KURU-MIRA さん プロフィール

  •  
KURU-MIRAさん: くるくるミラクルのロボ日記
ハンドル名KURU-MIRA さん
ブログタイトルくるくるミラクルのロボ日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kuru-mira/
サイト紹介文ロボカップジュニアのサッカーに参加のTeam KURU-MIRA兄弟と家族の日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/10/07 06:36

KURU-MIRA さんのブログ記事

  • 電子政府先進国エストニアから来た男
  • お久しぶりです。昨夏に、ロボカップ2017世界大会を無事終えて以来、リアルロボットの世界からすっかり離れてしまってる父です。仕事では、R.P.A(ソフトウェアロボットによる業務の自動化)やブロックチェーンでデータの分散台帳管理なんかの商談機会が増えてきて、ますますバーチャル界に引き込まれています。話は当然変わりますが、皆さんはエストニアをご存知ですか。人口130万人くらいの北欧の小国ですが、実は世界中の注 [続きを読む]
  • ジュニアサッカーAward一覧
  • 受賞のみなさん、おめでとうございます。賞一覧(オリジナル)はここhttps://www.robocup2017.org/file/awards/Junior_Soccer.pdf全競技試合結果はここhttps://www.robocup2017.org/results.htmlRoboCupは他の競技大会と異なり、研究成果の発表方法の一つとして競技形式をとっており、勝ち負けがだけが評価基準ではありません。どんな研究をしたのか、何を目指すのか、何を学んだか、スピリッツ(取り組む姿勢)と総合して評価され [続きを読む]
  • RoboCup2017NAGOYA無事終了!
  • 父です。ロボカップ2017世界大会が本日終了しました。まずは、すべての選手、関係者のみなさん、お疲れさまでした!競技結果は公式ホームページで確認ください。サッカーの評価は競技は35%で、インタビューやプレゼン、大会中のスピリッツ等との合計で成績が決まります。また、組み合わせなどで運不運もかなり有ります。競技にとらわれすぎず、交流と学びの場として活かしてほしいです。日本チームは競技順位や賞の有無に関 [続きを読む]
  • ロボカップ世界大会まで2週間を切りました
  • 父です。いよいよロボカップ2017世界大会が迫ってきました。世界大会では、ジュニアだけでなくメジャーや、Amazonチャレンジなどの同時開催のイベントも多く、本当に見どころにつきません。名古屋大会の入場料は、高校生以下無料、一般も1日券1000円、通し券2000円と大変お得です。コンビニでも前売り券を発売中とのこと。競技は27日(木)から30日(日)ですが、ロボットの調子が上がる28日(金)か、上位に向けて気合の入る2 [続きを読む]
  • ジュニア競技運用スタッフ募集延長6月21日まで
  • ジュニアの競技運営ボランティア募集が、6月21日まで延長されました。大人だけでなく、多くの高校生を含む学生やOBOG、北海道や九州からも申し込みがあるそうです。しかし、大会規模が大きいため、募集延長してご支援をお願いしています。特にサッカーは、学生さんを中心にすでに数十名の応募があったようですが、さらに多くの方にお助け頂けることを希望しています。7月25日から7月30日が対象期間ですが、25-29とか26-30とか都 [続きを読む]
  • Soccer draft rules2017(世界公式ルール2017ドラフト版)
  • RoboCupJunior公式サイトに、サッカー2017のドラフトルールが公開されましたupdated: 17-feb-2017/eguchi2017 Rules***NEW***Soccer draft rules (2017)http://rcj.robocup.org/rcj2017/soccer_2017.pdf気になる変更点は、こんな感じ。・壁にカラーマーク追加:壁板の角と中央にカラーマーク(緑、赤、シアン、マゼンタ)・ボールの変更:Open オレンジボール(Ligjhtweightはパルスボールのまま)・ボール補足ゾーン:Open 2. [続きを読む]
  • ジャパン2017やっぱり日本独自の電池規制が追加www
  • 父です。ちょっと長く体調崩していて、久々にネットをチェックしたら・・ジャパン2017の電池ルール http://robocupjuniorgifu.net/RCJJO/battery.htmlうーん。ジャパン2016の日本独自電池規制を見直し、世界各国と同様の”公式ルール”に回帰を進めて欲しかったのですが。私自身は、”2016の独自電池規制を一旦廃止し、公式電圧&電気容量45W25Wへ緩和を決めた所” までをお手伝いしたのですが、そこからあとは [続きを読む]