みかこ さん プロフィール

  •  
みかこさん: 夢のLeidi Laidi
ハンドル名みかこ さん
ブログタイトル夢のLeidi Laidi
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yumekare
サイト紹介文踊るかわり 歌うかわり 絵を描くかわりに 実用度外視で服作り
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/10/13 23:46

みかこ さんのブログ記事

  • ハイでアウトで
  • 少し前に、ネット上で「アウトドア浴衣」「ハイブリッド着物」なるものを見かけまして…。これは男性物のみのようで、実際どういう感じなのかよく分からないのですが、なんかええなぁ…と。どうも形状のみでなく、新素材の利用とかそういう話らしいけど、羨ましかったのでちょっとそれ風のを考えてみました。ゴミ袋の上でポーズとるやつ…。まぁ、丈短くしてベルト通しつけただけって気もしますが。通勤電車に乗るなら、これくらい [続きを読む]
  • へなちょこサバイバー
  • 着物で出かけるのを諦める理由のトップはやはり天候でしょうか。仕事や日常生活で毎日着ている人は別として、たいていの人は暴風雨警報出たら着物はやめておこうと思う…でしょうねぇ。そして、天気の次にくる「着物やめとこ」理由は体調ではないか、と。着物でちょっとお洒落して出かけようと思っていたのに、前の晩に派手に首を寝違えたとか、鼻炎の発作が始まって薬でぼんやりしてるとか奥歯の詰め物取れたとか(関係ないか)。私 [続きを読む]
  • 輪っかっか
  • 久しぶりに凸凹させようとあれこれ考えてみたのですが、大したことない立体でも型紙作るのにひと苦労…。多分こういうの、なんかソフトとかアプリとか使ったら、サクッとできるんですかね。まぁ私など、その文明の利器を使いこなせるようになるまでがまた大変だろうしってことで泥臭い作業をするしかない。立体をガチッとさせるために極厚接着芯を貼ったので、ミシン使えず。手縫いの刺針で返し縫い…。ひー。バングル型使って、レ [続きを読む]
  • バチがあたるよ
  • 8月盆シーズン、忙しそうにバイクで走るお坊さまをよく見かける時期ですが、あの黒いガウンのような衣ね、あれいいなぁと思った事はありませんか?帯も要らないし、さらっと1枚羽織る感じで、夏季は紗が涼しげだしとってもエレガント。(とか言ったら怒られるか…)調べてみたら、「改良衣」というそうですね。宗派によっても型に違いがあるそうな。重ね着なので、実際には結構暑いらしい、というのも和装あるあるですが…。で、い [続きを読む]
  • いったりきたり
  • いつも、出来上がってみるまではどうなるか分からない事が多いのでこういう本を見て作るのは安心ガイドにお任せって感じで、これはこれで楽しい。着物リメイク本ですが、洋服地で作るので反物幅に切って端をロックミシンで始末してから取りかかります。「ほそおびパンツ」完成。いわゆるサルエルパンツですかね。ウエスト後ろはゴム、前はタックたたんでD カンで調節します。巻きスカート風にも見える、かな。履物は草履でいけます [続きを読む]
  • いまどきふんどし
  • 私がお勧めするまでもないですが、これ面白いです。「パンツ・ふんどしをめぐる世界史的な謎の解明」そらもう、面白いです。さて、数年前から女性用のお洒落なふんどしパンツが市販されてますが、あれ快適ですね。特に夏場は。手持ちのを参考に作ってみました。いわゆる「ショーツ」と違って簡単です。作り方は「ふんどしパンツ 作り方」で検索すると、いろいろヒットするのでお試し下さい。手拭い使うタイプのが簡単かなぁ。ウェ [続きを読む]
  • 分ける!勇気
  • 暑中お見舞い申し上げます。いやあっついですね、本当にもう。せめて「高原の避暑地で過ごす夏休み」をイメージして…おかしいな。サワヤカな緑の風が似合う二部式のつもりが、なんか水上マーケットで野菜売ってそうな雰囲気に…。帯外すと、駱駝とかにまたがっててもいい感じ。おかしいな。まぁ高原の夏休み用は、また考えよう。夏休み無いけど。以前にも書いた事がありますが、もし和服から洋服への移行がもっと緩やかで、生活着 [続きを読む]
  • 今さら帯巾
  • 今日は普通の格好で出かけようと思ったのでした。で、先日仕上がった阿波しじらに、数年前に買った羅の半幅帯をあわせてシンプルに…あれ?半幅帯って、こんなに幅広かったっけ?この帯するのは初めてではないんだけど、ここのところ着物を着るときは自作の帯か帯ベルトで、だいたい三寸九分くらいにしています。半幅帯は普通四寸だけど、最近は背の高い人が多いので、市販品は四寸二、三分くらいになってる事もある…と計ってみた [続きを読む]
  • 奉書巻き風帯ベルト
  • 何着てたって暑いのは暑いですけど、浴衣で夏祭りとか、夏着物でお中元とかテレビのコマーシャルで見てると「お疲れ!」としか思えない…。我慢を前世においてきたもんで、もうねぇ。それでも、せっかく阿波しじら仕上げたし、着て出かけたいしって事で、巻くだけ帯ベルト盛夏用です。芯無しで心持ち広めに縫った帯をタックとってリボン巻いただけ。後ろ。帯アップ。浴衣はざっくり感が好きだけど、衿元はだけるのは気になるし、あ [続きを読む]
  • 東スカートざっくり寸法
  • 前投稿の東スカート、私は手持ちの裾よけを参考に作りましたが、よければご参考にどうぞー。表から見た裁断図です。袵、身頃、継ぎ足し分の3枚のパーツです。単位はセンチで、出来上がり寸法なので適宜縫い代足して下さい。身頃は布幅そのまんまいっぱい使っていけましたが、シングル幅なら2枚つぐ必要があると思います。タックはつけなくてもいいと思いますが、つけておくと着用した時ウェストがすっきりするんじゃないかと。後 [続きを読む]
  • 風には負けぬ
  • 二部式着物のマイナスポイントといえば、どうしたって普通の着物と帯のスタイルに比べて見た目が質素というか素朴というか単にビンボくさいというか…。反対に優れている点は、もちろん着用が簡単で動きやすいといった点ですね。ただ、以前にも書きましたが、スカート部分は長着と同じく巻きスカート状態なので、強風に弱い。身軽だからって調子に乗って両手に大荷物提げてたりすると、突然の強風に慌てる事があります。機動力を重 [続きを読む]
  • 明治ザチョコレート帯留
  • お値段ちょいといい感じなので、そうそうは買わないのですが。確かにこのパッケージ、捨てるには惜しいんですよね。と思っていたら、ネット上で様々に工夫を加えたアート作品を見かけまして…。影響受けやすいもんで、私もやったるかと。まず切り抜いて、指先で軽く全体にカーブをつけます。先っちょの所、切り落とさないよう注意です。しっかりした紙なので大丈夫かもしれませんが念のため裏表に防水スプレーをしました。この後レ [続きを読む]
  • それを冷やかしと言う
  • 浴衣・夏着物の新作展示販売イベントや新しい試みのポップアップショップのお知らせが魅惑的な季節になりました。前々からうっすらと感じていましたが私はデザイナーやブランドが、はっきり分かるような着物がどうも似合わない…ような気がします。販売イベントなんかで何度か羽織らせて貰ったこともあるのだけれど、「私じゃなくて、他の人が着た方が似合うんじゃないかなぁ」という感じ。別にどこがおかしいと言うわけでもないの [続きを読む]
  • 阿波しじら浴衣完成
  • 完成〜。忍び寄る老眼との戦いって感じになってまいりましたよ。まだ針に糸は通せるけれど、ピンクとかベージュの糸だと指先に同化してイラッとくることがあります。これは濃い色で助かった。写真だと保多織りのと殆ど同じに見えますね。もう揚げ縫っちゃって紐つけて着ようかな。せっかく夏向きの軽い生地なので、できるだけ涼しく着たいし。補整は基本的に、しない派です。「補整無しで着ると、ほらこんなにブサイク〜」なbefore [続きを読む]
  • 阿波しじら浴衣
  • 着物が生活着だった頃は、「浴衣はひと夏だけのもの」とも言ったそうです。「指が入らなきゃいいのよ!」な縫い目でざっくざく半日くらいで仕立てて、補整だ衣紋だおはしょりだと面倒な事言わずにわっさーと着て、夏の終わりには「来年は外出着には無理だわね。まぁまだ部屋着ならいけるでしょ」となるまで着たおす…のが、あるべき姿だったのかも。今は「ちょっと張り込んだ夏のドレス」感覚でしょうか。我慢度数からいうと、超よ [続きを読む]
  • 天女(?)の道中着
  • 仕立てとしては、道中着に近いです。透ける生地なので、きっちり衿作るよりくしゅっとさせた方がいいかな〜と。袖口を虫止めしようか迷い中ですが、このまま開けておいてもいいかもですね。後ろが問題。予定では羽衣風にふわっと浮く感じを出したかったんですが…ポンチョに夜明けの風はらまーせーてー…が近いような。マイ扇風機持ち歩きましょうかね。 [続きを読む]
  • つもり見積もり
  • 夏の薄物…といっても二部式の、上だけ作るつもりで生地買ってきたのですが、予定変更して道中着か羽織型にしようかと。用尺足りない…。同じ布買い足すか。手持ちの残布使ってなんぞ工夫するか…。三角座りで考えることしばし。とりあえず買い足しはやめる方向でいきます。うーん。どうすっかねー。 [続きを読む]
  • 川原マリアポージング講座&撮影会
  • 4月16日に行われたAura Endoさん主催の川原マリアさんポージング講座&撮影会、幸運にも定員枠に入ることができまして行ってまいりました。プロのポージング指導受けた上で撮影して貰うって、なんて贅沢だー!と浮かれたのはいいのですが、さて着物どうしよう。申し込みをした時点では、帯枕や補助紐を使って背中に密着させるタイプの帯結びは無理でした。でもまぁ4月半ばまでにはそこそこ回復するだろうし、補整でカバーすれば [続きを読む]
  • 見せ○○
  • 下着は上着化していくのが世の常人の常…だそうで、Tシャツなんか、よく言われる例ですよね。今時、Tシャツで外出するのを怒られる事はありませんが。鎌倉か室町時代に、小袖いっちょで出かけようとして「そんな下着みたいな格好でみっともない」って怒られた若者はいたのかなぁ…。なんて思いつつ、作ってみました。「見せる肌襦袢」カシュクールブラウスと、どう違うんだって言われたら答えるの難しいけど、仕立ては肌襦袢ほぼそ [続きを読む]
  • 試作で遊ぼ
  • こういう映画は上映期間が短いのでさっさと行かねばと行ってきました。これ、映画館向き。背中に何にも無いので座ってて疲れません。調子に乗って、もうひとつ試作。帯留め使いたい時は、三分紐の結び目隠せないので極細ベルトかリボンを使うか…ですねぇ。こんな幅広ベルトも使えるようにベルト通しを広くしたけどちょっとバランス悪いな。なんか個人的には見慣れてしまったので背中ぺったんこの方が普通って気すらするんですがね [続きを読む]
  • 老眼促進ストール
  • ふわっと空気に浮いて、滞空時間の長いストールが欲しかったんです。オーガンジーリボンを並べて、ランダムにビーズでとめてます。作業始めて後悔するのはいつもの事ですが、ビーズ止め作業、何カ所したのか数えたくない…。 [続きを読む]
  • 雨で休みで出かけない
  • 幼稚園の工作の時間に、折紙を2センチ巾くらいの細い短冊状に切ったものを材料として出したら、だいたいどんなものを作るでしょうか。輪つなぎでネックレスとか、輪っかにせずにぺちゃっとくっつけたものを花びらのようにしてコスモスみたいな飾りとか…。ちょっと気の利いた子だと、黄色の折紙を小さな丸に切り抜いて、花の芯に貼り付けたり。まぁそんな辺りが普通だった…ような気がします。だから、同じレンゲ組の男の子がじー [続きを読む]
  • いきなり春
  • 浮世のしがらみで軽くバタバタしておりましたが、もちろんこういう事は諦めない…怪しげですねぇ。きな臭いですねぇ。もう夜作業すると、ラメだのスパンコールだのまぶしくて、針に糸通すのが一苦労。まぁ…老眼とか…そういうこともあるのかもしれないけど。気にしない気にしない。シミもシワも光もんの力を借りて露出でカバー!の春でございますよ。 [続きを読む]
  • もうすぐ春です
  • 頭の中であれこれ考えて、よし!これでいくぞ!と決めては翌日土台から総変え…の過程が一番楽しい。この段階では、何やら素晴らしい物が出来上がる予定…なんですよ。いくら楽しくても、そろそろ踏ん切りつけて取りかからないと間に合わない。春はすぐそこ〜。と、久々にノムラテーラー行った結果がこちらでございます。ハサミ入れるのに要勇気です。 [続きを読む]
  • ダメダメ月間
  • 約3週間の放射線治療が終わりました。もうね、どんだけいい加減な患者かバレるってなもんですよ。手術が終わって職場にも復帰して、次の診察日が2週間後くらいに迫った頃、ふと事前に貰った治療ガイドブックを開いてみたらば…「温存手術の場合は術後に放射線治療が必要となります」ふーん…また週に1回とか2回とか行かないといけないのかなぁ。予約制だったら待ち時間少なくて済むかなぁ。なーんて思って読み進んだらアナタ。 [続きを読む]