sin さん プロフィール

  •  
sinさん: ラ食って 大酒飲んだら ジョグるだけ !!
ハンドル名sin さん
ブログタイトルラ食って 大酒飲んだら ジョグるだけ !!
ブログURLhttp://ra-men.info/
サイト紹介文広島市内を中心としたラーメン食べ歩き
自由文広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと、感動を与えてくれたウマ〜ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2012/09/30 07:55

sin さんのブログ記事

  • きたかた食堂(港区新橋)
  • 朝のリーマンにも嬉しい喜多方の雄・玄の4号店(朝ラーもできるヨ)(蔵出し醤油らーめん・すっきり)(麺)<ひとくちメモ>無課長の湖に幾羽の鶏とアゴの群れが溶け込み、蔵出し醤油がしっとり穏やかにまとめている。丸いカエシと淡い酸味の配分でもって旨味がきれいに引いて行く。注文の都度手揉みを加える極太縮れ麺は加水率40%。熟成多加水で潰し込みはモチモチの食感と、ボコボコと縮れた麺線が清涼感の良い喉越しタイプ [続きを読む]
  • 無垢(千代田区猿楽町)
  • 真摯な姿勢と確かな味でラーメン大賞新人賞を獲得(らーめん)(麺)<ひとくちメモ>ねっとり感ある濃厚スープは、鷄豚骨魚介にコラーゲン要素が織り込まれている。節の風味が強いため、濃厚加減が程良く中和された感じ。カネジンの中太麺は手揉みで緩いうねりがつき、平打ち状でナチュラルな啜り心地と多加水のモチモチ食感が好印象。都度手切りで丁寧に扱われるチャーシューは、長時間低温調理によって見事な赤身が残り、2種の [続きを読む]
  • 羊と狼(大田区大森北)
  • ランチタイムはボンビーに嬉しい100円キャッシュバック(塩ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>鶏出汁が基軸になったサラッサラの清湯に、チー油の香りが丼を支配する。元ダレは塩気の輪郭が分かる程度の裏方に徹し、余計なものが一切感じられない淡麗系のド真ん中。店奥の製麺室にて打ち立ての自家製麺は、麺線が長〜い扁平形状。麺肌はツルピカで口当たり良く滑り込み、平打ち特有の潰し感覚とスーッと滑らかな喉越し。鶏・豚2 [続きを読む]
  • 健やか(武蔵野市中町)
  • ヲタ的ブレイク必至の昆布水フコイダン・グルタミン系つけ(つけ麺)(つけ汁)(麺)<ひとくちメモ>八の字に畳み込まれた国産小麦100%の自家製麺は、貝昆布水に半身浴の状態で提供される。インフォの通りまずは宮古島の雪塩をてっぺんに乗せ、貝昆布水に浸ったまんまパツパツの歯切れからスタート。つけ汁は大山丸鶏の清湯エキスをベースに、ホンビノス貝・アサリ・節・煮干しの旨味要素を合わせ、複数種の生醤油でキレッキレの [続きを読む]
  • かわさき(南国市田村)
  • 屋台の味から進化を遂げる桟橋通の姉妹店(塩らーめん)(麺)<ひとくちメモ>ライトな清湯に丸みの塩ダレを合わせ、無化調ならではのカドが取れた優しい味わい。長崎ちゃんぽん麺のような中太ストレート麺は、ヤワなコンディションで上げられ、スープと馴染んでむっちりソフトな潰し感覚。チャーシュー&丸カマボコは共通した薄切りで、ペロンとした同一の口当りと異なる食感が丼内で計算されたアクセントとして楽しめる。味の評 [続きを読む]
  • 来々軒(益田市駅前町)
  • 益田で希少な〆ラー店は老夫婦が守る老舗の味(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>雑味のない鶏ガラベースの清湯に、優しいカエシが淡いスープを持ち上げる。意外にも自家打ちという純白の中太麺は、かんすいOFFを思わせるヌラ〜としたストレート状で、切込みはうどんのようなソフト感覚。バラチャーシューには芳ばし風味が沁み沁みで、時間の経過と共に自身の肉汁と醤油ダレがスープへと溶け出し、コクと風味とエンミを補完して終 [続きを読む]
  • かあちゃん(広島市安佐北区可部)
  • 創業昭和41年地域密着型老舗店(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>ほんのり濁りのある中華屋スープは、程よいコクとフレッシュな風味も乗っかって、エンミも絶妙な好配分。表面ツルピカの細麺はスープを浸透しない無機質タイプで、終盤までダレることなく強いハリを維持する。厚切りのバラロールチャーシューは脂身が瑞々しく、モヤシはスープに馴染む前に即・仕留めるべし。味の評価:★★★★☆地図はこちら [続きを読む]
  • 因幡(鳥取市弥生町)
  • 鳥取市内屈指のネオン街で希少価値の高い〆ラー店(醤油ラーメン・背脂OFF)(麺)<ひとくちメモ>非寸胴スタイルを採用し、作り置きのスープを都度手鍋で煮沸されることから着丼時には激熱状態。スープは鶏ガラベースのライトな清湯に、あご出汁と宍道湖産しじみを合わせてあるそうだが、あごの青臭さが支配して残念な魚介使い。軽い縮れのついた黄色っぽい細麺は、かんすい成分によって強い弾力がついたもの。終盤では漆黒スー [続きを読む]
  • ごっつおらーめん(鳥取市末広温泉町)
  • 均一な味を保証するため一日100杯限定麺(ごっつおらーめん)(麺)<ひとくちメモ>牛骨をベースに大山若鶏を合わせるて10時間煮込み、一晩寝かせて熟成が入れられている。ヘッドの芳ばし風味とまったり感に包み込まれるが、地元産の香味野菜をふんだんに使うことで中和されている。本岡製麺@倉吉から仕入れる特注麺は、表層のオイルを纏ってスムーズに滑り込み、切り込みはソフトな口当たり。しかしオイリー且つ重たい味付 [続きを読む]
  • 祝・復帰@寿楽亭
  • 待ってたぜ、すみ江看病のため5ヶ月も閉めるとはまさにオマエさんらしい献身っぷりおかげでこの冬は例年以上に寒くて寂しくてあやうく病院にまで寸胴を持ち込むところでした…4月からは月水金土9:55からオマエを啜れる幸せをココロに刻み込んで 粘 着 し 続 け ?喉を鳴らして朝ビーをやっつけ口開け一番客だけに許されるチャーシュー赤身/脂身 究極の選択着丼したそのビジュアルは従前変わらぬすみ江の艶姿スープは円熟の深み [続きを読む]
  • 恵比朱(京都市下京区東塩小路町)
  • 深夜にDGR!!そこは癖も秩序も節操もないオペと客層(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>大量の鶏ガラに少しの豚骨を加え長時間炊き込んで鶏さんの臭みをも織込んだスープは、カエシが程良く効いて濃厚且つマイルド路線。そこに昆布のグルタミンで旨味要素を加え、背脂粒子でコクをアドオンしたものを課長が統制している。エッジのあるストレート麺はスパスパと千切り感が小気味良く、小麦の風味を残しながら喉越しスルリと落ちて行 [続きを読む]
  • 光来(安芸区矢野東)
  • ガテン系御用達焼肉店が作り出す本格派(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>動物系要素が強く効いた茶濁スープには、表層に天然由来の厚い乳化油膜を張り巡らせ、デフォで砂掛けBBA状のold style。極細ストレート麺は中加水でコシは弱く、麺量少なめで丸麺の滑り込みによってサラリと啜らせる。3枚の薄切りチャーシューにモヤシの小山を築き、本格スペックでありながらワンコインといった優れモノ。味の評価:★★★★☆地図は [続きを読む]
  • Tonkotsu Noodle Spot 松馬(中区国泰寺町)
  • Japan foodsの3号店は店内カープだらけの高級路線(重箱)からの↓(Shi-Ko 志高)(麺)<ひとくちメモ>“「美味しい」がたどり着いたらこういう形になりました”と謳われるコンセプト麺は、まず重箱でトピが配膳され、着丼したラーメンは巨大なロールチャーシューで蓋をされている。クリーミーな動物系エキスに牡蠣や広島県産の食材が加わり、マー油がベースになった複雑なオイルが張り巡らされて濃厚な味噌ラーメンのようなフ [続きを読む]
  • 稲盛(安佐南区川内)
  • ローソンからネット事業に飲食業まで幅広く商業展開するオサレ店舗(特製濃厚豚骨拉麺)(麺)<ひとくちメモ>クリーミーな濃厚豚骨スープにはオイルの要素は少なくデフォでガーリックが香る。換言すれば、匠と極を足して二で割ったような商業スペック。バリカタでコールした細麺は表面のザラつきでスープをしっかり乗せ、バサバサとした切り込みで意外にもコナ感は稀薄。ロールチャーシューに無償のナムルと次回替え玉券を添えて [続きを読む]
  • 銀座一福(徳島市銀座)
  • 昭和26年戦後の混沌期に徳島銀座に誕生した老舗店(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>初代から引き継がれた秘伝の味に経年で改良を加え、時代に応じた味へと変遷を遂げている。ライトでミルキーな動物系エキスに乳化層を湛え、徳島時流のカエシを合わせたまろやかな味わい。メンカタ指定でエッジの残る細麺は、ヌルリとした麺肌で滑らかに入って来るストレート。チャーシュー変わりの炊き込みバラ肉は、創業時のタレを継ぎ足しなが [続きを読む]
  • 東大・本店(徳島市大道)
  • すき焼き風ラーメンの〆にはカセットコンロを使った即席雑炊(徳島ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>骨の髄まで抽出した濃厚豚骨エキスに甘辛のド濃いカエシを効かせて生玉子を乗っけた徳島王道のすき焼き風スタイル。自家製の中太麺はメンカタ指定でパキパキ状であるが、中盤からスープを吸って文字通り小麦色に焼けたあたりが、すき焼き感が醸成された最適な頃合い。卵黄を決壊してまったり感マシマシで啜り上げれば、もうすき焼 [続きを読む]
  • 二郎麺(徳島市幟町)
  • 聖書イチオシの茶系はよあけ出身の確かな味(支那そば)(麺)<ひとくちメモ>厚みのある動物系に甘辛なカエシを合わせ、背脂微粒子を浮かべて厚みが形成されている。平ザルで完璧に湯切りされる細麺は、パツンとした反発が心地よい低加水ストレート。エッジが立って切り込み&噛み潰し共に極上のコンディション。ロース肉と整列メンマの繊維質が好食感であり、丸みの茶系にモヤシの構成が望郷の念にかられる。味の評価:★★★★ [続きを読む]
  • 巽屋(徳島市住吉)
  • 20年もの試行錯誤の末独自に徳島黒系を開発(支那そば)(麺)<ひとくちメモ>徳島黒系セメントが広がる湖面は、見た目に反してキレがあってスッキリ路線。サラリとしながら確かな動物系が下支えし、ショーガの風味が全てをスッキリさらって行く。予習通りのカタでもヤワなストレート麺は、多加水ブヨ系コンディションでコシ砕け。甘辛の炊き込み豚バラにウェルダンのモヤシを乗せ、深み・甘み・辛み・サラリが同居した唯一無二の [続きを読む]
  • いのたに(徳島市西大工町)
  • ラ博で全国に徳島を知らしめた徳島屈指のDGR店(朝ラーもできるヨ)(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>“30分前から啜れるよ”地元民からありがたいインフォのおかげで、シャッター7番目に接続して嬉しい前倒し行程。徳島茶系よろしく豚骨と甘辛のカエシが融合し、まったり感漂う重厚な丸み味。メンカタ指定の自家製麺は中太ストレート状で、丸い麺線によって口当たり良く滑り込み、噛み潰すと低加水のゴチゴチ強靭なコシを [続きを読む]
  • Plus Ultra(中区住吉町)
  • 古くは伝説店もが巣立った居抜きでヤングなことりが羽ばたいた(塩豚骨ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>丁寧に炊き出された豚骨スープには、若干のトロみを帯びて旨味エキスがギュッと詰まっている。塩ダレも柔らかな味付けで円く融合し、極微量の香味油が芳ばしい要素を加えている。メンカタ指定のストレート原田麺は、ザクザクの千切り感を伴ってリズミカルに踊り、潰し込むと小麦風味が強く抜けて行く。デフォ5枚入りの赤身チ [続きを読む]
  • こばやし(福山市延広町)
  • 飲めるタイプに変わった店舗では以前とは明らかに異なる荒れっぷり(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>冷蔵庫から掬い出された作り置きスープを、注文の都度手鍋で温め直すヨッパな御店主。酔客と同調しながらスマホ片手に麺上げし、ゴチゴチのカタで上げて全粒粉の豊かな風味とモチモチ感を殺してしまうヨッパな御店主。そっちがヨッパならこっちは泥酔だけれど、正直コレ旨いよね、御店主!!味の評価:★★★★☆(過去の評価: [続きを読む]
  • 咲来(福山市西町)
  • 屋台イベントでブレイクした喫茶も使えるRiMのオサレ空間(石丸テングラーメン)(麺)<ひとくちメモ>ライトな動物系に魚介と野菜を合わせた清湯に、ギュッとカエシを効かせてパンチと風味を乗せている。表層には背脂が広がるが、自体からはエキスは出ておらず、風味を加えるくらいの存在感。老舗テングの平打ち麺はコチコチのハード状で、潰し込むと小麦の風味が口一杯に広がる。一枚乗せ大判チャーシューも尾道スタイルであり [続きを読む]