セッキー さん プロフィール

  •  
セッキーさん: 札幌のペットシッターが日々思うこと日記〜一応店長
ハンドル名セッキー さん
ブログタイトル札幌のペットシッターが日々思うこと日記〜一応店長
ブログURLhttps://ameblo.jp/petdaisukinyan
サイト紹介文札幌のペットシッターが 日々感じたことを 素直に まっすぐ 書いていきます ねっ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 233日(平均0.9回/週) - 参加 2012/10/14 00:34

セッキー さんのブログ記事

  • 北海道胆振東部地震直後のペットシッター
  • ペットシッターはお客様のお出かけ中にペットのお世話をする仕事です。深夜の地震でしたので直後はお店としては混乱はありませんでした。 電気が消えて、窓から外を見ると街が真っ暗でいつも見えない星が見えました。昼だったらとか冬だったらとか考えるのが防災ですがとりあえずインフラ大丈夫そうだし電気さえ戻れば大丈夫だろうと思い再度寝ました。今回の地震で感じたのは「落ち着いて行動してください」と必死にアナウンサ [続きを読む]
  • ペットシッターの災害対策
  • 人生で初めての地震災害を経験しました。地震が止まり、いろんなことが動き出したり止まったりしました。夜中の3時頃だと思います。地震直後お隣りさんのドアがバタッと開いた音が聞こえました。朝になり、停電になりコンビニやスーパーに長蛇の列ができました。今思うとお隣さんはその後起こる状況を予測して食料の確保に行かれたのだと思います。地震災害で感じたことは情報が重要になるということと情報の整理整頓が大切だとい [続きを読む]
  • 猫を家族に迎え入れる
  • 猫を家族に迎え入れるとき、先住猫がいるかいないかで大きく状況が変わってくると思う。先住猫が家族と快適な生活を送ってるのであれば新しく迎える猫により生活が変化することもある。その変化はある程度予測できるが全てが思った通りにいかないこともある。迎えなければならない状況になり迎え入れることもあるし猫との生活が楽しくて迎え入れることもある。〜田舎で去勢した雄猫が先住猫として暮らしていた。田舎には野ネズミ [続きを読む]
  • ペットを家族に迎え入れる
  • ペットを家族に迎え入れる時、それぞれの想いや考えで迎え入れると思う。家族構成や住居の環境ペットの性格元気なお子さんのいる家庭で遊び大好き!元気な猫ちゃんやワンちゃんを迎え入れたら子供とペットが一緒に成長できてきっと楽しい生活が送れると思う。日中仕事に行かれてるご家族で人見知りでゆったり過ごしたい猫ちゃんやワンちゃんを迎え入れたら、ほどよい距離感で心地いい生活が送れると思う。もしこの状況が逆だった [続きを読む]
  • 保護犬猫プロジェクトについて
  • こんにちは。保護犬猫プロジェクトをスタートさせ2ヶ月がたちました。現在100名以上の方々にご参加いただいております。担当シッターから直接や、ご紹介という形でご参加者募っています。少しずつ保護犬猫プロジェクトの輪を広げていけたらと思っています。現在札幌市では犬の殺処分は0です。猫の殺処分も大きく減少してきています。札幌市やボランティアさんが努力した成果だと思います。でも日本では犬猫合わせて年間55,000匹 [続きを読む]
  • 感染症のペットのペットシッター
  • 全てのお客様にペットシッターのサービスを平等に提供したい!という思いでペットシッターのお店カールを運営しています。当店では感染症を持ってるペットのペットシッターは感染症予防対策をとってます。感染症予防対策は時間とお金がかかるのでお客様には割増料金でお願いしていました。ネット上などでは一昔前までは感染するだろうと思われてたペットの感染症が実は感染率が非常に低いと言われてたりします。ネットというのは1 [続きを読む]
  • お店の方針
  • 札幌ペットシッターサービス、札幌キャットサービスを今まで運営してきました。おかげ様でお客様にも恵まれ、スタッフも育ってきました。厳しいご時世ですが毎年変わらず営業してこれたのはありがたいことで感謝しかありません。経営者として5年、10年先、時代に合わせて組織、戦略、成長、管理等々考えてきました。今後も考えていきたいし書籍を漁ったりしながら勉強していきたいと考えてます。経営者としての仕事も好きですし。 [続きを読む]
  • ペットシッターがシッター中に気をつけてること
  • ある大学の先生が言ってました。人間の体の中のことはお医者さん人間の体の外のことは獣医師さん獣医学部を卒業しても全て動物病院の先生になられないのはそういうことかと当時思いました。人間が食べる前、食べた後では同じ食べ物でも全く違ったものとなります。  なるほどなと思いました。いつもと違うご家族(ペット)の変化を見つけるのがペットシッター変化をいつもと違うと判断されるのがお客様その変化を判断して病気な [続きを読む]
  • ペットシッターのちょっとした豆知識
  • ペットシッターの仕事は大きくわけるとご家族(ペット)の・ご飯のご用意・おトイレ掃除・お散歩(ワンちゃんに限る)・室内の状況報告・ご様子報告こんな感じです。各カテゴリーごとにお打ち合わせで確認していきますがご家族(ペット)の安全をベースにシッター内容を組み立てていきます。長期の場合やダイナミックかつ豪快に砂を使用する猫さんの場合等々に時々掃除機をおかりすることがあります。掃除機が苦手なワンちゃん、 [続きを読む]
  • ペットを迎え入れる上でペットシッター目線で最も気をつけたいこと
  • ペットを家族として迎え入れる際気をつけることはおトイレ、ご飯、ハウス(ケージ)、毎年の予防接種、病気やペットが食べてはいけない人間の食べ物、お部屋の危ない場所(コンセントや階段)、本やネットを検索すると全国共通なものはオープンな情報なので手に入りやすいが以外と忘れがちなのが自宅の温度環境です。夏が長く暖かい地域はどの賃貸マンションやアパートでもわりとエアコンが標準設置されている家が多いですが北国 [続きを読む]
  • ペットシッターの利用は∞
  • ペットシッター業に長く従事してると猫ちゃんのお留守番やワンちゃんのお散歩に困ったらペットシッター!と当然のように考えてしまう。この連想、実はペットシッターに従事してるからじゃないかと疑ったりもする。ワンちゃんや猫ちゃんと昔から一緒に暮らしてる人ならば何となくペットシッターという存在は出てくるかもしれないそれは積極的連想ではなく『お散歩 犬 できない 困る』などで検索し何とか出てくるものかもしれな [続きを読む]
  • ペットシッターにとって大切なこと
  • 私はペットシッター11年程の中で当店に入店しました20人弱のペットシッターの指導をしてきました。人から得た知識はその時は理解したつもりでも実践で活用することができないのがほとんどです。知識や技術、熱意はあってもペットシッターとしての心がなければペットシッターとして未熟です。逆にペットシッターとしての心が備わってれば初めてのお伺いでも一人前です。ペットシッターとしての心は教えて理解できるものでもなく自 [続きを読む]
  • ペットの殺処分ゼロの世界
  • ペット業界でワンちゃんやねこちゃんが好きで働いてる人なら誰もが一度は思い描いたことがあると思います。「ペットの殺処分ゼロの世界」現在ボランティアでゼロになるように努力してる方々がいますしペット先進国ドイツにティアハイムという施設があります。私は11年前ペット業界に入る際ティアハイムを目指しました。ペットのビジネスを成功させ日本にティアハイムを作る為ペットシッターをベースとし色々なビジネスに挑戦しま [続きを読む]
  • 犬の泥んこ足
  • 北海道の長かった冬も終盤です。雪道は大変なだけではなく犬の足拭きが楽というメリットをもたらしてくれましたがその雪が解け出すとダイエットのリバウンドのような勢いで足拭きが大変になります。春が来て何となく嬉しい気分になりますがワンちゃんのお散歩後の足拭きに関しては1年で一番大変な時季です。ペットシッターをしてると皆様それぞれ工夫されており「こういう方法があったのね!」と参考になることがあります。・玄関 [続きを読む]
  • ペットシッターっどんな人
  • ペットシッターになるきっかけは様々で私は11年前サラリーマンからペットシッターになりました。なかなかの自然豊かな所で育ったので犬や猫に限らず牛や鶏、野生動物や虫に至るまで自然と抵抗感なく接することができたのでこの仕事いいかもというノリと勢いで初めました。ノリと勢いで初めたので大変なことはありましたが何とか続けてられてます。当店のシッターは専属、他に仕事を持ってる、普段は主婦と様々です。書類審査、面 [続きを読む]
  • ペットシッターと個人情報
  • 一昔前までは個人情報はあってないようなものでしたが今は違います。インターネットショッピングはボタン一つで買い物でき便利ではありますが個人情報という面ではちょっと恐い感じもします。私どもの個人情報管理は大手の警備会社も入れてますしそれ以外にもペットシッター業界においては安心できるレベルで管理してると思います。情報交換は社内的にLINEを使用することは多いですが情報のやり取りには万が一を考慮した情報交換 [続きを読む]
  • いざという時に備える
  • ペットシッターの経験からできる防災、いざという時の対策をご紹介します。ワンちゃんでもねこちゃんでもキャリーの苦手な子は少なくないと思います。理由は様々だと思いますがキャリーに入ったら動物病院、ひとりになって寂しい等々精神的にストレスとなることが影響してるのかなと思ったりします。ペットシッターの打ち合わせの際万が一に備えキャリーの場所をお伺いします。その際注意することはキャリーを出しただけでストレ [続きを読む]
  • ペットシッターの打ち合わせって何するの?
  • ペットシッターを初めてご利用のお客様は打ち合わせが必要になります。お打ち合わせの流れを大きくわけますと・ご飯・おトイレ・室内・お散歩(ある場合)この4つになります。お客様がおっしゃってくださったことをシッターが4つにわけてく、またはシッターが順番に確認していきます。ちなみに私は個人的にマインドマップという手法で覚えてます。この手法だとやることリストが一瞬で頭に焼き付きます。最後にご契約(お申込み) [続きを読む]
  • 留守にするんだけどどうしよう?
  • 電話でお問い合わせすることが減ったご時世ではありますが、先日大手Googleに期待しないで電話問い合わせをし予想外に人間味ある電話対応で衝撃を受け気持ち新たに電話対応を心がけてます。ペットシッターは使い慣れたお客様ですと勝手わかってますのでこちらがご質問する前に聞いてきてくださいます。でも、初めてのご利用を検討のお客様は何から話していいのかわからないと思います。大きくわけると ・ペットのタイプと健康状 [続きを読む]
  • ペットシッターの選び方
  • 10年前と比較し「ペットシッター 札幌」検索してみると結構なペットシッターの数が出てくるようになりました。お客様も選ぶということができ、当店も選ばれる為サービス向上が必要になってきたなと思います。お客様がペットシッターを利用する状況はご旅行やお仕事と様々で、選ぶ基準は安心感にあるのではないかと思ったりします。安心感にも様々あり、同じ人が来てくれる安心感、いつでも頼める安心感お客様が持ってる安心感は [続きを読む]
  • ペットシッターと防犯
  • 家族以外が自宅に入るということは苦手な方も少なくないと思います。それでもペットシッターを依頼するのは大切なご家族(ペット)を思っての決断だと思います。他人が家に入るということの違和感は心理的なものや育ってきた環境にもよると思いますしきっと変えるのは難しいことだと思います。「防犯」をピックアップすると実はペットシッターの選択も悪いものではないです。朝と夕お伺いするのであればカーテンの開け閉め、郵便 [続きを読む]
  • ペットシッターの怪現象
  • お打ち合わせで全くご家族(猫)お姿を見ることができずお客様も人見知りなので出て来ないと思いますと言ってくださってたのにも関わらず、ドアを開けた瞬間「めっちゃ」フレンドリーにお出迎えしてくださることが時々起こります。最初はペットシッターの申し子かなと自画自賛してましたが多分違います。理由は本人(猫)しかわかりません。もしかしたら本人(猫)もわからないかもしれません。逆もあり、とってもフレンドリーに [続きを読む]
  • ペットシッターの打ち合わせの不思議
  • 昨日何を食べたか昨日何回トイレに行ったか週末偶然入った定食屋さんが安くてめちゃくちゃおいしかった週末お腹を壊して3回もトイレに行った特別なことは覚えてるのに日常の生活に組み込まれてる当たり前だけど大切なことは忘れてませんか日常に組み込まれたルーティンを思い出していただくのがペットシッターの打ち合わせです。お客様が何気なくご家族(犬)のお散歩をしてることは実は職人技で苦手な自転車の気配を感じたら、お [続きを読む]
  • ペットシッターの報告には2種類あります。
  • ほとんどのペットシッターはシッター終了後お客様に報告すると思いますが、お客様はペットシッターの報告を見て家族(ペット)が元気なことにご安心いただけると思います。お客様にご安心していただく為には不安を取り除いていただく打ち合わせが必要でその打ち合わせが安心できる報告を生み出します。私自身ペットシッターを始めた当初お客様にどう喜んでいただこうか、自分の行動が間違いがないか不安で自分の行動を細かく報告 [続きを読む]
  • ペットシッターが教える何となく聞きづらい言いづらい話
  • ペットシッターを11年もしてますとお客様と一緒考えながら介護して見送るということも少なくありません。我々ペットシッターができることはほんの些細なことですがお客様にとって少しでもお役に立てればと思ってます。介護する中で感じるのがおトイレの問題ねこちゃんは一度決めたことは曲げないところがありトイレの段差を越えられなくても這ってトイレに向かおうとします。その姿は見てて切なくなります。ねこちゃんにとってト [続きを読む]