まっちゃん さん プロフィール

  •  
まっちゃんさん: まっちゃん
ハンドル名まっちゃん さん
ブログタイトルまっちゃん
ブログURLhttps://ameblo.jp/motojuku103/
サイト紹介文日本のよき伝統を愛し、再生を願う者のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/10/13 15:37

まっちゃん さんのブログ記事

  • Pサイモン ボクサー
  • フランス人はプライドが高くて、フランス語しか喋らないそうですがそのフランスで、Pサイモンが英語で「ボクサー」を歌っている動画を見つけました「ボクサー」のテーマは貧困なので、それがフランスに受け入れられたのだと思います I am just a poor boy.俺は貧しき少年 Though my story's seldom told,自分の話は滅多にしないけど 話すよ I have squandered my resistance俺は世の中に反抗して時間を浪費してきた ネットでフ [続きを読む]
  • サウンドオブサイレンス(沈黙)
  • マイページにいつの間にか、アラカンと表示されるようになったがアラカンで思いつくのは阿羅漢しかなかった阿羅漢は仏陀の弟子の名前なのでどうしてこんな名前がつくのか全然分からなかったがアラカンと表示されているブログを読んでみて、意味が分かったアラカンとは「あら還暦」だったのだ「あら還暦」の世代は、ビートルズなどの洋楽に初めて触れた世代ではないかと思う私も、ラジカセ(ラジオとカセットデッキが一緒になった [続きを読む]
  • 自衛隊の編成が変わった
  •  陸上自衛隊の部隊運用を一元的に担う陸上総隊が3月27日に新設された。 陸上総隊は、五つの方面隊(北部、東北、東部、中部、西部)の上部に位置付けられ、 指揮命令系統が一本化され、アメリカ軍との連携も、スムーズにいくようになった。 司令部は朝霞駐屯地内に置かれた。 その司令部のすぐ近くにあるのが雄健(おたけび)神社跡です3月25日に運よく見学することができました由来です 桜が満開でした。駐屯地内にある池 [続きを読む]
  • パスタを茹でる裏技
  • 災害現場で、少ない水と燃料で上手にパスタを茹でる方法として開発されたのが、この方法です最初に聞いたのとは少し違うような気がしますが試行錯誤の末に、ここにたどり着いたのだと思います最初に初めたのは、警視庁災害対策課だと聞きました私も試してみようと思いますYouTubeでは、他にもいろいろな茹で方を投稿してます [続きを読む]
  • 雷被害からPCや家電などを守る対策と正しい商品の選び方
  • 最近は異常気象により、雷の発生が多く、その規模も大きくなっているようです。それで雷について基本的な知識と、対策を調べてみました 落雷には、直撃雷と誘導雷がある。電気機器に直接雷が直撃するのが直撃雷、直撃雷が発生し、大地を通じて電流が流れ込む現象を誘導雷と呼ぶ。直撃雷の特徴直撃雷はその名の通り、人体、その他の物体に雷が直撃すること。直撃雷による電圧・電流は極めて大きく、電気設備や人体にどんな保護を行 [続きを読む]
  • 風呂場のタイルなど、カビの汚れを取る裏ワザ
  • これはネットで、漂白剤を使ってカビを取る方法を改良したものですまずカビで黒ずんでいる所をよく乾かす(漂白剤の効果をよくするため)次にテッシュペーパーを適当な大きさに折るそれに古い歯ブラシなどを使って、漂白剤をたらすあとは、それをカビで黒ずんでいるタイル、目地、ゴムパッキンなどに張り付けるだけ。濡れているので簡単に張り付きますテッシュペーパーによって漂白剤の乾燥が防げ、長い時間効果が持続します乾いた [続きを読む]
  • 結束バンドの活用法、裏技
  • 結束バンド(インシュロック)は、アメリカ人が発明したと思っていましたが、日本人が発明したのですパチンコ機の回路基板などをを結束して、回路基板を不正な差換えをさせないために発明されました施設管理の仕事をしている者にとっては、非常に便利なツールですこの結束バンドはいろんな使い道があり、便利で、100円ショップで簡単に手に入りますYouTubeでもいろいろな使い方を投稿しています家庭でも参考になる動画です [続きを読む]
  • 自衛隊式、寒さから自衛する方法
  • YOUTUBEで面白いものを見つけました100円ショップで売っているビニールカッパで簡単に暖かくなるそうです 他にも正しいロープの使い方とかバターで出来るロウソクとかサバイバルの方法があります。ネットで見つけた時は、その全部が連続して出てきましたがブログに張り付けると連続して出なくなりました [続きを読む]
  • イスラム教徒は日本社会と共存できるか
  • 私の従兄はクリスチャンでしたが、20年ぐらい前に亡くなりました教会で葬儀を行ったのですが、従兄は社会的地位が高い人だったのでキリスト教団が総力を上げたようですあんなに素晴らしい讃美歌を聞いたのは、初めてでした 火葬場に行き、讃美歌をうたいながら最後の別れをしました讃美歌と牧師の祈りを聞いていると、自然と涙が流れそして止まりませんでした 隣では僧侶がお経をあげていました讃美歌と,読経が同時に流れるという [続きを読む]
  • 旧日本陸軍栄光の150ミリ砲
  • 7日にもなると、靖国神社も静かになりますが周囲を警戒する警察官や、警備員の姿が見えてここが重要な場所であることをあらためて見せつけられます今回は参拝を済ませた後、神社の裏手に初めていきましたそこには、日本庭園と茶室があり、池には見事な錦鯉がいました 沖縄戦を2ヶ月以上にわたり戦った独立重砲兵第100大隊所属の八九式150ミリカノン砲(左側)、同じく沖縄戦を戦い米軍総指揮官を戦死させるなど大戦果を挙げた野 [続きを読む]
  • 過激派も今は70歳前後
  • 私は1970年代に青春時代を迎えたが、その時代は学生運動が激しい時代であった私もその波に呑まれそうになったが、幸運なことにそこから脱出できた過激派に走った人たちは、今どうしているのかといつも考えています 沖縄で反基地闘争をしている老人たちもそのうちの人たちではないかと思っています反基地闘争をしていれば、日給も出るしテントで酒も飲めるし、昔の友達にも会えるまるで同窓会のような感じではないかと思ったりして [続きを読む]
  • 輝いていたあの頃
  • 明けましておめでとうございます やっと写真が出てきました引っ越した時から、行方不明になっていたのですがようやく見つかりました これは霧ヶ峰キャンプ場での一枚です今から約40年前ですキャンプといっても普通のキャンプではなくいろいろな団体に所属して活動をしている青年たちを集めて研修するのが目的のキャンプでした研修といってもやることは普通のキャンプと同じでしたただ、集まったメンバーが普通の人ではありませんで [続きを読む]
  • 「無条件降伏要求」がもたらしたもの
  • 「無条件降伏要求」がもたらしたもの ドイツ国民はこれによって、最後の一兵まで戦うという決意をせざるを得なくなった。それは日本と同じであった。「裏切られた自由」に書いてある、無条件降伏要求に反対する意見を書き上げてみました。 無条件降伏要求声明によって、ドイツ軍を最後の一兵まで戦わざるを得ない状況においこんでしまった。ドイツには少なくない反ヒトラーの人々がいて、彼を排除したいと考えていたが、これによ [続きを読む]
  • 米英の指導者が1933年から朝鮮戦争までに犯した失策
  • 最近「裏切られた自由 FREEDOM BETRAYED」が発刊されました。これはアメリカ大統領ハーバード・フーバーの著作で、1960年代にはすでに原稿が出来上がっていましたがそのまま眠り続け、2011年になってようやくアメリカで出版されたものです。日本でも今年の秋になって出版されました。上下巻合わせて1300ページにおよぶ膨大な量ですが、要約すると以下のようになります。 米英の指導者が1933年以 [続きを読む]
  • The Pianist
  • 静かなるショパンの響き霜夜かな 戦場のピアニストは池袋の映画館で見ましたがその日は信じられない一日だったのでよく覚えています前日は年に1度の電気設備の点検日だったので11階建のビルを停電させ、徹夜でその作業を行なったビルを停電させると、真っ暗になると普通は思いますがそうではなく非常電源によって、非常灯が点灯し誘導灯がカメラフラッシュのような強い光を点滅させますまるでパニック映画の1シーンです 朝仕事 [続きを読む]
  • 「洛陽」つま恋2006
  • 人はそれぞれ自分だけの人生の応援歌を持っているが自分の応援歌は何だろうか この「洛陽」を改めて聞いたら「この国ときたらかけるものないさ」というフレーズが出てきた「永遠の嘘をついてくれ」には「この国を見限ってやるのは俺のほうだと」があった 思うにこれは、吉田拓郎の表現方法だと思うだから「永遠の嘘をついてくれ」のフレーズも吉田拓郎が入れたのではないかと考えられるそう考えるのは今は見れないが、前にYouTube [続きを読む]
  • 永遠の嘘をついてくれ
  • 「永遠の嘘をついてくれ」は中島みゆきが、吉田拓郎のために作った曲です拓郎っぽい歌詞とメロディですがそれでいて中島みゆきの曲以外の何物でもないという「神」に不可能はないことを改めて思い知らされる作品です この曲は「まつりばやし」とか「世情」などの“学生運動ソング”で「自分の許を去った男に向かっての未練」の歌ではないとネットで解説している人がいますが私はこの歌に別の意味を見出します [続きを読む]
  • 三島由紀夫が問いかけるもの
  • 今年は三島由紀夫が亡くなって47年です。三島由紀夫といえば戦後を代表する文学者です。ノーベル文学賞の候補になったこともあり「金閣寺」などは国語の教科書でも紹介されています。純文学だけでなく戯曲や娯楽小説も書き、映画製作、出演もこなした文字通りのスターでした。そんな時の人が、学生を集めて「楯の会」という「私設軍隊」を作り、総監室に立て籠もってクーデターを呼び掛けた挙句、武士のごとく切腹したのですか [続きを読む]
  • チン・コン・ソンの名曲「Diem Xua(美しい昔)」
  • チン・コン・ソンの名曲「Diem Xua(美しい昔)」2001年に亡くなったチン・コン・ソンは600以上の曲を残したベトナムの音楽家で、その多くが反戦歌だったことから「ベトナムのボブ・ディラン」と呼ばれていた。 Diem Xua「雨に消えたあなた(美しい昔)」の日本上陸チンコンソンのDiem Xuaは、女性歌手カーン・リー(Khánh Ly)によって反戦歌として歌われた。戦場へ行った恋人を思う歌で、ベトナム戦争当時「ベトナムの太陽」と愛 [続きを読む]
  • J S A Joint Security Area 共同警備区域
  • まさに映画のような事件が起きたニュースで伝えてはいるが、真実は伝えはしないだろう この兵士によって北の栄養状態がよく分かるようになった【ソウル=名村隆寛】朝鮮半島の南北軍事境界線がある板門店で韓国側へ越境しようとし、銃撃を受けた北朝鮮兵士の臓器から、大量の寄生虫が見つかったことが執刀医の証言で判明。北朝鮮の衛生環境や栄養状態の劣悪さが浮き彫りとなった。 映画の紹介のコメントではこんなことが書かれ [続きを読む]
  • 國體についての国民的合意が求められている─中村武彦氏『尊皇攘夷』
  • 統一教会を知った頃私は、勝共連合の中央後援会主催の「明治維新史を学ぶ会」に毎回欠かさず出席していました。講師は中村武彦氏で、右翼民族派の指導者で戦前の「神兵隊事件」に連座した人物でした。講義は明治維新の歴史を学ぶというよりは、維新史に名前を残した人の生き様を通して日本の伝統的な精神を学ぶ場でした。今思えば、中村先生の明治維新史の講義を聞いたから、統一原理の再臨論の間違いに気がついたのでしたが、そこ [続きを読む]