チモシー さん プロフィール

  •  
チモシーさん: チモシーファーム
ハンドル名チモシー さん
ブログタイトルチモシーファーム
ブログURLhttp://sakura080323.blog96.fc2.com/
サイト紹介文がんを経験して改めて生きるすばらしさに目覚めました。かけがえのない日常を四季折々に綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2012/10/13 20:48

チモシー さんのブログ記事

  • 楽しい、じゃがいも堀り
  • 大輪朝顔 「江戸むらさき」(今朝、二輪目が咲いた…2018年6月23日、千葉・鎌ケ谷にて)(じゃがいもが、いっぱい採れた)じゃがいもの葉が黄ばんできたので、今朝、いよいよ収穫作業。買い置きのじゃがに芽が出てしまったので、仕方なく埋めたのが4月始め。5月中旬に、薄紫のきれいな花が咲いた。少しはいもができているかなと思いながら、茎を引っこ抜いていったら、けっこうついていて、うれしくなった。土の中から、ひ [続きを読む]
  • 初朝顔は、「江戸むらさき」
  • (今年初の朝顔が咲いた・・・2018年6月22日、千葉・鎌ケ谷にて)朝、カーテンを開けたら、朝顔の葉から薄紫が見える。庭に出てみたら、淡い紫の絞りの大輪朝顔だった。その名も粋な「江戸むらさき」。ここのところ、つぼみが見え始めてはいたが、もう咲くとは!薄紙を広げたような花びらを、しばし、うっとりと眺めた。同じ鉢に植えた別色の大輪朝顔もつぼみから紅をのぞかせている。明日あたり咲くかしら。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 目がいい、「シグナル」、チョ・ジヌン
  • (夏の花、むくげ。韓国語では、무궁화」<無窮花; ムグンファ>。※写真は、2014年7月21日、千葉・鎌ケ谷にて)時代劇、現代劇を問わず韓国ドラマがけっこう好き。最近観た現代劇「シグナル」には、ハートを鷲掴みにされた。特に、全編を通して存在感で圧倒した、チョ・ジヌンが最高。以前、時代劇で観て気になっていたが、今回は確実に。とにかく、目がいい。目力というか、目つきをみているだけで、うっとり。同じように [続きを読む]
  • やみつきに、生きくらげの刺身
  • 花菖蒲 「秀紫(ひでむらさき)」 <江戸系>(※写真は、2017年6月6日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)きくらげといえば、ちりちりとした乾物で、水で戻して中華うま煮の具にしていた。いつの頃からか、生のきくらげが出始めて、見るたびに買っていた。殆どは炒めもので、プリプリとした感触がなんとも美味。にらと炒めて玉子であえるチャンプルーは最高!先日も、大分産の生きくらげを見たので、即お買い上げ。パックに刺 [続きを読む]
  • 元気が出る香り、セロリ
  • (セロリが、大型プランターいっぱいに茂った…2018年6月20日、千葉・鎌ケ谷にて)(プチぷよ、アイコ、とミニトマトも色づき始めた。このトマトは名前を確認しなかった。「房の駅」で苗を買ったので、‘フーちゃん’と呼んでいる)大型のプランターで育てているセロリが、ぐんぐん伸びてプランターからあふれるほどになった。今朝は、茎の根元から切って全て収穫し、スープ用に刻んで冷凍。セロリのツンとした香りが、キッ [続きを読む]
  • 関所(検診)、無事通過
  • 「野花菖蒲(のはなしょうぶ)」 <野生>(※写真は、2017年6月6日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)2011年6月20日に見つかった乳がんから、ほぼ丸7年の今日、二か月に一度の関所(定期検診)へ。きっと大丈夫とは思っても、やはりお代官様(ドクター)のお言葉があるまではドキドキ。血液検査の結果も良好で、無事、関所を通過。病院を出れば、空は久しぶりの青空。天をあおいで、感謝する。晴れ晴れと帰り道、やっ [続きを読む]
  • 梅雨空明るく、イエローカサブランカ
  • (大輪の百合、イエローカサブランカが今年も咲き始めた。二度目の夏、ますます背丈が伸びて、見上げるばかり。踏み台に乗って、写真を撮った…2018年6月16日、千葉・鎌ケ谷にて)(クリームイエローの上品な花。梅雨空を明るくしてくれる)(まだまだ、つぼみもたくさんあるので、しばらくは楽しめそう)にほんブログ村 [続きを読む]
  • コクあり、肉湯豆腐
  • (アガパンサスも、大好きな夏の花。庭に二種類を植えているが、まず、小花のアガパンサスが咲き始めた。ひとつ、ひとつの花は、まるで百合のよう…2018年6月15日、千葉・鎌ケ谷にて)ここのところ梅雨寒が続いているので、今夜もあったかい献立にしよう。真っ先に浮かんだのは、湯豆腐。だけど、ちょっと目先を変えたいなぁ。そこで、豚バラを加えてみた。名付けて、「肉湯豆腐」。土鍋に、いつをものように早煮昆布を多め [続きを読む]
  • 清楚で華やか、ニ色の鉄砲百合
  • (待ちかねた白い鉄砲百合も咲き始めた。純白の花姿が、なんとも清楚…2018年6月15日、千葉・鎌ケ谷にて)(ピンク、白とニ色の鉄砲百合が咲き揃った。いっぺんに、庭が華やかに)(朝、写真を撮った後に雨が降り出した。明日まで続くらしい。どうか、花が傷みませんように)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 鯵(あじ)を食べ尽くす、アラ汁
  • 花菖蒲 「玉津島(たまつしま)」 <肥後系>(※写真は、2017年6月6日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)今夜は簡単な夕飯にしようと、冷凍庫を開けたら、大きめのパック。あれ、なんだっけ?そうだ、鯵(あじ)のアラだ。数日前、鯵5尾を三枚におろして、その日は刺身や天ぷらにした。そのときの頭、中骨、皮、腹骨だ。捨てたのは、ギザギザのぜいごとワタのみ。それもすぐに庭土に埋めたので、そのうち、良い肥料になるこ [続きを読む]
  • 紫蘇(しそ)たっぷり、トマトソースのパスタ
  • 花菖蒲 「誰待花(たれまちばな)」 <肥後系>(※写真は、2017年6月6日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)朝、庭に出たら、無意識に紫蘇の葉を摘んでいた。春に芹畑だったところは、今や紫蘇畑と化し、さらに庭中、あちこちに勝手に生えている。ほっておくと、虫にやられるので、きれいなうちに摘みたい。と思うので、ついつい、摘んでしまう。植え込みから、きれいな葉をみつけたりすると宝探しをしているみたいで、うれし [続きを読む]
  • 紫陽花多彩に、アンデルセン公園
  • (さまざまな紫陽花が多彩に・・・2018年6月13日、千葉・船橋、ふなばしアンデルセン公園にて)久しぶりに訪ねたアンデルセン公園は、紫陽花の真っ盛り。さまざまな色と形の紫陽花が、園内の至る所に咲いていた。梅雨時の花にも色々出合え、楽しい花歩きになった。(水辺には、名残りのあやめが一輪)(林には、合歓<ねむ>の花が優しく咲いている)(シックなペチュニア)(紫露草は、あちこちに)(池には、睡蓮がぽっか [続きを読む]
  • 今朝もまた、ピンクの鉄砲百合
  • (やっと雨があがって、百合の香りも一層香しく…2018年6月12日、千葉・鎌ケ谷にて)心配していた台風の影響もなく、やっと雨もあがった。ピンクの鉄砲百合も傷むことなく、今朝もまた花を開いた。隣の白い鉄砲百合も、幾輪かうっすらと開き始め、明日あたりは、ふた色が咲き揃うだろう。朝、カーテンを開けるのが今から楽しみ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 雨に打たれても、鉄砲百合
  • (雨に打たれても…2018年6月11日、千葉・鎌ケ谷にて)今日も雨。でも今のところ、嵐にはなっていないので少しほっとしている。降り続く雨の中でも、ピンクの鉄砲百合は一輪、また一輪と花を開き甘い香りがあたりに漂っている。明日は台風一過で晴れそうなので、百合さんたちもほっとすることだろう。一緒に植えた白い鉄砲百合も今にも開花しそうで、つぼみがぱんぱんに膨らんでいる。白とピンクの百合が一斉に咲いたら、と [続きを読む]
  • ピンクの鉄砲百合に、無情の雨
  • (初めて育てたピンクの鉄砲百合が、今朝、花開いた…2018年6月10日、千葉・鎌ケ谷にて)数日前から、淡いピンクの大きなつぼみを膨らませてきたピンクの鉄砲百合が、今朝、ぽっかりと咲いた。うっすらと刷毛ではいたようなピンクが、なんとも上品な百合。初めて育てた品種だ。いつ植えたのかなと調べてみたら、なんと3月10日。今日が6月10日だから、きっちり三か月目に咲いたことになる。なんて、律儀な百合さんだろ [続きを読む]
  • 小さな幸せ、梔子(くちなし)の花
  • (梔子の甘い香りに誘われて…2018年6月9日、千葉・鎌ケ谷にて)昨日のこと。スーパーで買い物を袋に詰めていたら、背中の方から、梔子(くちなし)の甘い香り。すぐそばの花屋さんに行ってみたら、梔子の鉢植えがあった。やっぱり、梔子だ!純白の薔薇のように花びらを巻いた梔子の花が、小さな木からいくつも咲いている。大好きな梔子、すぐに衝動買いしてしまった。今朝も、窓際で甘い香りを漂わせてくれている。小さな鉢 [続きを読む]
  • 鯵(あじ)で二品、たたきと、紫蘇梅天ぷら
  • 花菖蒲「紫衣の誉(しいのほまれ)」 <江戸系>(※写真は、2017年6月6日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)今の時期、鰯(いわし)と並んで、鯵(あじ)も旬。ちゃりんこを飛ばして、行きつけのスーパーに行ってみたら、形のいい鯵が、氷水のトロ箱にいっぱい。即、五尾お買い上げ。さて、どう料理しようか。やっぱり刺身は外せないけど、今日はもう一品作ってみよう。庭の紫蘇が頭に浮かぶ。そうだ、紫蘇と梅干を刻んで衣に [続きを読む]
  • 胡麻和え風、紫蘇と大根のサラダ
  • (今朝、鉄砲百合が二輪咲いた。花粉は雨にも濡れず、花はきれいなまま…2018年6月7日、千葉・鎌ケ谷にて)雨上がりの庭に出てみれば、紫蘇が青々と茂っていて、まさに摘み頃。あぁ、でも、今夜は使う予定がないなぁ。でも、虫にくわれる前に摘みたい。そこでひらめいたのが、サラダ。冷蔵庫に鎮座している大根と一緒に胡麻ドレッシングで和えたら、どうかしら。さっそく、たっぷりの紫蘇を摘み、細く千切りに。大根も同様に [続きを読む]
  • 昆布も美味、浅蜊(あさり)の酒蒸し
  • (梅雨入り二日目の朝。三輪目のオリエンタルリリーの花が開いた。甘い香りも漂わせて…2018年6月7日、千葉・鎌ケ谷にて)生きのいい浅蜊(あさり)が手に入ったので、今夜は浅蜊の酒蒸し。蒸し器を出そうとして、手が止まった。まてよ、土鍋で蒸し煮はどうかしら?!そのまま食卓に出せるし、後始末も簡単そう。ということで、まず土鍋に早煮昆布をびっしり敷き詰め、ひたひたの水に浸しておく。この昆布は、後で浅蜊の煮汁 [続きを読む]
  • 梅雨入りの朝、百合咲く
  • (関東地方が梅雨入りした朝、ぽっかりと百合が咲いた・・・2018年6月6日、千葉・鎌ケ谷にて)(雨に打たれた花粉が花びらを汚してしまい、百合がかわいそう)(紫陽花は、雨でいきいき)(青紫の紫陽花は、なおさらに)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 新たな出合いも、堀切菖蒲園
  • 花菖蒲「大和司(やまとつかさ)」 <江戸古花>(また一種、初めて観る花菖蒲に出合えた。毎年、少しずつ花の名前を憶えていくのは、楽しい・・・2018年6月5日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)「猿踊(さるおどり)」 <堀切>「大江戸」 <江戸古花>菖翁花 「王昭君(おうしょうくん)」「霞の衣」(かすみのころも)」 <肥後系> 「笑布袋(わらいほてい)」 <江戸古花>にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花菖蒲、「北斎」と「写楽」
  • 花菖蒲「北斎(ほくさい)」 <肥後系>(※写真は、2017年6月6日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)花菖蒲は花も魅力的だが、名前にも惹かれる。この「北斎」は、本当に色といい形といい、あの天才浮世絵師、葛飾北斎を彷彿とさせる。ちなみに、同じ肥後系の花菖蒲に、謎の浮世絵師、東洲斎写楽を冠した「写楽」もある。昨年はどちらも今頃咲いていたが、今年は果たして・・・。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 四十雀(しじゅうから)、親鳥の愛
  • 花菖蒲「千鳥」 <肥後系>数日前のこと。しゃがんで庭仕事をしていたら、かわいい鳴き声と一緒に、小鳥が数羽、頭上をかすめて、右に左に飛び交っていく。じっと動かずに、そっと見上げれば、どうやら四十雀(しじゅうから)のようだ。親子なのか、一族なのか、五、六羽。と、ひならしいほわほわの一羽が、目の前のフェンスに止まって、しきりに、餌をねだっている。すぐに、毛虫を加えた親鳥が飛んできた。そのまま、ひなの口に [続きを読む]
  • 青や紫の花は
  • 花菖蒲「石橋(しゃっきょう)」 <熊本>(※写真は、2017年6月6日、東京・葛飾、堀切にて)遅咲きの花菖蒲を観に行きたいが、毎日、カンカン照りでとても行く気になれない。花菖蒲も紫陽花も、雨や曇りにこそ映える花。青や紫の花色は、そうして空の下でこそ美しくみえる、と知ってからは、なおさらに。来週は、天気予報に曇りマークが増えそうなので、楽しみ。でも、今年は開花が進んでいるので、それまで花菖蒲がもって [続きを読む]
  • 旬の鰯(いわし)で、二品
  • 花菖蒲「小青空(こあおぞら)」(※写真は、2017年6月6日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)昨日のこと。スーパーで、生きのいい鰯(いわし)を見つけたので、今夜のメインは決まり!梅雨どきに銚子で獲れる‘入梅鰯’は、脂がのって旨いと聞いたことがある。昨夜の鰯は、北海道、青森沖とあったが、そのうち、千葉までやってくるのだろう。さて、どんな風にして食べようか?やっぱり、刺身が一番ということで、まずつまを用意 [続きを読む]