Suzu.A さん プロフィール

  •  
Suzu.Aさん: 時々の山野草紹介
ハンドル名Suzu.A さん
ブログタイトル時々の山野草紹介
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/m-suzugatake
サイト紹介文時々山野草の紹介をします。他に技術やIT、ビジネスの話もあります。気軽にお寄り下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/10/19 12:38

Suzu.A さんのブログ記事

  • じっと見ると目が…
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。本物はこの写真よりもっと強烈な色でしたにほんブログ村へもどうぞ同じ色でも目に優しい色と見ていると目がおかしくなるような色があります。赤や黄色の派手な色が見ていると目が変になりやすいのですが、特に原色系で単独の色のみの場合見続けていると感覚がマヒしてきます。この花、キンバイカは濃いオレンジ色一色でずっと見ていると目の調節がおかしくなり、距 [続きを読む]
  • 500年後の皆様へ−98 品質の多様化−番外編
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ品質の多様化について最後の回は少し残念な事を扱うことになりました。10年前であったならば扱わなくても良かった(表面に出なかっただけかもしれませんが)のかもしれません。今までとは違った品質の概念、それは不正です。数年前から幅広い業種で大手と言われる企業の不祥事品質問題がいくつも報道されています。中にはドイツの世界的自 [続きを読む]
  • こんな所から新芽が…
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。この小さな芽が大きな葉っぱになるのでしょうにほんブログ村へもどうぞ面白い色の茎と茎の間から新芽が顔を出していました。考えてみれば、茎と茎の間は一方の基が広がっていて半袋状になっています。この方が新芽を守るには都合が良いのでしょう。これはタケニグサ。茎の色も表面の様子も変わっていて大型のほんとうに見飽きない野草です。ブログを読んで頂きあり [続きを読む]
  • セイヨウノコギリソウ?
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。葉がノコギリみたいというのが名の由来ですにほんブログ村へもどうぞ散歩している途中にノコギリソウらしき花がありました。以前山で見かけたことがありますが、それより大型で葉の切れ込みが粗く、シダの葉みたいです。これはセイヨウノコギリソウでしょうか? 園芸としてはヤロウと言う名前で売られています。ブログを読んで頂きありがとうございます。下記をク [続きを読む]
  • 江戸の小石川養生所
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ言葉は時代によって違っていて、変遷するものですが、数百年前の江戸時代から現代へかけてがとても大きく変化したように感じます。理由はいろいろあるのでしょうが世界の国と交流が始まり、日本の文化、技術、生活など多くの事が劇的に変化したことも大きな要素だと思います。現代では病気になれば病院に行く事になりますが江戸の時代は病 [続きを読む]
  • イヌキクイモ?キクイモモドキ?それとも…
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。キクイモ、オオキンケイギクなどの仲間は皆似てますにほんブログ村へもどうぞ最近キクイモは野菜の直売所などでも売っていますが、草としてはあちこちに逃げ出して少し問題にもなっています。そして、紛らわしいのが似たものにイヌキクイモ、キクイモモドキなどがあり、これも一部野生化していると言います。しかしこの花よく見るとキクイモの花びらとは違います。 [続きを読む]
  • 植物の漢字 金葎(カナムグラ)
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。その辺の日本のものではクズに次いで繁茂していますにほんブログ村へもどうぞ金葎をカナムグラと読める人は植物好きか漢字が得意な人だと思います。漢字の葎は草偏に律で草が並んでこんもり茂っている様子を示し、金葎が漢名だと言います。読みは元々、この草のように茂ったものをムグラと言っていたそうです。ムグラはウグラとも言われ、より古くは動詞としてウグ [続きを読む]
  • 最近河原で見かけるヒルザキツキミソウ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。色は違っても花の感じはマツヨイグサに似ていますにほんブログ村へもどうぞツキミソウはマツヨイグサの仲間で園芸種です。他のマツヨイグサたちも最初は観賞用だったと言うので、そう言う意味では皆同じとも言えるのですが、ツキミソウは他のマツヨイグサたちよりも弱いようで、あちこちで見られると言う風にはなっていません。そのツキミソウ、花が白で咲くのは他 [続きを読む]
  • 500年後の皆様へ−97 品質の多様化−3
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ品質の概念を良い悪いから顧客の満足度までに広げたわけですが、品質だけで顧客満足度を語るのは少し無理があると思います。どちらかというと製品開発や企画の分野でそう言う物を扱います。製品を開発するときに、その製品の魅力とは?と言う事が重要な考慮事項になったりしますが、品質の考え方ではその魅力が何であるのかはそれほど深掘 [続きを読む]
  • ナワシロイチゴは奥ゆかしい
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。優しい感じがする花ですにほんブログ村へもどうぞナワシロイチゴは山の中でも河原でもときどき見かけます。名前は苗代の時期に花が咲くからと言われますが、場所や環境、その時の気候などによって結構変わります。そして苗代そのものが地域によって時期がずれるので名前通りの時期に咲くかどうかは分かりません。この花は何度見ても開きかけで終わります。余分な者 [続きを読む]
  • 最近は道端で頑張るゼニアオイ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。白地に赤紫の線状模様が目立ちますにほんブログ村へもどうぞ昔は庭でもけっこう見かけました。しかし最近は飽きられたのか、ほとんどが道端などで見かけます。同じ仲間の、もっと派手で豪華なタチアオイは庭でもよく見られます。色の種類も多く賑やかです。ゼニアオイの方は最近は売られていないのかもしれません。庭からは追い出されてしまったゼニアオイですが、 [続きを読む]
  • 江戸の園芸書
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ現代では植物の本、その中でも園芸に関する書物は数多く存在し、実際本屋さんへ行っても多く置いてあります。江戸の時代も園芸は人気で幾つか本も出版されたと言います。その名は「草木錦葉集」で変わり種、今で言う変種ばかりを集めたそうです。変種は高値で取引されるため、暇な旗本、御家人が競って育種に励んだと言われています。昔か [続きを読む]
  • ツルマンネングサ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。葉が肉厚で普通の山野草と感じが違いますにほんブログ村へもどうぞ最近よく小さな星形の花を見かけます。庭先や道端で見られます。葉は多肉の感じで分厚い様子になっています。ベンケイソウ科なので多肉なのは分かります。万年とつくのは常時葉が緑だからで、ツルは蔓のように茎を伸ばすからと言われます。ただ、近頃その辺で見かける物は外来のものが多く、これも [続きを読む]
  • 上武国道開通で赤城山が少し変わった
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。トラックがミニチュアに見えて不思議な風景ですにほんブログ村へもどうぞ最後に残っていた区間が開通して全線が出来上がった上武国道ですが、まだ片側1車線なので朝夕は大渋滞になってほとんど使えません。赤城山の景観が大幅に損なわれるかもしれないと危惧していましたが大きな変化はありませんでした。少し変わったことは景観の一部に車の流れが加わったという [続きを読む]
  • スイカズラは?顔
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。確かに白狐のような感じですにほんブログ村へもどうぞ遠くから見ると白く細い花なのでセンニンソウのように見えましたが、近くで見るとイカズラでした。これも甘い香りがします。最初は白い花が、しばらくすると黄色に変わります。ツル性で冬も葉が枯れないので忍冬とも書きます。冬で葉だけになると分かり難くなります。今度冬に探してみようと思います。花はキツ [続きを読む]
  • 500年後の皆様へ−96 品質の多様化−2
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ昭和30年代当時、我が家が初めてテレビを買ったのは早川電機工業製のブラウン管、白黒でした。それ以前はレストランか銭湯にテレビが置いてあり多くの人が群がって見ていたので、自分で好きな番組が見られるのは感動ものでした。ただ、当時のテレビは良く故障していました。隣が電気屋さんだったので年中直して貰ったものです。そして一番 [続きを読む]
  • センダンの花は変わっている
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。木の花としては珍しい濃い紫の大きめな花ですにほんブログ村へもどうぞ散歩コースにセンダンの木があり、いつも冬の間も実が落ちずに白っぽい薄き色の実を付けているので見ながら歩いていますが、今まで花は見ていませんでした。花は紫色で、真ん中の筒状に飛び出している部分が目立ちます。細長いマフィンのような感じです。紛らわしいのは「栴檀は双葉より芳し」 [続きを読む]
  • ノイバラは最近よく見る
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。ここでは藪のような中で頑張っていましたにほんブログ村へもどうぞバラと言うと外来の園芸花の感じがしますが、日本にもあります。しかも自生していて自然のものです。その名はノイバラ、野茨とか野薔薇(のばら)と書きます。イバラは棘があって茂っているものの総称で、バラだけとは限りませんが、多くはバラの意味で使われると言います。園芸種のバラよりは簡素 [続きを読む]
  • 江戸の富士山大噴火
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ富士山大噴火と言うと遠い昔のように感じてしまいますが、310年ほど前に大噴火を起こしています。三日前から小噴火を繰り返していたと言いますから、前兆はあったわけです。今なら富士山が小噴火しただけでも大騒ぎだと思いますが、大噴火したなら大パニックになるでしょう。火山の場合数千年噴火していなくても突然噴火する事はよくあり [続きを読む]
  • 白い花エゴノキ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。背より高く咲いていたので下向きは都合が良かったにほんブログ村へもどうぞツバキの花より少し小さく下を向いて咲いていますが、白い色は一重のツバキ風の感じがします。見た時は名前が分かりませんでしたが、後で調べたらエゴノキだと分かりました。木の場合は名前を知っていても花を知らない場合が多いので、いつも写真を撮って後で調べています。名前のエゴは実 [続きを読む]
  • ドアが締められない
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。標高1400m超なので、ヤマキマダラヒガケでしょうか?にほんブログ村へもどうぞこのまま車のドアを締めていたら、うまく逃げてくれたか、それとも潰してしまったか分かりませんが、締める前に気がつきました。蝶だと思うのですが、何でこんな所が気に入ったのでしょう? しばらくしたら飛んで行きました。ブログを読んで頂きありがとうございます。下記を [続きを読む]
  • 隙間美女のムシトリナデシコ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。花は小さいけれどショッキングピンクの濃い花色ですにほんブログ村へもどうぞ花の色は濃いし、すっとした姿も見るべきものがあるのですが、庭から逃げ出し野生化しています。元は観賞用だったので見栄えはするけれど、丈夫さも兼ね備えているようで隙間でも生活しています。ただ、この辺では増えすぎて…という風にはなっていません。ブログを読んで頂きありがとう [続きを読む]
  • 500年後の皆様へ−95 品質の多様化−1
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。にほんブログ村へもどうぞ品質とは何かは、まともに考えるとなかなか良い表現が見つかりませんが、前回までの品質の性質を並べて見ると何となくではありますが、その姿が見えて来たと思います。ただ、今まで扱ってきた品質は狭い意味での品質と、よく言われます。品質に狭い広いがあるのか?と不思議な気持ちになりますが、品質の解釈と言うか概念を広げた考え方が [続きを読む]
  • ハナ?イモ?
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。最近ちょくちょく見かけますにほんブログ村へもどうぞ庭では嫌われ者のカタバミですが、園芸種もあります。しかも庭から逃げ出して野生化もしています。いくつか種類があるのですが、花はみな良く似ています。イモカタバミ、ハナカタバミ、ムラサキカタバミなどがありますが、これはイモカタバミのようです。ハナとムラサキは良いとしてもイモはちょっと気の毒です [続きを読む]
  • 増えつつあるキショウブ
  • 人気ブログランキング上記を して頂けると応援になります。黄色い花は珍しいけれど丈夫過ぎが難点と言われますにほんブログ村へもどうぞショウブと言うと今は花が咲くハナショウブの方がショウブと呼ばれていますが、本来のショウブは別物で、5月の菖蒲湯に使われる方です。ハナショウブは園芸種ですが、元は日本のノハナショウブだと言われます。その他に外国産のものもあります。ジャーマンアイリスは豪華なので人気者に [続きを読む]