yurisa さん プロフィール

  •  
yurisaさん: ピアノ手習い記〜つれづれなるままに〜
ハンドル名yurisa さん
ブログタイトルピアノ手習い記〜つれづれなるままに〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/pokapoka244jp/
サイト紹介文小さい頃ちょっと習って挫折、最近ピアノ教室に通い始めたところです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/10/08 21:17

yurisa さんのブログ記事

  • 人それぞれのピアノ
  • 昨晩、ピアノの先生が参加した公開レッスンの修了コンサートというものに行って来ました。イタリアのストラッビオリ先生が講師で、模範演奏もされた。レッスンを受けられたのは、はっきり言って我が県でのピアノのエリートさん達。耳の保養をさせて頂き、同じピアノでも異次元的な人達で、小さい人でもびっくりするような上手な演奏でした。でも、ここで感じたのは、素晴らしい演奏がイコール感動ではないかな?ということ。私の先 [続きを読む]
  • バッハというクスリ
  • バッハの世界をちょっと垣間見てやはり魅せられています。先生に音符のモチーフみたいに、と教えられ、本当に計算された、繊細な音楽だと思います。残念なことに私はなかなか弾くのは難しいです。でも、CDでインベンションとシンフォニアを車の中で繰り返し聴いていると、まるで教会の中にいるような神聖な気持ちにもなり、レース編みみたいな音符の波が心地よく気持ちが落ち着きます。最近、老母に認知症の症状が現れて来ました。 [続きを読む]
  • 新しい曲
  • ショパンのワルツ9番は、まずは私なりの丸をいただき、f^_^;本当にまだまだだけど、今の私の精一杯で、先生も音が変わったと褒めて下さいました。これ以上は自分でも今は無理だと思います。次回からモーツァルトのソナタ K-545-1をレッスンしていただくことになりました。^_^この曲も、ソナチネに入っているのですが、小さい頃、憧れの曲でした^ - ^また、子育て中の時代には、NHKのアニメーションが流れるクラッシック、教育テレ [続きを読む]
  • 学問のススメ
  • この間、ピアノのお仲間とお話ししてて、ハタと気付いたことがあった。私は弾けないのに加えて、音楽の基礎がないのだ。楽譜もわからない記号だらけだし、難しいリズムは譜読みも難しい。そして、他の方はレッスンの時、先生のおっしゃったことを貪欲にメモして覚える、と伺い、自分はまだまだ努力が足りたないのだと思いました。高校で音楽も選択してないし、短大の保育科でピアノ習ったけど、講義とかはなかったし、今の先生にハ [続きを読む]
  • ピアニストはすごい!
  • 当たり前のことを今更、ですがやっぱりピアニストさんは半端じゃない。でも、少しでもピアノを習ったからこそ、そのすごさがわかったのだと思います。どんなにすごいか、何も知らないとわからないものね。そうだ、聴く上でも習うとまた感じ方が違うんですね。更にピアニストさんと同じ曲をレッスンで弾いてる人達は更に曲の細部の表現や弾き方を感じることができるみたい。佐藤彦大さんと言う地元出身の若きピアニストのコンサート [続きを読む]
  • 生演奏
  • ピアノは素敵!自分では思うように弾けなくても、他の方の生演奏を聴けるのは至上の喜びであります。カナヅチの人が泳げない、音痴の人が歌えない、運動できない人が逆上がりも出来ない、そんな感じでやっぱり、憧れてもやっぱり、自分で演奏するのは無理なのだ。私のピアノはいくら恋い焦がれても叶うことはない。でも、弾きたいのは何故だろう。いくら頑張っても無理だとはわかってる。でも、弾きたいのは何故だろう?認知症予防 [続きを読む]
  • タチアナ・ニコラーエア
  • 先生にタラチナ・ニコラーエアのインベンションのCDを車とかで聴き込んでみて下さい、と言われた。Amazonで検索して注文して手に入れた。通勤時にインベンションの1番を繰り返し聴いている。この曲は考えないと弾けないのだと思う。いや、もしかすると考えても弾けないのかも知れないけど、何にも考えず弾いても意味のない曲なのかも知れない。あまり考えない、天性の感覚もないのに無意味に感覚的な計算嫌いな私には無理と思われ [続きを読む]
  • 歌えないワルツ
  • 今回のレッスン、結構弾き込んだつもりだったワルツ9番。なんか、やっぱりダメみたいです。情感のこもった音がなかなか出せない。(>_リズムも相変わらず狂いがち。なんか、やっぱり無理なことをしようとしてるのかな。努力しても無理なことって世の中には沢山あることは、とっくにわかっている歳なんだけどな。インベンションも多分無理なレベルなのに、やってみたいと希望してやることになって、先生はちょっと困っていた。多分一 [続きを読む]
  • 精神的弱さか?
  • 昨日は叔父の火葬、お葬式があり、早朝から3時くらいまでかかりました。叔父の顔は凄く元気な頃より相当変わっていて、愕然としました。お見舞いに行った時はまだ酸素マスクして口を大きく開けていたのでよくわからなかったのですが。一か月食べられなかっただけに、目が落ち窪んでミイラみたいになってしまっていました。姉である母のショックと疲れも大きく、会場で転倒したりしました。昨日の夜は口も聞けないほど疲労困憊。仕 [続きを読む]
  • お別れに
  • 今日の夜中に目が覚めた時、誰かわからないけど人が見えた。母に似ていると思った。怖くて必死に目をつぶって寝た。そして、今朝、先に起きていた妹から叔父さんが午前2時に亡くなった知らせが来たと、聞いた。そうか、お別れに来てくれたんだ。土曜日に母とお見舞いに行った時は意識がなく、呼びかけても反応はなかった。でも、「おじちゃん、会いに来たよ。また来るからね」と手を握って話して来た。だから、きっとお別れに来て [続きを読む]
  • あきらめ
  • 考えてみると、いつでもやめることはできる。諦めることはできる。得意じゃないことをやり続けるのはストレスがある。先生に勧められたグルリットの曲は二曲。「スケルツォ」と「あきらめ」悔しいけど、初級の曲でもすんなり弾けないや。やっぱり、私は永遠の初級クラスなのだ。でも、皮肉なことに「あきらめ」が結構好きだ。あきらめようと思っているのに「あきらめ」が好きとは!(-。-;本当に何ですっぱりあきらめられないのか? [続きを読む]
  • 音楽は楽しいもの
  • 本当に音楽が大好きで、しかも才能のある陽気なピアニストさん。素敵な古民家でのサロンコンサート。美味しい手作りのお菓子と飲み物付で、感動と笑いのひとときでした。音楽の楽しさを伝える伝道師さんのようにも思えました。^_^ショパンは、とてもとても甘く甘くロマンティックな曲を作る人との説明に、私がミーハー的に惹かれる原因がわかったような?カッコいいリストに比べて、そんなにハンサムでもなく、内気で大きなホール [続きを読む]
  • 冷静になれば
  • 仕方がないことでした。無い物ねだりはやめよう!自分で弾けないから、弾ける人の演奏を楽しむのも私なりのピアノ人生なのだ。明日もミニコンサートに行きます!聴くことを楽しんで来ます!金曜日に娘を迎えに行った時、車から撮った写真。運転は妹がしてくれたので、助手席から撮りました。何か、不思議な世界でした。 [続きを読む]
  • 疑問符
  • 大雨の被害に遭われている地方の方々、本当に大変なことになっていますね。数年前の大雨を経験しているので、あの自然の恐怖がわかります。そんな中、呑気にレッスン、ですみません。で、今日、何となくモヤモヤが。(-。-;私の考え方が偏っているのか?とも思います。どんなに簡単な曲でも良い曲はあるとは思います。でも、私はやっばり、難しい曲をそれなりにでも弾けたときに喜びを感じてしまいます。グルリット・・・今回、勧め [続きを読む]
  • 新しい曲
  • 次の大人のわがまま、憧れ曲が決まりました( ^ω^ )実力は伴わないけど、大人だから弾かせてもらいます〜〜(≧∇≦)ショパンのワルツ9番、俗に言う「別れのワルツ」です。前に弾き合い会の方が弾いてるの聴いて、素敵だな〜〜と思ってました。その方の演奏自体とても音が綺麗だったこともあるのですが。^ - ^アラベスク1番もそうだったけど、他の方が弾いてるの聴いていつも、良い曲を教えて頂いています。(^ ^)でも、私には無 [続きを読む]
  • 終わりました!
  • 私の中で大きな目標としていた、弾き合い会のミニミニコンサートが今日、でした。兎に角、人前で弾けることを目標にしていたのですが、実はこれはとても有り難い事なんだと、今日演奏を終えてから感じました。弾き合い会のメンバーの方々の中だから、きっと、緊張しながらも、間違えながらも、最後まで弾けたのだと、感謝の気持ちでいっぱいです。誰も、下手だから聴きたくないなんて言わないでくれる、ピアノ大好きな優しい方々ば [続きを読む]
  • 行って来ます!
  • 今日は弾き合い会コンサート前の最後のレッスンでした。本当は今週の金曜日だったのですが、それでは直前過ぎるのでは?という先生のご好意で今日にしていただきました。発表会とは違うとは言え、参加する私以外の方々のレベルがレベルなので、緊張することこの上ないのですが、自分が出来る演奏をするしかない、と開き直りました。ピアノではなかなか長時間練習できないけど、キーボードでメトロノームに合わせて練習して来ました [続きを読む]
  • 嵐の日に
  • 季節外れの寒さです。今日行ったショッピングモールで、手作り展行っていて、お人形や洋服、小物、アクセサリーなど手作りの品が並んでいて、皆さん、凄いな、と感動。好きなことを極めている方々。本当に好きなことをやって、生き生きしていらっしゃることに羨望を覚えました。形になるものはわかり易いとも思いました。自分の作品が残る、ひいては実際に使ったりするわけです。私のピアノは、何の役に立たないです。自己満足の世 [続きを読む]
  • 決意
  • 目標は、自分に克つ。下手だから、人前で弾くのが恥ずかしいのは自分が可愛いから。人と比較して落ち込むのは、私でも変なプライドがあるから。最近、気持ちが落ち気味である。眼に映るものがどこかフィルターごしのようで、心から笑えない。いや、元々、マイナー思考な私である。瞳に映るのは黄昏た燻んだ景色。そんな自分が嫌でまた黄昏る。そんな自分の殻を破りたくて、今回無謀な人前演奏決断に至りました。そう言ってしまって [続きを読む]
  • ピアニストと旧家とワンコちゃんと
  • ステキな古民家で、弾き合い会のお仲間の先輩でピアニストの能美新さんという方が弾いてくださるというので、ご一緒させて頂き、お邪魔して来ました^_^コンサートという形ではなく、あくまでも練習を見学させて頂く感じながら、流石の音を聴かせて頂けて幸せなひとときでした。特にドビュッシーの月の光が、超感動でした。古民家の雰囲気にもピッタリで、澄んだ音が響いてうっとりでした。ショパンのバラードも素敵だった〜〜ピア [続きを読む]
  • やはり、無謀?
  • 今日、レッスンで先生に弾き合い会コンサートの件を相談してみた。二曲のうち、一曲は多分、まともではない私のアレンジ版であろう、ヘナチョコアラベスク1番(^-^;二曲目は大好きなヘンデルのサラバンドにしようかと思い、今日先生にお話しして、レッスンがすでに30分経過したあと、先生が言いにくそうに「この曲はすごく難しいんです」そうか!ゆっくり弾けば何とかなるかと思っていた自分が甘かった!やっぱり、この曲も難しい曲 [続きを読む]
  • 自分なりの挑戦
  • 自分のピアノに自信がないから、未熟だから、人前で弾くことは無理だと諦めていた私。だけど、どんなに未熟でも長い間、頑張った曲を弾いてみたいと思った。多分、リズムもまだ変だと思う。でも自分なりに頑張った曲を安心できる仲間の方々に聞いていただきたいと思った。またトチって自己嫌悪に陥るかもしれない。弾き合い会のお仲間だけのミニミニコンサートに思い切って参加させていただくことにした。他の方々とはレベルが違う [続きを読む]
  • 悲しい時
  • 仕事で嫌なことがありました。理不尽な怒りをぶつけられ、凹みました。多分、こちらに非はないと思います。でも、もしかすると、私の言い方が悪かったかな?いつもよりお酒を多く飲みました。ちょっと酔ってます。それでもいつも通りピアノを弾いたのですが、やはり気持ちが現れます。ふっと、音がわからなくなるのです。まだ酔ってない時ですが(^-^;何でもない難しい箇所でもない音が全くわからなくなります。やっぱり、ピアノは [続きを読む]
  • 時には
  • 今日のレッスンで思ったこと・・、何の根拠もない自信、それも時には必要だと!(^-^;自信のなさはピアノの音に表れる。私の場合、聴いてるのは先生のみだけど、自信のない音は素敵には聴こえない、と言う先生の言葉に、なるほど!と思った。今更ながら、ではあるが。^ - ^そう、自信なくてもあるふりして堂々と!なのだろう!なかなか難しいことだけど、それでちょっとでも素敵ピアノに近づけるなら、やってみたいと思う!アラベス [続きを読む]
  • 悪あがきの日々
  • 問題なのは、リズム感だけではない。私の手は小さく、しかも指の間の開きが狭い。先日のレッスンで先生に開きのことを言われ、納得。技術は勿論のこと、やはりこれは大きいかも。オクターブに届くのがやっと。ほとほと、ピアノ向きの人ではないのかも知れない。でも、だからこそ、無駄なあがきのチャレンジが生きがいになる。出来ないことにチャレンジするって、幸せなことだと思う。ショパンのポロネーズ遺作11番を今練習している [続きを読む]