道東放老子 さん プロフィール

  •  
道東放老子さん: 狩人の道東放浪記
ハンドル名道東放老子 さん
ブログタイトル狩人の道東放浪記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/1414sako1732
サイト紹介文退職後の生活を北海道道東の地と定めた。エゾ鹿猟を中心に俳句など趣味を充実していきたい。
自由文狩猟シーズンとなり充実している。それ以外にも俳句の会、遺跡探訪など多忙である。道東で同好の士と語り合いたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/10/04 15:28

道東放老子 さんのブログ記事

  • 初夏の道東
  • 短い春が終わると、夏が来る。この夏も霧と共に来て、道東の花は一斉に咲きだします。赤い花はハマナスです別海町の駅逓跡です。もう工事は終わったかな。エソニュウの花で2メーター位の大きさになります。知床峠をバイク(トライアンフ・ロケット)で越えました。最後は美瑛のラベンダー畑です。 [続きを読む]
  • 吉幾三作詞作曲の校歌
  • 羅臼町にあった2つの中学校が統合されて「町立知床未来中学校」になった。昨日は開校式であった。そして披露された校歌の作詞作曲者は吉幾三氏であった。氏は羅臼町ゆかりの歌を歌い羅臼応援大使にも任じられ、浅からぬ因縁の人であるが、校歌の作成を無料で引き受けたそうだ。誠に吉幾三氏の人柄が偲ばれる話である。開校式には吉幾三氏も同校を訪れ、生徒と一緒に校歌を涙ながらに歌ったそうだ。  校歌一番小高い丘の 学び舎 [続きを読む]
  • お召し列車
  • 昭和34年4月10日に平成天皇は結婚されました。私も白黒テレビで拝見しました。陛下は4月18日に伊勢神宮へ御報告に来られました。私も沿線で日の丸を振ったのを憶えています。平成天皇は国鉄山田駅を利用されました。この写真は山田駅の一番ホームへ転線してきた機関車C5756号機です。上の陸橋は現在も、ほぼ同じです。菊の御紋を付け、国旗は国鉄の紋章で結わえられています。お召し列車に携わる事は国鉄職員の名誉で [続きを読む]
  • ベトナムの青年
  • 団地内で家の取り壊しが始まった。家を建て替えるためだ。この作業に青年が来ている。顔つきはマレー系の顔で、「こら、バカ」と言われて働いている。声をかけてみた。「君はベトナム人?」はい、そうです。すみません。「ベトナム国は尊敬している。ビエンフーの戦いでフランスに勝った。日本が負けたアメリカにも勝った国だ」破顔一笑、嬉しそうに笑った。恐らく彼の年齢ではビエンフーの戦いも、ベトナム独立戦争も体験していな [続きを読む]
  • 高札についての考察
  • 先日紹介しました高札が少し解ってきました。以下のように読みました。この様に読みました。村人の強訴などを恐れた為政者は密告を奨励しています。銀100枚を与え、苗字帯刀さえ許しています。そして一旦仲間に入っていても、裏切って訴人すれば、ご褒美を頂き罪も許されます。この高札は幕末の元治元年に掲出されています。法としては、其の100年ほど前に出されています。一枚の板切れから、当時の社会状況が分かり、興味津津たる [続きを読む]
  • 黒餡二軒茶屋餅
  • 毎月25日は「黒餡二軒茶屋餅」の日です。普段は白砂糖で作られている餡が黒砂糖で作られます。二軒茶屋餅は天正年間の創業ですから、約438年前のことです。これが本店です。今日は特別にこのセットが240円で売られていました。黄粉は時間が経っているので、ペショとしていました。買い求めた黒餡二軒茶屋餅はこれです。伊勢神宮へ参拝の折は、赤福ばかりに走らないで二軒茶屋餅も如何でしょうか? [続きを読む]
  • 明和7年(1771年)の高札
  • 高札がありました。購入を検討しています。表です。明和7年(西暦1771年)と有りますが、奉行の上が消されているように思えます。なぜ?理由は分かりません。この時代は田沼意次が活躍した時代です。公告された内容はよく分からないので、元高校国語教師に読んでもらう予定です。裏はこのようになっています。小濱村と読めますが、年号は元治ではないでしょうか。元治とすると1864年ですから表に書かれた年からは93年を経ています。何 [続きを読む]
  • 春隣
  • 奈良のお水取りも済み、すぐ隣に春はいます。庭の花木も春を待ちきれなく、芽を出しています。北海道から送ってもらったハマナスです。欲しがる人が居るので、株分けしています。これは通販で買った「甘茶」です。今年こそは甘茶を作ろうと計画しています。そして「山椒」です。狩りの山で昨年曳いてきました。今年からは料理に使えそうです。何度も紹介しましたが、ハマナスの花は見事です。 [続きを読む]
  • 狩猟は犬次第
  • 一犬、二足、三鉄砲、と昔から言われ、狩猟に占める要素は犬が90%以上です。私達のグループも今猟期に47頭の猪を得ましたが、銃による捕獲は2頭です。1頭はセオリー通りにやって来て、私が撃ちました。もう一頭は猟友が、抜けてきた猪を偶然撃ちました。残る45頭は全て罠で獲った猪です。原因は犬の質です。猟欲のある犬は、他の犬と喧嘩をする、町へ逃走し飼い犬を噛む、猫を追い回すなど問題犬です。飼い犬を噛むと、謝罪と [続きを読む]
  • 今シーズンの狩猟終了
  • 平成29年度の狩猟(鹿と猪)は3月15日で終了ですが、私たちのグループは日曜日主体の為11日が終了日となりました。11日も午前と午後に2回狩りましたが、逃がしてしまいました。写真は私のマチです。矢印のように獣道があるので待っていましたが、来てくれなかったです。名射手に恐れをなしたかな?取りあえず、無事故無違反で終了し、喜んでいます。成果は43頭でした(罠も含む)。 [続きを読む]
  • 伊勢うどん
  • あらゆる雑誌で取り上げられ、全国区に近づきつつあると思います。ご存知「伊勢うどん」です。写真の伊勢うどんは定食で、うどんは大盛にしてあります。価格は900円、普通の盛りならば750円です。伊勢市内の美味しい店を、独断と偏見で紹介します。「ちとせ」宇治山田駅から徒歩5分、この写真の店です「山口屋」伊勢市駅から徒歩8分、駐車場有です「?」度会橋伊勢市側、左へ坂を下る途中です。昭和30年代の雰囲気が有ります「わ [続きを読む]
  • 火鉢で省エネ
  • 火鉢を買ってきました。直径は55センチ、高さは35センチあります。そして、灰や十徳なども付いています。そして無名画家の色紙も買いました。祇園祭と探梅の絵です。立派な額に入れると良いですよ。 [続きを読む]
  • マグナムハンター
  • 以前、友人からマグナムハンターを頂戴しましたが、ハンドルの所で刃が折れてしまいました。それで中古ですが、マグナムハンターを新開刃物店で購入しました。オールドガ―バーナイフ  アーモハイドシリーズ  マグナムハンター アーモハイド クロームが正しい呼び名だそうです。中古なので沢山の傷がついています。刃は最高に研ぎ上げました。シース(鞘)は美品と取り替えました。明日の猪狩りがデビューです。 [続きを読む]
  • ひし餅
  • 京都の友人からこのひし餅と吹き寄せを頂戴しました。私には弟しかなく、児も男ばかりなので雛祭には縁がありません。ですから、ひし餅も初めて食べます。4日になるのが楽しみです。 [続きを読む]
  • タチの軍艦巻き
  • 厳寒期の北海道では「タチの軍艦巻き」が回転すしで提供される。大好物で、常にチョイスした。タチは鰊の白子で、鍋にしても味噌汁に入れても美味しい。まさに冬の味覚である。北海道では、この数日好天が続いている。事故の無いように祈るだけである。 [続きを読む]
  • ふところ餅の作り方
  • 昔農家では「ふところ餅」を作り、子供たちのお八つや、農作業のコジハンにした。何十年も食べてないが、町のセミナーで学んできた。●材料もち米    1升米粉(上新粉)  2?熱湯    1600cc黒砂糖(粉)   1.25kg.塩    15g小麦粉  110g●作り方① もち米は1~2日水に浸ける② 米粉は熱湯(1600cc)で固めに捏ねる③ ②を軽く握り、水切りした①の上に乗せ、蒸す④ 蒸し終わったら、餅につく。餅つき機が便 [続きを読む]
  • オムライス大好き
  • 三重県松阪市にオムライスとカレー専門店が有ります。ここのオムライスが大好きです。「Hallo Egg」が店名で、若い夫婦が切り盛りをしています。奥の品が基本で、下のオムライスはLサイズ(880円)です。基本は780円で、100円ごとに増量してくれます。過去最高は7L(1480円)だったそうです。私ではありません!!ご主人は工夫をしてメニューに反映させていますが、シンプルなオムライスが一番好きです。電話番号は0598-52-6657です。 [続きを読む]
  • 知里幸恵 銀のしずく記念館
  • 知里幸恵はアイヌの少女で、アイヌ神謡集を残し19歳で去りました。薄幸の人生でしたが、彼女が残した神謡集によりアイヌ文化の豊かさを知らせました。せめてアイヌ神謡集の序だけでも読んで欲しいと思います。登別市には「知里幸恵 銀のしずく記念館」が有ります。遺品や彼女のプロフィールが紹介され、知里森舎が活動されています。ぜひこの記念館の友の会に入会されて、支援を願いします。今年も続けて会員にさせていただきま [続きを読む]
  • 2月25日の狩り
  • 昨日の成果無しにもめげずに、出猟しました。写真の右側に尾根があり、勢子さんはこの尾根を歩きます。右の放棄田を横切り、左へ逃げます(予定)。残念ながら、何も出ませんでした。放棄田の中を走る猪を撃つ予定です。杉の木で田からは私が見えないはずです。道に出れば、撃つチャンスは1.5秒でしょう。右から左へ走る猪を撃ちます。逆だと、体が開いて撃ちにくいからです。左の溝の先です。何度もここを通っているので、獣道が付 [続きを読む]
  • テレビコマーシャル
  • 最近のコマーシャルで、多いのを指折って見た。1、薬、健康食品、サプリメントが多い。現代人は薬で健康を手に入れたいようだ。  スッポン、ウコン、ニンニク、青草、マムシ、蜂蜜など何でも有りだ。2、カツラ、ウィッグ、毛生え薬、白髪染め カツラの宣伝も多いが、毛生え薬では確約をしない。3、化粧品  「私の年が分かりますか」と老婆が出て来る。45歳ぐらい、と思うと70歳だ。女は怖い。4、鍋や釜の通販  1万円が多い [続きを読む]
  • バードナイフ
  • ずいぶん昔に使用したナイフである。鳥撃ちの際、鳥の腸を尻穴から抜くためのナイフである。鳥撃ちを始めた頃は、真鍮の針金でフックを作り使用していたがよく紛失した。そこでBuck製のこのナイフを買って今日に至っている。最近は大物猟ばかりで、このナイフは片隅に収蔵されたままである。もう一本、レミントンのバードナイフもあったが、レミントン1100の散弾銃を譲渡する際に差し上げた。ナイフには交換チョークを回すレンチも [続きを読む]
  • ヒットラーユーゲントと日本の青少年
  • 1938年(昭和13年)の7月から11月までナチスドイツよりヒットラーユーゲントが来日した。金髪碧眼そして偉丈夫の彼らは堂々と行進し、各地で大歓迎された。北原白秋も「万歳ヒットラーユーゲント独逸青少年歓迎の歌」を作詞し、各地の学生生徒は歌った。私の知人で、当時中学生の方がいた。軍からの教官に毎日のように殴られ、反軍思想の持ち主になっていたが、ヒットラーユーゲントの行進を見て、軍国少年に変わったそうだ。さ [続きを読む]
  • 狩りをせず
  • ここ2週間ほどは狩りをしていません。各自の都合が合いません。それと犬の成績が悪いので「無駄アシ」ではと、意欲が湧きません。狩場の風景を並べてみました。前から来る予定です。下の2葉は子猪を犬が咥えた場面です。銃は使用しません。犬達の練習台です。もうボロボロになってしまいました。 [続きを読む]