NA273 さん プロフィール

  •  
NA273さん: NA273の新・雑記帖
ハンドル名NA273 さん
ブログタイトルNA273の新・雑記帖
ブログURLhttps://ameblo.jp/na-273/
サイト紹介文主ネタはオフ系電動RCカー、たまに鉄道・車・AFVネタとかも
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/10/17 21:49

NA273 さんのブログ記事

  • ブログタイトル改名
  • ウェブリ版から通して8年以上経った当ブログですがこのほどブログタイトルを変更しました アメブロ版が「NA273の新・雑記帖」(旧「NA273のhobby雑記2.0」)ウェブリ版が「NA273の旧・雑記帖」(旧「NA273のhobby雑記」) いろんなタイトルが思い浮かんだりしたのですが結局はこのタイトルに落ち着きました。アメブロ版を始めた時にウェブリ版のブログを統合しようと思ってたのですが作業が膨大になるのでやめました。ウェブリ版 [続きを読む]
  • 「ワイルドビッグウィッグ」への道
  • 前回ビッグウィッグネタを更新したのは7月31日で実に3か月半ぶりの更新になりますがこの間私事多忙で走らせる以前にRCイジリそのものが出来なかったのです。ようやく落ち着いてきてのでイジリ再開しました。キット購入から早や5か月が経とうとしています。試行錯誤の末、ビッグタイヤ仕様ビッグウィッグすなわち「ワイルドビッグウィッグ」への道筋がようやく開けつつあります。フロントバンパーやセンタードライブシャフトや [続きを読む]
  • 「RC WORLD」、休刊へ
  • 約1か月半ぶりの更新でいきなりこんな話題ですが今年に入ってからLRPの危機から各地のサーキットや模型店の閉鎖やら良くない話題が目白押しですがまたも大きな話題が…「RC WORLD」(枻出版刊)が、来年2月号をもって休刊になるようです。1995年のツーリングブームの時に創刊されて22年。個人的には「ラジコンマガジン」と両方読んでましたがWORLDの方は技術的な部分で参考にあることが多かったです。ライトなマガジン、ディープな [続きを読む]
  • アルティマRB6.6RS投入
  • 8月3日付けの記事で4.0出ても元祖22は条件付きでまだ走れる と書いたもののTLR22についてボールデフを含むギヤトレーン一式のオーバーホール、ロッシ純正スプリング投入など検討課題がいろいろ出てきていました。4.0用のボールデフ投入などアップデートも考えたのですが試算するとヘタしたら3.0の中古並みの費用が必要になったので取りやめ。これが盆前の話。数日前に以前から気になっていたアルティマRb6.6レディセット(RS)が某 [続きを読む]
  • ビートルラリー(MF-01X)受注中止考
  • ビートルラリーのみならずTBエボ7とランドフリーダーマットブラックスペシャルそしてM1A2戦車の1/16フルオペキットが受注中止(発売延期)になったみたいですが何があったのでしょうか?京商の復刻版ターボスコーピオンも何だかんだて発売日が延期なりましたが同じパターンでしょうか?まさかの発売中止なんてことはさすがにないでしょうが… にほんブログ村 [続きを読む]
  • 姫路・福崎の「街のおもちゃ屋」今昔
  • 私の学生時代すなわち昭和末期に比べておもちゃ屋は随分姿を消しました。姫路でもつばめやが全盛期は本町通り・FESTA(地上駅時代の姫路駅ビル)地下・FESTA2Fと3か所もありました御幸通りを北上すると丁度国道二号線との交差点の西方向、今では兵庫信用金庫のATMコーナーになってるところが花屋でその南側におもちゃ屋があったはずです。そこのおもちゃ屋の入り口には私が小学生のころからシンバルを持ったサルのおもちゃが置いて [続きを読む]
  • バーリンデンプロダクツ廃業考
  • もう一年も前の話になるようですがAFV海外ガレージキットメーカーの元祖的存在でかのフランソワ・バーリンデン氏が主宰していたバーリンデンプロダクツが昨年8月ぐらいに廃業になったらしいです。フランソワ・バーリンデン氏と言えばベルギーのモデラーでドライブラシの技術を編み出した情景モデラーで70年代後半から80年代のタミヤの総合カタログには氏のジオラマがカラーで載っていたことが懐かしく思われます。しかしバーリ [続きを読む]
  • ファインモールド 1/72 日本軍 150t超重戦車オイ
  • 今日、エディオンに行った時一番目を引いたのはこのキットこの戦車のことはこのキットを見るまで全く知りませんでした。1/72でありながら定価4,000円、エディオンでは2,800円で売ってました。ガレージキットメーカーのレジンキットと見紛うばかりの値段です。完成時のサイズは全長141mm、全幅68mm高さ56mm(概算)1/72でこれですから1/35だと昔の1/25ばりの大きさになるし値段もすごいことになるんじゃないかと思います形状はインパ [続きを読む]
  • エディオン姫路花田店へ
  • 今日は姫路市街にとある用事があって出かけましたがその帰りにエディン姫路花田店に立ち寄りました。しまむらとダイソーが入店してからは行くのは初めてです。目当ては洗濯機…だけじゃなくホビーコーナーがどうなってるかです。 2Fはしまむらとダイソーになっていました。かつて2Fの南側にあったホビーコーナーはIF南側に移ってました。プラモコーナーは健在でしたが大半はガンプラなどのキャラクターものが大多数です。大阪本町 [続きを読む]
  • 8月のRCライフ
  • 走らせにも行っていないしラジいじりすらもやってませんやったことと言えばブログ書いただけですラジいじりしなけりゃプラモをいじってたかと言えばそうでもなかったので遂にすべての趣味を止めて無趣味の境地に入ったかと言えばさに非ず、ある事情があって私事で立て込んでいて何もできなかったんです。おそらく10月ぐらいまではしんどいだろうと思います 今年は特にレース予定もないのでXV-01は開店休業S10ツイスターSCは休業中 [続きを読む]
  • 36年前のとあるRCラリーの光景
  • と言っても漫画の話ですネタ元は「こち亀」20巻の「ラプソデーの巻」すなわち前エントリーで取り上げた話の続きになっています今のRCラリーのコースはダートまたは人工芝サーキットで行いますが、ここで描かれているRCラリーは全く違います50度の登り坂と砂地とジャンプをどうやってクリアするか、連載から36年経った2017年現在の車でも攻略には頭を捻るところですね 今にして言えることですが81年当時のオフ最強マシンで軽量な [続きを読む]
  • RCスバルヤングSSバギー(「こち亀」より)
  • 大昔「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の「ラプソデーの巻」(単行本20巻より)から 主人公・両津勘吉はとあるRCレースに参戦するために「スバルヤングSSバギー」を製作 ベースシャーシはタミヤのワーゲンオフローダー両津は「すばやくたちあがり一気に二速」と言ってますが当時のワーゲンオフローダーの機械式スピコンは二段式でした。ちなみにこのネタが少年ジャンプに掲載されたのは1981年ですね(単行本初版発売日が1982年1月1 [続きを読む]
  • 古のタミヤF1モデルパンフを振り返って
  • 今から35年前、ブラバムBT50が最新モデルでまたフィニッシングペーパーが発売された時期のタミヤF1モデルのラインナップですタミヤの記念すべき最初のF1モデルのホンダF1すなわちホンダRA273から順にブラバムBT50まで車名・ゼッケン・ドライバー名を改めて振り返ってみます ・ホンダRA273 №11 ジョン・サーティース ・ロータス49フォード(英国ナショナルカラー) №5 グレアム・ヒル・ロータス49フォード(ゴールドリーフカ [続きを読む]
  • 4.0出ても元祖22は条件付きでまだ走れる
  • その条件とはパーツが確保でき続ければということです。それができなければギブアップしかないですから。 さてTLR22 4.0が先々月から日本でも発売されました TLR22も4代目に突入しました。2.0から3.0に移行する際にボディやシャーシレイアウトなどがガラリと変わりましたが、4.0は3.0をベースにより屋内カーペットやアストロ(人工芝)路面を見据えたマシンになってるんじゃないかと思います。 ちなみに22シリーズが国内販売された [続きを読む]
  • アルティマRB6.6レディセットのこと
  • 京商からアルティマRB6.6レディセットがもうすぐ発売されるみたいです もし4か月早く出てたらTLR22中古ではなくてこちらを買っていた可能性は高かったでしょうキット概要・4ギヤのミッドシップトランスミッションを採用・以前アルティマSCなどに付属していた20ターンブラシモーター『G20』を15ターン化してパワーアップした『G15』を採用・オリオン製Vortex WP 45Aブラシドモーター用ESC付属・シンクロKT-231P+送信機付属・ス [続きを読む]
  • タミヤからVWビートルラリー(MF-01X)登場か
  • 国内アナウンスはまだですがtamiya blog情報で「Future release Tamiya 58650 VW Beetle Rally on MF-01X Chassis」すなわちVWビートル(初代)ラリー(ITEM 58650)がMF-01Xシャーシで登場するようです。tamiya blogで紹介されたビートルラリーのイラスト画像 こちらはラリーモンテカルロを戦うビートルラリーの画像 これが登場したらMシャーシの初代ビートルはM04L、M06を経て三代目になりますね。MF-01Xビートル投入はイマイチ [続きを読む]
  • プロライン「2017フォード F-150ラプターボディ」映像公開考
  • もんちぃさんのところでも触れておられますがプロラインの「2017 Ford F-150 Raptor Desert Truck Clear Body」のプロモ画像が公開されています 砂漠をひたすら豪快に駆ける走りっぷりが素晴らしいですがこれこそがSCトラック本来の楽しみ方なんだなと思ってしまいます。逆に言えば日本でSCトラックが定着しづらい理由も何となく理解できてしまいます 日本で唯一SCキットを出している京商は逆輸入タミヤはDT-02トラックとかでお茶 [続きを読む]
  • サンワ2017サマー福袋、検討中
  • 表題のサンワ2017サマー福袋について興味があるのは1万円コースです その1万円コースの内容・RX-462受信機×1すでに生産停止。これを購入すれば3台目になるがもう1台あってもいいかも・HVS-702ハイボルテージ対応ロープロサーボ×1速度:0.10sec/60°(7.4V) 0.12sec/60°(6.0.V)トルク:8.6kg・cm(7.4V) 7.0kg・cm(6.0V)6.0Vで及第点、7.4Vで不足なしといったスペック。欲を言えば7.4V時が二桁を越えればといったところ。ビッ [続きを読む]
  • ビッグウィッグに過ぎたる?22ダンパー&京商スプリング
  • ビッグウィッグのショックユニットをどうするか今もって頭を悩ませていますTLR22のジャンプでの底着きをどうにかすべくスプリングを中古購入した時のスプリング(ただ純正ではない。メーカー不明)し様子を見ることにしました。それであぶれた京商製のスプリングを今度はビッグウィッグに転用してみました元々はカクタス用に購入したものですがTLR22→ビッグウィッグと転々としていますまたダンパーこれを機に京商製VVCトリプルキャ [続きを読む]
  • 6輪ビッグウィッグに注目
  • 今度タミヤからティレルシックスホイーラーにあやかってムーンクラフトとの共同開発で「ビッグウィッグシックスホイーラー」を発売。カラーリングはエヴァ紫電初号機モチーフ、と言うのは無論フェイクですが(笑) さてラヂコンもんちぃさんところに「6輪ビッグウィッグ 製作編(TEAM MISSILE CHEWBACCA)」という題の記事がありましたTEAM MISSILE CHEWBACCAさんが表題通り六輪ビッグウィッグ造りにトライしています路線は違えどもビ [続きを読む]
  • ビッグウィッグ用ダンパー、模索中
  • ビッグウィッグのダンパーに京商のベルベットコート トリプルキャップ   スレッドショックを使用する構想が頓挫して振り出しに戻ってしまいましたが以下のダンパー構想を引っ提げ再び盤上に戻ってきました フロントダンパーケース:CVAダンパー(Ⅱ)ショート用ダンパーシャフト:カクタス純正フロントダンパー用スプリング:同上スプリングシート:同上ピストン:CVAダンパー(Ⅱ)ショート付属品ダンパーエンド:TRFダンパー用シ [続きを読む]
  • ベルベットコート トリプルキャップ スレッドショック、運用終焉
  • S10ツイスターSC以来使って来た京商のベルベットコート トリプルキャップ スレッドショックですが遂にその運用を中止すせざるを得ない時が来たようですビッグウィッグに使うつもりでダンパーシールS(W5181-04、分解図96番、赤楕円で囲った部分)を一新しようとするもネットで探しても部品が無いので京商アフターに問い合わせたところカタログ落ちして京商にすでにも在庫がないとのこと。さらにはJIS規格にもないOリングなので代用 [続きを読む]
  • トップフォース(2017)とCAT XLS Masami
  • タミヤのRC100作記念車だったトップフォースが2005年仕様を経て2017年仕様として再復活しました。 あとシュマッカーから広坂正美選手の1987年優勝車レプリカの「CAT XLS MASAMI」も復刻されました。 ビッグウィッグのサス改造に手こずってた時にこの両車が出てきたものですから「1か月待てば良かったかな」などと数日前に思ったものです もっともこの1か月ちょいの間にビッグウィッグばかりかMT-44&RX481セットまで買ってしまった [続きを読む]