五月雨時雨 さん プロフィール

  •  
五月雨時雨さん: BLエロ小説 短編集
ハンドル名五月雨時雨 さん
ブログタイトルBLエロ小説 短編集
ブログURLhttp://fe26679.blog.fc2.com/
サイト紹介文オリジナルのBL小説の短編集です☆ リクエストも募集しています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2012/09/28 20:08

五月雨時雨 さんのブログ記事

  • 身悶えも禁じられ双子の少年は痒みに絶叫する
  • 黒色をしたアームバインダーを装着され、鎖と南京錠を使ってアームバインダーと天井の金具を遊び無く結ばれた少年達の腕は背後で限界まで持ち上げさせられた状態を強要され、指を使うことはもちろん曲げることすらも叶わないよう拘束されてしまっている。左右の足首に革製の枷を巻き付けられ、その枷同士を黒い棒と南京錠を使って繋がれた少年達の足は肩幅に開かされたまま閉じたくても閉じられないよう拘束され、衣服を剥ぎ取られ [続きを読む]
  • 男達は甘い刑罰で淫らな存在へと生まれ変わる
  • 「あぁっ! あぁ……もぅ、いやぁ! 誰か、助けて、助けてぇぇっ……!」「びゅーびゅー、させられるの嫌ぁぁ……! お尻、ほじほじ、もぉ、やだぁぁ……っ!!」男達の哀願の言葉が部屋に響く。それも一人や二人ではなく、何十人もの男が放つ哀願だ。男達は全員、その肉体を裸体に剥かれている。そして、その裸体に剥かれた身体は二の腕から先と太ももから先を床に飲み込まれており、男達は文字通り手も足も出ない苦しいブリッジ [続きを読む]
  • 吊るされた少年は惨めな絶頂を繰り返す
  • 床と平行になるよう鎖を使って天井から吊るされた一本の黒い棒。その棒に左右の腕だけでなく高く持ち上げさせられた足をも縛り付けられた少年は抵抗を完全に封じられた上に、恥部を丸出しにした無様極まりない宙吊りの体勢から自力では抜け出せなくされてしまっている。不安定な裸体をよじらせ、無防備にさらけ出された幼い男根と尻穴を情けなく揺らめかせながら、少年は手足の自由を奪う拘束を外そうと試みた。しかし、少年の腕を [続きを読む]
  • 捜査員は熱と淫欲に鳴き叫ぶ
  • 潜入捜査員であるという事実を暴かれ、犯罪組織の男達に十数人がかりで為す術無く取り押さえられた捜査員の男はそのまま組織の本拠地へと連行され、その本拠地の地下室で衣服を剥ぎ取られた裸体に厳重な拘束を施され、逃げ出すどころか身じろぎさえもままならない状況へと追いやられてしまった。必死になって裸体に力を込めても捜査員は拘束から抜け出せない。スリープサックと呼ばれる寝袋に似た形状の拘束具を用いて自由を奪われ [続きを読む]
  • 機械と指先は少年怪盗を無慈悲に追い詰める
  • 「んんーっ! んむっ、むぐぅぅぅ!! ふー! ふぅぅぅーっ!!」部屋中に響き渡る甘く歪んだ悲鳴を発しながら、捕らわれの身に堕とされた少年怪盗がまた絶頂を迎えた。黒革の枷と鎖を使ってベッドの脚へとX字に引き延ばした状態で拘束された少年怪盗の仰向けの裸体が痛々しいくらいに痙攣し、黒のガムテープで目と口を覆われている顔が大部分を隠されていても分かる程苦悶に歪む。だが、嬲る機械達は絶頂に喘ぐ少年怪盗などお構い [続きを読む]
  • 男は教え子達に雌として可愛がられる
  • 無理矢理に折り畳まされた手足に黒色のガムテープを何重にも巻き付けられ、顔面に視界と言葉を封じる手足の物と同じガムテープを貼り付けられた男は、もはや何をされても抵抗できず、与えられる全てを受け入れるしかない状態だ。床の上に仰向けで転がされ、伸ばせなくされた手足を十数本の腕で押さえ付けられても男はどうすることもできずに寝返りすら打てない状況に追いやられるしかない。身に着けていた衣服を刃物で分解され、乳 [続きを読む]
  • 二人の刑事は為す術無く肉体を淫らに汚される
  • 裸体に行動を大きく制限する縄の拘束を着せられ、口に言葉を奪う黒色の強力なテープを貼り付けられた二人の男。抵抗の術を奪われ、懇願を放つことさえ禁じられた哀れな男達は、自分達を捕らえて拘束した男達に無慈悲な凌辱を加えられ、刑事としてだけでなく男としての誇りを容赦無く痛め付けられていた。「んっ、んっんぅぅぅ!! むっ、ぐむぅぅぅ!!」「嬉しそうに鳴きながらケツマン絞め付けてきやがって、また中に出して欲し [続きを読む]
  • 痒みに嬲られ捜査員はおねだりを叫ぶ
  • 「捜査員さんよ、早く諦めておねだりしちまいな。どんなに我慢したって、苦しくなる一方だぜ?」「く、あぁ……は、あぁ、うあぁ……」ニヤニヤと笑いながら、男が右手で捜査員の顎を緩く掴んで持ち上げて陥落を促す。数時間前の捜査員であれば、男の笑顔に対して怒りを抱き、拘束を着せられた肉体を動かして顎を掴む指に噛みつこうと試みていただろう。だが、今の捜査員にその反抗の態度を見せる余裕は無い。拘束によって男の悪意 [続きを読む]
  • 抗えぬ刑事は休み無い尻穴絶頂を強要される
  • 手首を背中で縛られ、二の腕を胸部に遊び無く結合され、足首と太ももを縄で括られた男の裸体は手足の自由を大きく奪われ、逃げることはおろか立ち上がることも叶わなくされた。抵抗を奪い、逃走を封じるにはその縄拘束だけで十分な効果がある。だが、男を捕らえた男はここに更なる拘束を加えた。無理矢理に折り畳ませた足と男の上半身を縄で雁字搦めにして身体を伸ばすことすらも出来ないようにし、白布の目隠しと猿轡で男の視界と [続きを読む]
  • 青年は一人きりの地下室で休み無く絶頂へと導かれる
  • 青年は一人きりの地下室で、どうにかして拘束から抜け出せないかと、どうにかして苦悶から脱出出来ないかと考え、ひたすらに肉体をもがかせていた。だが、どんなにもがいても青年の望む変化は生まれない。背中で黒のアームバインダーによって拘束された腕は伸ばしたままの状態で固定され、指を使うことはおろか曲げることさえ叶わない。視界を覆う黒革の目隠しと言葉を封じる黒い棒状の口枷を噛まされ、更にそれらの拘束具と腕の自 [続きを読む]
  • 淫乱な犬は主のミルクを待つ
  • 「ご主人様っ、おはようございますわんっ」目を覚ました主がベッドの上で上半身を起こすのを確認したペットの男は、嬉しさ一色の笑みを見せながら犬の芸であるチンチンのポーズを何の躊躇いも無く取り、主に犬の鳴き真似混じりの挨拶を行った。犬の手足を模した白いグローブとブーツ。頭部に取り付けられた白い犬耳の飾り。首に巻き付けられた黒の首輪。そして、尻穴から垂れ下がっている白い犬の尻尾。男は犬になりきる効果を持っ [続きを読む]
  • 男の裸体は椅子の上で淫らに痙攣する
  • キャスター付きの椅子の肘掛けに乗せた左右の腕を、黒のガムテープを使ってぐるぐる巻きに固定され。その腕の上に乗せられた左右の足を、同じガムテープでまたぐるぐる巻きに拘束された男は身動きを大きく制限され、衣服を剥ぎ取られた裸体を無防備にさらけ出した状態へと追いやられてしまった。どんなに力を込めても、椅子の肘掛けに括り付けられた手足の自由は取り戻せない。無我夢中になって裸体を椅子の上でもがかせてもそれは [続きを読む]
  • 青年スパイは無慈悲で甘い尋問に苦しめられる
  • 企業に潜入し、新商品についての情報を盗み出す青年スパイの任務は失敗に終わった。スパイであると見抜かれて罠に嵌められ、為す術無く拘束された青年は社長である男が所有する邸宅の地下に作られた空間へと運び込まれ、その身に社長の手で尋問を加えられていた。それは痛みとは真逆に位置する甘い快楽を用いた、苛烈な性尋問だ。「んむぅぅぅぅーっ!! うっ、ふぐぅぅ! あっ、ぶぅ、んぼぉぉぉっ!!」口に装着された赤色のギャ [続きを読む]
  • 青年捜査員は淫らな餌で苦しめられる
  • 木々の間から穏やかな日差しが降り注ぐ山の中に建てられた、一軒の別荘。その別荘のウッドデッキで、別荘の主である男がペットに食事を与えている。それは一口ごとに屈辱を煽られ、淫らな苦悶を加速させる残酷な食事だ。「ほら、捜査員さん。ちゃんと器までペロペロ舐めるんだよ。でないとお仕置きだ」「う、うぅっ……」尊大な態度で命令を下され、捜査員と呼ばれた青年の中に悔しさと怒りが湧き上がる。しかし、捜査員はそれを表 [続きを読む]
  • 甘く悲痛な鳴き声は男の耳を悦ばせる
  • 薄茶色をした犬の足型のグローブとブーツを嵌められた男の手足は厚い布に阻まれて指を使うことを禁じられている。同じ薄茶色をした犬の顔に似せたマスクを頭部に被せられた男は口にマスク内部に生えた太く長い棒をくわえ込まされて言葉を禁じられ、布に遮られているせいで視界も闇に閉ざされてしまっている。そして、薄茶色のパンツを履かされた男の股間は尻穴にパンツに生えた犬の尻尾と繋がっている極太のアナルバイブを奥深くま [続きを読む]
  • 少年は二匹の玩具を愉しみながら苦しめる
  • 敵の罠に嵌められて無様に捕らわれたばかりか、裸体に剥かれた身体に全身をすっぽりと包み込む白犬と黒犬の着ぐるみを着せられ、その着ぐるみの上から背中に回された手首同士と足首同士を鎖で短く繋ぐ頑丈な革の枷を装着された男達は、これ以上無い屈辱を味わい心の内に怒りと悔しさを滾らせていた。着ぐるみ内部に口を塞ぐ棒が突き出ていなければ、男達は自らの舌を噛み切って命を絶っていただろう。生け捕りにされ、視界と言葉を [続きを読む]
  • 捜査員は疼きと射精欲に一晩中悶え苦しむ
  • 視界を覆う黒革の目隠しを施され、言葉を封じる穴の空いたギャグボールを口に噛まされ、両手首と足首に巻き付けられた四つの枷を天井と床の金具に鎖と南京錠で繋がれ立ったままの裸体をX字に引き延ばされた状態で移動はおろか丸出しの恥部を守ることも出来ないよう拘束された男。そんな男を作り出した男達は、一切の抵抗を不可能にされた男の無様極まりない姿を嘲笑いながら、男の無様さをより加速させるために裸体に容赦の無い責 [続きを読む]
  • 罪人達は甘い悦びを嫌というほどに味わう
  • 許可無く人間界へ赴き、人間から精力を採取してはならない。淫魔達が暮らす世界に存在するその法律は、好き勝手に人間界へと足を運び、再起不能になるまで獲物と決めた人間を淫欲で狂わせる自分勝手な淫魔が多数いたために生まれた物だ。ほとんどの淫魔は、その法律にしっかりと従っている。自分達が人間達を好き放題に搾取することを続ければ最終的に人間は淫魔を拒絶し排除するようになり、淫魔に滅びの未来が訪れると理解した上 [続きを読む]
  • 犬の捜査員は自らの武器で捕らわれ壊される
  • 鍛え上げた肉体と、同族と比べても頭一つ抜けた嗅覚を武器にして捜査員としての仕事をこなし、犯罪組織の撲滅に一役買ってきた犬獣人の男は、自慢の嗅覚を逆手に取った罠によって敵が用意した部屋の中に閉じ込められ、その部屋に流し込まれた催眠ガスの効果で為す術無く捕らわれの身へと堕とされてしまった。眠りから目を覚ました犬獣人が目にしたのは、捕らえられた自分をあらゆる方向から眺める犯罪組織の男達の醜悪な笑みで。そ [続きを読む]
  • 残酷な少年は崩壊の様子を映像に収める
  • 自身のヒーロースーツに似せたラバースーツを首から下に着せられ、そのラバースーツの上から縄を用いた厳重な拘束を施された二人の少年は敵の本拠地の一室に置かれた透明な強化ガラスの箱の中で無様に身悶え、解けない縄拘束を解こうと無駄な足掻きを繰り返していた。「ぐぅっ! く、そぉっ……はぁ、解けろ! 外れろよぉっ……!」「はぁ、はぁ……あ、つい……苦しい、脱ぎたいぃっ……!」熱の逃げ場が無いラバースーツの内部は [続きを読む]
  • 保安官は自らの欲望で壊れ堕ちる
  • 裏返しにしたテーブルの上に裸体を乗せられ、木製のテーブルの脚に両手両足を白の布で厳重に縛り付けられた保安官は、一人きりの地下牢の中で苦悶に喘いでいる。「んっ……む、うぅぅっ……ふぅ、ふうぅ、むぐぅっ……!」白布の目隠しの下で眉根を寄せ、口内に詰め込まれた布とその布を吐き出せないようにと噛まされた白布の猿轡の下から意味を持たない唸りを漏らしながら、保安官はテーブルの脚に縛り付けられた手足を必死に動か [続きを読む]
  • 少年は首輪に素敵な飾りを付けられる
  • 「全く……君も学ばないねぇ。逃げようとしても無駄だって、いつになったら分かるんだい? どうやっても逃げられないし、捕まったらこうしてお仕置きをされるってことを、いつになったら覚えられるんだい?」男が、意地の悪い口調で自分から逃げようとしたペットの少年に言葉を掛ける。その言葉を耳にした少年は白布の下で声の方向に向かって鋭く睨み、赤のギャグボールを噛まされた口で反抗の唸りを発した。「んむぁぁぁっ! ぐっ [続きを読む]
  • 男は悲痛な身悶えを愉しんで微笑む
  • 手首と足首に巻き付けられた四つの黒革の枷を鎖で天井と床の金具に繋がれた男は、視界と言葉を塞ぐ白布の目隠しと猿轡に触れることも叶わぬまま無様に裸体を晒し続けている。頭上高くに持ち上げさせられた腕は下ろしたくても下ろせず、床に結ばれたつま先立ちの足は持ち上げることすら出来ない。布に覆われた目は周囲の様子を伺うことも叶わず、無理矢理に詰め込まれた布を吐き出せないようにと布を噛まされ更にその上から顔の下半 [続きを読む]
  • 男は息苦しさと快楽に責め立てられる
  • 裸体に施された黒色のガムテープによって自由を奪われた男は、思い通りの行動を一切取れない姿のまま無様に身悶え、望まぬ快楽に追い詰められて絶え間無い絶頂へと追いやられている。どんなに顔を振り乱しても、目と口を塞ぐガムテープは剥がれない。ベッドに仰向けで寝かされた裸体を必死にもがかせても、背中で手首同士と肘同士を括られた腕の自由と、後ろに折り畳んだまま足首と太ももを括られた足の自由は取り戻せない。手足の [続きを読む]
  • 男は白くまんべんなく汚し抜かれる
  • 「む……っ? う、うぅっ!? むぅぅぅーっ!! ふぅ、ぐふぅぅぅ!!」眠りから覚めた男が、驚愕と焦りに満ちた唸りを発しながら床の上でじたばたと暴れ出す。塞がれた口、閉ざされた視界、背中で拘束された腕、後ろに折り畳んだまま伸ばせなくされた足、全ての自由を取り戻そうとして男は肉体に力を込める。だが、男に施された厳重な拘束は、パンツのみの姿にされた男の身体を包み込んできつく締め上げている黒のガムテープはど [続きを読む]