mfmm さん プロフィール

  •  
mfmmさん: 小薗学=放蕩反逆詩人。
ハンドル名mfmm さん
ブログタイトル小薗学=放蕩反逆詩人。
ブログURLhttp://mfmm.seesaa.net/
サイト紹介文短絡的な毎日に、捧げる愛に、似たニュアンス。アンニュイな、日々に咲く一抹の幸福論。
自由文哲学的勝訴、自虐的狂騒。
自由に意識を行き来する、エクスペリメンタルな胎動。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1825回 / 365日(平均35.0回/週) - 参加 2012/10/02 15:00

mfmm さんのブログ記事

  • とがめるための祭り
  • 孤独とは一貫した強度を保った箱のようだね、と迫害されていく彼女が狂った経路を歩き、偏執していくほどに夜が明けて、蔓延る悪意とは充填されるための身体を求めて、誰にでも憑依する。 [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。揺動される先々で応答する真実などが権力に荷担し、自らの権威を放棄できずに、法に囲われた区域でのさばるありあまる罪と、クリーニングしようと国家的な偽装や虚像の膿の中で定められる意味につかまつる君の理想などに、遭難するためのロジックを破壊するための自己への帰巣、まる [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。何をうやまうこともしないで背いて、しっぽはふらずにそっぽ向いて、しらけた毎日を崇めるだけのバビロンの恒常的な苦痛を謳うだけの犠牲的な井蛙な見解から、快感ばかりを謳うような宣伝の醜さに虐げられるよりも、ここで選民思想的なものに操作されるよりも、制限を持たずに、無限性をも超えて、散漫な形式を裏切り続ける、まる [続きを読む]
  • 犠牲的な伴侶
  •  断続する形式が孕む国家的なずさんなプログラムから解放されるのだ、とアナーキーな闘争の青臭さや、悲劇的な次元にたむろする征服欲やらが、次々に支配しようと目論むような用途からの解放を願うべきなのに、次々に現れる欲に支配され、欲動し続ける先に現れる快楽からの解放をめざさずに、ただ現れるものにさえぎられるほどに保身を生み出し、行為にもとづくエゴから、迎合されるための意思にたむろし、退廃的な呪詛から、次々 [続きを読む]
  • 2018年05月23日のつぶやき
  • kozooo7 / 学すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。ノスタルジアに敷衍する彼女の希望や、彼らの独裁的な主観から排出されるだけの退屈な理屈を飛び越え、くったくなく荒いままに、…https://t.co/4nrpYR6Aw3 #yaplog at 05/23 00:02kozooo7 / 学デカダンスの夜:強迫的な夜に住まう黒い影は、どこかの知らぬ子供が書いた豊かな細胞であり、この夜の鎧を脱いで、ぬいつけられた現在から、磔にされた銀河 [続きを読む]
  • むしばまれた自己
  •  再構築されるエンディングや、偶像にとろけ、怠慢な所以に帰路を与え、記録上を泳ぐ魚たちの群れや、立場を用いる以前に、正しさを廃し、ただ思案することで多目的に現れる理由を排除し、確かな所以を保つために持ち込まれた意味すら愛するような瞬間を覆い尽くす闇に蓄積される苦悩に畜殺されていく動物たちの心理状態を謳うような爆撃がふりそそぎ、衰亡するような幼稚な主観性で簡単に処理されるやさしさによどみ、揺動される [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。ノスタルジアに敷衍する彼女の希望や、彼らの独裁的な主観から排出されるだけの退屈な理屈を飛び越え、くったくなく荒いままに、あらがうことの美しさだけが繁栄し、確かさなどがなくても、どれも奴隷で終わるための遊びの最中なのだ、と魯鈍な諦観から逃れるための闘争、まる [続きを読む]
  • 2018年05月22日のつぶやき
  • kozooo7 / 学はじまり:僕は、あなたから、何かを奪ったでしょうか?刹那に嘆ずる思いが、永続的に反響し、関連性を深めては、手堅く勝利を謳うために、収められた希望すら、売買される幼稚さを…https://t.co/KllWx5kv4U #yaplog at 05/22 00:02kozooo7 / 学すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。被害者意識ばかりが加速し、懐疑的にまじわる先々で、暗澹とした思いが膨張し、呆然として、立ち尽くす君 [続きを読む]
  • はじまり
  • 僕は、あなたから、何かを奪ったでしょうか?刹那に嘆ずる思いが、永続的に反響し、関連性を深めては、手堅く勝利を謳うために、収められた希望すら、売買される幼稚さを嘆くよりも、健気に今を泳ぎまわり、ただ与えられるものが、世界をせばめ、軋轢を与え、空疎な欲望が、独占欲ばかりを加速させ、何も欲しくはないのに、欲しがるだけの、保守的な捕囚として、あらゆる制限の中で、自らの煩わしさを複製し続けては、果てない私欲 [続きを読む]
  • 2018年05月21日のつぶやき
  • kozooo7 / 学模造品: どこにも悲劇などは隠されておらず、ただ行き過ぎる場面が幼稚に扱われ、秩序や、精神分析的に測られる物事の軋轢やらが、価値などを用い、あたかも確かなもののように騙られる間に迫る…https://t.co/akSdCmCLJZ #yaplog at 05/21 00:02kozooo7 / 学その何か:私は私の純粋な意志と共に進み、犀の角のようにただひとりあゆみながら、風をあつめ、むすばれずに、バラバラになるまで、ひたすらに何かを堪能 [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。革命的にみしみし軋む夜の孤独な鼓動に同化する創造的な亢進から、保守的な行進を破壊するために創造的な昇華を続け、増加する普遍性こそが厭世観を引き出し、引き続き信じるべきものを謳うほどに偏りを示すだけに至るような堕落したものが打ち出す無関心と不感症な精神がおよぼすカタストロフを排除する、まる [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。排他的な独裁者が打ち出す毒された保身が構成する物事などに怯え、横暴な支配から、形式的な愛へと派生するものを信心するほどに、生きることとはただ擁護され、雇用され、汚され、高揚することを忘れ、閉塞的な毎日を同じように消費することついやすことが、いのちを燃やすことのように騙られている、まる [続きを読む]
  • 模造品
  •  どこにも悲劇などは隠されておらず、ただ行き過ぎる場面が幼稚に扱われ、秩序や、精神分析的に測られる物事の軋轢やらが、価値などを用い、あたかも確かなもののように騙られる間に迫る賭け事や陰口や、センチメンタルな傷口にぬりたくられる塩や、わざわいなどを用い、何かを騙すために作り上げられた信仰をながめながら、なんと中途半端な理論を形成し、軽薄なものを、あたかも正しいもののように崇めるような連中の支配下に置 [続きを読む]
  • その何か
  • 私は私の純粋な意志と共に進み、犀の角のようにただひとりあゆみながら、風をあつめ、むすばれずに、バラバラになるまで、ひたすらに何かを堪能する。 [続きを読む]
  • 2018年05月20日のつぶやき
  • kozooo7 / 学囚人たちのワルツ: 伝えるものも間に合わずに、途端に翻されていくゆく行方もしれず、倒壊していく行き先で、迷い続ける精神は、成否を求め、制御も失い倒錯する。悲しみを奏でる空疎な季節を飛…https://t.co/LksVHvrAYJ #yaplog at 05/20 00:02kozooo7 / 学黄色い目:風にざわざわ華やいで、君はずっとわかくて、かっこいい、ずっとずっとわかくて、かっこいい。…https://t.co/BQ13Lo0D1Q #.. [続きを読む]
  • 永久機関の愛
  •  伝えるものも間に合わずに、途端に翻されていくゆく行方もしれず、倒壊していく行き先で、迷い続ける精神は、成否を求め、制御も失い倒錯する。悲しみを奏でる空疎な季節を飛び越え、ゆるぐだけの精神は、軽薄なロジックをたずさえ、路地裏で混同する意識的な未明を捕獲するために悲観するのであるし、あらゆる希望的観測から、補正されるだけの道筋などは、誰かが歩いてきただけに満たないものを、確かなものに変えるほどに足枷 [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。本質を捨てた途端に、世界とは限りなく不透明なものだと気付き、そこに現れるものなどは、どれも得たようで、すべては情報にしかすぎず、そこでの償いなどを求めるような亡者ばかりが存在の不確かさを確かなものに変えようと、すべてを巻き込み、世界を確かなものに変えようとすればするほどに、存在の曖昧さと、世界の愚かさの枷を嵌め、すべてを憎悪するだけに至る、まる [続きを読む]
  • 2018年05月19日のつぶやき
  • kozooo7 / 学すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。そこで確かなものなどは、なにかの枷に変わり、世界性をせばめては、時間に屈従し、与えられたものを、与えられたままに複製し…https://t.co/aLhCVIqtoh #yaplog at 05/19 00:02kozooo7 / 学やわらかい雲:まだ若くて、ごろごろとした黄色い目で、ながめている意味すらもわからずに、ただただかわいい奴め。…https://t.co/mKnskjMws.. [続きを読む]