sin さん プロフィール

  •  
sinさん: ラ食って 大酒飲んだら ジョグるだけ !!
ハンドル名sin さん
ブログタイトルラ食って 大酒飲んだら ジョグるだけ !!
ブログURLhttp://ra-men.info/
サイト紹介文広島市内を中心としたラーメン食べ歩き
自由文広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと、感動を与えてくれたウマ〜ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2012/09/30 07:55

sin さんのブログ記事

  • 三ちゃん(杉並区荻窪)
  • 創業昭和35年昭和懐古の荻窪の味(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>鶏ガラの旨味エキスが詰まった清湯に、淡いカエシが自身の存在を控えてしっくり融合し、雑味のないスッキリとしたイニシエ系を形成している。大将の機敏な手捌きにより平ザルで湯切りされた麺は、手揉みによって軽いウェーブがついた多加水麺。丸麺の優しい口当たりと麺肌ツルツルの滑り込みで、スープを吸ってソフトな感覚のままほっこり啜らせる。肩ロースの [続きを読む]
  • 酒乱(倉敷市水島北瑞穂町)
  • 呼ばれた気がしたので酒でテンションを保ちつつ水島くんだりまで(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>極道とアバズレが詰まった阿鼻叫喚の丼と思いきや、心優しきBBAが淡く炊き出した鶏ガラスープに厳格なるJJIが熟成を重ねたカエシでビシッと〆ている。パツンパツンの中細麺はスルリと吸い込み易く、コチコチの潰し込みの後にのど越し良く落ちて行く。4枚入りのバラチャーシューからは酒を所望させ、山のネギが枯れたレバー [続きを読む]
  • 健勝軒(習志野市津田沼)
  • 山岸氏のDNAを受け継ぎつつこうじグループで夢と事業を拡大中(つけめん)(麺)<ひとくちメモ>大勝軒のシャバさを求めて飛び込むも、意外にも高粘度ドロドロ状の濃厚豚骨魚介醤油味。甘味も強く効いており、ヘビーな重たさが残る。麺は大勝軒らしく純白の中太ストレートだが、デフォでアルデンテ仕様での提供のため、多加水のモチモチ度が掻き消された喉越し重視タイプ。つけ汁には短冊チャーシューにメンマ・柚子・ネギが沈み [続きを読む]
  • サバ6製麺所(大阪市城東区新喜多)
  • 天6で産声を上げたサバの稚魚が3匹目のサバとしてFC展開中(サバ醤油そば)(麺)<ひとくちメモ>鶏ガラスープに名古屋&鹿児島産の醤油をブレンドし、サバ節をガンガンに効かせてチー油でコクがアドオンされている。含んだ瞬間、バーサーの大群が押し寄せるヲタ新感覚。麺は#14の自家製麺でゴチゴチの強いコシが残り、潰すとコナ感と共に小麦の風味が豊かに広がる仕様。肩ロースのレアチャーシューはしっとり瑞々しい肉質で、ザ [続きを読む]
  • えん寺(豊島区池袋)
  • ベジポタの椿をまんま居抜き更なる進化を遂げたベジポタを提供(ベジポタつけ麺)(麺) ※熱盛<ひとくちメモ>豚骨・鶏ガラの動物系濃厚エキスに節系を合わせ、オリジナルの野菜ペーストが加わったドロ系ベジポタの代表格。濃いはずなのに、ベジタブルペーストの酸味と甘味とが後口に爽やかな広がりをみせる。小麦の胚芽を練り込んだ自家製の極太麺は、アツでも強靭なコシでドロ汁に負けない程のインパクト麺。つけ汁があまりに [続きを読む]
  • 来々軒(上越市西本町)
  • 直江津での〆の3 連 食 はレトロなハコを改装・再出発した実力店主(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>ワンオペでも流れる所作と平ザルスキルから、airで確かな味が伝わってくる職人っぷり。十分なコクを含んだ動物系の清湯に鯖節をキーンと効かせ、輪郭を作り出すようなシャープなカエシでもってギュンと引き締め、全ての素材を丸く治めたバランス重視型のオールドスタイル。多加水の中太麺をヤワに近いコンディションで上げ、麺 [続きを読む]
  • 知味(上越市西本町)
  • 泥酔後の食堂から口直しを求めて夜専のラーメン居酒屋で〆の連食(塩ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>L字カウンターからは厨房内がフルオープンな構成。ハイテンションの店主はおもむろに中華鍋で湯を沸かし、市販品の 味覇 顆粒ダシと練り物を溶かし込み塩で味付けされた 即席 オリジナル品。朝鮮人参のチェイサーを激しく勧められるが、信頼を失った擦れヲタにはもはや恐怖以外何者でもない。味の評価:★☆☆☆☆地図はこちら [続きを読む]
  • やおき食堂(上越市西本町)
  • 直江津で泥酔巡回中にヒットし休眠中の厨房機材を瞬間再起動(正油ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>うどん出汁のような純和風スープにオイルを散らし、正油味を強く打ち出した食堂系ラーメン。袋から取り出される縮れ麺は凡庸品で、半玉・海苔・モヤシ・カイワレ・メンマ・厚切りチャーシューに加え、カニカマのトピが唯一斬新に映る。味の評価:★★☆☆☆地図はこちら [続きを読む]
  • 両さん。(中区南竹屋町)
  • 従前変わらぬスタイルに焼き飯のラインナップがオペを変える(らーめん・並)(麺)<ひとくちメモ>厚みのある特濃豚骨エキスがベースになり、分厚い乳化層で蓋をして熱々スープが保持されている。意外なほどにカエシがギュンと立ち上がり、最後に甘味の要素がマッタ〜リ押し寄せる。メンカタでパツパツの極細ストレート麺はスープを弾き、コナの風味が昇って来ないプラスチック配合。デフォ3枚乗せのバラチャーシューは脂身トロ [続きを読む]
  • 秀(福山市東桜町)
  • seniビルを惜しみつつinesで格安ラーを(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>鶏ガラと小魚のダシ感はさほどでもなく、カエシと後乗せの背油ミンチが訴求ポイント。甘めの味付けながら、胡椒をブチ込み天地返しで応えると、全ての要素が最適に馴染む。メンカタ指定した潰れ状の細麺は、しなやかな麺線での滑り込みとコツコツとした千切り感が、ガチで好みのド真ん中。パンチに欠ける構成ではあるものの、一杯390万円はボンビーヲタ [続きを読む]
  • るっきー(中区幟町)
  • 店内の製麺機といそのとの因果関係が今宵もまたバカ舌ヲタを苦しませる(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>動物系がもたらす高粘度のトロトロ白湯スープにキリッとした節系を効かせてシャープなキレを実現し、表層に泡立ったド乳化ゼラチン層を張ってコクと厚みが加わっている。非いそのとジャッジした自家製とおぼしき麺は、低加水でスープに馴染むと徐々にしなやかな麺線へとシフトし、メンカタ指定でのコナのコチコチ感はガチで [続きを読む]
  • 海松(南区大須賀町)
  • 静まりかえった昼間のエキニシに静まりかえった飲専のカウンター(広島ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>明るい茶濁のスープにはライトな動物系エキスと、強めの和風出汁が配合されている。オイルの要素は皆無で、昔ながらのシンプルな構成。メンカタ指定した純白の細麺は、ザクザクとした小気味良い千切り感の後に、プレスでのコチコチ食感と共にコナの風味が抜けて行く。デフォ3枚乗せのバラチャーシューは凡庸で、僅かなモヤシ [続きを読む]
  • 次念序(鴻巣市滝馬室)
  • 言わずと知れた六 直系の遺伝子が冴え渡る(つけ麺)(麺)<ひとくちメモ>良質な動物系エキスは濃厚なれどしつこくはなく、魚介がビシッと効いて香ばしさを醸し出す。甘み要素は微弱で、特製の七味を加えるとシャープに締まる。毎朝打つ自家製麺は、純度の高い国産小麦と全粒粉が使われ、茶褐色の極太麺を噛み締めると半端ないハードな弾力と、全粒をすり潰した粉感覚がダイレクトに押し寄せる。つけ汁にはバラ肉ロールチャーシ [続きを読む]
  • 恵壱(安佐南区安東)
  • 本格豚骨を謳う実力店主が満を持してこの地でローンチ(恵壱ラーメン・白とん)(麺)<ひとくちメモ>電解水素水を使って出汁の抽出を促進するそうだが、当然のことながらバカ舌ヲタには感知不能・・・。濁ったスープの正体は、指定部位の豚骨を完全粉砕し、あめ色に炒めた玉ネギと一緒に炊き上げるという独自製法。動物系のコクとショーガに似た風味&甘味が乗っかり、甲殻エキスと胡麻が顔を出して存外スッキリ路線。ここでの最 [続きを読む]
  • 壱麺(中区舟入幸町)
  • 倉橋産ちりめんじゃこを使ったご当地訴求の広島風つけ麺(ちりめんダシつけ麺・野菜盛り・麺大盛り)(麺)<ひとくちメモ>デフォのつけ汁には辛味の要素は皆無で、卓上のラー油唐辛子によってセルフで好みの辛さへ。産みの苦しみ楽しみを味わうには、スプーン7匙以上は投入したい。つけ汁にはちりめんの魚介味と塩っ気が出ており、辛味とお酢を注入することでシャープなつけ汁へと昇華する。多加水の中太麺はムチッとした潰し込 [続きを読む]
  • たてしな(水戸市白梅)
  • 名門割烹料理店出身の非竹岡式のオリジナル麺(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>丼から直接飲ませる仕様のスープは、芳醇な魚介と昆布出汁からなる優しい旨味エキスに、チャーシューの煮汁を合わせて醤油の芳ばし風味とスモーキーな要素もが吹き込まれている。オイルや調味料の成分を極力排除し、素材と醤油味を前面に打ち出した純和風テイスト。非竹岡を物語る非乾麺の卵麺は、甘い香りにキレのある醤油味が融合し、刻み玉ねぎが [続きを読む]
  • 千代美(水戸市南町)
  • 創業1953年 水戸の老舗店はノスタルジックな製麺所直営店(らーめん)(麺)<ひとくちメモ>“特上質の小麦粉”を使用した自家製麺は、“コシ・舌触り・清らかさを売り物にした”とされ、地下の製麺工場での打ち立てが提供される。麺肌はフワフワとした優しい口当たりで滑り込み、咀嚼では強く縮れて口内をうねった後に多加水のモッチリ食感と、小麦の風味を放ちながら嚥下への喉越しも上々。スープは突出した要素のない鶏ガラ醤 [続きを読む]
  • キッチン城(呉市光町)
  • キッチリ居抜きの店舗ではキッチンよろしく長〜いコック帽スタイル(朝ラーもできるよ)(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>どこぞで出ていないと予習を入れて来たものの、キッチリ出ているブイヨン系のエキスは、朝の5時に入れるにしては若干ヘビーに感じるシッカリ路線。表層には黄色いオイルを張り巡らせ、熱々を保持しているところや、ギリギリのエンミに課長を排除した構成も擦れヲタには嬉しい誤算。ただしパスタちっくなパ [続きを読む]
  • 十八番・引野店(福山市引野町)
  • 均整のとれたバランス感覚は尖った本店を凌駕するデキ(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>表面に背脂を浮かべ透明感のあるスープには鶏ガラを主体とした旨味エキスが詰まっており、背脂のコクと風味がピッタリ融合している。本店と比べて塩分濃度は抑え気味で、個人的にはジャストな構成。小麦の密度感の高い自家製麺は、麺肌にオイルを纏ってヌルリと滑り込み、コツコツとした弾力と粉のすり潰し感が出色している。デフォで3枚入 [続きを読む]