まいちん さん プロフィール

  •  
まいちんさん: 宝塚歌劇団
ハンドル名まいちん さん
ブログタイトル宝塚歌劇団
ブログURLhttp://dukabro.seesaa.net/
サイト紹介文宝塚歌劇団を応援するブログです。
自由文男役も娘役も宝塚の全部が好き!出待ちしながら宝塚歌劇団を応援するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/10/10 23:22

まいちん さんのブログ記事

  • ベルリン我が愛/ブーケドタカラヅカ 感想
  • 星組・ベルリン我が愛/ブーケドタカラヅカ観てきましたー。お友達から「普通にナチスや自分の限界と戦う 映画監督の話に、ベニー節が加わるワケ」という事前情報はもらってましたがお芝居はなんとなく何かと似たような作品だけど思っていたより楽しかった!夏樹れいさんが素晴らしかったです。夏樹さんのファンの方からしたら退団公演が女役なのは残念なのかもしれませんが美しく歌声も綺麗で退団もったいないなぁ。今後も外部の [続きを読む]
  • 雪組 SUPER VOYAGERの感想
  • 雪組SUPER VOYAGERの感想です。すんげー歌詞とゴンドラのだいもん。あれっ、昨日観た星組でも紅さん何か乗ってたぞ…流行り?ってか本気ですごいんだぞ、この歌詞!大好きだぞー泣き虫プリンセースはふはふ。胸が苦しい、にやけ顔が止まらない、涙出そう。通路側じゃなかったので適当にポンポン振って終わっちゃったけどいいもん、また東京で使うから!!!早い段階でのロケット。良席だったから足がずらーっと。どこ観ていいかわ [続きを読む]
  • ひかりふる路 感想 キャスト後編
  • ひかりふる路キャスト後編です!彩凪翔くん色っぽくて強そうなロラン夫人。谷間描いてたね!!!〓?そこ?美人な顔立ちなので女役はもちろん綺麗です。でもやっぱり男役の翔くんが見たい。ようこそ雪組へ。サンジュストあーさー月組時代からキラキラという表現がしっくり来るお方です。ロベスと話すときの天使のような笑顔とダントンとかと話すときの冷酷な表情が印象に残りました。だーいすきなまなはるは今回とても、いい役でし [続きを読む]
  • ひかりふる路 感想 キャスト前編
  • だいもんロベスまあやちやんマリーとっても良席で新トップのお二人を観させていただいてバランスがいいなと思いました。歌はもちろんですが背格好とかが骨格とかがお二人合っているのですよ。だいもんロベスは滅びて行く様子が美しかったです。まあやちやんマリーは難しいお役だったのではと。家族と恋人と過ごしている時は天使のようでロベスには憎しみと揺れ動く心をと色々な表情が観れました。マリーの家族のりんちゃんや恋人の [続きを読む]
  • 「ひかりふる路」は切ない傑作
  • 雪組大劇場公演ひかりふる路/ SUPER VOYAGER!を観てきました。だぃもん、まあやちゃん、おめでとう!ひかりふる路全体の感想から。初日映像を観て間違いないだろうなぁと思ってたけどやはりすごかった!楽曲も歌声も素晴らしい。群衆やコーラス的な場面って雪組って実は少ない気がする。今回はたくさんあって迫力がありました。そして演出も良かったと思います。帰宅してからもロベスピエールについて調べまくってしまったのでそ [続きを読む]
  • 宙組の感想と星組千秋楽
  • 宙組の感想も書かないまま時が過ぎてしまった!あっという間に11月じゃん!!9月からすこぶる早い。この時期はいつもならゆっくりと時間が過ぎるのになぁー。でもさでもさ早く過ぎれば大好きな夏もすぐじゃん!さすがに気が早い、、、宙組はそれはそれは美しかった。ショーはクラシカルだったけど神々の土地のまぁさまとうららさまが麗しくてまだまだ観ていたかったなぁ。無事千秋楽が迎えられますように。大劇場では星組千秋楽。 [続きを読む]
  • 「凱旋門」轟さま降臨とまなはる「夢のひととき」
  • 雪組公演「凱旋門」に轟さまが出演されるそうで賑わってますね。大好きな雪組だけど轟さまが出演されても「わぁ久しぶりに轟さま観るー」くらい。だってこういう時でないと轟さまを観る機会がないのです。TCAスペも観ないし専科公演も観ないし。主演でなくてもいいけどとは確かに思うけど。凱旋門も観たことないし私的にはたのしみ。久々上高地に行った。いつ行っても綺麗な景色登山熱がふつふつ!まなはるの素敵☆夢のひとときの [続きを読む]
  • カヅラカタ 1789 感想 3
  • カヅラカタ歌劇団のまたまた続きです。団長の挨拶と出演者の紹介。出演者の名前が当たり前だけど男子ということに混乱するっ。岡幸二郎さまとかなめさまが壇上へ。わたし、わりとテルさまの近くに座っていたのですがチラチラ見えるテルさまの楽しそうな笑顔!なんて美しい方だ。現役時代より優しい表情になられた気がした。壇上に上がったお二人もとても感動したご様子。可愛い可愛いオランプ役の子とテルさまの寸劇。久々のテルさ [続きを読む]
  • カヅラカタを観た感想 2
  • カヅラカタ歌劇団「1789」の続きです。オープニング当初は自分の中で宝塚や帝劇のイメージが強すぎマイクのトラブルが重なって少し違和感。でもなぜでしょう。マリーアントワネットの登場あたりから食い入るように観るわたし。だってマリーアントワネットやオランプが美しすぎるし娘役の声なんですけどー!!オペラ越しに見ても間近に見ても男子高校生には見えないのです。ここらあたりから男子高校生という色眼鏡がはずれます。ロ [続きを読む]
  • カヅラカタ 1789 感想
  • 東海高校カヅラカタ歌劇団を観ました!あまりに素晴らしくて何から書いていいのやら…おそらく何回かに分けさせていただくことになると思います。わたしが初めてカヅラカタ歌劇団を知ったのはたぶん2010年。夕方のニュースでカヅラカタのスカーレットピンパーネルの映像がブラウン管から流れてきたのです。男子高校生がタカラヅカを演じていることに衝撃を受けビデオテープに録画。だって男子高校生って言ったらお年頃。宝塚を演じ [続きを読む]
  • みやちゃんのオーラは、一体どっち?
  • 月組『All for One』〜ダルタニアンと太陽王〜観てきましたー。前評判が良かったので楽しみにしてました。色々と評判があがってたネモ船長も見たかったが。。。おもしろかった!真ん中のたまきちとちゃぴがとにかく可愛かった。たまきちの優しさ溢れるオーラと大きいところまんまたまきち。そしてたまきち美人だなーっと。たまきちって女性なら…って女性なんだけど本当に可愛い娘さんだと思うんだ。ちゃぴはやっと観たかったちゃ [続きを読む]
  • LABOUM 日本公演 感想
  • 土曜日は赤坂にいましたー。いつもなら赤坂と言えばACTに向かうのだけど今日はお隣BLITZの方kガールズLABOUM!スタンド花参加させていただきました。可愛くて立派なスタンド花に感謝感激です。お友達の話だったり映像でしか観たことなかったLABOUM。素晴らしいパフォーマンスと美しさで一曲目からウルウルしました。karaのライブを初めて観たときのあのなんとも言えない気持ちが蘇りました。ハイタッチではユジョンと手を絡ませて [続きを読む]
  • “D”ramatic S! 感想
  • ド!ラマティックSの感想ー。その前にBlu-rayを見すぎていたので違和感あるかなと思っていたらあまり違和感がない  ↓なぜだ?薄情なのか?あぁ、でもオープニングのまなはるあいなちゃんの並びが好きだったのに変わっちゃった。だけど翔くんまなはるレオちゃんだったけか歌い継ぎが素晴らしいよー。翔くんいろいろがんばれ、好き。レオちゃんの高い声わりと好き。まなはる愛してる。そしてだいもんの楽しそうな笑顔にウルッ。お [続きを読む]
  • だいもんの「抱きたい」にウヒィ〜!
  • 雪組全国ツアー公演「琥珀色の雨にぬれて」観てきました。だいもん、まあやちゃんおめでとう。新生雪組スタートです。琥珀・前知識がまったくありませんでしたが古さを感じつつも柴田先生の作品の中ではわりとスムーズに見れました。だいもんのへタレ具合がまた新鮮で。こうちょっと宙組のあっきーのような眉毛下げて眉間にシワよせてのロイヤル感がベネディクトだいもんや加納惣三郎だいもんとは大違いなの!こんな役もできるんだ [続きを読む]
  • 大相撲KITTE場所→ガラスの仮面展→出待ち
  • とある1日…大相撲KITTE場所へ。すごい人。相撲人気なめてた!まったく見えねぇースカイステージカフェで休憩して〓?落ち着くガラスの仮面展へ。実家を引き払うことになり泣く泣く大量の漫画を廃棄したけれどガラスの仮面は宝物ですからあいしてます。ガラスの仮面のことをよくわかっている作りで素晴らしかった。美内先生の小学生、中学生の頃に描いた作品があるのだけどこれがすごくてですね、天才としか表現の仕様がないという [続きを読む]
  • 甲子園に行ってみたい。宝塚を絡めて。
  • 花咲徳栄優勝おめでとうございます!高校野球はそこそこ好きだったけど今年は面白かった。雨続きの東京から兵庫のお天気の良さに羨ましさを感じつつ兵庫にある甲子園を見ながら宝塚大劇場を感じていた。来年は高校野球100周年らしい。来年は遠征がてら一戦だけでも見に行ってみようかなと思った。さてさて雪組全ツ稽古場風景が流れました。だいもんのド!ラマティックS。ちぎみゆのドラマティックSブルーレイをリピしすぎてるので [続きを読む]
  • 星組 退団者
  • 思えば星組はずいぶんとチケ難な時代が続いた。ちえねね時代は1公演につき一回観れれば大万歳でみちふうはこれまた大人気、で紅さんに変わってスカピンと。それでも宝塚を観るようになってからは星組東京公演はスルーしたことがなかった。大好きな壱城あずりんと天寿みっきぃがいるからだ!〓?もちろんそれだけが理由でもないが。あずりんとみっきぃが私の中で特別になったのは紅5だ。そう考えると紅5やスカステってすごいんだな [続きを読む]
  • 15th アニバーサリーフェスタin KITTEに行ったよ
  • 行ってきたよー観劇もないのにわざわざ東京の片隅から東京の中心へ。あいしてるあいしてるあいしてる調子に乗って私もスカイフェアリーズそれにしても凄いことだと思うのです。専用チャンネルが15周年だなんて。KITTEにいるヅカヲタの皆様もみんな嬉しそう。よかったね〓?何様?コラボカフェも行ってハクハクしながら雪氷を頼もうと思ったら完売、、、美味しそうな月氷にしました。こちらのカフェ、グッズ売り場があるのだけど「 [続きを読む]
  • 最近のスカステ
  • 最近のスカステは裏方のお仕事なども特集して面白いですね。ステージドアはもちろんのこと今月から放送されている夢のオケピットがおもしろかった。わたしは何も楽器は出来ないし譜面も読めないけれど(礼まこっちゃんのブリドリも多才すぎて すごかったね)オケピットの様子なども映像で見れてほほぅー!真っ暗の中大変だろうなしかも銀橋にタカラジェンヌさまが並ぶと眩しそう。いつも二階から観るオケピットが好きです。かいち [続きを読む]
  • Lovelyzと娘役
  • 週末Kアイドル・ラブリーズの単コンに行ってきましたー!かわいいかわいいラブリーズ。karaが解体した今karaと同じ事務所のエイプリルとラブリーズが私のイチオシです。SNSで知り合った宝塚とkアイドルが好きなお友達と合流。なんと彼女は前日大阪から東京入りして土曜日twiceハイタッチ会→ラブリーズ単コン日曜日おーむしゃんてぃおーむというハードスケジュール。好きなものがあるって素晴らしいよな。で終演後お友達とお台場の [続きを読む]
  • 最高級ダイスケをあなたに
  • 花組東京宝塚劇場公演邪馬台国の風/Sante!!を見て来ました。邪馬台国の風。大劇場の感想ほど悪くはなかった。わかりやすいし、わたし卑弥呼さま好きだし。奇跡ソングはスゴツヨやカエサルは偉いと並ぶくらいビックリしちゃうけど!わたしは花組のチケット運がなくて花組詳しくないのだけどやっぱり真ん中はもちろんキキちゃんや柚かれーは美しいなと。柚かれーちゃんのお歌も気にならなかった。サンテ!!しっかし、さいこうきゅう [続きを読む]
  • だいもんとまなはるが、私を取り合うの・・・よ。
  • 相変わらず脳内ポケ〜としながら生きてます。しかも先日だいもんとまなはるがわたしを取り合う夢を見てしまいもうどうにかなってしまいそうです。起きた瞬間真剣にだいもんとまなはるどちらを選ぶか迷うわたし。選べない、、、よね?というわけで最近真那春人で検索しまくっていてわたしの大好きなファンシーガイのタンゴでまなはると、せあちゃんが絡むシーンでまなはるはせあちゃんにいつも何か囁いているという記事を見つけまし [続きを読む]
  • ちぎちゃんは3回目の受験で合格だった
  • 雪組千秋楽の様子をタカラヅカニュースで拝見しました。ちぎちゃんの目に涙が、、そっか3回目の受験で合格だったんだ。15.6の頃のわたしはどうやって高校デビューするかどうやったらモテるかばかり考えていたのに立派だなと反省されられる。退団者の皆様おめでとうございます。でも本音はまだまだ寂しいです。愛奈ちゃんも号泣してたね。上級生になるに連れ別れも寂しいだろうな。ライブビューイング行きたかったけどどの劇場も完 [続きを読む]
  • ちぎみゆ!ちぎみゆ!ちぎみゆ!
  • しゅっぱつしまーすいーざーしーとべるとをしーめー〓?合ってる?ちぎさんを最初に確認したのは宙ファンタジスタ。品があって色白な綺麗なコでもまだまだヤンチャというか若い雰囲気でした。宙組のイメージが強かったけど雪組も2009年からと長かったんですねーロジェのクラウスで堕ちて映像で観たニジンスキーでムフッとなりこの頃からかな、急に顔がシュッとなって心配した。ニジンスキー大変だったろうな。JINの龍馬では熱いち [続きを読む]
  • まなはるを意識した夏
  • まなはるを意識したのはいつからだったかな。本格的に虜になったのは、ちぎちゃんトップになってから。でも、その前のちぎちゃんブリドリ探偵SAGIRIに出演していたまなはるの野郎感にドキッとしたっけ。金魚のスカジャンを着るまなはるに「自分で用意したんだろうか、すんげー萌え」となった。で、演技し終わったあとの低姿勢と明るい笑顔にまたまたドキッ!なんなんだ!まなはるの笑顔の魅力は!幕末太陽傳ではまなはるまんまの大 [続きを読む]