Suzu.A さん プロフィール

  •  
Suzu.Aさん: 時々の山野草紹介
ハンドル名Suzu.A さん
ブログタイトル時々の山野草紹介
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/m-suzugatake
サイト紹介文時々山野草の紹介をします。他に技術やIT、ビジネスの話もあります。気軽にお寄り下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/10/19 12:38

Suzu.A さんのブログ記事

  • ヒマラヤユキノシタ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。猛暑ではさすがに今は葉が焼けていますにほんブログ村へもどうぞヒマラヤとは凄い名前をもらったものだと思いますが、元々の原種はその辺にあったのだと思います。園芸品種としては幾つかあるようですが、他のものはあまり見かけません。冬に強いのは分かりますが、夏の猛暑にもけっこう強く引っ越し前からのものなので何十年か経っています。ブログを読んで頂きあ [続きを読む]
  • 植物の漢字昼顔
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。花はアサガオそっくりですにほんブログ村へもどうぞ昼顔は朝顔に対しての名前で、アサガオが朝咲くのに対して昼咲くからとされる事もありますが、咲くのはアサガオと同じ朝だと言います。違うのは午後になっても咲いているところです。今は園芸というより野生化して、あちこちで見かけます。ブログを読んで頂きありがとうございます。下記を して頂けると励 [続きを読む]
  • ムスカリ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。ブドウの房状に花がついていますにほんブログ村へもどうぞムスカリとは面白いなまえですが、ムスク=麝香が元だと言われます。それならこのムスカリ香りがするかと言えば感じた事はありません。鼻を近づけて確かめてはいませんが、香りがするのは一部の種類だと言います。そんなムスカリがあるなら香りを確かめてみたいですね。ブログを読んで頂きありがとうござい [続きを読む]
  • 500年後の皆様へ−77 モノヅリの視点多様化
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ西暦2018年・日本暦平成30年7月16日月曜日視点とは、見ている先という意味もありますが、物事を見たり考えたりする立場、観点と言う意味もあります。それからすれば、モノヅクリの観点と行っても良いかもしれません。視点にしても観点でもモノヅクリの…と言われると、何となくは分かる様な気がしますが、具体的に何なのか?と問われると [続きを読む]
  • 光源氏
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。白地にピンクの絞り模様が特徴ですにほんブログ村へもどうぞ光源氏と言っても紫式部作の小説主人公ではありません。それにあやかった名前を貰ったツバキの花名です。昔からの品種と言われ、このものは引っ越しを耐え抜き、50年経っています。絞り柄なので美しいのですが、花がすぐ茶色になってしまうのが難点です。そして、この品種は実が出来ません。増やすには挿 [続きを読む]
  • 同じボケでも…
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。白の方がピンクの色より若干優勢ですにほんブログ村へもどうぞボケと言うと普通、鮮やかな朱色っぽい赤が多いですが白っぽいものもあります。赤色の系統が緋木瓜と呼ばれるのに対して白と赤が混じる系統を更紗ボケと呼ぶそうです。ボケの品種は多く、200種類もあると言われますが、ボケそのものが庭にあまり見かけなくなったので他の種類を見るチャンスに恵まれて [続きを読む]
  • 江戸の証人制度
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ現代では証人というと裁判の証人や国会での証人喚問などが思い浮かびますが、江戸時代ではちょっと違っていたようです。参勤交代の時に妻や子供を人質に江戸に置くと言うのはドラマにもよく出て来ます。その人質はその他に藩の重鎮なとも含まれたといい。その制度を証人制度と呼んでいます。ただし、当時そう呼んでいたのかどうかは分かり [続きを読む]
  • 十何年目かのチオノドクサ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。直接陽の光に当たったことは一度もありませんにほんブログ村へもどうぞ悲歌し地中海からアジアに掛けてが原産で、寒さには強い球根植物です。寒さに強い分、暑さには弱く平地や暖地では数年で絶えると言われています。夏以外は陽の当たらない塀際に植えたままにしていますが十数年毎年咲いています。早春にアネモネやスイセン、フクジュソウなどと同じ頃咲きます。 [続きを読む]
  • 植物の漢字苦菜
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。舌状花(花びら様のもの)の数は少なく5枚程度ですにほんブログ村へもどうぞ野菜みたいな名前ですが、名の通り茎や葉に苦みがあると言います。しかし若葉は食用として用いられる事もあるようです。花は黄色の小さくてかわいいのですが、昔の人は花より葉っぱだったのでしょうか?ブログを読んで頂きありがとうございます。下記を して頂けると励みになりま [続きを読む]
  • 黄色のスミレ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。エゾキスミレと言いますにほんブログ村へもどうぞスミレの基本色は紫色で、独特な色合いなのもあって菫色と呼ばれることもあります。他には白や紅系統のものもありますが、少し違う黄色のものもあります。主に日本海側から東北や北海道に分布すると言います。葉の感じも他のスミレとは少し違っています。でも、何故黄色を選んだのでしょう? 寒い所では都合が良か [続きを読む]
  • 500年後の皆様へ−76 品質とトレードオフ-3
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ西暦2018年・日本暦平成30年7月9日月曜日トレードオフは分かったけれど、それが何故品質に関係するのか?と思うかもしれません。また、かける時間の例を出したので品質にはそれなりの時間を掛ければ良いのでは?とも考えるかもしれません。しかし、問題なのはかける時間だけではありません。製品を開発していく過程ではいろいろな事を決め [続きを読む]
  • トウダイグサは花らしくない
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。黄色があるので少しは花のように思えますが…にほんブログ村へもどうぞトウダイグサは若葉のときと花が咲いたときもあまり違いが分かりません。花らしくない花なのは花びらがないからです。黄色く見えるオシベの葯が若葉のときと少し違うくらいです。よく見ていないと花だと分からない草です。ブログを読んで頂きありがとうございます。下記を して頂けると [続きを読む]
  • 沈丁花は匂いから
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。一つの花は小さいけど厚くて存在感がありますにほんブログ村へもどうぞ沈丁花と書かれるジンチョウゲですが、何か沈むのかと思ってしまいます。沈は沈香の事で香りの事を指します。確かに離れていても花が咲く頃になると良い匂いが漂ってきます。沈香とは香木の香りで、同じジンチョウゲ科の木に樹脂が沈着して香るようになったものを言います。この状態では木が水 [続きを読む]
  • 江戸の監禁刑
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ現代では監禁刑のような処罰はありませんが、江戸時代にはありました。監禁と言っても閉門、逼塞、遠慮と種類があったと言います。閉門は最も重く門を閉じて昼夜出入り禁止、逼塞や遠慮は夜なら出入り可能となっていたようです。対象者は武士、僧侶、神官だと言います。そして、綱吉の時代に細則を決めたとされます。閉門ではドラマで見る [続きを読む]
  • ムラサキケマン
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。タイツリソウと違い花が上向きなのも似てない要因?にほんブログ村へもどうぞ植物の名前は、ぱっと見て分からないものもけっこうあります。このムラサキケマンもムラサキは紫で色なのは分かりますが、ケマンが分かりません。分からない理由の一つに何々に似ているとする対象が今ではあまり認知されていないと言う場合があります。今回の華鬘もそうで、仏具の一種と [続きを読む]
  • 植物の漢字 野芥子
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。これはオニノゲシで外来種ですにほんブログ村へもどうぞ芥子は言葉でも芥子粒、料理には芥子の実、歌などにも歌われています。本物の芥子は麻薬が採れるので栽培が禁止されていますが、この野芥子は芥子に似ているので芥子が付いていると言われます。花も葉も似ていません。ではどこが似ているのかと言うと野芥子の葉や茎を切ったときに白い液が出る所が似ているか [続きを読む]
  • クスノキは大きい
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。夏はこの木の下なら少しは涼しいかもしれませんにほんブログ村へもどうぞクスノキはけっこう良く見かけますが、どこの木も相当大きなものが多いので大木になるようです。クスノキは奇(くす)しき木の意味で、香りが高い事から来ると言います。その香りとは樟脳のことと言われますが、生木では匂いを感じられませんでした。材木にしないと香らないのでしょうか?ブ [続きを読む]
  • 500年後の皆様へ−75 品質とトレードオフ-2
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ西暦2018年・日本暦平成30年7月2日月曜日具体的な例で考えてみたいと思います。製品を開発するときの事を考える事にします。開発のスケジュールは大雑把に考える所と詳細に考える所があると思いますが、大雑把にしろ詳細にしろある人が同時に二つの事は出来ません。同時並行的に複数の事を進めることは出来ますが、トータルで掛けた時間を [続きを読む]
  • ヒボケのツボミ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。ここのは2個くらいから5個くらいまでいろいろですにほんブログ村へもどうぞ花と一口に言ってもツボミが見え始めて咲くまで、それなりの日数を要します。そしてツボミの間もいろいろに姿を変えながら成長していきます。これはヒボケのツボミですが、よく見ると一箇所からまとめてツボミが付いています。4,5個程度同じ所にかたまっています。ずいぶんと窮屈に見 [続きを読む]
  • ヒボケ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。数百年も経つと本数が相当増えているようですにほんブログ村へもどうぞ通常はボケと呼んでいる庭木ですが、幾つか品種があるようです。その中にヒボケと言う種類があり、緋木瓜と書きます。緋は濃く赤い色を示す漢字なので、普通のボケのようにも見えます。ただし、元々ボケは中国原産でそのボケと日本の野生種であるクサボケとの掛け合わせがヒボケだと言われます [続きを読む]
  • 江戸の話す馬
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ現代でもテレビでよく話す動物の話が出て来ます。本当に言葉を話すわけではありませんが、人の言葉のように聞こえるかも…というのがほとんどです。江戸時代にも馬が話すと噂が立った事があります。元禄時代の事のようですが、単に馬が話すと言うのではなく、馬がはやり病の予言をしたというものです。これには奉行所も怒ったのが、その噂 [続きを読む]
  • 分かるでしょうか?
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。真ん中の右上辺りですにほんブログ村へもどうぞ普通の草しか見えていないようにみえますが、よく見るとサクラソウの芽生えが見えます。写真でこんな具合ですから実際の肉眼の場合はもっと分かりません。野原や山ではもう少し育ってからでないと分かるのは無理だと思います。ブログを読んで頂きありがとうございます。下記を して頂けると励みになります。人 [続きを読む]
  • 懐かしい電車
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。SLだけでなく電車タイプも展示対象になってきましたにほんブログ村へもどうぞ今は走っていません。上越線(高崎線)を特急として走っていて、当時は人気の車両でした。在来線でしたが、最速50数分程度で高崎−上野を運行していた記憶があります。今の新幹線と比べても遜色なかったと思います。新幹線になって本数だけは便利になりましたが、費用時間に関しては進歩 [続きを読む]
  • 野菜のセリも庭で育つ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。小さい葉の方がセリですにほんブログ村へもどうぞセリの花が見たくてスーパーで買った野菜のセリをしばらく鉢で育てて、その後種を蒔いておいたら庭でも育つようになりました。ただ、図鑑で見る野のセリより葉が丸いように感じます。ブログを読んで頂きありがとうございます。下記を して頂けると励みになります。人気ブログランキングにほんブログ村へもど [続きを読む]
  • 500年後の皆様へ−74 品質とトレードオフ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ西暦2018年・日本暦平成30年6月25日月曜日トレードと言って思い付くのは野球でしょうか?選手を交換することをトレードと呼んでいます。トレードは元々取引という意味があり、野球の場合もこの意味に近く選手の交換取引だと言う事でしょう。品質とは関係なさそうですが、この言葉を基にしたものにトレードオフと言う言葉があります。日本 [続きを読む]