プーちゃん さん プロフィール

  •  
プーちゃんさん: いつか迎えに来てくれる日まで(番外編)
ハンドル名プーちゃん さん
ブログタイトルいつか迎えに来てくれる日まで(番外編)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/youchan1201-puchan/
サイト紹介文あの世はあるのか。俺が死んだら、またかみさんに逢えるのか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2012/10/08 23:06

プーちゃん さんのブログ記事

  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (13)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しない。また、亡くなった人の「魂」が生きているはずもない。それらは我々の五感で捉えることができないからだ。それらは我々の日常における実体験に反するからだ。だ [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (12)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しない。また、亡くなった人の「魂」が生きているはずもない。それらは我々の五感で捉えることができないからだ。それらは我々の日常における実体験に反するからだ。だ [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (11)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しない。また、亡くなった人の「魂」が生きているはずもない。それらは我々の五感で捉えることができないからだ。それらは我々の日常における実体験に反するからだ。だ [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (10)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しない。また、亡くなった人の「魂」が生きているはずもない。それらは我々の五感で捉えることができないからだ。それらは我々の日常における実体験に反するからだ。だ [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (9)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しない。また、亡くなった人の「魂」が生きているはずもない。それらは我々の五感で捉えることができないからだ。それらは我々の日常における実体験に反するからだ。だ [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (8)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しない。また、亡くなった人の「魂」が生きているはずもない。それらは我々の五感で捉えることができないからだ。それらは我々の日常における実体験に反するからだ。だ [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (7)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しない。また、亡くなった人の「魂」が生きているはずもない。それらは我々の五感で捉えることができないからだ。それらは我々の日常における実体験に反するからだ。だ [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (6)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しない。また、亡くなった人の「魂」が生きているはずもない。それらは我々の五感で捉えることができないからだ。それらは我々の日常における実体験に反するからだ。だ [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (5)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しない。また、亡くなった人の「魂」が生きているはずもない。それらは我々の五感で捉えることができないからだ。それらは我々の日常における実体験に反するからだ。だ [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (4)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しない。また、亡くなった人の「魂」が生きているはずもない。それらは我々の五感で捉えることができないからだ。それらは我々の日常における実体験に反するからだ。だ [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (3)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・ここでいう「経験知」とは、我々の知覚に基づく「知」であり、日常的・経験的な事実に照らして正しいと考えられる知識や情報を意味している。我々の「経験知」に従えば、「あの世」や「死後の世界」は存在しない。また、亡くなった人の「魂」が生きているはずもない。それらは我々の五感で捉えることができないからだ。それらは我々の日常における実体験に反するからだ。だ [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (2)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・これまで「魂の行方と『ブラックホールの情報問題』」というタイトルで記事を書いてきた。もちろん今後も続きを書くつもりだ。しかし、ここでどうしても書いておきたい記事がある。タイトルは「あの世と魂 〜経験知の向こう側〜」。本当は「魂の行方と『ブラックホールの情報問題』」を終えてから書くつもりだった。だが、「魂の行方と…」が予想外に長くなりそうなので、 [続きを読む]
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (1)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・これまで「魂の行方と『ブラックホールの情報問題』」というタイトルで記事を書いてきた。もちろん今後も続きを書くつもりだ。しかし、ここでどうしても書いておきたい記事がある。タイトルは「あの世と魂 〜経験知の向こう側〜」。本当は「魂の行方と『ブラックホールの情報問題』」を終えてから書くつもりだった。だが、「魂の行方と…」が予想外に長くなりそうなので、 [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(35)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・「量子力学」によれば「情報」は永久に保存され、消滅することは絶対にない。形は変わってしまうかもしれないが、「情報」が失われたわけではなく、それは依然として、この宇宙の中に存在している。もしも「ラプラスの悪魔」であれば、あらゆる断片を収集するだけの能力を持っているだろう。また、その断片を「情報」に即して正確に配置するだけの完璧な計算力を持っている [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(34)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・「量子力学」によれば「情報」は永久に保存され、消滅することは絶対にない。形は変わってしまうかもしれないが、「情報」が失われたわけではなく、それは依然として、この宇宙の中に存在している。もしも「ラプラスの悪魔」であれば、あらゆる断片を収集するだけの能力を持っているだろう。また、その断片を「情報」に即して正確に配置するだけの完璧な計算力を持っている [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(33)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・「量子力学」によれば「情報」は永久に保存され、消滅することは絶対にない。形は変わってしまうかもしれないが、「情報」が失われたわけではなく、それは依然として、この宇宙の中に存在している。もしも「ラプラスの悪魔」であれば、あらゆる断片を収集するだけの能力を持っているだろう。また、その断片を「情報」に即して正確に配置するだけの完璧な計算力を持っている [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(32)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・「量子力学」によれば「情報」は永久に保存され、消滅することは絶対にない。形は変わってしまうかもしれないが、「情報」が失われたわけではなく、それは依然として、この宇宙の中に存在している。もしも「ラプラスの悪魔」であれば、あらゆる断片を収集するだけの能力を持っているだろう。また、その断片を「情報」に即して正確に配置するだけの完璧な計算力を持っている [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(31)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・「量子力学」によれば「情報」は永久に保存され、消滅することは絶対にない。形は変わってしまうかもしれないが、「情報」が失われたわけではなく、それは依然として、この宇宙の中に存在している。もしも「ラプラスの悪魔」であれば、あらゆる断片を収集するだけの能力を持っているだろう。また、その断片を「情報」に即して正確に配置するだけの完璧な計算力を持っている [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(30)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・「量子力学」によれば「情報」は永久に保存され、消滅することは絶対にない。形は変わってしまうかもしれないが、「情報」が失われたわけではなく、それは依然として、この宇宙の中に存在している。もしも「ラプラスの悪魔」であれば、あらゆる断片を収集するだけの能力を持っているだろう。また、その断片を「情報」に即して正確に配置するだけの完璧な計算力を持っている [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(29)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・「量子力学」によれば「情報」は永久に保存され、消滅することは絶対にない。形は変わってしまうかもしれないが、「情報」が失われたわけではなく、それは依然として、この宇宙の中に存在している。もしも「ラプラスの悪魔」であれば、あらゆる断片を収集するだけの能力を持っているだろう。また、その断片を「情報」に即して正確に配置するだけの完璧な計算力を持っている [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(28)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・「量子力学」によれば「情報」は永久に保存され、消滅することは絶対にない。形は変わってしまうかもしれないが、「情報」が失われたわけではなく、それは依然として、この宇宙の中に存在している。もしも「ラプラスの悪魔」であれば、あらゆる断片を収集するだけの能力を持っているだろう。また、その断片を「情報」に即して正確に配置するだけの完璧な計算力を持っている [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(27)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・「量子力学」によれば「情報」は永久に保存され、消滅することは絶対にない。形は変わってしまうかもしれないが、「情報」が失われたわけではなく、それは依然として、この宇宙の中に存在している。もしも「ラプラスの悪魔」であれば、あらゆる断片を収集するだけの能力を持っているだろう。また、その断片を「情報」に即して正確に配置するだけの完璧な計算力を持っている [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(26)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・「量子力学」によれば「情報」は永久に保存され、消滅することは絶対にない。形は変わってしまうかもしれないが、「情報」が失われたわけではなく、それは依然として、この宇宙の中に存在している。もしも「ラプラスの悪魔」であれば、あらゆる断片を収集するだけの能力を持っているだろう。また、その断片を「情報」に即して正確に配置するだけの完璧な計算力を持っている [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(25)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・「量子力学」によれば「情報」は永久に保存され、消滅することは絶対にない。形は変わってしまうかもしれないが、「情報」が失われたわけではなく、それは依然として、この宇宙の中に存在している。もしも「ラプラスの悪魔」であれば、あらゆる断片を収集するだけの能力を持っているだろう。また、その断片を「情報」に即して正確に配置するだけの完璧な計算力を持っている [続きを読む]
  • 魂の行方と「ブラックホールの情報問題」(24)
  • ご覧頂いているブログは番外編です。本編はこちら。・・・人が死んだら「無」になってしまうと考える人がいる。しかし、(強引な解釈であることは自覚しているが)完全な「無」という状態は、量子力学における「不確定性原理」によって否定された。だからと言って、俺は単純な人間でもない。簡単に「死後生仮説」を信じられるほど単細胞ではないのだ。一方で、人が死んでも「何か」が生き続けると考える人もいる。その「何か」は「 [続きを読む]