南総トランポ さん プロフィール

  •  
南総トランポさん: 南総トランポのブログ
ハンドル名南総トランポ さん
ブログタイトル南総トランポのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/nstoranpo
サイト紹介文バイクレスキューもやってる軽貨物運送屋のブログです。
自由文地元は、バスフィッシングの有名場所なので気分により様子も書いています。
最近始めたバイクレスキューやライトトレーラーレスキュー関連もブログネタとして扱っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/10/17 15:52

南総トランポ さんのブログ記事

  • 初秋の柏島は如何
  • 柏島は、四国西南部の定番のお立ち寄り所ですよね。9月2日に訪ねてみました。柏島へのアクセス道路も、先の7月豪雨の影響を受けてあちこち傷んでいました。傷んでいる箇所の殆どは、パイロンなどで印がしてあるだけで修復はして無いのが現状です。それでも島を訪れる人の数は変わらないようで、スキューバダイビングやアクアラングを楽しむ人やその様子を見て楽しむ人で溢れていました。この日は、台風21号の影響で波が立っていま [続きを読む]
  • 四国のラピュタを楽しむツーリング 明神山
  • いきなりですが、ここどうでしょう。高知県仁淀川町と愛媛県久万高原町の間に位置する明神山又は中津山と呼ばれる標高1600mほどの山です。この尾根道は、頂上よりも少し下から進入できます。4kmほど先で行き止まりです。頂上からは、天気が良ければ360度の大パノラマが楽しめます。ツーリング・コースとしては、四国カルストから明神山に立ち寄って、R439をする経由してUFOラインに抜けたり寒風山を経由したり早明浦ダムから徳島 [続きを読む]
  • 三浦半島から由良半島までのツーリング・コース
  • 今回は、宇和島市の三浦半島と愛南町の由良半島までを海岸線ルートで走るツーリング・コースの御紹介です。下図の宇和島市の文字の辺りから左下のハートマーク付近の半島から上方に伸びている細い半島 を経由してR56のマークから海に伸びている細い半島を走るツーリング・コースです。拡大するとこんな感じです。今回のスタート地点は、宇和島市坂下津です。近くに道の駅きさいや広場があります。県道269を海岸線沿いに行きますが [続きを読む]
  • 旧西海町 半島巡り
  • 愛媛県愛南町の旧西海町の半島巡りのご紹介です。全体的な場所の確認です。巡ったのはまるで島のような権現山がある半島とその上に位置する陸から細く海に突き出た半島です。まず、陸から海に突き出た半島を巡ってみました。G&SからスタートしてK1を目指します。2〜3の漁村を通過して、K1の猿鳴地区まで曲がりくねった狭い山道を行きます。海岸線は殆どありません。スタート地点から12km程で終点の猿鳴地区の漁港に到着します [続きを読む]
  • 南レク大森山キャンプ場
  • 愛媛県愛南町にある 南レク大森山キャンプ場 に泊まってみました。画像はGoogle mapからの流用です。ググるとサイトにも飛べます。夏休み中ということで、事前に予約の電話をしましたが土曜日にもかかわらず他の利用者さんはおられず貸切状態でした。場所は、R56から鰹で有名な深浦港の市場食堂に行く県道脇にあります。キャンプ場入口の前の県道沿いの広場が駐車場になります。県道から左折して直ぐにキャンプ場入口があり、管 [続きを読む]
  • 愛南の半島部を流しましょう
  • 生活基盤の地元西予市では、未だに7月豪雨の復旧の最中であり地元開間では避難命令が出たままの状態が地域住民の2/3程度にあります。そういう状況なので、被災した家屋にも近づけない状況です。他所からのボランティアの方々が駆けつけて頂き被災家屋の片付けが出来る方々は、まだマシな方だと感じています。そういう状況ではありますが、いつまでもしょげていても現実は変わりませんし被災地以外ではどんどんと日常が進んでいま [続きを読む]
  • 野村ダム朝霧湖 痛々しいです
  • 先日の大雨による影響で、野村ダム朝霧湖も未だに痛々しい状況です。恐らく設計数量を遥かに超えた降雨だったのでしょうね。痛々しい姿の野村ダム朝霧湖の画像も本当はUPしたくないのですが、復旧を待ち望まれている遠くのファンもいらっしゃると思うので一部の画像をUPしておきます。四道橋から梅園跡の広場付近の様子です。この時点では、駐車場に行けれません。今日現在は、車田橋から行けます。駐車場横の小川の上流での山肌 [続きを読む]
  • 四国カルスト界隈パトロール
  • 土曜日の夕方から避暑を兼ねて、四国カルストに上がっています。地元ぶって遅い時間に出発したら、姫鶴荘あたりで日が沈みました。キャンプサイトは、既に満杯の状態だったのでのんびりできる広場でテントを張りました。キャンプサイトから離れているので、人明かりもなく満天の星空を楽しめました。大人の火遊びも遠慮なく楽しめます。朝は日の出が楽しめました。実はこんな場所でキャンプしてました。この画像だけなら騙されま [続きを読む]
  • 業務再開ですが
  • 土曜日の早朝に被災し、日曜日の夕方まで陸の孤島でした。インフラは、月曜日の夕方までに復旧しました。普段なら自宅から職場まで、3km5分の道のりですが今のところ通行止めのため53km1.5時間です。早く自宅を出発して業務時間を稼ぎたいのですが、災害復旧現場を通過するため通行出来るのは午前7時から午後7時なのでまだまだ思うようにはいきません。既に災害復旧関係のオファーが来ていますので、もう被災者ではありません。 [続きを読む]
  • 大雨 ヤバイです
  • 地元、西予市宇和町明間では昨夜からかなり激しく雨が降り、0時から7時までに120mm以上降ったようです。見た事がない荒れ狂う自然の凶暴さを見せつけられました。台風が荒れ狂ってても、ヤバイと感じた事はありませんでしたが今朝ははっきりと危機を意識させられました。結果として、愛媛県道29号線脇の山側の崩壊で野村方面にも宇和方面にも行けない陸の孤島になってしまいました。現在、電気・水道のインフラが停止しています。 [続きを読む]
  • メロディーライン&夕焼け小焼けラインを流しました
  • 雨が続く四国愛媛ですが、7月1日の日曜日に雨の合間を縫って佐田岬メロディーラインと夕焼け小焼けラインを軽く流してきました。朝から晴れててご機嫌で準備をしていたら、突然雨が降り始め慌ててFLRTにシートを被せました。西の空は明るかったので、雨が通り過ぎるのを待ちました。倶楽部ちゃがまるFLRT'sのツーリングという事になっていましたので、待ち合わせしているジジィズの相方に少し遅れると連絡です。雨が上がり日が差 [続きを読む]
  • 高知県 黒尊川キャンプ場
  • 高知県四万十市の黒尊川キャンプ場ですが、携帯電話の圏外になるため今回は大人の事情により少し下流になる親水公園でキャンプをしました。場所は、この辺りになります。宇和島市・宿毛市・四万十市から行けますが、ナビの目標地は四万十市西土佐奥屋内黒尊です。標高は300m辺りです。設備は、トイレとウッドデッキステージがあります。石で組まれた拗が残されています。川に降りると、四万十川の支流の中で最も水質が良いとされ [続きを読む]
  • 黒尊スーパー林道 県境付近で通行止め
  • 先日の大雨の影響で、黒尊スーパー林道の県境付近で道路崩壊による通行止めが行われています。県道かと思い土木事務所のサイトを覗いてみましたが、正式な情報は得られませんでした。6月23日〜24日に黒尊スーパー林道の旧黒尊村地内の親水公園でキャンプ泊した時の情報になります。通行止め看板には、復帰の時期は未定になっていました。黒尊スーパー林道のガイドも引き受けます。南総トランポ090-1329-9545 非通知設定を解除して [続きを読む]
  • 野村ダム朝霧湖 夏場の水位になりました
  • 先日の大雨の影響からか、木曜日から野村ダム朝霧湖の水位が真夏時の水位まで後2m程度まで下げられました。多目的広場横の車駄橋から上流は、一部川底が露出しています。アプローチ・スロープがある金輪淵橋横の広場では、何とか一番下のスロープが使える状況です。大きいサイズのボートの出し入れには、特に注意が必要です。ボートトレーラーをはじめ、各種ライトトレーラーの牽引輸送をお引受けします。南総トランポ愛媛県西予 [続きを読む]
  • ありがとうございます
  • Googleさんから、メールが来ました ↑。四国を遊ぼうとかツーリングコースのガイドとかキャンプ場の情報とかで、画素を撮りためていたらGoogle mapで画素を使わせて欲しい旨のメールが来て承諾しました。その結果が上記のメールです。みんな四国の遊び場をググってるんですね。観光業界にいるわけではありませんが、なんか嬉しいですね。毎週歩きのお遍路さん方々にお会いして、色々なお話しを聞かせてもらっています。その中で [続きを読む]
  • お遍路さんもオフシーズンです
  • 梅雨本番で今日は歩き遍路さんのお姿を拝見できません。遍路道の歯長峠も雨雲の中です。毎年この時期は、梅雨という事で歩き遍路さんの激減時期です。お暇な人は、お立ち寄り下さい。お接待のお茶&スイーツが待ってます。場所は、こちらです。四国の冒険旅行のサポート・サービス南総トランポ愛媛県西予市宇和町明間090-1329-9545 非通知設定を解除してお電話ください。 [続きを読む]
  • 佐田岬半島 井野浦キャンプ場レポート
  • 6月9〜10日で佐田岬半島の井野浦キャンプ場に行って来ました。綺麗なビーチのキャンプ場です。今回は、日曜日の天気の都合でトライクではなくjeepでのキャンプとしました。井野浦キャンプ場は、綺麗なビーチのキャンプ場ですがキャンパーの為に運営されているキャンプ場ではなく、海水浴客の為に運営されているキャンプ場です。ウェブサイトに紹介されているほぼ全ての事柄は、海水浴シーズン中の事なので注意が必要です。因みに [続きを読む]
  • 今週末の四万十川流域と近隣ツーリング
  • 宿毛〜柏島〜竜串キャンプツーリングの続きになります。爪白キャンプ場で朝を迎えてお隣さんお見送り・朝食・撤収になります。皆さん各々の事情やらあるらしく、キャンプ場の朝は特別ゆるいまったりとした時間が流れているだけでは無い様です。夜露に濡れたままのテントをたたむのもアレなんで、急ぎ旅では無いのでテントをひっくり返してテントの底もしっかり乾かしました。撤収が完了した時には、既に周りには誰もいませんでし [続きを読む]
  • 宿毛〜柏島〜竜串ツーリング その2
  • 大月エコロジーキャンプ場を後に、県道43号線からR 321サニーロードを竜串へ向かいます。右手に太平洋を臨むこのルートは、ゴツゴツした岩場の海岸線を走り荒々しい太平洋を感じる事ができます。遠く水平線の彼方に、外国航路の貨物船が小さく見えたりします。景色の良いサニーロードをしばらく走ると、名所のひとつ海底館が見えてきます。この時間は、丁度引潮で海底館は海の中ではありませんでした。今回のツーリングは、キャン [続きを読む]
  • 宿毛〜柏島〜竜串ツーリング その1
  • 宿毛市から柏島を経由して土佐清水市の竜串にある爪白キャンプ場までのツーリング・ルートを走ってみました。途中にある竜ケ浜キャンプ場と大月エコロジーキャンプ場にも立ち寄ってみました。実際のスタートは、宇和島道路の西予宇和ICですがレポートは道の駅すくもからになります。距離的にも2時間足らずなのです、道の駅すくもで昼食をとり13時頃にスタートしました。30分程度で柏島に到着です。天気も良く定番の海の美しさです [続きを読む]
  • お接待? お節介?
  • お接待なのかお節介なのかわかりかねますが、今日火曜日は恒例の四国の旅を楽しんでいる方々にお茶とお茶受けの接待をやっています。6月に入ってそろそろ歩き遍路さんのシーズン・オフになりつつありますが、外国からのお遍路さんはバカンスの関係らしく夏場に増えてきます。お遍路さんだけではなく、単なるバックパッカーの方々やチャリンコ旅の方々、バイク旅の方々を対象にお接待していますがやはり数で言えばお遍路さん率が [続きを読む]
  • 宿毛の咸陽島公園キャンプ場
  • この週末は、いつもの四万十川から離れて宿毛市の大島にある咸陽島公園を訪ねてみました。県内のハーレー乗りの人のブログで紹介されているのを偶然見つけて、綺麗な処やなと思い訪ねることにしました。まずGoogle検索でチェックしてみました。かなりの数の綺麗な画像が出てきます。かんようとう公園でググってください。宿毛市の観光課に問い合わせてみましたら、一応一般の公園だけどキャンプ利用も可能と言う事でした。土曜日 [続きを読む]
  • お遍路さん 夏の減少期になりました?
  • 今週の火曜日も四国の旅を楽しむ方々へのお接待をやっていました。場所は、何時もの県道31号線の歯長峠の麓の東屋です。毎年、連休明けには日本人のお遍路さんは梅雨や夏場の暑さや台風を避ける為か減少します。外国からのお遍路さんは、バカンスの時期に歩く方々が多いようで夏場でも減少はみられませんね。歩くお遍路さん以外には、日本人も外国の人もチャリンコやバイクでお遍路を楽しんでおられる方々もお立ち寄りされます。 [続きを読む]
  • 今週末の四万十川沿線ツーリング
  • 週末のパトロールは、R197経由で梼原→津野町→中土佐町大正市場を往路として、R381経由で窪川→四万十町→松野町→三間IC→西予宇和ICでした。今回のパトロールは、BMW1200R ? とご一緒でした。ただ、このBMWさんはノンストップ急行で途中のトイレ休憩も無くて残念ながら写真が撮れていません。唯一目的地に到着して時の一枚だけでした。たまたまこの日は、大正市場付近で鰹祭りが開催されていて大混雑でした。いつも利用してる [続きを読む]
  • 遍路日和ですね
  • お天気も良く遍路日和ですねと、歩き遍路さんに言うと イヤ暑過ぎますと言われてしまいました。火曜日定例の四国の旅をゆっくりと楽しまれている方々へのお接待をしています。場所は、何時もの県道29号線から歯長峠に向かう県道31号線に入って歯長橋の脇の広場です。三間方面から歯長峠を降りてくると、こんな感じです。歯長峠に向かうと、こんな感じです。旅人ではないお方も、お時間があればお立ち寄りください。お茶・缶コー [続きを読む]