ちやこ さん プロフィール

  •  
ちやこさん: ペケペケカクカク
ハンドル名ちやこ さん
ブログタイトルペケペケカクカク
ブログURLhttp://03310711.blog59.fc2.com/
サイト紹介文ぼちぼち書いてます。嫁入り前の娘と、内臓脂肪が増えてきたとうちゃん(夫)が1人、小型犬1匹。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2012/10/18 15:14

ちやこ さんのブログ記事

  • 雨続きの「洗濯」「ガーデニング」「映画」
  • 関東地方、昨日は久々の晴れだったのだけれど残念ながら仕事でさ〜洗濯出来なかったんだよね。なので今日、おうちのなかは洗濯物だらけであります。といっても、娘がいなくなった分、洗濯物はかなり少なくなったんだ。夫婦ふたりになるとさ、洗濯物減るわ、これは確実。下着や靴下は毎日取り替えてもさズボンやセーターやトレーナーなんかは毎日洗わないじゃない?(え、おたくは洗うんですか?)でも娘がいるとさ、やたらに洗濯に [続きを読む]
  • 娘はやばや里帰り
  • 結婚式が終わって、1週間と少しが過ぎてしまった。早いなぁ、あっという間に正月が来るよ。そうそう結婚式で、これは書きたいって言うのが1個あった。結婚式に義父義母を連れていって連れて帰ってきたわけだけれどあれは正直なことを言って「大きな荷物」だった。せっかくの美しいリゾート地に1泊しても義父義母連れのおかげで私ととうちゃんはトイレ休憩以外の場所にはどこにも寄る事もできず観光なんか一切なしで、ひたすら帰 [続きを読む]
  • 犬と一緒の挙式って
  • 挙式の後には教会っぽい建物の前で記念写真を撮った。教会っぽい建物の周囲は午前中までしとしと降っていた雨のせいで緑色の芝生と苔むした樹々、濡れた古っぽいレンガ道が、なんとも西洋の森っぽい感じになっていたなぁ。娘がこの場所を選んだのは理由があってねそれは「犬と一緒に挙式が出来る」からだったんだ。(リゾート地を選んだのは、ごく近い少人数の親族のみで静かに挙式をしたかったから)よ〜く考えりゃわかるけどさ、 [続きを読む]
  • とりあえず挙式が終わりまして
  • ということで、無事に挙式は終了したのであった・・・・なんてね、いろいろ書くことはあると思うのだけれどこまごま書いていこうという気力がまだ生まれてこなくてね。でもこういうときにがんばって書かないと、こういう時期に安易なほうへ流れると、待っているのはボケばかりなので、少しでも書かないといけないと思って、ちょっとだけ書く。ええと、これは挙式のリハーサルの写真。娘ととうちゃんがいわゆるバージンロードを進ん [続きを読む]
  • 買ってやりたいとうちゃんと欲しがらない娘
  • 娘が生まれてこの方というもの、娘を叱ったことがないうちのとうちゃんが先日、叱るということこそなかったものの引っ越しの準備が遅々として進まない娘に対して「少しずつ運ぶとかのだらだらとしたやり方」に注意を促し「けじめってものがあるんだから」と諭しましてとうちゃんから強いことを言われた覚えがない甘ったれのうちの娘はめそめそ泣き出してしまったの。双方ともに仕事のある身でかつての時代のように親や仲人が雑多な [続きを読む]
  • 心労が重なってるに違いない・・・・と思う
  • 季節の変わり目で朝夕の気温差が大きいからなのか娘の結婚式が近いゆえの雑事進行に苛立っているのかとうちゃんの制限夕ご飯を作っても朝昼塩分脂肪分をとりまくることに徒労感を抱いているのかそれとも日曜日に初めて入った金沢もりもり寿司の支店で江戸前こはだとさよりを食べちゃったせいなのかなんにせよ、非常に体調が落ち込んでるのよ〜〜〜〜洗面器的平べったい顔が目ばっかり洞窟のごとく引っこんでしまいいかにも「病んで [続きを読む]
  • ミミズがほしい
  • もと犬庭の椿の木の下、犬がいた頃にはレンガと石を敷き詰めてあったところ、この夏いろいろな花苗を植えてみたけれど全滅してしまった。あろうことか、きわめて強健なオシロイバナでさえも枯れはしなかったものの30センチも育たずつぼみのひとつもつけなかった。土さえあれば生きていると思ってポーチュラカの苗も植えたがこの子も全然花をつけず、引っこ抜いたらまったく根を伸ばしていなかった。十何年もレンガを敷き詰めて土 [続きを読む]
  • 制限のある食事を作ること
  • 中性脂肪と総コレステロールと血圧が高いとうちゃんのために作った昨日までの3日間の夜ご飯を娘も一緒に食べていたんだけどね、娘は今朝500グラムも体重が減っていたんだって。いや、別にダイエット食にしたわけじゃないんだけどさ昼は職場の病院で健康的な食事を食べてて夜は家で健康的な食事を食べていたら自然と体重が減ったんだろうって。へーそんなに簡単に減っちゃうんだ。計算された食事ってすごいんだね〜でもさ、問題 [続きを読む]
  • ガチャ方式でチューリップの球根
  • ねぇねぇ、知ってました?インターネットを利用するガーデナーさんはご存知かもしれないけど「国華園」っていう大手のショップがあって去年の今頃にね普段ガーデニングをしない人たちが思わずガーデニングをしてしまうというイベント(?)を起こしたって話。国華園さんはね、去年運ばれてきた数万個のチューリップの球根を倉庫に搬入するときに、あやまって床にぶちまけちゃったのよ。品種ごとに分けられていたはずのチューリップ [続きを読む]
  • とうちゃん食制限始まる
  • とうちゃんが2年ぶりに行った人間ドッグの結果が返ってきたよ、予想通りやっちゃってた、好きなものだけ食べて、好きなだけ飲んで、タバコがんがんふかしてろくな運動もしないでいると、こうなるのね、という見本みたいな値だわよ〜動脈硬化に高血圧に高脂肪。要精密検査もね、1件あったんだ。検便に血液反応があったらしいので、大腸内視鏡をするようにってさ。最近はやたらに大腸がんを警告してるからね便の潜血だけで血圧上が [続きを読む]
  • 奥茨城母の会女子会がいい感じ
  • 「ひよっこ」の美代子さん(主人公みね子の母)が記憶喪失のまま故郷に戻ってきた実さん(みね子の父)とむかしのままの家族暮らしを始めて数カ月が過ぎたんだろうかしら。真面目な実さんは自分の過去を思い出せないまま今の暮らしになじもうと努力していてその傍らにいつも笑顔のやさしくてかわいい美代子さんがいて実さんは、過去に夫婦だったからということではなくていま現在の美代子さんを「かわいい」と思い「好きだ」といっ [続きを読む]
  • 大門未知子的ガムシロップ
  • 足立区に住んでいた頃、OBという喫茶店があって丸太小屋風に作られた店内がその頃(バブル前)にはちょっと洒落ていたのでときどき通ったものなのだがその当時からこの喫茶店はコーヒーにしてもトーストにしてもとにかく量や大きさが普通じゃなかった記憶がある。たしかパフェかなにかの大きさで、テレビで放送されたこともあった。埼玉に来てからはや25年、今日埼玉にもOBと言う名前の喫茶店があることを知ってなつかし気分で [続きを読む]
  • 「結婚式行きたい」という親族からの文句
  • 娘の結婚式に行きたかったと、先日義理の妹から言われた。何を着ていこう、新幹線にしようか車にしようか、とかいっぱい考えて楽しみにしていたのにと、ややぶちまける感じに言われちゃったが言われてもしょうがないことだし、言われたって変える気がないので、文句ひとつにつき「ごめんなさいね〜」といい同じような繰り返しの文句に「ごめんなさいね〜」でそれを何回か繰り返したのだった。結婚式に対する考え方は人それぞれだか [続きを読む]
  • 姦淫の妻とその夫
  • 「行って、淫行の妻と、淫行によって生れた子らを受けいれよ」って神様に言われた預言者ホセア。はぁ?! って思っただろうけど、そこは預言者なので直に神様の言葉が聞けちゃうものだから文句も言わず淫行大好き女ゴメルを嫁にもらった。ホセアは一生懸命ゴメルを愛したのよ、夫としてものすごく誠実にゴメルを愛するんだけどもゴメルの姦淫はおさまらなくて、ほかの男の子供たちも産んじゃったりする。ホセアはそれでもゴメルを [続きを読む]
  • 強いぜワンダーウーマン
  • ワンダーウーマン観て来た。「美しくぶっ飛ばす」という宣伝文句がぴったり決まるまっこと非常に「美しく」飛んで殴って蹴り飛ばしてぶった切る。昔々、テレビシリーズのワンダーウーマンを見てきたから元気のいい、明るいイメージを持っていたんだけど、主人公はあんなに能天気の陽気なタイプじゃなくて今流といいますか、正義のヒーロー(ヒロイン)ながらも世界を壊し続ける人間への葛藤をいだいたりして悩み傷つくんだよね〜主 [続きを読む]
  • 下半身が枯れててよかった
  • 永六輔が全盛期の頃書いていた「芸人その世界」だか「役者その世界」だかに忘れられないひと言があったんだ。誰か偉い人がどーんと語った言葉らしいんだけど。「下半身に人格はない」そ、そうなのか、だからなのかいまを盛りとするような優秀な人材さんがたが、まさかの下半身の問題で文春とか新潮とかにすっぱ抜かれるのは。妻も子もいるおっさんが商売女にうつつを抜かすとか職場の美女と深い中になるとか、いっちゃなんだが、そ [続きを読む]
  • 見守り型にならねば
  • 体調ね〜、うん、やっぱり下降したぁ。あの高熱が出てから1週間になるんだけど先週はまぁ、下降と言っても安定の気配があって元気こそないものの、普通に生活できる感じだったのよ。それがさぁ、昨日朝起きたら完全にアウトの雰囲気。脱水と低血圧と栄養不足の3拍子揃いかけてるみたいで長い昼寝をしてみたし、普段の夜に行ってる1000ccの生理的食塩液だけの点滴をエルネオパ1号(高カロリー輸液560kcal)に変えてみた [続きを読む]
  • 家計簿つけても捨てちゃうな
  • 今年の家計簿はきちんと続いているぞっ!・・・と胸を張って言いたいところだけれどなんか、ふと感じちゃってね、「で、いいことあるの?」。以前ブログでね、記録し続けた家計簿がずらっと並べられている写真を見たことがあるの。ブログ主さんは、年々積み重なってゆく家計簿を誇りに思っているようだった。うん、そこまでいけば誇りに思って胸を張ってもいいかもしれない。きっと中身も正確で、そこから家庭経済の方針なんかが立 [続きを読む]
  • 体温調節
  • お盆は涼しかったのに、いまはまるで真夏みたいに暑いよ。そんななか、私調子に乗って外に出すぎたみたい。昨日ね、用事で仕方なく銀行に行ったのね、昼前だったから大丈夫かなぁと思っていたんだけど、晴れてお日様に照りつけられて、肩や首が焼けるように熱かった。そしたら出たよ、強い寒気の後に高熱。気温とお日様にやられちゃったみたいで、体温調節が出来なくなっちゃった。上がりきったと思ったところで熱さまし飲んだらす [続きを読む]
  • 100分待ち
  • 昨日ね、遅くて重いADSLから、ソフトバンクAirに変えたんだ。wifi なので、今日は家でのスマホのデータ通信量が全然減らない。家ならスマホの通信料を全然気にしないでゲームできそう。(まだひとつもゲーム入れてないんだけどね)と、あっさり書いたけど、ソフトバンクの店舗に行ってからAir本体を手に入れて帰宅するまでが、長かったよ、4時間近く掛かった。11時開店で、私が着いたの11時15分だよ、そしたらもう10 [続きを読む]
  • 最初の犠牲はどこになる
  • 十数年前、まだボケてなかったころの母の言葉。「戦争中の日本みたい」まだ北の刈り上げ肥満の父親の代だったかな、その国の日常をテレビで見て、母親はそうつぶやいたんだ。国民は最高指導者、権力者の肥満刈り上げの父親を「偉大なる」を接頭語にして、むやみやたらに褒め称え、感動して涙を拭いてみせたりこの人物のために可愛い少女たちが超高い声で歌ったり踊ったりし、青年たちは自分たちはこの国に生まれてなんと幸せだろう [続きを読む]
  • 基本、直虎といい男
  • ねぇねぇ、いい男が次々壮絶な殺され方をしちゃってなんなのこれ、春ごろには浮気だとか嫉妬だとか歴史といったい何の関係が?ってこれって大河なのか?の評判まで立ったくせにこの凄まじい地獄的日々の展開は、もう、なんなの、こんなに目が離せなくしてくれてああ、やっぱりこの脚本家、あの「仁Jin」を書いた人だわ、時代の激流の凄まじさを描くの上手すぎるわ、重要な男性役のそれぞれの個性がいちいち光って好ましくって、な [続きを読む]
  • 新居が決まらないならもうそれでいい
  • もうね〜、目がね、視力がね〜、もうどうにもこうにも。もともと近視乱視だったんだけど、やがて遠近両用になりいつしか近視と遠視の幅が広くなりすぎて、遠近両用だとゆがみが大きすぎるから、眼鏡二つ作ってさ。今回は常時使っている遠視乱視のほうが合わなくなって調べてみたら、右目が少し良くなっていて、左目が少し悪くなってた。いまさぁ、PCやスマホ、新聞、本は裸眼でないと見えないしテレビや日常生活は乱視遠視(老眼 [続きを読む]
  • ブラジャーをしない
  • ブラジャーをしていない。今日はブラジャーしないまま仕事に来ちゃってる。だって暑いんだもん。着ているのは白地の綿のブラウス。夏物だから生地は薄手。普通ならちくびがちょこりんと自己主張するけど、私はしてないぞーていうか、「われがちくびなり」みたいな恰好で仕事に来たりはせんわっ!ではブラジャーをせずにどうやってちくびの自己主張を抑えているのかと言うと薬局で売っている「肌に優しいばんそうこう」を、問題の個 [続きを読む]
  • とうちゃんが馬鹿でだらしなくてもうやだ
  • 今日は、というか今朝は久々に腹が立っているので、それを書いちゃう。今日はとうちゃんの人間ドッグの日。去年おととしは仕事が忙しすぎて受けられなかったから今日は3年ぶりなんだよ。人間ドッグの内容はごく普通の基本的なもので胃透視ではなくて胃カメラにしたのが、ちょっと変化のあるところくらい。ドッグ前日は多少の準備が必要でねその病院の指示では夕食は午後9時までになっていたのね。当然油脂の少ない消化のよい食事 [続きを読む]