追求無悔 さん プロフィール

  •  
追求無悔さん: 本来の姿を取り戻す
ハンドル名追求無悔 さん
ブログタイトル本来の姿を取り戻す
ブログURLhttp://hudoushin-ken.hatenablog.com/
サイト紹介文 みんなの心に輝く学校を目指して取り組んだ学校経営や教育課題などについての考えを述べます。
自由文「世の中を変えようと、行動した人だけがこの世の中を変えられる」が信条。教育改革を天命と感じている。書いたことが少しでも誰かの役に立つようなことがあったらうれしい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/10/18 11:14

追求無悔 さんのブログ記事

  • ◇意識改革が必要である
  •  8月下旬に始まる学校も最近は多いが、9月になっても暑くて子どもたちは大変だろう。近頃の夏の暑さは異常で、クーラーがなくては教育活動に支障を来す状況である。来夏までには全ての学校の教室等にクーラーを設置したいものだ。 夏休み中、読書感想文や作文、絵、理科研究、ドリル学習など、山のような宿題に悩まされ苦痛を感じて夏休みなんかない方がいいと思った子どもたちも学校が始まれば友達と楽しく過ごすことだろう。 [続きを読む]
  • ◇長崎平和宣言(6)…平和は憲法ではなく力で守られる
  •  長崎平和記念式典など、もう止めた方がいい。偏屈な主張を繰り返す宣言や平和の誓いには賛同できない。 − − − − − − − − ▽平和宣言の以下の内容は呆れる。 「1946年、創設されたばかりの国際連合は、核兵器など大量破壊兵器の廃絶を国連総会決議第1号としました。同じ年に公布された日本国憲法は、平和主義を揺るぎない柱の一つに据えました。広島・長崎が体験した原爆の惨禍とそれをもたらした戦争を二度と繰 [続きを読む]
  • ◇広島平和宣言(7)…真の平和宣言になってはいない
  •  独善的でうんざりなどと評されるような平和宣言も年々改善され、今では世界に発信しても恥ずかしくない内容になったと感じる。 評価できる宣言ではあったが、「私たち市民社会は朝鮮半島の緊張緩和が今後も対話によって平和裏に進むことを心から希望しています。為政者が勇気を持って行動するために、市民社会は多様性を尊重しながら互いに信頼関係を醸成し」には疑問を感じた。 対話によって緊張緩和が平和裏に進んでいると認 [続きを読む]
  • ◇利用者の利便を考えた対策なのか
  •  7月4日、国土交通省道路局と高速道路各社はお盆期間の渋滞対策として、11日(土)・12日(日)のETC割引を9日(木)・10日(金)に変更すると発表した。 変更することで11日・12日の下りの混雑を緩和し、14日・15日の上りの混雑は16日(木)・17日(金)の利用を促している。 変更は試験的に行うもので、高速道の分散利用に効果があれば、年末年始やゴールデンウィークにも実施する意向とのことだが、 [続きを読む]
  • ◇危険予知の目が曇っていたら
  •  6月18日朝に発生した地震(大阪北部地震)で登校中の小学校4年の女子児童が倒れてきたブロック塀の下敷きになり死亡した。ブロック塀は女子児童が通っていた高槻市立寿栄小学校に設置されていたもので、基礎部分(1.9m)にブロックを積み上げ、高さは3.5mもあった。 建築基準法は昭和53年の宮城県沖地震でブロック塀の下敷きになり18人が犠牲になった事故を機に改正され、塀の高さの上限が3mから2.2mに、 [続きを読む]
  • ◇死刑の執行は滞ることなく
  •  7月6日、地下鉄サリン事件など、多数の犠牲者を出したオウム真理教事件で死刑が確定していた元教祖の麻原彰晃(本名・松本智津夫)と元幹部6人の死刑が執行された。 刑事訴訟法には、死刑確定から6ヶ月以内に、法務大臣の命令により死刑を執行すると定められているが、共犯者の逃亡中や公判中には執行しないので今までできなかったのだろう。 今年1月、共犯者である高橋克也被告の裁判が終結したので6ヶ月以内で刑の執行 [続きを読む]
  • ◇その位に在らざれば
  •  国家社会の指導者である君子は、政治を行う者としてその地位にいるのでなければその政務についてあれこれ言わないと孔子は述べている。その立場にはその立場でしか分からないことがあるということだろう。(子曰、不在其位、不謀其政) 前校長などによる後任の校長批判を耳にすることはほとんどない。その地位に在らざればという気持ちがあったり、思うところを公言しないからでもある。職を離れた身なら当然のことで、後任批判 [続きを読む]
  • ◇鬼畜の所業である
  •  今年3月、目黒区のアパートで船戸結愛ちゃん(五歳)が父親に暴行され死亡した事件で、父親と母親が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕(6月6日)された。あまりにも悲惨な事件に捜査員たちは涙をこらえられなかったとのことである。 結愛ちゃんがノートに書き残した文章を読んで涙を流した人は少なくないだろう。人間のすることではない。 香川県に住んでいた時には児相が2度も一時保護をし、目黒区に転居した時には品川児相に [続きを読む]
  • ◇驕った態度としか思えない
  •  小泉進次郎筆頭副幹事長が参院選の議員定数に関する公職選挙法改正案を審議した部会で、国民をなめてはいけないと森友・加計問題に触れながら改正案に対する自民党の姿勢を批判した。 また、加計学園側が加計孝太郎理事長と安倍首相が面会したとする偽情報を愛媛県に伝えたことに関しても、「どう考えても県に嘘をつくのはおかしい」と指摘し、国会に調査のための特別委員会を設置するよう求めた。 国民の多くは「森友・加計問 [続きを読む]
  • ◇厳罰が下されても当然だろう
  •  平成28年10月に自殺した神戸市立桃山台中学校3年の女子生徒に関するいじめの調査メモが隠蔽されていた(6月7日 産経新聞)ことが分かった。報道内容に多くの人が驚き憤りを覚えたことだろう。 女子生徒へのいじめを記した調査メモは、市教委の主席指導主事が指示し、それに従った前校長により隠蔽されたのである。 平成29年8月23日、現校長は市教委が設置した第三者委員会の報告書で破棄とされていたメモが校内に [続きを読む]
  • ◇倒閣が目的のメディアと野党にうんざり
  •  反日のメディアと野党にとって安倍政権はどんなことをしてでも倒さなければならない存在なのだろう。そのためにやっていることは、常軌を逸しているといったレベルをはるかに越えてもはや狂っているとしか言いようがない。 森友や加計問題など、テレビのワイドショーで取り上げるような内容を国会で延々とやられたらもういい加減にしろと誰だって思う。国会議員でありながら国難に立ち向かう意志も気概もなく、公平公正であるべ [続きを読む]
  • ◇自衛官も国民である
  •  4月16日の夜、防衛省統合幕僚監部の3等空佐に、小西洋之参院議員が「国民の敵」と罵倒されたとされる問題の調査内容が公表(4月24日)された。空佐の供述詳報を読めば特に大騒ぎするような内容ではなかった。 公務中のことでもないし自己の思いを国会議員に述べただけであり、多少の失礼があったとしても議員なら謙虚に耳を傾けるべきだったのである。空佐は国民の敵とは言ってないらしいが、今回の件での小西議員の言動 [続きを読む]
  • ◇あの時を明らかに…それが遺族の願いだろう
  •  4月26日、石巻市立大川小学校の児童23人の遺族が市と県に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が仙台高裁であった。裁判長は震災前に津波の危険性を予見できたとし、学校は危機管理マニュアルの改訂を怠り市側も是正しなかったとして事前防災が不十分だったと過失を認め、市と県に1審判決の賠償額を約1千万円上積みし、約14億3千6百万円の賠償を命じた。石巻市はこの判決を不服として最高裁へ上告する方針とのことである [続きを読む]
  • ◇窃盗額が1000万円とは…
  •  東京都江東区の区立中学3年の女子生徒が友人宅で、友人の母親が保管していた現金1000万円を盗み逮捕されたとテレビや新聞(新聞は4月17日)が報じていた。金額の多さだけでなく、いつ盗まれたか分からない(1月初旬から2月27日までの間)ということも驚きである。 女子生徒は盗んだ現金をクローゼットに隠したが、母親に見つかると、知らない男から預かったなどと話し、2月中旬頃から同じ中学校の同級生約10人に [続きを読む]
  • ◇世論はネットで調査すべきだろう
  •  内閣や政党の支持率など、報道各社の世論調査の結果はどうしてこうも違うのかと感じることが多い。調査の仕方に違いがあったり、社の意向に沿うような結果になるよう仕組まれているからだろうか。反日的と評判の悪いメディアの調査は他と大きくかけ離れることが多い。 調査方式も回答者の人数も問題はないらしいが、信用できない。私にも調査の電話がかかってきたことがあるが、基本的にこういう調査には応じないし、まして評判 [続きを読む]
  • ◇文科省は違法なことをしたわけではない
  •  名古屋市立八王子中学校が前川喜平元文科省事務次官を講師に招いて講演会を行ったところ、文科省は市教委を通してその目的や経緯などを詳細に尋ねるメールを送ったとのことである。 元次官は官僚の天下り問題で辞任を余儀なくされた人物で、出会い系のバーに出入りし、次官になる前には国会前での安保法制反対デモにも参加していたのだそうだ。 退官後、加計学園の問題に突如現れ執拗に政府批判を続けるなど大いに世間を騒がせ [続きを読む]
  • ◇道義的責任は注意か訓告止まり
  •  財務省の文書書き換えには呆れた。ごまかしや言い逃れで切り抜けようとするような根性がこのような事態を招いたのかもしれない。書き換えを指示した人間は大馬鹿である。 小泉進次郎議員は、この度の件に自民党はトカゲのしっぽ切りはしない、官僚だけに責任を取らせる政党ではないという姿を見せる必要があるなどと語ったが、どうしてこうなったのかなどが明らかになっていない段階で言うべきことではない。 麻生大臣が辞任し [続きを読む]
  • ◇質問する記者たちも映すべきだろう
  •  テレビで報じられる政府関係者などの記者会見の多さでは菅官房長官が一番だろう。冷静沈着、つけ入る隙を与えないような受け答えは長期政権になくてはならない存在と思うが、記者会見の様子を見ていていつも感じることは、なぜ記者が質問している様子を映さないのかということである。 映されて困るような人もいないだろうし、記者としてのプライドがあったら映してほしいと思うのではなかろうか。 中学校の図書室(生徒は上履 [続きを読む]
  • ◇関心はメダルだけではない
  •  平昌オリンピックも無事に終わった。選手達の熱闘や美談に大勢の国民が感動したことだろう。次はパラリンピックだが、報道のあり方には改善が必要である。 オリンピックだけではないが、勝敗に異常なほど執着するメディアにうんざりする。メダルが取れるか、連覇はどうかなど、勝敗の予想が朝から晩まで続く。 選手なら誰だって勝ちたいし、メダルがいただけるならいただきたいものだ。それが金メダルだったらさぞうれしいこと [続きを読む]
  • ◇NHKには公共放送としての自覚があるのか
  •  NHKに偏向報道を改めるよう何度も意見を送ったが一向に改善されない。国民から多額の受信料(衛星放送を受信する家庭なら年2万5千円程)を徴収しながら、国民を蔑ろにするような報道をしてはならないだろう。歪んだ報道が他国の報道機関に引用(「日本の公共放送によれば…云々」)されたりすれば国の信用を著しく損なうことになる。 放送法によって受信料収益が保証され潤沢な資金を得ているため、職員の平均給与は115 [続きを読む]
  • ◇普通の国なら国外追放だろう
  •  台湾での入国審査で大暴れし、審査官の足を骨折させた芸能人の隆大介は韓国人だった。日本にはもう戻れないと思っていたらテレビドラマに出演していた。犯罪を犯した外国人が入国できる国は普通ではない。 タクシー会社「東京エムケイ」の韓国人社長は、他社のタクシーの運転手に暴行を加え逮捕(昨年12月21日)された。この韓国人は以前にも駅員を殴り逮捕されていた。国外追放(強制送還)にならないことが甘えに繋がって [続きを読む]
  • ◇面従腹背が座右の銘と公言したことで
  •  文科省元事務次官の座右の銘が面従腹背と聞いて呆れたり軽蔑した人も多かったであろう。世の中には面従腹背でつき合わなければならないことがあるかもしれないが、それを座右の銘として生きる人生ってどういうものだろう。 前川喜平元事務次官は、加計学園の獣医学部新設の問題で突如現れ世間を大いに騒がせたが、時の経過とともに国民は事の本質を冷静に判断するだろう。面従腹背が座右の銘と公言したことで自らの人生を否定し [続きを読む]
  • ◇校長自身が誇りに思える学校をつくらねば
  •  教頭はやり甲斐のある仕事だが、校長はもっとやり甲斐がある。在職中、それまでの教職経験、人生経験はこの時のためにあったと感じたくらいである。若い頃から思い描いてきた学校経営にほとんど制約なく取り組めるのである。 校長は実務者ではないので一人ではどうにもならないが、教職員の賛同協力を得て学校を経営していけば学校は劇的に変わる。赴任した頃の評判は芳しくなかったが、2年目が終わる頃には来校者(特に業者) [続きを読む]
  • ◇天長節のままでよかったのでは
  •  12月23日は今上天皇の誕生日だが、昭和の時は4月29日が天皇誕生日だった。天皇誕生日は1948年(昭和23)の改称まで天長節と称されていた。 天長節には今と違って子どもたちは正装して登校していた。そして、君が代の斉唱、教育勅語の奉読、校長の訓話、天長節の歌を歌うなどの式典が行われた。天長節の他にも四方拝(1月1日)、紀元節(2月11日)、明治節(11月3日)には同様の式典が行われ、式が終わると [続きを読む]
  • ◇生徒や保護者の思いや願いを受け止めてこそ
  •  自動車会社は世の中の人がどんな車を必要としているかといったことを考えて車を作る。性能やスタイル、価格などが購入者の希望に合致しなければ車は売れない。作りたい車を作って売るような経営をしていたら会社はすぐに倒産してしまうだろう。 新装開店の中華の店に入ったことがあった。開店後のサービス期間だったので店内はかなりの混雑していた。サービス期間後の料金などの説明を店員から聞いて長くは続かないだろうと思っ [続きを読む]