小笠原清基 さん プロフィール

  •  
小笠原清基さん: 小笠原流 若日記
ハンドル名小笠原清基 さん
ブログタイトル小笠原流 若日記
ブログURLhttp://ogasawararyu.blog32.fc2.com/
サイト紹介文小笠原流宗家嫡男 小笠原清基が小笠原流「礼法、弓術(弓道)、弓馬術(流鏑馬)」や日々の出来事を綴ります
自由文小笠原流http://www.ogasawara-ryu.gr.jp/は鎌倉時代より一子相伝で継承されてきた「礼法、弓術(弓道)、弓馬術(流鏑馬)」の流派です。
本ブログは、31代宗家嫡男の小笠原清基が日々の出来事をほぼ毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/10/18 22:55

小笠原清基 さんのブログ記事

  • 一致団結
  • 11月19日立川立飛流鏑馬が催行されました。お話しをいただいた際に、これまで出来なかったような流鏑馬を行ってほしいということでしたので規模の大きな流鏑馬をすることになりました。ただ、それをするには現状の力量では難しいということで1年かけて準備をしてきました。流鏑馬を執行するには、馬に乗って弓をひく射手だけがいればいいわけではありません。馬に鞍をつけること一般の方を乗せて馬を歩かせること諸役の方々に装束 [続きを読む]
  • 立川立飛流鏑馬
  • 本日、立川駅よりすぐの特設会場にて立川立飛流鏑馬が執り行われます。最終的には馬が13頭出てきます。そして、お子さんが拝観しやすいようにシート席も用意されています。立ち見席は無料開放されています。http://ecoutez.exblog.jp/27431031/上記サイトに詳細についての記載がございますので、ご覧下さいこのような規模の流鏑馬はなかなか観ることができませんので、是非おこしください [続きを読む]
  • 復帰戦
  • 今週末、立川で流鏑馬が行われます。無料席多数あるようです。馬も12頭使います。行列では諸役も馬に乗ります簡単な展示も予定しています書籍などの販売もそしてなにより、私の復帰戦です。晴れるといいな [続きを読む]
  • あざ
  • なんでか、腕や手にアザがたくさんあるも、もしや寝てる間に……と、思ったが笠間稲荷神社流鏑馬神事の際に菱瑞(馬)に噛まれたり、突撃されたりしたのが原因かと思う治りが遅いのは齢のせいか今月は復帰できるかな…… [続きを読む]
  • 笠間稲荷神社流鏑馬
  • 9月23日に続き、11月2日・3日と笠間稲荷神社へ伺いました。とりあえずケーキを食す時間が無くともケーキを食す遅刻しそうでもケーキを食すそして、お土産で買って帰って、ご機嫌伺い。ケーキは偉大だ!!!そして、笠間稲荷神社の食事は美味しい!!!笠間はイダイだ!!!! [続きを読む]
  • ハロウィン
  • ハロウィンと聞くと馬の名前が連想されてしまうどうでもいいことだが、行事で装束きるのをコスプレというのはやめてくれコスチューム・プレイでもないしハロウィンの時期になると必ず一人は、着物着て歩けば?と言われるそういうことではないからね [続きを読む]
  • 2カ月
  • 早いもので手術をして2カ月がたちましたよくなっているような、なっていないような少なくとも、動けるようになったのでよかったですけど来月から復帰できるかな?また週末は雨みたい観光地なんかは、大変だろうな最近、様々な方とあうので色々気になる [続きを読む]
  • やんちゃ君
  • だんだんと、やんちゃというか、男の子の気質を出し始めた我が子。そろそろ、イヤイヤ期が到来するのだろうか…よしこいこのエネルギーを他に使って欲しいと思ってしまうが、しかたないよく遊び、よく食べて、ぐっすり寝て力をつけて、守らないといけないものを守れるようになってくれたらいいなと [続きを読む]
  • 日曜日のお父さん
  • 日曜日のお父さんの気持ちが分かった気がします・・・・・今週末は、妻と子どもを車に乗せて仙台に行ってきました。妻の大学院での研究の手伝いと宮城縣護国神社での行事のためです。で、私は往復運転妻と子どもは後部座席で睡眠。。。。。。イメージする週末のお父さん!!!実験と行事以外の部分ですよ!!! [続きを読む]
  • ANA
  • 昨年の12月には、JALの機内誌に掲載いただきました。JAL SKYWARD作家の小松成美さんに記事を書いていただきました。そして、今度はANA(全日空)の全ての国際線の公式スカイチャンネル”にでています。今月は小笠原流です!!!これは、私が代表をしている一般社団法人日本文化継承者協会の活動の一環です。毎月、様々な伝統文化を紹介していきます。来月は香道です!! [続きを読む]
  • 小笠原流×武田流
  • 日程が近くなってきましたので再度記載いたします。10月22日10時30分〜12時30分大船駅近くにあります山崎浄化センターにて武田流と小笠原流の合同演武を行います。第56代清和天皇から小笠原家も武田家も発しています。清和源氏といわれる家系になるわけです。兄弟ってことになるわけですかね。その後、それぞれの道を進むことになりますが、江戸時代に小笠原家は徳川家に仕え、武田は細川家に仕えます。武田流は、そのまま現在まで [続きを読む]
  • 明日は能に流鏑馬たします
  • 10月8日12時より宝生能楽堂にて宝生和英(宝生流宗家)金剛龍謹(金剛流若宗家)小笠原清基(小笠原流宗家嫡男)の対談が行われます。詳細は下記をご覧ください。http://www.hosho.or.jp/noh_plus_one/で、今日はその準備のため宝生能楽堂へ行ってきましたまだ、リハビリ期間のため門人の方にお手伝いいただきましたが、無事に飾り付けることができました。明日、お時間あれば、宝生能楽堂へいらしてください [続きを読む]
  • 能+1
  • 能+1宝生流の家元と金剛流の若宗家と私で対談をさせていただきます。10月8日12時〜13時世代が近い3人です。普段からよく連絡をとらせていただいています。水道橋にあります宝生能楽堂にてどうなるのか?それは、誰にもわからない。。。。。。飲み会の延長のようになることだけは避けないといけない・・・・・・・当然、そんなことはないですけどね!!!しかし、宝生さんは色々考えています。イタリア語が堪能らしいですよ [続きを読む]
  • よく親をみている
  • 子どもというのはよく親のしていることを見ているなと思う階段に転落防止の柵をしているのだが、大人が階段を使うときには開けてから閉めて階段を下りるわけです。子どもが階段を下りるときには大人が開けてあげるのですが、必ず自分で閉めてからでないと階段を下りださない真似ることから始めるものだが、見本がよくないとどうなるかと思うとちょっと心配 [続きを読む]
  • 鶴岡八幡宮流鏑馬神事
  • 9月16日鶴岡八幡宮秋季例大祭で流鏑馬神事が執り行われました。小雨の中での執行となりました。11月19日に執行される立川流鏑馬の解説の下見のためにロバートキャンベルさんがいらしていたのですが、真剣にご覧になられていました。世代交代をしようとする若手と、まだまだ譲らないという熟達者のせめぎ合いを垣間見た流鏑馬でした。次は、10月1日、鶴岡八幡宮にて崇敬者大祭の流鏑馬です。例大祭流鏑馬も崇敬者大祭流鏑馬も一般の [続きを読む]
  • 30分ね
  • 車の運転は30分くらいまでにしましょうねと、退院時にご指導たまわったがまぁ、無理ですよね少し渋滞してたら、一時間くらいすぐになってしまうしただ、30分という意味は理解できた医学はあなどれぬな少し話は変わりますが、歯医者というのはナゼに何度も何度も行かないと行けないのだろうか?まとめて出来そうなことでも、複数回にわけているように思えるわざわざ、時間をさいているのに何度も何度もだと、断念してしまう。業界の [続きを読む]
  • 牛?馬?
  • 千本松牧場にて、公開稽古を始めてから6年はやいものです皆さんに大変よくしていただいています。きれいに馬場(馬が走るとこ)を整備していただいたり、ソフトクリームをいただいたりちなみに、ソフトクリームは時期によって様々な味が出てきますいまだと、マンゴーだったかと個人的には定番物が好きですがで、本日は晴れました!!牛のような馬かわゆす上達とはそんな簡単にはいかないものですが、心がけが重要かなとまんぜんと [続きを読む]
  • 退院
  • いやはや二週間ほどお世話になりましたが本日退院することになりました。全く立てなくなって、三週間なかなか厳しい日々でした。入院中は、時間があったようでなく、色々してたというか、痛すぎてどうにもならない感じでした。そんな中、色々進められたのは、様々な方のお力添えがあってのことです。立場というものがついてくると、色々と初期の頃のことを忘れがちです。そうならないように気を付けてはいるのですが、親戚から指摘 [続きを読む]
  • 東京理科大学
  • 東京理科大学という大学があります。私も大学受験の際に薬学部を受けようか思った学校です。結局受けなかったのですが。。。。さて、今年から授業を受け持つことになりました。一般教養として日本文化を学ぶというものです。理系の学生は社会に出てから海外に行くことが多いにも関わらず、日本の事を知らないことが多いです。そこで学生の間に、日本文化を学べるようにしようということで今回の授業が始まりました。流鏑馬について [続きを読む]
  • アメリカ
  • 昨年、アメリカに行きました。カリフォルニアに弓道場を作られた方がおり、その道場開きに参加するためです。で、そのご縁はその後も継続して続いており今年も伺うことになりました。ただ、私は現在病院にいるため、門人の方が一人でアメリカへそしてセミナーを開催することになっています。Kyudo and Reiho Seminar by Yoshinori Sunaguchi頑張って砂口さん完全に日本語で押し通す姿に感銘すら受けます。 [続きを読む]
  • 無事に
  • 色々ありまして現在、入院しております。手術も無事に終え、リハビリに精を出しているところです。 どこまで今までのようになるかは分かりませんが、やれることはしっかりとやろうと思います。痛みに強いのも考え物です。今回よくわかったのは、私はちょっと閾値が他の方とは違うことです。なので、これからは騎射の門人と接するときにはそのあたりを考慮したいと思います。しかしながら、今回も多くの方にご迷惑をおかけしました [続きを読む]