puff27 さん プロフィール

  •  
puff27さん: 釣ってんころりん
ハンドル名puff27 さん
ブログタイトル釣ってんころりん
ブログURLhttp://puff510214.blog.fc2.com/
サイト紹介文へらぶな釣りを中心円に据え、アウトドアへの広がりを追及します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/10/17 12:16

puff27 さんのブログ記事

  • 季節の変わり目をハリで知る
  • にほんブログ村ツン!金木犀(キンモクセイ)の甘美な匂いが漂っています。そんな季節になりました。いい香りだ、いい匂いだと騒いでいたら、ちんもくせい(沈黙せい)!と、どなられました。季節の変わり目を、あなたは何で知りますか?私の仕掛デスクです。ちょっと今、テスト品なんかがあって、ごたごたしてますが、ここでハリを巻いたり、仕掛を作ったり、手作りのウキ、万力、竿掛け、は、よう作りません。ご飯もここでは食べ [続きを読む]
  • がまかつ全国大会!グループラインで観戦
  • にほんブログ村ツン!がまかつ全国大会の模様が、次々と入ってきます。健ちゃんが、奮闘しているからです。大会前日の試釣から、両グルが良いとか、誰が来てるとか、甲南の池の様子が手にとるようにわかります。予選は見事に突破。二次予選も突破。ついに、最終決戦に残り、挑みます。途中経過、最終結果まで、ずっとリアルタイムで知ることができました。なんか、皆新しいスタンプを駆使します。私は、絵文字です。(スタンプ欲し [続きを読む]
  • ペレ宙・両グル三段活用
  • にほんブログ村ツン!(なんだ!魚は案外いるじゃないか)エサを打って、二三投目にはウキが躍りだした。事前の情報は芳しくなかった。何をやっても「そこそこ」という噂だった。そこで、ない知恵を絞って考え出したのが、17尺、1本半、ペレ宙。本当はもっと長い竿でも良かったが、微妙なエサタッチを駆使でき得る、ぎりぎりの長さということで、選んだのだった。その代わりに、周りには絶対長竿を振らない人達の間を選んだ。隠 [続きを読む]
  • 恒例、甲南釣り教室
  • にほんブログ村ツン!毎月、最終土曜日に開催している「釣り教室」です。肩ひじの張らない「教室」ですが、この日は水槽を持ち込んで、普段なんとなく感じている疑問点を究明していきました。マンツーマンですから、なんでも言えます、聞けます、普段着の教室です。そしてまた、こんな釣りが席巻しそうな予感です。へらが釣れているのに、バラケが残っています。バラケ、デカいです。弁当持ちのバラケです。「ドボ宙」改定版だそう [続きを読む]
  • ハリスをシャンとさせる方法
  • にほんブログ村ツン!今日はハリ結びです。一本づつ「釣れますように」と、祈念しながら結びます。ぶつぶつ口の中で唱和するのは、昔からの習性です。私は、手結びです。これしかできません。機械結びの取説(トリセツ)を読むことができないからです。私の結び方にもよると思いますが、結び終わってチモトを抜けてきたハリスは、どうしてもヨレがでます。撚れ、ヨレ、もうヨレヨレのヘロヘロです。上手な人は、上手なんでしょうね [続きを読む]
  • 段差の底釣り、市民権を得る
  • にほんブログ村ツン!段差釣りが主流になりはじめて、(いわゆる市民権を得て)暫く経ったころ、名古屋佐屋川本寄せで釣りの取材をしていた時でした。カメラマンのH氏が面白い話しをし始めました。「この前ね、宙のセット釣りでやったんですが打てども打てどもアタリがないので、ドンドンタナを下げていったら、小さいサワリで釣れだしたんです。そこでタナを測ったらなんと下バリがもう底に着いていたんですよ。これって、宙釣り [続きを読む]
  • 市民権を得た「段差釣り」
  • にほんブログ村ツン!つい、こないだまでの話をします。齢を重ねると、30年前ののことも、「つい、こないだ」になります。「つい、こないだ」とは標準語では、「わずか少しばかり前」という意味です。ハリスの長さは、両ダンゴが 30cmと40cm。セットの場合は、20cmと40cmに決まっていました。そうです、決まっていたのです。自分たちの中で、なんの疑問も持たず、そういうものだと決めてかかっていたのです。決めてかか [続きを読む]
  • 水藻、残念です。
  • にほんブログ村ツン!水藻フィッシングセンターで月例会です。前評判は最悪です。まず肝心な魚が薄いこと。水質が悪く、とても手を洗ったりエサを作れないので、水持参せよとの情報。へら池の面積を縮小するためネットを張る工事をした。辞めようという声も多くありましたが、一年前に予約していたので今回は決行しました。案の定、全然釣れません。いや、アタリすらありません。場所ムラが激しく、桟橋の奥半分は完全に死に池と化 [続きを読む]
  • 甲南釣り教室、フワカッツケ?
  • にほんブログ村ツン!甲南へらの池でエサ教室をやりました。今回は水槽も使います。水槽を使って、皆さんに確かめていただきたかった事柄は、「エサがハリに残っている時間」です。結果は、意外に短い時間しかエサは残らないという事実に、皆さん驚愕しておられました。続いて、実釣です。私は一時間だけ、7尺フワカッツケをやってみました。30年前の思い出を噛みしめながら。ウキ、オモリ、ハリスすべて直結です。釣れますが、 [続きを読む]
  • 夏の終わりに
  • 連日の夕立で心配しましたが、16日には五山送り火(大文字)も無事終えました。普通ならこれで京都の夏は終わりなのですが、今年はもうひとつ大きなイベントがありました。二条城特設ビアガーデンでの屋外ライブです。19日土曜日が最終のコンサートです。大勢のギャラリーが来てくれました。私もちょこっと出演です。いや、ほんの片隅出演です。最近学習したのは、あまりしつこくやらないこと。せいぜい、二三曲でとどめるのが [続きを読む]
  • 甲南釣り教室&ライブ‼
  • にほんブログ村ツン!毎月、最終土曜日は甲南へらの池で「釣り教室 angling study」を行っています。いつも15名前後の方々が来てくださいますが、マンネリ化しないよう、毎回新しいネタ探しに苦しみながらも楽しんでやってます。ネタを探すということは、イコール、自分のためですからね。初心者に近い方も来られますし、色々なメーカーのモニターをされているような超ベテランの方もおられます。メーカー問わずは、当初からの主 [続きを読む]
  • ハリの話。ほんまでっか?
  • にほんブログ村ツン!ハリの話をします。戦国時代、豊臣秀吉が京都から西方面の討伐を命ぜられて、真っ先にとり囲んだのが三木城(兵庫県)。三木という所は、当時から鍋、釜などの鋳造が盛んだったとある。全くの想像だが、恐らくその余りものとして出る破片を細工して「釣り針」を作ったのではなかろうか?だから、三木市を中心とするいわゆる播州方面には、釣り針メーカーが20数社あるという。ハリはただ単にU字形に曲げれば [続きを読む]
  • BASIC 10th ANNIVERSARY
  • にほんブログ村ツン!BASICが10周年を迎えました。10年前、泰山雷動色々ありましたが、もう10年経ったのですね。定年退職、髪は抜けたが、皺とシミは増え、体の線は崩れると色々ありすぎて、結構長い10年でした。BASICの頑張りは、何といっても素材の良さ、品質クオリティの高さです。これからも応援よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 金魚べら?
  • にほんブログ村ツン!フア〜アッ、、、つかれたべぇ〜!だって、エサを打てばこんな状態!パラソル飛ぶから、竿袋で縛って!ぶさいくでも、こんなん釣れました!お腹はないが、尾っぽが扇みたいに広く長いでしょ。40cmありました。むかし、むかし、三重県の野池で釣ったことがある、我々仲間では「金魚べら」と呼んでいた魚を彷彿させます。6月29日は、あちゃみ君の命日です。もう何年経ったかは忘れました。忘れましたが、 [続きを読む]
  • 両ダンゴ炸裂!新松池
  • にほんブログ村ツン!素晴らしい、夜明けです。私の釣座の右はこんな感じです。左はこんなんです。後ろはガラガラです。それにしても、雲一つないいい天気に、心もワクワクしますね。ウキも見えません!(=゚ω゚)ノ(゚д゚)(;_;)お約束通り、といっても誰とも約束していませんが、10尺チョウチン両ダンゴで、炸裂(さくれつ)しましたぞよ!なんと、二番目で最初の検量でと抜群のスタート。ちょっと自慢に、エサ配合書きますね。グル [続きを読む]
  • 軍師
  • にほんブログ村ツン!戦国時代には、竹中半兵衛黒田如水島 左近などが、名軍師と呼ばれた。近年では、秋山真之瀬島龍三児玉源太郎辻 政信源田 実などなど、錚々たる軍師の名が連なる。明日は、新松池で例会。午前中は、10尺チョウチン両ダンゴで攻める。午後は必ずジアイ落ちするから、そのままウドンセットに切り替える。両ダンゴの配合は、すでにインプットされている。セットに替えた時のハリスセッティング、ウキのバラン [続きを読む]
  • ハリ合わせ
  • にほんブログ村ツン!「ハリ合わせ」という言葉がある。魚のコンディション、時間帯、水の状態で、適合するハリを探す行為を、こう呼ぶ。主に、鮎釣りから出た用語だが、さてへらに限定すればどうだろう。はっきり結論から言ってしまうと、へらはアユほど些細なディテールを究至しない。へら針に必要なものは、「支点・力点・作用点」の力の三要素が、しっかり確立されていること。「ホソ・カル・ピン」と省略される、形感、質感が [続きを読む]
  • シジミのほうがよかったのに日記
  • にほんブログ村ツン!な、なぁ、なにぃぃ?????!!!!!大海原の大漁の底引き網か!それとも玉網でシジミでも洗っているのか!答えは、じゃ〜ん、へらでした。それもかなりの大物!水面の波立ちが、すんごいリアリティ!波を切り、顔隠してグングン進みます。早く顔出せ。口いっぱい空気を吸え。やっと、浮いた!やっと、浮いた!あぁ〜っ、あぁ〜っ、アッパーじゃん。じゃぁ、先ほどのはアッパーを救ったの?シジミじゃなく [続きを読む]
  • 風林火山 南洋じゃ美人、王仁の地ベラ
  • にほんブログ村ツン!「動かざること山の如し」へら釣りって、傍から見た目にはこうですよね。でも当の本人からすれば、手、指先、何より頭の中はグルグル動いているはず。その頭が動かなくなったとき、「釣り敗れて山河あり」と、なるっきゃないんだよね。でも、釣り方をゴロッと変えるという意味での「動く」は、しないほうがいいと思います。特に、一日のうちに何度も釣り方を変えたときに、良い結果が出た試しがありません。今 [続きを読む]
  • 30周年を迎えて
  • にほんブログ村ツン!春です。我がTEAM BIGIも30周年を迎えました。賞品も会の金庫の隅々までさらけて買い集めました。思い起こせば30数年前、関東遠征してメーカー主催の釣り大会に参加していたころ、一回戦敗退にどうしょうもなく、打つ手も見つからずにいたころ、帰り道に、(よし、管理池専門の戦えるへら研を作ろう)と決意したことがきっかけだった。名前は、従来にないネーミングと考え、チームBIGIと名ずけた。その後 [続きを読む]