リヒト緑 さん プロフィール

  •  
リヒト緑さん: リヒト緑の言いたい放題
ハンドル名リヒト緑 さん
ブログタイトルリヒト緑の言いたい放題
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ultralight2me
サイト紹介文帰化アメリカ人です。夫はアメリカ人で、息子が二人。エッセイを書いています。
自由文アメリカ生活が長くなりました。35?プラス年です。ランキングには今まで参加しておりませんでした。いろんな方に巡り合う為に、今回はランキングに登録してみます。宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2012/10/07 04:17

リヒト緑 さんのブログ記事

  • 発酵食品大好き
  • <アルプスの花々>アメリカ人の常識も、と言っても、大都会でしか知られていないとは思うが、発酵食品が体に良い、と言うことらしく、Kimchiも納豆も、知らない人は少ないと思うが、Kombuchaもその一つ。発酵食品で、私は昆布、から検出した成分で作られたものだと勘違いしていた。違います。原産を中国ではないか、とアメリカでは言っているようですけど、日本は東モンゴルじゃないか、と言う見解らしい。日本では「紅茶キノコ」 [続きを読む]
  • ワタクシ、日本人がリカイできません。
  • <雨の日の車中からの風景>日本のネットニュース記事を読んでいたら、日本人ってやっぱりアメリカ人と違うな、と思わずにはいられない記事が出ていた。何処が、アメリカ人じゃないのか?と言いますと、誰も憤慨していないのであります。変な話だ。ねぶた祭は大祭りで、私も夏に帰る時はいつも、行けるかも、と興奮さえ致しますが、宿がないのですよ。取れない。一ヶ月2ヶ月前どころか、1年前、2年前から企画計画しなくちゃ無理 [続きを読む]
  • 報道されていない事実を読むのは疲れるな。
  • <FishtownのBBQの店。夫や子供たちは肉が好きだね。たまには良いかと、付いて行った。>一日に何回も雨が降る気候が続いている。そして蒸し暑い。温度は日本とほぼ同じくらい。猛暑です。なかなか癖になってることは止められないものですが、V.S Naipaulが85歳で亡くなった。死亡記事が伝えている。彼は2001年にノーベル文学賞を受賞しているのですが、どのように彼の存在を知ったのか、それが何時だったのか思い出さないのです [続きを読む]
  • 自分を変えたいよぅの、私。真的!
  • <スイスチョコレート。息子達への友人の贈り物。いつまでも子供だと思ってるんだけど、お互いに。子供たちは髭だらけのおっさんです。ははは>万年的に<時間無い症>に罹っている私。それなのに、否、それだから、夜中にごそごそと本を読んだり映画を観ている自分を最近変えたいと思う様になった。シカゴに引っ越せば<Starting Over>出来ると思っていたので、心では、かなり(引っ越しを)願っていた私でした。心機一転したい、 [続きを読む]
  • スイスZurich の街、2
  • <路電電車><右手が中央駅:駅も広くなっています。空港へ電車が頻繁に出ています。大人一人7フランクス。($7)タクシーだと55ドルくらいです。Uber も有ります。$35 くらい。但し車は荷物も運ぶには小型かも。蒸し暑い日が続いていました。スイス人のクリスチーナが言うには、一年中小雨が降り薄暗いそうですが、私は晴れ女。ほとんど雨は降りませんでした。><Limatt川、シカモアが川に垂れて自然な日陰を作っている。もう [続きを読む]
  • スイスのZurichの街1
  • <Zurichの好きな通りRennweg. Honoldと言うチョコレートストアが在るの><小さなショップがたくさん在ります。高級ブランドが固まる地域のすぐ近く><水飲み場に浮かぶバラたち><水飲み場:飲み水です。冷たくて美味しい><ひまわりto go><Limmat川><Limmat 川><Limmat><夕方のLimmat川><夜のLimmat, スワンが泳いでるの見えるかしら?><銀行が並ぶBahnhof Strasse>明日の朝、フィラでデルフィアに戻ります。ちょ [続きを読む]
  •   スイスのKandersteg:  大放出
  • <Kandersteg>チューリッヒには土曜日に入りました。暑いですね。36度でして、もぉっとして、湿気が高く、メガネやサングラスが曇ってしまうくらいでした。山から降りて来た私たちを待っていたのは、チューリッヒの歓楽街のホテル。それが、なんと、エアコンが付いていなかったのです。繁華街ですので、真夜中の2、3時まで人々の騒ぐ声がずっと聞こえて来て、全然眠れませんでした。汗びっしょりでしたし。部屋には小さな扇風 [続きを読む]
  • スイス、Thunの街 2
  • <Thun>Covered Bridge <近代的な街並み、ちょっとチューリッヒやベルンに似ている><日曜日は店が閉まっているので寂しかったけど、今日は人が多かった。この中を水着の輩たちが闊歩する。でも、いないね?!><2箇所ありますの。Covered Bridges.この川の下流を泳いでいます。と言ってもたった100メートル下流ですが。街の中心的な川です。><橋を渡るとダイブの場所。><Thunsee ><かなり浅い。そして急に深いらしい [続きを読む]
  • スイスの高山植物の花々
  • <Alpine Clematisだと思います。山で探したのですが、5月くらいに咲く、とマリアンは言うのですよ。これは、花屋さんにありました。エーデルワイスもそうですけど、今は花屋さんにしかありません><これも見事ですが、今まで山に登ったことは数知らずですが、見たことないですよ。これは、某ショップの入り口に。左はオレガノです><山登りハイクの目印。ハイクする人々はこのサインを探して歩きます。木がなければ岩に><山 [続きを読む]
  • スイス、Thunの街 1
  • <Birthday flowers sent to me by a friend of mine, Marianne:スイスの独立記念日と同じ日だから、忘れなくて良いよね。アパートには、花瓶がなくて、ちょっとお借りしてます。今頃困っているかも。パンはZoft です。スイスの旗が付いて来ます。家主から。スイスの旗は正方形なんですよ。>》<8月1日スイス独立記念日のスカウトのパレード。20分くらいキャンプサイトから叫んで来る。今年は、香港、ポルトガル、イギリス、 [続きを読む]
  • スイス、Kiental、美しい、雨だったけどハイク
  • <Kiental>Kientalより、私はそこに行く前の山の下の街Reichenbachtoに入って行くところが好きです。ポストカードみたいですよ。スイスのシャーレーが。が、先日訪れた時は雨。今日は独立記念日ですが、同じように雨が降っている。ひょっとすると、前日よりひどいかも。今夜の花火が、決行されるのか心配です。夜9時くらいじゃなかったかな。暗くなるのは10着過ぎだけど。ここは、スカウトの国際キャンプセンターがあるので、今 [続きを読む]
  • スイスの過酷なハイク 2
  • <ボーイスカウト基地に向かう道。ボーイスカウトの基地は、トンネルを掘った時に出た岩石で作られたそうです。19世紀初めの話だったような><ケーブルカーから撮った画像><ボーイスカウト基地近く。川の水は山脈から流れは速くてそして水は冷たい。誰も泳ぎません><Kandersteg には、車を積み込んでトンネルを越える電車が走っている。イタリアの方向に向かう。着くと、イタリアンスイスで、アプリコットが今シーズンです [続きを読む]
  • スイス、とんでもないハイク
  • <このホテル、ここまで来るのが大変でした。全部上り坂で、私は汗びっしょりの荒い息。参ったな。ここは、ホテルでした。Schwarenbach Hotel, ここからハイクで30分。Daubensee. Gemminpass とダニエルは呼んでいますが、大雑把な名称ですね。パスまでとてもじゃ無いけど、たどり着けない。夫は大学進学前に、親友のアダムと二人でヨーロッパ旅行に来てまして、ひたすら歩いてGemmipass を超えたそうですが、ケーブルカーで、 [続きを読む]
  • スイスKientale、画像だけで悪いけど
  • <Kientale に行く途中にも、大きな農家が多いのです。義理父が言うには、オランダ人の別荘地化しているそうです。山の中じゃじゃなくて、平地に近い丘の上は。義理父はオランダ語も喋るのか?と驚いた私です。話す言葉は全部で8ヶ国語。スイスジャーマンははね、ドイツ語ともかなり響きが違います。学校ではドイツで読み書きするそうですけどね。ドイツ人にはスイスジャーマンが理解できないそうですよ。<り>で終わる言葉が多 [続きを読む]
  • やっぱりスイスはブレッドとパイですね
  • <名前知らないの。中に入っているのはアーモンドペースト。皮がね、日本の饅頭みたいです。日本茶に合いそうな味です.Appenzellar Barli-biber と言うらしい ><Birnbrot, ビアブロッド、干し梨のパン。どこでも売ってるけど、この辺のスペシアリティー。私には好きな店があるのですよ。Kientale に。><食べちゃったけど、これは、すごいのですよ。メニューにはないところが多い。このKaseschnitteは、Kirsch(さくらんぼ酒) [続きを読む]
  • スイスの山の寒村Kandersteg
  • <Kandersteg の家々><これは、小さなスーパー。3つありますよ。ベーカリーは、2件、壁にエーデルワイスの彫り物がしてあるお家です><角が飾ってあります。民家。レースのカーテンが好きだった(多分)ようです。ちょっと前までは。><エーデルワイズの彫り物><手前のコミュにテーゴミ箱置き場は、ちょっと洒落てるの、絵が描かれているものが多い><これは、羊><望遠鏡で覗いてる><ミルク缶が利用された自宅前の駐 [続きを読む]
  •   スイスのKandersteg:  必ず訪れるところ
  • <ステファノ、マッシモが幼い頃、ここで良くブランコに乗りました。Marmottマーモットという名のベーカリー、コヒーショップの横、見えない画面の右手にはピッザ屋さん。でも、一度も行ったことないです。スイス人ってピッザ好きですね。ものすごく高いですよ。10年くらい前に、ジュネーブで8人くらいでピッザ食べたら500ドルくらいしました。アメリカじゃ有り得ない。ピッザ安いですから。スライス1ドルだって珍しく無い [続きを読む]
  • スイスです。もう、3日目も暮れようとしてますけど
  • <スイス、Kandersteg>アメリカの東海岸からだと、風向きが強いらしく飛行機で七時間くらいだと思う。映画2本観てたら着いた感じ。アジアに行くのと違って飛行中は楽な気がするけど、やっぱり、一番眠い朝の2時とか3時付到着するので、飛行機の中で少し眠っておかないと、空港を出てからが眠いです。去年も同じ航空会社で、乗りたく無いのですが、直行便がこれしかないのです。なんで乗りたく無いのかって? ほら、数年前私の [続きを読む]
  • 暑い時には、
  • <壁画、この壁画有名なんですよ。アートプロダクションらしきビルの壁なんですけど。何故?多分ですが、イーグルがフットボールの選手を持ち上げて行くじゃないですか。イーグルスはチャンピオンに成りましたから、今年。だからじゃないかな? どなたかご存知?>日本も暑いようで熱中病の記事を沢山読むようになった。寒がりなシニアは,気を付けなくてはダメですよ。母なんて,一緒に行った3月のマレーシアでも驚きなんですが [続きを読む]
  • 彼らはこんな方々
  • では、前ページの方々画面は勝手に借りて来ました。すいません。(謝っておけば、良いと云う物でもないですけどね)<Wang Kai(王凱),中国の竹野内豊だと思いましたよ。男らしい。声も良い>《Jaycee Chan,》《Yoko の役の張籃心(Zhang Lanxin),出て来た時はこんな感じ。でも、この方スポーツ大学出身。凄い体。否、次に生まれ変わったら私、こんな体に生まれたいわ!> [続きを読む]
  • ジャッキーチェンのカンフーじゃない映画
  • 昨夜、映画を観てまして、何時もの事なんですけど、もうここ20年くらい映画は映画館に行っていないのです。映画好きとしてはとても寂しいのですけど、やっぱり、映画館は良いなあ、と言う思いもあるので、でも、イヤフォンで観る映画は集中出来て,反って好きかもしれません。ホーム観賞って言うの? 日本語英語で?引退を表明してから、戻って来たジャッキー・チェン、未だに彼の売り物のアクロバットをするけど、前と違って、C [続きを読む]
  • 前向きの力(パワー)
  • <元気な根だね>今朝ニュースを読んでいて大泣きました。死は必ず誰の身にも訪れる出来事なんだけど。このニュースの主人公は5歳の男の子だったの。それで、大泣きした訳です。夫は小児神経医なんですけど、critical careとか言う最後のケアも診るそうで、良く患者さんが亡くなったと言って肩を落として帰って来ます。何回見送っても、慣れると言う事はない、と彼は言います。この5歳の男の子の死亡記事(追悼)は、"See Ya Lat [続きを読む]
  • 髭剃りにはメイルオーダーが良い
  • 髭用のカミソリの広告が届く様になってしまった私。悲しいが、私を女だと思ってるならね、でも多分私が男とかか女か分からない人も多いのだろう。名前からしたら。アメリカ人は全然勉強しようともしない。そんな大雑把なところが嫌いではない時もあるけど、いい加減なところは何時になっても、何年経っても馴染めないでいる。住んでいると、全然目に入らない、気が付かない事も多くなって、私が外国に行った時のように、面白いな、 [続きを読む]
  • やっぱり、臭い(匂い)だったのか!
  • <雨の日>先日、日本のキラキラネームの記事を読んでいたのですが、日本の漢字だけでは個性が出ないと言う方向性なのか、面白い漢字が出て来たそうです。中国の漢字なのか?と思ったのですけど。日本語にもありました。人名用に使用していい漢字が増え続けているのは事実のようです。月と星が入っているので、格好良い、と思った人がいるみたいですね。腥羅(せいら)ちゃん、を例であげています。これって、型にはまりたく無い、 [続きを読む]