プーちゃん さん プロフィール

  •  
プーちゃんさん: いつか迎えに来てくれる日まで(番外編)
ハンドル名プーちゃん さん
ブログタイトルいつか迎えに来てくれる日まで(番外編)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/youchan1201-puchan/
サイト紹介文あの世はあるのか。俺が死んだら、またかみさんに逢えるのか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/10/08 23:06

プーちゃん さんのブログ記事

  • 見えなくても「ある」もの (3) その22 〜超空間④〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その21 〜超空間③〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その20 〜超空間②〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その19 〜超空間①〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その18 〜原子重力波④〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その17 〜原子重力波③〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その16 〜原子重力波②〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その15 〜原子重力波①〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その14 〜重力波③〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その13 〜重力波②〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その12 〜重力波①〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その11 〜ヒッグス粒子②〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その10 〜ヒッグス粒子①〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その6 〜暗黒エネルギー③〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その5 〜暗黒エネルギー②〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その4 〜暗黒エネルギー①〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その3 〜暗黒物質②〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その2 〜暗黒物質①〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳内現象だと思われるケースもあるし、脳内現象なのか、実際に「魂」が体験した現実なのか、判別できないケースが大半だ。だが、肉体とは別に「魂」というものがある…と考えなければ [続きを読む]
  • 見えなくても「ある」もの (3) その1 〜前置き〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き諸事情あって、しばらくの間、『不確定性原理と「死後の生」』というタイトルの記事はオヤスミ。代わりに『見えなくても「ある」もの (3)』というタイトルでブログを書きたい。亡くなった人の「魂」は見えない。「あの世」や「死後の世界」も見えない。だから、そんなものは存在しない。そう考えるのが常識というものだろう。臨死体験の事例を見ても、単なる脳 [続きを読む]
  • 不確定性原理と「死後の生」 (20) 〜シュレーディンガー方程式③〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き死んだら「無」になってしまうんだろうか。それとも「何か」が残るんだろうか。そもそも「無」とは何だろう。とりあえず「無」を定義すれば、「何も無い状態」という、ある種の理想状態(?)を指すことは間違いなさそうだ。だが、正真正銘の「無」なんていうモノはあり得ないのも事実だ。「真空や無、あるいは0(ゼロ)、何も無い」という状態は、物理的にあり得 [続きを読む]
  • 不確定性原理と「死後の生」 (19) 〜シュレーディンガー方程式②〜
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・★前置き死んだら「無」になってしまうんだろうか。それとも「何か」が残るんだろうか。そもそも「無」とは何だろう。とりあえず「無」を定義すれば、「何も無い状態」という、ある種の理想状態(?)を指すことは間違いなさそうだ。だが、正真正銘の「無」なんていうモノはあり得ないのも事実だ。「真空や無、あるいは0(ゼロ)、何も無い」という状態は、物理的にあり得 [続きを読む]
  • 月の裏側 (改稿)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・地球の自転周期は約24時間、一方、公転周期は約1年。それに対し、地球の衛星である「月」は、自転周期と公転周期とが全く同じである(周期は27日と7時間43.193分)。「自転周期と公転周期が全く同じ」とは、どういうことか。それは、「月は地球に対して常に同じ面を向けていて、地球上からは月の裏側を観ることができない」ということだ。そうだ。地球からは月の裏側が見え [続きを読む]