そら さん プロフィール

  •  
そらさん: 山遊び 2
ハンドル名そら さん
ブログタイトル山遊び 2
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sky449141030
サイト紹介文写真の容量が上限に達したために、 山遊び2を開設しました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/10/03 21:04

そら さんのブログ記事

  • 帰宅報告(2018年7月14日〜15日)
  • 旦那が祭日は出勤なので、1泊2日の山旅に♪それなのに、それなのにスマホが故障で私は意気消沈 2018年7月14日室堂→雄山→大汝山→富士ノ折立→真砂岳→別山→ 剱沢キャンプ場(テント泊) 2018年7月15日キャンプ場→剱岳→室堂 超快晴で、青空の扉は、全開 今日は動物病院に預けていた愛犬を迎えに行きスマホを買い替えましたが・・・・まだ、マホを上手く使いこなせない(/_;)詳細は、後日 [続きを読む]
  • 奈良井宿 & 辰野ほたる祭り   2018年6月16日
  • この日 降水確率が高く山には行かず、石井スポーツでGREGORY ディバ60 プラムレッド [2018年春夏モデル]を、購入して次は観光します♪ここは奈良井宿小さな玲緒に追い着けませんだけど、立ち止まってくれます(笑)この橋は、釘を使わずに作られているそうです雨予報でしたが、青空が広がっています奈良井宿のあと、辰野ほたる祭りに行きましたほたるを撮るのは技が必要のようで、ほたるは、撮るものではなく、見るもの [続きを読む]
  • 山用品 グレゴリー ディバ60 [2018年春夏モデル]
  • GREGORY ディバ60 プラムレッド [2018年春夏モデル]価格39,000円 (税込42,120 円)このモデル最大の特徴は、「レスポンスA3・サスペンション」という様々な背面機能。ショルダーハーネスとヒップベルトは取付部を中心に自動で角度が調節され、背負う人の体型や歩いているときの体の姿勢に合わせてフィット。最適な荷重バランスに導いてくれます。また、内蔵されているアルミ合金ワイヤーフレームにより荷重が腰の中心に落ち着くよう [続きを読む]
  • 高ポッチ山&諏訪観光(2018年3月3日〜4日)
  • 今週末はこちら地方も好天に恵まれましたが暫らく日帰りが多くなりそうな予定なので今週末も少し遠征後日、土曜日の山行は、詳細に報告させて頂きますが・・高ポッチ山本日は、諏訪湖周辺を散策参拝に出向きましたがワンコ連れ禁止で、門前払い?参道を徘徊しているとドックカフェがありました店の方が「以前は入れたのですが、よかったら預かりましょうか?」と、言って下さったのですが参拝は次回に持ち越し、家路へ怜緒は高速の [続きを読む]
  • 黒斑山 2018年2月11日
  • 浅間の外輪山黒斑山は、浅間の展望台的な山微妙な空模様でしたが、予報では午後は晴れそうもありませんが・・この後、すれ違った男性が男性 「山頂から綺麗に浅間が観えますよ」私   「えぇ〜〜〜!本当ですか!?」男性 「心の眼で見ると、観えるかも・・・」私 「帰って、家で以前の写真を観ようよ」ダンナ 「そんな事言わないで行こうよ〜〜」  で、凍てついたトーミの頭 浅間周辺は、カモシカが多く、今回もにらめっ [続きを読む]
  • 年末年始 (忍野八海・富士山レーダードーム)
  • 石割山から下山後に出向いた観光は忍野八海富士の雄姿を眺望する忍野村には、国の天然記念物に指定された8カ所の湧水池があり、8つの池の総称で忍野八海と呼ばれている。一帯は昔、湖の底だったが、延暦19年(800年)の富士山大噴火で湖が分断されて水が枯れ、湧水口だけが残った。八海のうち最も湧水量が多い「湧池」は日量23万tで、地底の溶岩が見通せるほど清澄。「湧池」の水質はカルシウム等のミネラル成分が多いの [続きを読む]
  • 年末年始 (初詣登山) 石割山
  • 石割山は山梨県にある山で、山中湖の北側に位置する山名の由来は、山頂直下にある石割神社からで石割神社には真っ二つに割れた大岩があるこの岩の割れ目は通り抜けられるようになっているが不浄の者は通り抜けられないようになっているという言い伝えがある 山頂からの展望はよく富士山をはじめ奥多摩や奥秩父、南アルプスまで望める2018年 元日山中湖畔を散策そして初詣に行きます階段が辛いです・・石割神社石割山山頂眺望を堪 [続きを読む]
  • 年末年始(12月31日) 三ツ峠山  ペンション・パピヨンの森
  • 三ツ峠は岩登りのゲレンデとして古い歴史がある大正13年6月1日、沼井鉄太郎らにより試登され、その記録が発表された昭和4年には富士山麓電気鉄道(現富士急行)が営業運転を開始し新聞輸送を兼ねて、早朝3時前後の電車を運転していた休暇の少なかった勤労青年も夜行日帰りが可能となり、多くの岳人を迎えた それ以前は、唯阿大和尚の開山になる信仰の山であった富士急行の三ツ峠駅からの表登山道には今も数々の旧跡が残っている  [続きを読む]
  • 年末年始 (2017年12月30日)笛吹川フルーツ公園
  • 2017年12月30日こちら地方は、年末年始ともに雪予報なので山梨に遠征12月30日は、移動日でゆっくりと起きて、お出掛けの準備を整えて11時頃に、出発まさに、トンネルを抜けると青空笛吹川フルーツ公園写真の山並の中央やや左に富士様が見えているのですが・・・写真を縮小したら、見え難いので富士様(笑)「笛吹川フルーツ公園」は山梨県山梨市の丘陵部に位置する公園で、その名の通り、 園内各所に観賞用の果樹が沢山植えられて [続きを読む]
  • 2018年 福袋
  • 2018年 今年も、福袋を購入昨年の福袋 は旦那が HAGLOFS/ ホグロフス私が テルヌア/TERNUA今年は私が MonturaMontura(モンチュラ)は、1998年にイタリアで生まれた比較的新しいブランドです。アルパイン・クライミング向けのウェアを中心にクオリティの高いアイテムが多数揃っており、人間工学に基づいた動きを妨げない無駄のないデザインが、世界中のクライマーに支持されています。旦那が、MOUNTAIN HARD WEAR「マウンテ [続きを読む]
  • 乾徳山 2017年12月2日(後編)
  • 乾徳山 2017年12月2日(前編)の報告からご無沙汰してしまいましたが・・・肝心の山頂直下の足場が乏しい鎖場の報告が未報告なのでした山頂直下の鎖場は迂回路もあります 一先ず、鎖場に山頂直下の鳳岩(おおとりいわ)そのまま上に登ると足場が少ないので途中で右側へ山頂で記念写真下山も巻道は使わず鎖場へ私的には、山頂直下の鳳岩(おおとりいわ)鎖場は意外と快適 山頂直下よりも2つ目の上段が斜めってて、私は不安2つ目 [続きを読む]
  • 乾徳山 2017年12月2日 (前編)
  • 乾徳山 標高2031m鎌倉時代から室町時代にかけての高僧で、恵林寺の開祖として有名な夢窓国師が、この山で修業し悟りを開いたと伝えられており、「乾徳」は「君主の示す徳」、また峡東地区の北西「乾」の方角であることから名付けられたと言われています。山には髭剃(ひげそり)岩、月見岩、鳳(おおとり)岩など数々の奇岩や山岳信仰の痕跡が見られます。 バス停や公衆トイレ、駐車場のある乾徳公園を基点とするコースは、乾徳山 [続きを読む]
  • 荒船山 2017年11月19日(後編)
  • 2017年11月19日荒船山 前編のあと後編のご報告が遅くなりました荒船山は長い間の浸食によって、山頂にメサ状の台地が誕生したという 頂上北端の、船の艫(とも)にあたる所が艫(とも)岩で200mにもおよぶ断崖は、見る人を圧倒する絶壁上の見晴台からは神津牧場や佐久高原、浅間山から遠く北アルプスまで一望できる 頂上台地の南端が最高点の経塚山(きようづかやま)で弘法大師が経文を埋めたという伝説からこの名がある京塚山 [続きを読む]
  • 妙義山  (下山編)  2017年11月5日
  • 11月4日は、生憎の天候なので アプトの道 をハイキング11月5日このまま家路へは、勿体ないので、妙義山に行きました妙義神社から大のぞき  天狗岩〜相馬岳〜バラ尾根へと、進みましたが・・背中には モンベル ドギーキャリングパックなので、今回は堀切から下りますここも、結構な急斜面と岩場絶対に背中を死守転べないのです・・・ここまで来ると普通の登山道登山者Pの手前で、開放よく頑張りましたちなみに、2009年12月 [続きを読む]
  • アプトの道(ハイキングコース) 2017年11月4日
  • アプトの道ハイキングコース 景色と歴史の中を歩く一日コース(約13km約4時間)平成9年(1997年)に廃止となったJR信越本線横川〜軽井沢間の廃線跡とアブト式時代の旧国鉄信越本線跡を利用した散策路で横川駅〜めがね橋〜熊ノ平信号所跡までの約7kmが整備されています。国の重要文化財である旧丸山変電所をはじめ、めがね橋(碓氷第三橋梁)を代表する鉄道煉瓦構造物群などの碓氷峠鉄道遺産に直接ふれることができますアプトの道 [続きを読む]
  • 妙義山 (天狗岩〜相馬岳〜バラ尾根へ) 2017年11月5日
  • 2017年11月5日 妙義山の記事は↓妙義神社〜大のぞき天狗岩の文字に見向きもせず歩いています絶景ですが・・・ヘロヘロ吐息前回は、下ったタルワキ沢の分岐何故か、私に後光が差しています何はともあれ相馬岳今回はバラ尾根へと進みますどこまで下るんですかやっと地に足が着きましたが、再び一気下ります振り返ると垂直どこまでも・・・転げ落ちそうな岩場木の根が無いと登れないかもけれど、眩暈がするほど絶景ちなみに、2009 [続きを読む]
  • 妙義山 (妙義神社〜大のぞき) 2017年11月5日 
  • 2009年12月6日限られた、午前中の時間で足早に登山した時の、妙義山は ↓  妙義山♪  妙義山(登山口〜大の字)♪  妙義山(大の字〜辻)♪  妙義山(奥の院)♪  妙義山(見晴〜玉石)♪  妙義山(大のぞき〜)♪  妙義山(相馬岳)♪  妙義山(タルワキ沢へ〜)♪  下山編♪今回は、行先が決まらず、何故か妙義山へ妙義山は危険マークが盛り沢山登山者Pに車を停めて妙義神社に参拝神社の右手に登山口があり、登 [続きを読む]
  • 名古屋観光 グルメ&浜田省吾FFF
  • 2017年10月28日  名古屋熱田神社 トヨタ産業技術記念館 と、順調に観光して、そろそろ待望のランチタイムで、熱田 蓬莱軒 本店 へ Pに行くと「受付を済ませ、予定時間に再訪して下さい」と・・。2時間近く、車でウロウロ徘徊そして、店に戻ると待つことなく、店内に案内されました食べ方を学習(笑)  旦那が注文したうまき  そして、待望のひつまぶし  女性にはボリュームが有り過ぎかも 何はともあれ美味しかった [続きを読む]