ジュンチャン さん プロフィール

  •  
ジュンチャンさん: ジュンチャンのマイペースな日常
ハンドル名ジュンチャン さん
ブログタイトルジュンチャンのマイペースな日常
ブログURLhttps://ameblo.jp/4884nj/
サイト紹介文広汎性発達障害を持つ筆者が障がいをお持ちの方の支援の仕事のことをメインに書いています。
自由文年齢は40歳です。
大阪市此花区に在住してます。
今は登録のヘルパーとして二つの事業所に登録して仕事をしています。

趣味はドライブと音楽鑑賞です。

マイペース派です。よろしくです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供235回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2012/10/19 11:01

ジュンチャン さんのブログ記事

  • ●使命はいずこに
  • ひとり。またひとりと。足を運びつづけることで己の使命は必ず見える。急速に歯車を回して未来のためにかたちにしよう。 [続きを読む]
  • ●言葉
  • 言葉は言いたいことをのせるもの。言いたいことがあっても言葉が違ったりして間違ったものとして相手に届いてしまう。だからいつも言葉を選ぶ。正確に相手に伝えるために慎重に選ぶ。 [続きを読む]
  • ●生命のぶつかり
  • 生命と生命とのぶつかりは膨大なるエネルギーがいる。ぶつかることは避けられない。でもそのぶつかりのなかにその生命の本当の輝きをみることができる。理屈なんて考えずにひたすらにぶつかるのだ。 [続きを読む]
  • ●彼との関わり
  • 彼はよく歩く。でもあまり遠くに行かない。もっと遠くに行けばいいのにとイライラしながらも心の中で叫んでいる。休みなく歩く彼の姿にまたもイライラしながらわたしは彼の内面をみつめようとする。曖昧に言葉をかけても彼は受け入れずにただ笑うだけ。今度彼に会うことがあれば彼にひとつの約束をさせてやろう。このくらいの特権はわたしにもあるはずだ。 [続きを読む]
  • ●その一本は倒れない
  • 球はまっすぐに向かう。だけど一本だけ倒れずに残る。その一本を狙っても当たらない。もう一度まっすぐに球を投げたら何もない暗闇に消えていく。その一本は何も言わずに茫然とたっている。その一本を倒すのは至難のわざだ。 [続きを読む]
  • ●何をうったえるのか
  • 災難はいつまで続くのだろう。いくつもの災難をくぐり抜けるように宿命を背負っているのか。度重なる災難はわたしたちに何をうったえるのか。 [続きを読む]
  • ●天空の龍
  • 天空の龍はまだ雲の洞穴にいる。大きくて強い風が近くにきたらそれに便乗してこの街にやってくる。強い勢いで街の人たちを脅かす。ゴーゴーと叫びながら暴れ続ける。龍はもうすぐ目を覚ます。 [続きを読む]
  • ●そのひとのすべてを受け入れて
  • 今日のようにほめられる日に巡り会うのは何万分の一の確率しかないのだ。それは忘れた頃にやってくるささやかな差し入れなのだ。ほめられることや怒られることもすべて含めてそのひとのことを受け入れなければならない。そのひとのすべての感情を受け入れられるようにわたしはいつも祈りつづけている。感情をすべて受けきったあとに眼に映る空の色はいつも鮮やかな青色だ。 [続きを読む]
  • ●峠を越える
  • 新しい月の最初のこの峠は必ず越える。もう駄目だといつもつぶやく自身と向き合いながら。どう乗り越えるかをよく描いて明日の朝には穏やかな平地に腰を下ろそう。 [続きを読む]
  • ●この月は
  • あの彼はやはり新しい何かを見つけようとしている。それはわたしにもあてはまる。この月は新しい何かを作る月。ひとつずつ作り上げてちゃんと行動できるようにきちんと答えをだそう。 [続きを読む]
  • ●絶好のチャンス
  • 無意識にひとの心の声をもとめるわたしのすがたがある。もちろん心の声を発しないひともいる。永くつきあっていけばそのひとたちの心がわずかながらに動いているのがわかる。ひとの心の声を聴き心の動きを読みとるのはひとつの芸術かもしれない。深い位置にある声を聴くにはあらゆるひとの心の動きを当たり前のように感じ取らなければはじまらない。からだの疲れが頂点に達したときこそ心の動きの芸術にふれる絶好のチャンスなのだ [続きを読む]
  • ●感謝
  • 落ちついて本を読むゆとりはなく必ずどこかに出かけなければならないようにスケジュールが仕組まれる。外に出る喜びはうすれてもどこか外にでていかないとしっかりと生活ができないのであろう。その環境で鍛えさせてもらっているから感謝しよう。 [続きを読む]
  • ●本当の声を聴け
  • こきつかわれていると本当に思うのか。それはちがう。相手が苦しいからだ。本当にそう思えたらおのずと寄り添えるようになるはずだ。相手は必ず本当の心の声を発している。その声は必ず聴けるはずだ。 [続きを読む]
  • ●表現しきれないつぶやき
  • あと少し頑張れば師匠からのメッセージの書物は読み終える。どこからなのか。いつからなのか。正確に読みはじめた記憶はない。とにかく壮大なものだからだ。あと少しで最終地点に達したらわたしは何を感じとるのだろうか。すべてのメッセージをこの生命に刻み込んだときはわたしの口からどんな言葉が紡ぎだされるのか。楽しみであると同時に深遠なものを感じる。 [続きを読む]
  • ●関わってみえるもの
  • 関わりつづけたら少し会話のキャッチボールができた。いたずらしたい気持ちと相手をしてほしい気持ちが交差して見えるようになった。あなたは紛れもなく人である。人と関わりたい気持ちはしっかりとあるのだ。もっと人と関わりつづけたらきちんとあなたの気持ちは表現できる。 [続きを読む]
  • ●季節終わりの龍
  • 灰色の雲は大きな龍のすがたとなって強い風をまとってゴーゴーと吠えつづける。次の季節を迎えるために暑い空気を一掃する。次の季節を迎えるから龍を見ている者も踏ん張りをみせている。 [続きを読む]
  • ●つぶやき
  • この日風邪はしぶといな。なかなか立ち去ってくれないな。どんどん生命力を奪っていくじゃないか。けど仕事にはちゃんと出てるよ。このわたしの生き甲斐だからね。この生きざまをここに書き記すのだ。 [続きを読む]
  • ●苦しむ意味
  • 今苦しまなければならないのはあのひとの力強く生き抜くすがたをこの瞳に焼きつけるためだ。あのひとに安楽をつかんでほしいわけではない。あのひとの苦しみからにじみ出る思いをこの我が身で受け止めることができるように常に準備することだ。 [続きを読む]
  • ●この汗とともに
  • この汗とともに余計な疲れも流しだす。この身体はしばらく熱いままだ。この大きな仕事(ヤマ)が終わるまでは冷めることはない。この涼しい布団の上に帰ることを夢見て働こう。 [続きを読む]
  • ●秋はちかい
  • こおろぎの歌声(こえ)はよく聞こえる。穏やかな秋は近いのか。まだ山はいくつも越えねばならない。暑い夏とまだしばらくのつきあいだ。この生命を常に燃やそう。 [続きを読む]