みかこ さん プロフィール

  •  
みかこさん: 夢のLeidi Laidi
ハンドル名みかこ さん
ブログタイトル夢のLeidi Laidi
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yumekare
サイト紹介文踊るかわり 歌うかわり 絵を描くかわりに 実用度外視で服作り
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/10/13 23:46

みかこ さんのブログ記事

  • 日々準備中
  • どうも首肩背中が痛いと思ったら、昨日暴風にあおられて吹っ飛びそうになっていた雨戸を窓から室内に引きずり込んだのが原因のようで。いやー吹きこむ雨で床に水たまり出来ましたが皆様ご無事ですか。それにしても「うわ!雨漏りしてる!」で真っ先に避難させたのは、前日に職場からくすね…いえ頂いてきた、これでした。ごめんね、したたるしずくの脇にいた iPad 。さて、もう大仏建立した方がええのではという声も聞く昨今。とに [続きを読む]
  • それぞれの理由
  • …じわじわDVDを増殖させている。はい、長文になりまする。最初のきっかけといえば、友人に誘われたこちらのイベントでした。実は「タカラヅカ」って、長年「見に行ったら楽しいんだろうなぁ」と漠然と思ってはいたけれど、実際に見に行こうとしたことはなかったのですね。このイベントで、元タカラジェンヌの迫力の美しさとなのに気さくなお人柄に触れたこと、イベント中に通りかかかった宝塚大劇場の外観が、お城のようで心惹か [続きを読む]
  • キモノで「メサイア」2回目
  • エリザベートのチケット、抽選も前売りも全滅〜…。となった時、更にその次の公演まで間空くのが寂しく、即メサイアの残席をかろうじて入手。この後すぐに「エリザベート取れた?私2枚あるけど」と女神様のような友人から声がかかり、「世界はなんと美しいのだろう!」とばかりに脳内祝砲鳴り響いたんですけどね。そんなこんなの状態でメサイア2回目。Beautiful Garden よりで。筋分かった上で別の席から観ると感動もひとしお… [続きを読む]
  • ささやかなシアワセ
  • 暑い季節にはブラトップというのか、あのブラジャー不要で着られるキャミソールに惹かれるんですけどね。でも結局アンダーバストのあたりにがっちりゴムが仕込んであって、そんなに楽ちんでもないなぁと思っていました。何度か「もっと改良されてるかも」と買ってみてはアバラ周辺かゆくなる…を繰り返しまして。あれ、ゴムのところに切り目いれて使う人もいるそうで(^^;)。もうそっちは諦めて、フィット感のあるリブキャミソール [続きを読む]
  • たかが布袋
  • 布在庫の消化と実用兼ねて、布バッグを作ろうと思いまして。無地で作れば、ブローチやリボンで雰囲気変えられていいかなと飾りや細工無しにさっと仕上げるつもりだったんですがね…。魔が差してこんなことに。何とか表側完成。本当は四角い枠組みだけとって、フリーハンドでライン引いていくそうですがもちろん私にゃ無理なので、チャコペーパー活用です。裏は何も無しにするつもりだったんですがね…。いつ出来上がるのかしら。こ [続きを読む]
  • キモノで「メサイア」
  • ちょこちょこ無駄なことを試しているのですがブログさぼってると何か作ってはスミレの国に行ってるだけのような…。美しすぎて言葉にならない…。はい、今回はMESSIAH リスペクト。…いや、なんかこんな感じかなぁと。黒の紗は裏が赤なのがお気に入りです。ショーが「百花繚乱」だったので、花をプラス。花組だしー。ちょうどよかった。「メサイア」だけど、私クリスチャンでもないので安易に十字架モチーフ使うのもな…。ですが、 [続きを読む]
  • キモノで「凱旋門」
  • もうね。年とってかかるハシカは重いわけです。はい、月イチ宝塚2回目〜。チケット取っていた日の前日に地震がありまして、翌日にはダイヤ乱れつつも電車は動いてましたが、さすがに諦めました。余震も続いていたし、行ったはいいけど帰ってこれなくなるのは避けたかったので…。再度チケット取り直しましたとも。今回の観劇スタイルはこちら。「お嬢様…立派になられて…」と劇場片隅で涙するばあやの図。お嬢様誰やねん ( ̄▽ ̄ [続きを読む]
  • 鈴木春信展
  • 余震が続いて、どうも眠りが浅い(ような気がする)けどそれ位で済んでいるのは本当にありがたい。皆様ご無事ですか?今日は仕事が休みなんですが、外出は控えて片付けを…って、別に地震のせいでひっくり返ったわけではなく、元々混乱の極み状態だったんですけどね。台所の棚に圧縮収納されてた物を一切合切引っ張り出して、賞味期限切れと購入動機不明物を処分した所で力尽きました。今日のノルマ終わりー。さて、これも少し前にな [続きを読む]
  • キモノでタカラヅカ
  • 先月になりますが…行ってきましたタカラヅカ。行けばハマるんじゃないかなぁという気はしていたんですよねぇ。はい、ハマりました。さて、初お一人様タカラヅカは、こんな感じで。帯してないので、背もたれも楽々。これはたまたまですが、星組公演だったので、上着の生地の星柄が自己満足の符合でした。次回に備えて、早速マイ・オペラグラスをヨドバシりました。こういう事だけはフットワーク軽いのよねぇ…。 [続きを読む]
  • 1951年の共感
  • 「主婦の友」創刊100年企画、大正から平成に至る着物記事を集めたこちら見てて飽きません。着付け便利グッズは大正時代からあったそうな。そして1951年の記事。「和服をワンピースのように涼しく楽に着たいと夏が来るたびに思うことでした」と腰紐を締める辺りにインサイドベルトをつけてベルトの両端と上前の衿先、下前脇に鍵ホックをつけて、胸紐をつけ紐にするアイディアが紹介されていました。やってみました。まず、インサイ [続きを読む]
  • 結果報告
  • これまで数多の「いまいちアイデアグッズ」を作り散らかしてきましたが、この大ボラ吹き衿は、なかなかグッジョブでした。実際に着て出かけてみましたが、衿元が崩れたり、衣紋がかぶってくることがないのでかなり楽ちん。後ろのおはしょりを時々ちょいと引っ張って、背中のだぶつきを整えるだけでOKです。着崩れゼロを目指しても無理なので、ちょこちょこ手直ししながら着るのがいいんですけど、土台(襦袢)の手直しは至難の技です [続きを読む]
  • ミエテモ裾よけ
  • 裾がプリーツになってて見せるタイプの裾よけ、いいなぁ。優雅だけど歩きやすそう…。と思ったんですが、着物を丁度いい丈に着る技術が、多分私には無い。元々身丈の足りない着物なら出来るかもしれないけど、普通におはしょり出る寸法だと、腰回りの始末が難しそう。と諦めたんですが、見せる目的ではないけど少し位見えても「いかにも下着」っぽくない裾よけが欲しいなと、作ってみました。市販のペチコートの裾に、綿ボイルをプ [続きを読む]
  • Just one part of me!
  • 「歌手デビュー目指すのに、50才を過ぎてるという年齢は気にならない?」と審査員から聞かれたスーザン・ボイルの”It's just one part of me !”って答え、好きですね。さて、裁断したまま手付かずだった木綿の単衣がようやく完成。襦袢袖は留袖の比翼袖の要領で着物につけてしまってます。春です!な羽織ものも完成。形は道中着なんですが、内紐つけて前で重ねる着方より、ヒラヒラさせる方が透ける素材が生きるかなと、ボタンで [続きを読む]
  • 着物美人ごっこ
  • これまで和装ブラというものを買ったことがありませんでした。そんなもんしなくても、悲しいほどに真っ平ら。…それはともかく。タートルインや二部式が多いけど私もたまには普通に着る事もあるので適度に衣紋が抜けて衿元を整えられるお手軽な方法はないものかと思っておりました。長襦袢の着方や補整を練習しようという気は無し。多分、その方が近道でしょうねぇ。どうもそっち方面の意欲がわかない。というわけで、これまでいく [続きを読む]
  • マイサイズを求めて
  • 私はめったにまともな感じで和服を着ないので、(まともな感じ?)着物のサイズに関しては割と無頓着。微妙な差異が影響するほど着ることに習熟してるわけでもないので、よっぽど合わないのでなければ、何となくで適当に着ておりました。ただ、せっかく新たに仕立てたり、洗い張りして仕立てかえるなら、これぞドンピシャなサイズを知っていれば、贅沢オートクチュール気分を味わえるよね…ということで、先日マイサイズを知るワー [続きを読む]
  • 和なんだか洋なんだか
  • ちょっと前になってしまいましたが…出かけてきました。道中着スカート、特にトラブルもなく見た目も「なんかバサバサしたスカート」って感じ。襦袢カーディガンは軽くて快適でした。うーん。やっぱり道着…?上にスエード筒袖着ていきました。寒かったので、下にユニクロのダウンベスト重ねています。着ぶくれするけど、背に腹はかえられぬ。お店に入って脱ぐ時の事を考えて、衿肩回りのとこだけざくざくと縫い止めてます。このベ [続きを読む]
  • ジュバン・デ・カーディガン
  • ふんわりしたウールガーゼ生地、羽織り物にしたらいいかなぁと購入しました。色も好みの柔らかい青。標付けは、ほぼ肌襦袢と同じです。袖は六寸通しの筒袖。春待つ心持ちの空色のカーディガン…検査着?なんか、検査着っぽい?試しにウェスト絞ってみたら…道着…?直線縫い衣類生活への道は険しいですな…。 [続きを読む]
  • トレンドな筒袖
  • 今、筒袖がアツい!…かどうか分かりませんが、スエード生地で道中着作ってみました。袖は六寸通し。ダッフルコート用のボタンにしようかと買ってあったのですが、この前スカートにするのに外しておいた道中着の紐が色合いもよさそうなので、転用しました。あ、今気付いたけど、ポケットつけたら良かったなー。 [続きを読む]
  • 巻いて巻いて
  • ひと昔前に流行ったシャツ(とかカーディガン)を腰に巻くスタイルが、去年だったか半年前だったかにちらっと戻ってきてましたっけ。その時、邪魔になる衿やボタンをなくして腰に巻く為だけのシャツが売られていると聞いて「そういう発想もあるか」と思ったものでした。上に着るものを腰に巻く…ね。はい、やってみました。道中着にオープンファスナーと留め具をつけただけ。袖口と振りの先に引っ掛けボタンつけてます。後ろと前と、 [続きを読む]
  • ヘンテコ納め
  • 今年の締め!デニムに豹柄にレースアップ。年始めは帯かなー。レースアップ部分、縫い合わせてなくて本当に紐だけで綴じてるので、「見せる襦袢」も要りますな。どうするかなー。皆様良いお年を! [続きを読む]
  • 多分、来年の冬
  • 布在庫の消化と、ちょっとは使える物作ろう強化月間ということで、手持ちのウール地で道中着を作ろうと思ったのですが用尺不足。これまた中途半端に残っていたスエード生地を合わせる事にしました。これだけなら、そんなに手間ではないんですが前から興味のあったアイヌ刺繍の本を入手しまして…。えらいこっちゃな事に。まずコーチングステッチを入れて。ひたすらチェーンステッチ。ようやく右後ろ袖の刺繍完成。上前身頃にも入れ [続きを読む]
  • やりたい放題
  • 川原マリアポージング講座&撮影会2回目!着物は2年前のクリスマスパーティーのを流用。小物をバージョンアップしました。乳癌術後ほぼ1年、私がヘタレなのか大体そんなものなのか分かりませんが、未だに背中から脇に圧がかかるのは避けたい感じ。というわけで、今回も「帯無しでドレスアップ・チャレンジシリーズ」です。本当に役に立つ、望まれているのは、痛みをカバーして「普通の着付け」に仕上げる工夫というかノウハウだ [続きを読む]
  • ちょっと反省
  • ここ数週間、心赴くままに好き放題作り散らかしてきたので、たまにはちゃんと実用的な物を作ろうかと…。増加する一方の布の消化も兼ねて、布団カバー作ってみました。「これだけあれば出来るだろう」の見積もり甘くて、結構あちこち継ぎ足しが必要になり、思ったより手間取りましたがとにかくひたすらまっすぐミシン&ロックミシン。なんかプチプチ潰すのに似た快感がありますね。それにしても、これだけ長距離ミシンがけして相当 [続きを読む]
  • そうだ手甲作ろう
  • バングルいっぱい着けるのもいいけれど、邪魔になるかもな〜…ということで、エスニック雑貨店でパーツを買ってきまして、このままだと素朴過ぎるので、ラメテープで周囲をかがり黄色のプラスチックビーズはゴールドに塗装レジンとスワロフスキーで盛って出来上がり。薄くて伸びる生地だし、細かいので私の技術ではミシン使えず手縫い。これ、何年か前のクリスマスパーティー用にエルサやった時にも作りましたが、ネタ元は「ファッ [続きを読む]