ジュンチャン さん プロフィール

  •  
ジュンチャンさん: ジュンチャンのマイペースな日常
ハンドル名ジュンチャン さん
ブログタイトルジュンチャンのマイペースな日常
ブログURLhttps://ameblo.jp/4884nj/
サイト紹介文広汎性発達障害を持つ筆者が障がいをお持ちの方の支援の仕事のことをメインに書いています。
自由文年齢は40歳です。
大阪市此花区に在住してます。
今は登録のヘルパーとして二つの事業所に登録して仕事をしています。

趣味はドライブと音楽鑑賞です。

マイペース派です。よろしくです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供284回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2012/10/19 11:01

ジュンチャン さんのブログ記事

  • ●この四月の意味するもの
  • 何もわからずこの日は人生の師匠とはじめて出会う。未だにわからないままだ。ただこの四月はなんとなく深い意味のあることは感じとっている。宿命を変えたいがために必死に生き抜くのはこの日の思い出からきているためか。今は必死に生き抜いている。確固たる人生の原点を築くのだ。 [続きを読む]
  • ●わたしに言うこと
  • 眠たくなることを通り越している。それは絶対につかみとりたいものがあるからだ。負けてはいけないと今のわたしに言っている。 [続きを読む]
  • ●声に出す
  • 声に出してはじめてわかる。わたしが未熟者だとはじめてわかる。声に出すことを恐れてはいけない。声に出すことを恥じてはいけない。未熟者だとわかったら力をつければいい。 [続きを読む]
  • ●時間
  • 時間を見つけろ。やれることはいくらでもある。時間をつくれ。少しずつ努力すれば大きな一歩が踏める。時間を追え。先の先まで計算して確実にやりこなせ。 [続きを読む]
  • ●必ず来る
  • 幾重にも重なる闇を打ちはらい光輝く大空を仰ぎ見る日は必ず来る。そのために現実の世界で苦労するのだ。これでよかったと本当に思える日は必ず来る。 [続きを読む]
  • ●旅をつづけよう
  • この旅はまだまだつづく。果てしなく長い旅になる。この長い旅はわたしにとって意味の深いものになる。まだまだ深くなる。さあ旅をつづけよう。 [続きを読む]
  • ●課題
  • あなたのことをどうでもいいと思えるようにわたしはもっと強くなる。それが今のわたしの課題なのだ。 [続きを読む]
  • ●働いた者へのご褒美
  • 夕陽がさしかかったら本当の仕事が始まる。働いて想像を絶するほどのエネルギーを消費したら何故か充実するのだ。顔はさっぱりとして心地よい風が吹いてくれる。一生懸命働いた人へのご褒美だからこの快感が離せないのだ。 [続きを読む]
  • ●握手
  • 握手するのは朝のあいさつのしるし。今日もよろしくと約しあう。握手するのは次の日も会うとの約束のしるし。より一層信頼が深まる。握手するのは絆を深めあうことのしるし。いつまでも同志でありつづけんと願う。 [続きを読む]
  • ●彼は変わる
  • 彼は変わる。あのときのようにくよくよしない。彼はもっと変わる。小さなもめ事や悩みをものともしなくなる。そして彼は天上の人となる。彼にまつわる忌まわしい記憶はのこっていない。彼は今も変わりつづける。 [続きを読む]
  • ●眠りたい
  • もっと眠りたい。使いきった体力を取り戻す。もっと深く眠りたい。まだまだ心の奥底の可能性を探りたい。まだまだ深く眠りたい。いやな記憶を忘却したい。ずっと深く眠りたい。久しぶりに夢を見たい。 [続きを読む]
  • ●一つずつ山をのぼれ
  • 一つずつ山をのぼれ。ゆっくりと歩けば美しい山の花が見える。それは現実世界では見れない美しさだ。一つずつ山をのぼれ。地面には無数の登山家の足跡がある。足跡をたどれば歴史を残すことができる。一つずつ山をのぼれ。振り返れば見たこともない景色と世界が広がっている。それを見たいがために今まで苦労を重ねてきたのだ。 [続きを読む]
  • ●怖い夢
  • いつも乗るバスが長い坂道をものすごい勢いで登る夢を見た。何かにとりつかれているようでとても怖かった。あの猛獣のように勢いよく走る姿は誰にも止められなかった。止められなかった己が悔しい。あの勢いよく走る姿が怖くて仕方がない。おびただしいほどに流れる汗が身体中に残る。いやそれしか残らなかった。あの怖い夢の続きは近いうちに訪れる。 [続きを読む]
  • ●旅をしよう
  • あの街にこの街に多くの街に出かけよう。いろんな街の世界といろんな街の人々の姿をどんどんこの眼に焼きつけよう。そして共に旅することを愛するようになろう。 [続きを読む]
  • ●届けつづける
  • 何年かかってもいい。返事が来なくてもいい。この声があの人の耳に届いていればそれでいい。力強くこの声を届けつづければ必ず何かが変わるに違いない。 [続きを読む]
  • ●傷あとはそのままに
  • 彼らと出会った時の傷あとはそのままにしたほうがいいと思う時がある。そのほうがお互いのためだと思うからだ。彼らを裏切った代償として己の位置づけをはっきりと認識させるために傷あとはそのままにしておくべきなのだ。彼らとはもう会うことはないだろう。 [続きを読む]