渋屋 隆一 さん プロフィール

  •  
渋屋 隆一さん: IT企業専門コンサルタント渋屋 隆一のブログ
ハンドル名渋屋 隆一 さん
ブログタイトルIT企業専門コンサルタント渋屋 隆一のブログ
ブログURLhttp://biz-it-base.com
サイト紹介文IT企業専門コンサルタント渋屋 隆一のブログです。IT企業に支援、士業の独立に関することなどを紹介。
自由文IT企業の支援を通じて感じたことを中心に。テクノロジーやビジネスモデルのトレンド変化、マーケティングが得意です。趣味であるトライアスロンやマラソンの話も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/10/04 05:59

渋屋 隆一 さんのブログ記事

  • 中小企業診断士:2次筆記試験を受験する方へのメッセージ
  • 2011年10月、私が中小企業診断士の2次筆記試験を受けたときです。今朝、このときのTwitter(と連動させていたFacebook)のつぶやきを眺めていました。受験生時代の記憶がいくつも鮮明に蘇ってきました。余談ですが、こういう振り返りのとき、年・月を指定して過去の投稿を見ることのできるFacebookは便利ですね。当時のつぶやきを振り返りつつ、今週末、試験を受ける方へのメッセージです。 全身全霊を突っ込んで、合格の可能性を [続きを読む]
  • 攻めるだけでも、守るだけでも成長できない
  • 経営者には、攻めが得意な人と、守りが得意な人がいます。私自身は攻めが好き(得意とは言えませんが・・)な一方、ついつい守りを疎かにしてしまいがちです。創業社長には、攻めが得意な人が多いです。一方、士業には守りが得意だけれども攻められない、という例が多いように感じています。企業をしっかりと継続して運営するには、攻めと守りのバランスが必要です。 攻めるためには基礎体力が必要私の経験上ですが、攻めが得意な [続きを読む]
  • 世の中に似たような商品・サービスが溢れかえってしまう理由
  • あるところで、新事業(商品)の企画を見比べていたことがあります。楽しみにしていたのですが、蓋を明けてみると、どこかで見たり聞いたりしたような企画ばかり。例えば、「IoT 植物」で画像検索すると、同じようなものが延々と出てきます。良く見ると、中には特徴的なものもあるのですが、既にレッドオーシャンになっていることは、間違いなさそうです。なぜ、このようなことになってしまうのでしょうか?私は大きく2つの理由が [続きを読む]
  • 未完了タスクの数だけ、生活の質が落ちていく
  • 今朝は、妻と早朝ランニング。天気予報は雨でしたが、降ってなかったので。(走り始めたら降ってきましたが・・)10月に入って初めて、一昨日・昨日と2日間、運動しない日が続いたので、何とか走りたかったのです。これで「やりたいこと、やらなければいけないこと」が1つ消えました。(まぁ、ランニングは明日になれば、またやりたいタスクになりますが)ようやく山場を抜けつつあるのですが、実はこの2週間ほど、未完了タスク [続きを読む]
  • 生産性が上がらない、たった1つの決定的な理由
  • 前々回、前回とシステム導入の基本的な考え方、業務の標準化について述べてきました。1回で終わる記事のハズだったのですが、思いの外、関連ニュースが目に飛び込んで来たので、もう1回だけ書きます。昨日、目に入ったニュースはこちら。教員の多忙 授業準備できず(Yahooニュース)子どもを小学校に通わせる親としては、気になるニュースです。昨日の自治体に引き続き、「まだこんなことやってるのか?」と思わずにはいられま [続きを読む]
  • 標準化すべき業務を標準化しない、日本の害悪
  • 昨日、システムを導入するときの基本的な考え方をご紹介しました。偶然かどうか分かりませんが、こんなニュースがIT業界では話題になっていました。システム刷新に失敗した京都市、ITベンダーと契約解除で訴訟の可能性も(日経コンピュータ)【広報資料】(お知らせ)大型汎用コンピュータのオープン化に係る受託事業者との契約解除について(京都市)この争いに対して、何かコメントするつもりもないのですが、改めて昨日書いたこ [続きを読む]
  • システムを導入するときに押さえておきたい、基本的な考え方
  • 何事にも基本があります。新たにシステムを導入するときにも、基本となる考え方があります。 価値を生み出す業務と、そうでない業務を仕分けする企業の中には、価値を生み出す業務とそうでない業務があります。私の例で言えば、コンサルティングや講師をしている時間(業務)は、価値を提供しているときです。新たなサービスや企画を考えたり、そのためのWebページをつくる時間も価値を生み出す業務です。一方、契約書を交わしたり [続きを読む]
  • あなたが弱点から目を背けていても平気な理由
  • うっすらと自分の弱点に気づいてはいるけれど、目を背けていること。あるいは、自分の弱点そのものに気づいていないこと、ありませんか? 高い目標を掲げたから、自分の弱点が浮き彫りになった私が習慣としてストレッチを始めたのは、ランニングのコーチにこっぴどく怒られたことがキッカケでした。それ以前もカラダが堅いことは分かっていました。しかし、喫緊に対応しなければならない問題とまでは、認識していませんでした。そ [続きを読む]
  • もっと全国各地に行ってみたい
  • 出張で熊本に来ています。仕事で熊本に来るのは10数年振り。プライベートを含めても5年振りです。普段と異なる環境に移ると、色々と考えさせられることを痛感しています。 移動距離が少ないことのデメリット会社員を辞めて以来、仕事での移動距離が少なくなっていることを、実は懸念していました。独立当初、仕事の大半は東京都内でした。しかし、地元の神奈川・横浜に貢献したいという気持ち。さらには移動時間を少なくして効率 [続きを読む]
  • 「なんとなく」「楽しそう」でやったことが、道を切り開く
  • 私が独立して以来、「これだけはやってよかった」と確信していることがあります。「やりたいと感じたことをやってきたこと」です。 独立してから感覚でやってきたこと何度もこのブログでは書いていますが、私の専門はマーケティングとITです。企業の支援をするときも、コンサルタント・士業の独立支援をするときも、私が使っているスキルは、マーケティングとITがほとんどです。専門分野の情報収集は日常的に続けていますし、ツー [続きを読む]
  • あなたに足りないのは本当に「資格」ですか?
  • 私が日頃、交流している人たちは、「IT系」「マーケティング系」「士業」が多いです。もちろん、重複していることも多いです。それぞれの人たちと会話していると、士業だけがやたらと資格についての話をしたがると感じています。 それぞれの資格の捉え方IT系の方々にとって、資格はそこまで重たいものではありません。業界で活躍している人と接すると、少なくとも資格を全面に押し出されたことは一度もありません。あくまでも自分 [続きを読む]
  • ITエンジニアが経営に関わるメリット
  • 最近、「コンサルティング」と「エンジニアリング」の相性について考えています。以前にこんな記事を書きました。改めて、今感じていることをまとめてみました。結論から言えば、エンジニアがコンサルティングをしたり、経営に携わることは、大いにプラスになります。 デジタルビジネス・サービス化を発想しやすい世の中、ビジネスのデジタル化が進んでいるのは、言わずもがな。デジタルカメラの登場によって、従来型カメラ産業は [続きを読む]
  • 夜・暗闇でのランニングを安全に行うには
  • 昨晩のランニングはスピードトレーニング。5kmほどカラダを慣らして、折り返してからスピードアップ。フラットなところで4分17秒、その後の下りで4分2秒。10km走り終えてから、その後の流しで5分10秒ペースが出たのが何よりの収穫です。回復できる守りのスピードが、それくらいってことですから。まだ長くは続けられなそうですが、いい感じにスピードに乗れるようになってきました。昨シーズンはグダグダだったランニング。も [続きを読む]
  • 中小企業診断士はどんな仕事をしているか?
  • 「中小企業診断士は、どんな仕事をしているのか?分かりにくい」と言われることが度々あります。このブログにも「中小企業診断士 仕事内容」のキーワードでの流入が一定数あります。私自身、自分を中小企業診断士という枠におさめるつもりはありませんが、公開されているデータを元に、中小企業診断士の仕事内容をご紹介します。 データでみる中小企業診断士J-Net21では「データでみる中小企業診断士」という記事が紹介されていま [続きを読む]
  • 新しいことを始めるときに大切な2つのこと
  • このところ、トライアスロンの話ばかりしているので、仕事先でもすっかり「トライアスロンの人」になってきました。昨日も仕事仲間とランチをしていたら、何故かトライアスロンの話に。話を振られれば楽しく応えてしまうので、さらにそっちの人になっています。(始めて3年目、しかもギリギリ完走する程度の初心者なんですが・・)今回は、私がトライアスロンを始めるまでの流れを振り返りつつ、新しいことを始めるときのポイント [続きを読む]
  • 「トライアスロン経営塾」5つのコンセプト(後半)
  • 「トライアスロン経営塾」のコンセプトについてです。昨日、前半3つをお伝えしたので、今日は残り2つです。 「短期視点」ではなく「長期視点」を求めるコンセプトの4つ目は、「長期視点」です。世の中の動きが速くなり、巷には短期で成果を上げる云々の表面的なコンテンツばかりが溢れています。もちろん、事業を立ち上げる瞬間や、財政が厳しくなり倒産寸前のときなどは、「長期視点」などとのんびり構えていられないのも事実 [続きを読む]
  • 「トライアスロン経営塾」のプレゼンをしてきました
  • 昨日は、某所で「トライアスロン経営塾」のプレゼンテーションをしてきました。 「トライアスロン経営塾」が生まれたキッカケ某所とは「zenschool 発表会」です。自社製品開発イノベーション講座「zenschool」を20期生として、受講していたのです。7月29〜31日の3日間、都内某所で缶詰になっていました。一緒に受講した2人の仲間と、3人の講師陣。お互いを深く理解しつつ、自分と向き合いつつ。講座の名前の通り、禅(zen)問 [続きを読む]
  • 人工知能(AI)時代の働き方を考えていますか?
  • 昨晩は、イベントに参加してきました。【超AI時代 × フューチャーセッション】私たちの生き方・働き方をどう選択するか?改めて、今後の働き方を考えるキッカケとなりました。 AI時代は突然来ないが、確実に来ている昨日のイベントで、AIが私たちの生活・ビジネスに浸透することは、もはや止められない事実であると痛感しました。日本に住む私たちは、意識する・しないに関わらず、既にどこかでAIの恩恵を受けているのです。例え [続きを読む]
  • 書く仕事を増やしてみて、感じていること
  • 最近、書く仕事を増やしています。 「聴く」、「話す」、「書く」仕事の割合独立以来、私の仕事の中心は「聴く」と「話す」でした。「聴く」はコンサルティングのこと。もちろんコンサルティングでも話すことは多いのですが、私の気持ちの上では、聴くことによって真の問題を発見することが中心です。もう1つの「話す」はセミナー・研修講師のことです。頻度はコンサルティングよりも落ちますが、定期的にアウトプットする場があ [続きを読む]
  • 【トライアスロン経営塾】マーケティングの基本の基本を行いました
  • 9月25日、『トライアスロン経営塾(マーケティング編)』の第1回を行いました。社長・取締役・次期幹部候補、それから自分で独立・起業を考えていらっしゃる方など、多彩な顔ぶれでした。最初に渋屋から、この塾の趣旨についてお話しを。参加者それぞれの自己紹介や、経営・マーケティング・キャリアなどに感じている課題を挙げていただき、本編に入っていきました。塾に参加した方は、復習材料としてお読み下さいませ〜。 マー [続きを読む]
  • 中小企業診断士は人工知能(AI)に代替されないから安心?
  • 9月25日付けの日本経済新聞で「AI時代のサムライ業(奪われる定型業務)」という記事があり、それがSNSで広がっていました。今日はこの記事と、SNSでの反応を見ながら感じたことを。 代替されやすい仕事と、そうでない仕事この記事を見ると、今後10〜20年後に、AIによる代替可能性は、弁理士:92.1%行政書士:93.1%税理士:92.5%中小企業診断士:0.2%となっており、法によって定められた独占業務のない診断士は、低い数字となって [続きを読む]
  • コンサルティングをする上で、注視するポイント
  • 私が10人以上の組織をコンサルティングをするときに、必ず注意して見ているポイントがあります。 組織・プロセスの狭間は、問題が起きやすいそれは組織間の壁だったり、プロセスの狭間です。例えば、営業部と開発部の間で、お互いの業務範囲が不明確になっている点はないか?マーケティングのプロセスから、営業のプロセスへ、スムーズに業務は流れているか?などです。組織規模が5人程度までなら、この点は大きな問題にはなりに [続きを読む]