ホンゴウヒロキ さん プロフィール

  •  
ホンゴウヒロキさん: go climb a rock!
ハンドル名ホンゴウヒロキ さん
ブログタイトルgo climb a rock!
ブログURLhttp://alpineguide-hiroki.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文山岳ガイド本郷博毅 ガイド日誌
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/10/14 05:17

ホンゴウヒロキ さんのブログ記事

  • ホンモノの多賀谷治ガイドと剱へ登ろう!
  • 「多賀谷治」ガイドとのコラボ企画この夏、剱岳を登りたい方、注目のガイド企画ですが希望者多数のためガイド期間を延長しました。一般ルートである「別山尾根」とバリエーションルート入門の「本峰南壁」の2コースを既にご提案しましたが9/14と9/15も追加募集いたします。基本、剱澤小屋集合解散ですが、全体予定は以下のような感じです。9/13(木)入山9/14(金)どこでも行きます9/15(土)どこでも行きます9/16(日)剱岳別山 [続きを読む]
  • クライミング月間
  • 6月17日で今シーズンのスキーを終えました。まだまだ滑れるし、心残りはあるけれど、ちょうどいい時期かなと思いました。そして、今はジムや雑穀谷などでなるべくクライミングする時間を作っています。一番高グレードを登れた時は体重63kgだったけど、今は73kgもありちょっと問題も出て来た。重いから、前傾壁やるとすぐに指をパキッてしまうし、膝前十字靭帯切れたままなので、過度な荷重を加えると痛みも出るので、仕事に影響が [続きを読む]
  • 北アルプスの女王様
  • この週末は台風絡みの影響あるかなと心配しながら太郎平小屋へ。昨年に続いて開山祭出席です、初日は東京から朝イチ新幹線で来るお客様方と合流後なので、登山開始は遅くなるが二日目の天気が悪そうなので遅くなっても土曜には登ってしまおうと…。太郎平小屋通過が14時近かったがギリギリ届くかなぁと思いながら。でも、時間に追われて登ってもつまらないし、開山祭にも出たいしで、薬師岳山荘裏の斜面で帰りました。景色を見なが [続きを読む]
  • ガイド申し込みについて
  • この時期は夏の剱岳ガイドの申し込みや問い合わせが非常に多くなります。私の場合は新規で初めて会うお客様は、紹介などの例外を除いて山行履歴を戴いてメールのやり取りを数回行なってから、受け入れ可能かを判断させてもらいます。「最近の山行履歴を教えてください」とメールすると半数くらいは音信不通となります。少なからずの時間とお金を掛けて、富山まで来ていただくので、お互い嫌な思いをしないためにやっていますので御 [続きを読む]
  • 佐渡の花旅
  • 初夏の佐渡に行って来ました!初日は観光。二日目はドンデン山から金北山の縦走。日本海が眼下に広がる縦走路は気持ち良い。いろんな花が咲いていて、目を和ませてくれる。お客様方は写真とお喋りに夢中で全然付いて来ない。私は花の名前はサッパリわからない。というか覚える気もない。綺麗だなぁとか可愛いなぁと思うが、名前を知りたいとは思わない。綺麗な女性を見て、いちいち名前なんて気にしないのと同じこと。せっかく、綺 [続きを読む]
  • やまきふイベントin赤岳鉱泉
  • やまきふ共済会の安全講習がオクトス協賛のもと赤岳鉱泉で初めて開催されました。私は前座でメイン講師は多彩な芸をお持ちの救急ドクター伊藤先生です。開山祭前夜なので、沢山の方々にご参加いただき楽しく為になるイベントとなりました。北陸の山岳ブランド、オクトスさんからテントやザックなど豪華商品が必ず当たるジャンケン大会や、スペシャルBBQなど参加者の方は全員笑顔を絶やさず。素晴らしい二日間でした。このイベント [続きを読む]
  • 変なことはやめてくれ!
  • 先日、剱岳に登っていて、平蔵ノコルでアイゼンを脱いでいたら、「ウォー」という声が聞こえて滑落事故か⁈と緊張感が走った。昨シーズンの剱岳で二回、滑落事故を目撃した。一件は死亡で、一件は重傷だった。今回も声が尋常ではなく、しかも声が長く続いたので、滑落事故の可能性ありと、岩稜の下を注視しながら登ったが、それらしい痕跡もなく。頂上直下で友人ガイドとすれ違ったので、「さっきの変な声、聞こえた?」と聞いたら [続きを読む]
  • 熊さん
  • このところ剱立山周辺での活動が続き、新緑の山もそろそろ行きたいなぁと。今日は信州上田の鬼ヶ城へ行って来ました。人の気配はないですが、熊の気配はありました。時々感じる、グルルルツという重低音がそうです。私は過去、熊との遭遇は数知れず。黒部で親子連れとバッタリ出くわしたり、早月尾根で一緒に歩いたり、と10数回は遭遇しています。でも、一度も襲われたことはありません。仲間だと思われているようです。慌てずフ [続きを読む]
  • 山が好きじゃなくなる
  • 日大アメフト悪質タックル事件には呆れ返るばかりだが、宮川選手の会見で「アメフトが好きじゃなくなって…」という言葉が重かった。自分に当てはめてみると、私も登山やクライミングが昔より好きじゃなくなってきたかもしれない。一生懸命クライミングしてた時期やガイドになって10年くらいまではとっても楽しくかった。山は変わらず美しく神々しいのだが。登山やクライミングは自分が楽しく充実していればいいのだが、他人の批評 [続きを読む]
  • ボトルネック回避策
  • この週末は日曜の天気が悪いから、土曜のうちに登ってしまおうと、朝イチの新幹線で東京から来ていただいたお客様と急いで立山駅に向かったが、立山ケーブル3時間待ち!仕方なく、美女平まで歩こうとスタートするも、お客様の一人が登山口にサングラスを忘れて来たと。それを取りに行く時間も含めて、一時間半で美女平に着いた。しかも、お客様二人は70歳近い高齢。この登山道はかなり荒れているし、危険箇所もあるので、全ての登 [続きを読む]
  • GW後半戦終了
  • GW後半、初日は立山ツアーだったが中止。午後に新潟へ移動し、翌日から東北日本海側へスキーガイドです。まずは月山。そして鳥海山へ。山形、秋田のスキー旅は地酒が絡み、つい飲み過ぎてしまいまして…。困ります。この店は最高でした!鳥海山と言えば、ババヘラは外せません。なんで、ババヘラ?ババがヘラを使って盛るからだそうです。でもババというには若い方でした。肝心のスキーは新雪が時々ストップさせてくれますが、日本 [続きを読む]
  • GW前半戦終了
  • 今年のGW前半は好天に恵まれて、私の顔もすっかり焦げてしまいました。珍しく剱岳にはまだ登っていません。山と人は縁ですから。白馬と立山に行きましたが、雪の減りは例年より早いようです。毎年極端なので、何をもって例年かわかりませんが。剱御前小屋から富士ノ折立下、一ノ越から雄山は雪がほぼなく、我々はアイゼンを装着しませんでした。剱御前小屋から見えた夕陽に染まる富山の田圃。今年もちょうど田圃に水が入る時期です [続きを読む]
  • 雨後晴
  • 今週の室堂は火曜、水曜と雨が続いてガイド中止。木曜、金曜は登山日和となりました。スキーではなくて登山のガイド。剱岳でも立山でもなく、ちょいとマイナールートのガイドでした。お客様方が絶景に満足されて、嬉しかったです!残念なのは、今年は雪が汚いことです。もう新雪が積もるチャンスはないかな?5月3日からがラストチャンスでしょうか。白い雪を見せてあげたいです! [続きを読む]
  • 立山登山の終点は天狗平山荘
  • 先週末は立山三山縦走へ。雷鳥荘を朝弁当で早立ちして、剱御前小屋に上がると剱岳がバーンと。久しぶりに顔を拝見しましたが、やはりイケメンです。今週末にお邪魔します。昨シーズンは厳しかったですが、今シーズンは優しく迎えてくれると良いです!今の立山稜線はとてもややこしいです。雪がないところ、氷、雪庇が交互に出てきます。他人の足跡を安易に追うことは危険です。地形を予測して自分で判断しましょう。これからの雨で [続きを読む]
  • 立山の季節
  • 4月15日は立山黒部アルペンルートの全線開通日。残念ながら悪天のため、富山側は終日運行中止になってしまいました。雨なので雪の大谷を見学に行きました。今年は高さ17mで、高い部分が例年より長く続いているそうです。翌日からは素晴らしい景色の中、立山の大きさを感じながら連日滑ることができました。まだ、朝は硬いですが日射の影響を受ける時間と場所を選べば最高です!これから11月までたくさんの方が事故なく楽し [続きを読む]
  • 雪山の危険
  • ニセコから帰って翌朝早く木曽駒ヶ岳へ。お天気に恵まれ360度の大展望を楽しむことができた。八丁坂を登って、乗越浄土に着いたら上下白い皮のジャケットとスカート、ハイヒールを履いて、オモチャの剣を持った金髪女性がいた。コスプレってやつだろうか。まぁ、いろんな人がいるなと思って、見なかったことにした。しかし、下山時に八丁坂は昇温で雪はグズグズになり、アイゼンが効きにくい状況になっていた。我々は慎重にピッケ [続きを読む]
  • ニセコの春
  • 子供達の春休みは恒例のニセコ遠征。一年間、ずーっと楽しみにしていた。ニセコへ毎春行くことは、とても贅沢なことなので、普段の生活は他の子達がディズニーランドへ行こうが、最新ゲームを持っていようが我慢させて、ニセコのスキー&スノーボードに集中しております!小樽行の船内では、長距離トラックの運転手さん達と仲良くなり宴会。人付き合いが苦手な私には、とても憧れる仕事だ。みんな良い人達だった。今回もパウダーカ [続きを読む]
  • 東北エクスプレス
  • この週末は東北へ。私は富山からなので盛岡で前夜泊。盛楼閣で冷麺を食べるのが定番。翌朝に東京からのお客様4名と合流。秋田八幡平へ移動して、そのまま八幡平山頂へ。東京を朝出発して、その日のうちに八幡平山頂に到着って素晴らしい。下りはスキーなので30分くらいであっという間。夜は秋田八幡平スキー場前の温泉宿で貸切大宴会。温泉が最高で4回も入りました。そして、翌朝は森吉山へ。山頂からは北東北の山が全て見える大展 [続きを読む]
  • 冬から春へ変わる季節
  • フィンランドから帰り、まだ時差ボケが続きハッキリしないアタマ。楽しいことはすぐに終わり、また日常がやってくる。私の場合、日常でもかなり刺激的だが、それでも日常は日常である。富山に帰ったら、家の庭で子供達が遊んでいた大量の雪もまったくなくなり、剱も黒い部分が見えるようになった。すっかり季節は春に変わってしまった。時差ボケ解消に極楽坂へスキーに行ったら雨でずぶ濡れ。これも春の風物詩。この冬はアイスクラ [続きを読む]
  • 北極圏で滑る
  • フィンランドへ来て7日連続で毎日スキーを楽しんでいます。様々なスキーエリアに通っていますが、子供が非常に多くて微笑ましい。そして、北欧の女性はダントツに美しい。とにかくオシャレな国で気に入りました。ピークパフォーマンス率が高く、着こなしも勉強になります。フィンランドと言えば、サンタクロース村ですが予想以上に激しく観光地で少し興醒めでした。オーロラも見ることができました。マイナス28度の寒い中でのドラ [続きを読む]
  • 雪を掘る楽しさ
  • この冬は思うところあり、富山県某所にて除雪の仕事をさせていただいている。剱立山に活かされている身として、この裏方の仕事はいつかやってみたいとずっと考えていた。このようなチャンスを与えていただき、関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。みんなで一つのテーマに向かって行うチーム作業はとても楽しいもの。池田ガイドから「おい、新人!」と呼ばれるのも快感になってきました。雪をひたすら掘って落とす作業は、な [続きを読む]
  • そういう人
  • 私はアイスクライミング初心者の講習を行う機会が多く、いろんな人に楽しさを味わって欲しいと思って活動しています。しかし、残念なこともたまにあります。昨年も某講習会で若い女の子がピカピカのpetzlクォークとリンクスを装着していて、私が「おっつ、買ったの?」と聞いたら「私、頑張って買いましたよ!」と楽しそうに登っていました。翌日はパートナーとルートに登るそうで、楽しみにしていた様子を覚えています。しかし、 [続きを読む]
  • 八甲田山
  • 八甲田に行ってました。厳冬期は条件が難しい八甲田だが山頂にも行けたし、青森を起点にローカルスキー場も楽しむことができた。もちろん酸ヶ湯温泉にも泊まることができた。ずっと降りっぱなしでパウダースキーを味わうこともできた。視界が悪くて、寒くて、それでもそこは八甲田。楽しい5日間でした。また、来年も企画したいと思います。 [続きを読む]
  • アイスクライミング講習
  • 今日の富山は大雪で大変なことになっている。本日のガイドは中止になり、除雪を頑張ることにした!先週は、湯川や須坂、アイスキャンディフェスティバルなどに行くアイスクライミングの講習週間だった。私はアイスクライミング未経験者から初級者までを対象にした講習に留めている。アイスクライミングはリードする人と、フォローまたはトップロープで登る人の労力差が著しい。リードする者はプロテクション設置技術、レスティング [続きを読む]