sannkayou さん プロフィール

  •  
sannkayouさん: フォト散歩
ハンドル名sannkayou さん
ブログタイトルフォト散歩
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sannkayou
サイト紹介文ウォーキング中心のブログです。47都道府県旅を制覇したので、次は五街道制覇を目指してます。
自由文写真を撮ること見る事、自然が大好きです。写真いっぱいの「東海道五十三次歩き旅」の記事を是非読んでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/09/29 22:31

sannkayou さんのブログ記事

  • 富嶽三十六景「武州千住」碑を訪ねる
  • 台風25号が去った7日は猛烈な暑さでしたね。暑さを避けて次の日、久々の駅からハイキングに行ってきました。北千住は何度もウォーキングで歩いた場所ですが、今回まだ行ったことのない「富嶽三十六景・武州千住」碑があったので参加してみました。お化け煙突モニュメントもとても興味ありです。北千住駅南改札口外で受付後、ガードをくぐり学園通りへ出ます。柳原稲荷神社・天明6年(1786)創建。その後洪水により流失し寛政6 [続きを読む]
  • 日光街道を歩く・利根川橋〜中田宿〜古河駅
  • 狛犬が「鯉」になっている八坂神社を後にし、利根川橋を渡ります。八坂神社前の信号を右折、土手下の歩道を歩いて行き、利根川橋南詰め信号で左へ橋を渡ります。古河市に入ります橋上から見えた筑波山。橋の欄干が埼玉県の鳥「シラコバト」から茨木県の鳥「ヒバリ」になります。利根川橋の渡り詰めを左折、道が右へ大きくカーブした左に、房川渡(ぼうせんのわたし)と中田関所跡碑があります。全く読めません。新しい説明板の設 [続きを読む]
  • 日光街道を歩く・行幸橋〜栗橋宿
  • 曼珠沙華まつりの権現堂公園を出て、国道4号線に出ます。土手をずっと歩いてきても4号線にでられますよ。50キロポスト。古河までまだまだ歩きます。行幸橋を渡ります。渡り詰めを左折、国道4号線を離れます。一本目を右折した所でネコがお出迎え。猫が大好きです。しばらく歩き、筑波道追分の道標がみえてきたら左に進みます。「東 川つままえばやし」 「右 つ(津)くば道」「左 日光道」と刻まれています。右手に吉羽屋酒店 [続きを読む]
  • 日光街道を歩く・幸手宿〜権現堂公園のヒガンバナ
  • 杉戸宿を出てからの続きです。街道はいよいよ幸手市に入ります。   9:58上高野小入口交差点で街道は左へと入っていきます。東武日光線踏切を横断しばらく行くと右側の幸手市南公民館前に上高野村道路元標があります。正面にベルクが見えてきます。左へ行く道が日光御成り道。日光道中との合流点です。ここ合流点の左にある案内板。御成り道は、江戸の本郷追分で分岐し、武蔵国岩淵(いわぶち)で荒川を渡り,川口・鳩ヶ谷・ [続きを読む]
  • 日光街道を歩く・杉戸宿
  • お彼岸ではありますが、お墓参りは母親を連れて先週末に済ませたので、23日は日光街道を歩いてきました。杉戸宿から幸手宿(権現堂のヒガンバナ)栗橋宿、中田宿、古河駅まで結構ロングな歩きとなりました。東武スカイツリーラインに乗って、東武動物公園駅に8時50分着。前回終えた本陣跡2丁目交差点から出発です。関口酒造から本陣跡2丁目交差点までの案内は前回のウォーキングの時の写真です。日光街道5番目の宿場町、杉 [続きを読む]
  • 歌川広重を歩く・上野界隈
  • 上野へ「おべんとう展」を観に行ったついでに、上野界隈の江戸名所百景を歩いてみました。上野公園敷地内にある《上野寛永寺清水観音堂》へ。寛永8年(1631)に京都の清水寺を模して建てられました。小さいながらも舞台も作られていて、ここから人々は不忍池や弁天堂を眺めました。舞台左手に枝が円を描いて伸びる松「月の松」が描かれています。その先が弁天堂への入り口です。《上野山下 五条天神社》五条天神社は薬祖神 [続きを読む]
  • BENTOおべんとう展ー食べる。つどう・つながるデザイン
  • 東京都美術館で開催されている「おべんとう展」に行ってきました。1階は撮影禁止です。日本のユニークなデザインのお弁当箱には感心します。豪華な作りの公家や武家のおべんとう箱は、趣向を凝らしよく工夫され使い勝手のよさを感じます。各国のお弁当箱は飾り物になりそうなデザインで、その国の風土に合った作りになっていてよくできているなと見入ってしまいます。おべんとう箱展示コーナーを抜けていくと、発酵デザイナー・小 [続きを読む]
  • 日光街道を歩く・粕壁宿〜東武動物公園駅
  • 国道4号線沿いの備後(北)交差点、備後の一里塚跡からの続きです。気温は高く単調な国道歩きに飽きたなぁと思いながら黙々と歩いていたので、東武野田線ガードが見えてきた時は、もうすぐ粕壁宿だと思い嬉しくなりました。一宮の信号で街道は国道を離れ斜め左に進みます。粕壁宿は江戸日本橋より4番目の宿場、利根川の水運や街道を行き交う旅人で賑わった宿場です。奥の細道の松尾芭蕉も千住宿を出て初めての夜を過ごしたのがこ [続きを読む]
  • 日光街道を歩く・新越ヶ谷駅〜越ヶ谷宿〜備後の一里塚跡
  • まだまだ厳しい暑さが続いていますが、9日日曜日、二か月ぶりに街道歩きを再開しました。中山道は横川まで歩いてますが、碓氷峠のヒルはまだいるような気がするのでもうちょっと先にしたいと思います。というわけで、日光街道を前回終えた東備伊勢崎線「新越ヶ谷駅」からから杉戸(東武動物公園駅)まで歩いてきました。賑やかな駅前に降りたのは9時20分。駅前ロータリーの「阿波踊りのブロンズ像「つなごう」前で、高尾に向か [続きを読む]
  • 浅草サンバカーニバル
  • 25日、夏の風物詩「浅草サンバカーニバル」に行ってきました。この大会も37回を迎え多くの見物客がやってきます。気温が35度と暑かったのですが思い切って行ってみました。ちょっと遅めの出発だったのですが、午後2時40分、松屋側へでたら強烈なサンバの音楽が聴こえてきました。一組目の最後の方から観ることができました。パレードのコースは、浅草 馬道通りから雷門通りです。午後の日差しがきつかったのですが、松屋前の場所 [続きを読む]
  • 奥大井湖上駅へドライブ
  • 投稿が遅くなりましたが、7月29日、静岡県と山梨県(早川町)境にある山「山伏岳」に登るつもりででかけました。静岡ICを出て県民の森目指して県道27号を行きましたが、オクシズ温泉「口坂本温泉」で、モンベルのロゴの入った車の人に、どこの林道も車両進入禁止のゲートがあり入れないといわれました。考えが甘かったです。というわけで以前から行ってみたいと思った「奥大井湖上駅」へ行ってみました。途中の千頭駅ではトー [続きを読む]
  • 真鶴・貴船まつり
  • 駅前のポスター7月27日「貴船まつり」に行ってきました。日本三大船祭りの一つで、豊漁、無病息災を祈願する、真鶴伝統の海の祭礼です。貴船まつりの特色は、神輿が海上渡御により村里にお出ましになる船祭であることです。小早船(こばやぶね)が海上で船体を左右に大きく揺さぶりながら方向を変える姿が見どころとなってます。とても残念ですが、今年は台風接近のため船は海上へ出ないことになりました。以前台風接近の時に船 [続きを読む]
  • 久喜提燈祭りを観に行ってきました
  • 久喜市は埼玉県の東北部に位置し、都心まで50km圏内にあります。平成22年3月「久喜市」「菖蒲町」「栗橋町」「鷲宮街」が合併し新しく誕生しました。久喜にはラベンダーを見に行ったり、「らき☆すた」の舞台、鷲宮を訪ねたりと何度か訪れています。「久喜の提燈祭り」は毎年7月12日、18日に開催される夏祭りです。230年以上の歴史を持つ八雲神社の祭礼です。昼間は「人形山車」で夜は、山車の四面に500個の提燈を飾り付けた「 [続きを読む]
  • 下諏訪宿を散策
  • 観光案内所で駅ハイ受付後、宿場内の散策に出かけました。案内所の方に、温泉がとてもいいので入るように勧められました。料金230円は魅力です。マップでは上諏訪から歩いて来た甲州街道もたどるようになっていましたが、中山道を中心に歩くことにしました。駅から下諏訪駅前交差点を右折し、国道142号線大社通り(中山道)を歩き、左手のアーチのところから中山道に入ります。下諏訪宿はいで湯と信仰の里。諏訪大社下社への参詣と [続きを読む]
  • 甲州街道を歩く・下諏訪宿で甲州街道完歩しました。
  • 甲州道中と中山道の合流地です。それでは、ここに至る最後の行程を書いていきます。上諏訪ステーションホテルはなかなか快適に過ごせました。早起きをして露天風呂に浸かり、朝食も美味しくいただきました。いよいよ最終日、やっとゴールするのかと思うと気持ちがたかぶります。8時にホテルを出て、昨日終えた諏訪1丁目交差点へ。交差点を過ぎ工事中の建物を左折、しばらく歩くと、右側にヒョロリと背の高い松がありましたがこれは [続きを読む]
  • 甲州街道を歩く・茅野の一里塚跡〜大門追分道標〜上諏訪宿
  • 酒室神社を出てからの続きです。国道20号線をしばらく歩き中央自動車道高架をくぐります。ガードを過ぎた先、右側に甲州古道の痕跡を残す道があるということをすっかり忘れてしまい通り過ぎてしまいました。戻れないこともないのですが、新田中バス停先で右に入ることにしました。入ってすぐの男女双体道祖神奥にある茅野の一里塚跡・江戸日本橋より50里目。この塚は比翼塚と云って道の両側に塚を築いたものであったが、明治18年に [続きを読む]
  • 甲州街道を歩く・すずらんの里〜金沢宿〜酒室神社
  • 西日本の大雨は甚大な被害をもたらし、暑い中みなさん大変な思いをされていることと思います。災害は他人ごとではないので、常日頃から心構えをしておかなくてはいけませんね。災害にあわれた皆さんに少しでも早く日常が戻ることを心より願っています。関東も暑いですね。珍しく平日の9、10日の二日間、甲州街道の残りを「すずらんの里駅」から金沢宿、上諏訪宿、下諏訪宿までと少しだけ中山道を歩いてきました。今回は下諏訪で [続きを読む]
  • 駒込富士神社の富士塚
  • 富士山の山開きに合わせて富士塚登山ができる場所として、今年は駒込にある「富士神社」と東洋大学そばの「白山神社」に行ってきました。10時ごろ富士神社に着きましたが、まだ時間が早いせいか参道にびっしりと並んだ屋台では準備に忙しいようでした。麓にあたる場所登山道である石段を上って山頂へ行きます。石段脇の万灯・祭りの先触れとして一本の万灯を持って近隣を練り歩きます(万灯回り)そのあとここに奉納します。閉ざさ [続きを読む]
  • 日光街道を歩く・島根〜浅間神社〜草加宿〜新越谷駅
  • 荒川の土手を降りてからの続きです。梅島の駅前を過ぎ梅田通りをまっすぐ行きます。島根の交差点で環七を横断しひたすらまっすぐです。車も少なくなり静かな道です。左手の安穏寺参道口に南無妙法蓮華経題目碑と将軍家御成橋御成道松並木跡の標柱が立っています。初めて見る旧日光街道標識街道を進むと左に鷲神社の社標が立っています。早速行ってみます。敷地は広く社殿も立派な神社でおごそかな雰囲気です。神楽殿で奉納される [続きを読む]
  • 日光街道を歩く・千住大橋〜千住宿〜梅島
  • 甲州街道は残すところ20キロ、中山道は横川駅から坂本宿碓氷峠越えです。最近、違う街道も歩きたくなり、日光街道を歩いてきました。南千住駅で降りてコツ通りを行き、千住大橋から千住宿、草加宿、新越谷駅までです。南千住辺りは1月の駅ハイでも紹介しているので読んでいただけたらと思います。旅のお供は「ちゃんと歩ける 日光街道 奥州街道」という本です。この本があれば心強いです。日光街道は江戸期に整備された五街道 [続きを読む]
  • 駅ハイの賞品が当たりました。
  • お出かけから帰ってきたらテーブルの上に駅ハイからの小包がありました。葉書を出したことすら忘れていましたが、なんと賞品が当たっていました。ハイキングに参加しWEBチケットを貯めて応募します。ほんとに当たるなんて嬉しい!!駅ハイはこれからも楽しく参加したいと思ってます。 [続きを読む]
  • 甲州街道を歩く・平岡〜塚平の一里塚〜すずらんの里駅
  • ドライブイン赤石で昼食後、20号線を歩き平岡の一里塚からの続きです。一里塚近くの火の見ヤグラのところで坂を下り右折します。田園風景を眺めながら歩くと左に明治天皇巡幸御野点所跡碑が見えてきます。桜の季節の頃に来ると素晴らしい景色だと思います。旧道をまっすぐ進み突き当りを左折後、小橋を渡り国道に向かいます。国道に出る手前左下にたくさんの石塔群があります。国道の177キロポスト。3分ほどで机の交差点です。 [続きを読む]
  • 甲州街道を歩く・国境橋〜蔦木宿
  • 鳳来山口関跡からの続きです。まっすぐな道を歩くと国道20号線にぶつかり国境(こっかい)橋に出ます。釜無川を渡れば甲州(甲斐、山梨県)から信州(信濃、長野県)に入ります。コンビニの跡地に山口素道の句碑があると本にあるのですがちょっとわかりませんでした。写真は、日向山に登った帰りに寄った「道の駅はくしゅう」で撮った山口素道の句碑です。「目には青葉 山ほとゝぎす 初かつお」の句碑です(2016年5月)。これな [続きを読む]
  • 甲州街道を歩く・台ケ原中〜教来石宿
  • 梅雨空の続く毎日、貴重な晴れ間の日曜日、甲州街道を台ケ原宿から教来石宿、蔦木宿、すずらんの里駅まで歩いてきました。宿泊ではなく日帰りです。東京を出るときの空は今にも泣き出しそうでしたが、あずさが笹子トンネルを抜けると窓の外は青空。真っ青な青空でほんとに良かったと思いました。一人で歩いていると青空の方が歩く励みになります。スーパーあずさ8時37分韮崎駅着。下教来石線8時45分発(3番線)。韮崎駅は今日も登 [続きを読む]
  • 松田駅〜開成町あじさい祭り
  • 9日は、「JR東海さわやかウォーキング」に行ってきました。さわやかウォーキングの雑紙を初めて手にしたのは、東海道を歩いている時の静岡駅でした。コースをみるとなかなか魅力的で行きたくなるような所ばかりです。私にとって旅行で訪れることはあっても、西日本はまだまだ未知の領域です。今回の御殿場線松田駅からのウォーキングコースも一度は行ってみたいと思っていた場所です。というわけで、コースマップをもらい松田駅 [続きを読む]