなかで紅葉がまだ残っていた・・・            [続きを読む]
  • 紙屑・・・
  •  総選挙、何だ、咬んだと訳の分からない俄か政党が出来た、投票の結果はまたもや自民党、投票した有権者の半数が現政権を認めたことになる・・・ 薪ストーブ店のイベントに行かず小雨のふるなか、投票所に行ってきたが、清き?1票は、たんなる紙屑に。何のために投票してきたのと、薪ストーブの中で炎が揺らいでいる・・・                         [続きを読む]
  • 最低気温は氷点下・・・
  •  二カ月振り予約している病院に行き、薬を処方して貰う。診察前に待合室に置かれた血圧計で測ると、上172 下92 担当医師は急に寒くなったからかな?と言いながら何時ものとおり処方してくれた。  次回の予約をして支払を待つ間、もう一度測ると上152、下82、最低気温は二日続けて氷点下、家に帰って直ぐに薪ストーブを、薪は3年前に直径10糎以下の白樺を半割して作ったもので、よく燃えるが火持ちは日光の手 [続きを読む]
  • あちこちで雪が・・・
  •            ここのところ、散歩していても風が冷たく寒い・・・      雨で歩道に出来た水溜りに、紅葉した街路樹が写り、散った葉が浮び      山や峠の雪の便りは、次第にあちらこちらの街でも舞ったとの便りに変      わって、一層寒さが身に沁みるように・・・      雪の便りとともに、本格的な薪ストーブの日々が始まる・・・                               [続きを読む]
  • 冬近し・・・
  •  散歩しようと、準備をしていたら何処かからチエンソーの音が聞えたので音のする方へ歩いていくと、僅か300歩程のところの、林の中で落葉松と思われる木を倒して玉切りしている人の姿が、しかも知らない人が薪を焚いている知り合いの家のすぐ裏で・・・ 家の周りに積む場所もないのに、欲しいなと思いながら何時もの道を一回りしてその場所に戻ると、一輪車で切った玉を車が入れる道路脇まで出していた・・・このような光景 [続きを読む]
  • 老人と散歩・・・
  •  朝食後、薪を焚く準備するのが日課に・・・準備後陽が射してきたので散歩に。散歩エリア内に、2か所のゲートーボール場があり、1昨年まで時々プレーをしていた高齢者がいたが、昨年も今年も一度もその姿はなく、コースは落葉で埋まっているが、誰も取り除いていない・・・彼等は今、何をしているのだろう?・・・ 色付いた道端の草花を眺めながら、川べりの道を歩いてきたが、寒いからなのか、誰とも逢うことはなかったが木 [続きを読む]
  • シーズン初焚き・・・
  •  日を追うごとに朝夕の寒暖の差が大きくなり、近くの公園は紅葉の真っ盛り・・・ 昨夕の室内温度、21℃を切り我が家で薪ストーブを焚く目安の温度になったので躊躇わず焚き付けた。 夕食の支度をしていたカミさん、そんなに焚かなくてもいいのに、・・・暑すぎる、と言うのだがクセ?のようだが昨晩は、薪ストーブはやっぱり暖かいね、と一言・・・ カミさんとの会話は当分の間、寒い、暖かい、暑い、暑すぎる、が多くなる [続きを読む]
  • 気の向くままに・・・
  •  73歳から散歩をする様になって8年目、とは言っても今日は雨が降っているから、今日は風が強いから、今日は暑いから、冬は雪で滑って転びたくないと言って歩かず気が向いた時だけ・・・ 幾通りのコースを気の向くままに歩いているが、薪木の積んである家に気が付いた時、これ何処で入手したのだろうと気にしながら歩く薪焚き老人の散歩・・・                                 [続きを読む]
  • 夕日と月・・・
  •  中秋の名月当夜、陽が落ち、カミサンが月が出ているよ、と言うので外に出てそれを見たが写真には撮らなかった・・・ その翌日新聞に名月?が載ったので1日遅れでも良いから撮ろうと少し早いが外に出てみると陽が沈むところで、太陽は黄色で空はオレンジ色に染まっていた・・・ 陽が沈みコンパクトカメラを構えて月の出を待ったが東の空は薄暗く、月はすぐには姿を見せてくれず、待ち切れなくなり晩飯を食べ暫く経って外に出 [続きを読む]