nobou さん プロフィール

  •  
nobouさん: 遠い街、遠い空
ハンドル名nobou さん
ブログタイトル遠い街、遠い空
ブログURLhttp://shasou0627.blog.fc2.com/
サイト紹介文見知らぬ街を歩く一人旅の記録です。旅先の風景やそこに暮らす人々の生活感も紹介できればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/10/07 21:03

nobou さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 黒姫山麓の夏
  • 久しぶりの投稿になりました。ちょうど2年前の7月、北信の黒姫駅付近(長野県信濃町柏原)を歩いた時の写真を見つけて懐かしく、いくつかアップしてみました。しなの鉄道の車窓から夏の日の早朝、煙のような朝靄が沸き出て夏山の稜線を隠していました。黒姫駅の改札口できっぷを受け皿に置いて、ふと気づくと、前日の「府中本町→長野」間の使用済みきっぷが残っていて、なんだか旅情を感じました。黒姫駅雪に埋もれた真冬の黒姫駅 [続きを読む]
  • 信州飯山 〜2016年初夏の風景〜
  • 約10か月ぶりの飯山散策、6月初めの里山歩きの記録です。今回も昨年の夏と同じく、JR飯山線の戸狩野沢温泉駅から、関田山脈東麓の田園地帯を歩いてきました。この道端に咲いているのはシロツメクサでしょうか。白い小さな花と緑の葉のじゅうたんが遠くまで続いています。県道409号線を南へ。なだらかな山々が行く手に横たわるのが一望できます。四方に視界を遮る建物が無く、空の広さを久しぶりに実感できました。フタコブラク [続きを読む]
  • 飛騨高山 〜宮川朝市を歩く〜
  • 国分寺通りを東に進み、鍛冶橋を渡った先の宮川河岸で開かれているのが、石川県の輪島朝市、千葉県の勝浦朝市と並ぶ日本三大朝市のひとつ、飛騨高山の宮川朝市です。宮川に沿う下三之町の路上(通称:朝市通り)では数十軒の露店が店を開き、自家製の野菜や果物、雑貨類などを並べて販売しています。宮川朝市は高山を代表する観光名所でもあります。店先に並ぶ色とりどりのさるぼぼ飛騨高山のお母さんたち手作りの野菜やお漬物も [続きを読む]
  • 飛騨高山 〜飛騨国分寺から宮川河畔へ〜
  • 飛騨一ノ宮から高山市街まで戻ってきました。今年晩春の飛騨高山散策の続きです。JR高山駅から、碁盤の目のように交差する市街地の通りを東の方へ歩いて行くと、庇型のアーケードの続く商店街の間にひっそりと飛騨国分寺が建っています。鐘楼門重要文化財の本堂と大銀杏国分寺境内の大銀杏(オオイチョウ)は、樹高約28メートル、樹齢は1200年とも1250年以上ともいわれる大変な古木で、国指定の天然記念物となっています。奈良 [続きを読む]
  • 尾道の風景 5月はじめの休日に
  • 風薫る5月、お天気に恵まれた連休の尾道です。本通り商店街にあるゲストハウス あなごのねどこ1か月ぶりに前を通ると外観がすっかりおしゃれになっていました。アイルランドあたりの街角風景にも思えるかわいらしいファサード晴天の下、海辺を吹き抜ける涼風を感じつつ路地に面した”老屋”でさえ新鮮な街の景観に感じられる。大林監督の『転校生』でおなじみ、御袖天満宮の石段海沿いの遊歩道にて商店街のアーケードの中に見つ [続きを読む]
  • 飛騨高山 〜晩春の桜をたずねて 〜
  • 晩春の一日、飛騨高山に出かけてきました。飛騨地方は岐阜県東北部に広がる山岳地帯、旧国名でいう飛騨国の領域を指し、高山市をはじめ岐阜県下の三市一村(飛騨市・下呂市・白川村)がこの地域に該当します。交通網が未発達であった江戸期以前はもちろん、近代においても昭和の初めに鉄道が敷かれるまでは、飛騨山脈(北アルプス)に代表されるこの地の険しい地形と寒冷な気候によって、他と隔絶された山国として知られてきまし [続きを読む]
  • 尾道 2016年1月 
  • また、ふたたびの尾道。年明けの尾道散歩です。何本も伸びた造船所のクレーンや船溜まりの小型船がにぎやかに海の道を彩っている。冬の尾道水道。途中の土堂(つちどう)突堤のたもとに据えられている、”アイスクリームのからさわ”とネームの入ったベンチもおなじみの風景。船舶を岸に係留しておくための雁木(がんぎ)と呼ばれる石段が海中へ続いていく様子を随所に見ることができる。尾道水道に沿う岸辺は、真冬でも女子高生 [続きを読む]
  • 2015年冬 尾道
  • 昨年の末に、年の瀬の尾道を歩いてきました。尾道の駅前桟橋から小型船で約40分、尾道から四国の今治(愛媛県)へと続く島嶼の一つに生口島(いくちじま)があります。旧広島県豊田郡瀬戸田町と因島市から成っていたこの島は、平成の大合併によって全島が尾道市に編入されました。島の中心である瀬戸田は近世以前より瀬戸内海を航行する船舶の潮待ち・風待ちの港として栄えたといわれます。その繁栄を物語る古建築が瀬戸田の町の [続きを読む]
  • 過去の記事 …