emassa さん プロフィール

  •  
emassaさん: 店舗設計 A to Z~内装設計の手引き~
ハンドル名emassa さん
ブログタイトル店舗設計 A to Z~内装設計の手引き~
ブログURLhttp://tempoya.blog.jp/
サイト紹介文店舗設計資料としての作図事例や、その他関連資料などでご紹介!店舗設計者必見です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/10/20 08:09

emassa さんのブログ記事

  • スポーツショップ_店舗内の主要断面図
  • 先回からはじめた「スポーツショップ」ですが、展開図の終えたところで店舗設計で必要不可欠な店舗内の主要断面図の説明を行います。まず、店舗にはそれぞれの壁面がありますが大概が、LGS+PB下地で仕上げを決定していきます。ただ、今回に事例のように壁面造作が発生する場合のみ、このような断面図を描いてあげるようにしています。では、続き進めましょう。続きを読む [続きを読む]
  • スポーツショップ_ファサード立面図と展開図
  • 今回はスポーツショップのファサード図と店舗内展開図をご紹介します。上部下部の作図が、D展開図がファサードとなり、C展開図は店頭入って右面に当たります。当時の店頭ってみんなこんな感じが多かったようで、サイン付きのフロントボーダーで店の顔を出していたようです。整然としたフロント什器構成は、VMDとして的を得てますし、中央の什器などは今でも活躍している模様です。今回の事例は、ことのほか旨くまとめられた感があ [続きを読む]
  • スポーツショップの平面図と什器高さについて
  • 新たな店舗のご紹介ですが、目新しさは全くありません。ただ、店舗設計初心者の方にはとてもお勉強になると考えます。ですから、押さえどころをしっかり覚えておいてください。さて上記の平面プランは、とあるアウトレットでのスポーツショップのものですが、ここで押さえておきたいのは、整然とした店舗レイアウトです。店舗面積が、約30坪のなのですが、ちょっと什器を入れすぎたようにも感じますが・・・・・。続きを読む [続きを読む]
  • メンズショップ《アウトドア》の展開図
  • 先回の続きで、メンズショップ《アウトドア》の展開図をご紹介しています。見て頂ければお解りのように、ファサード店頭では左右に明確なVMD構築(赤でマーケティング)が成されています。店舗スペースが限られている中、よくここまでまとまったと我ながら自負しています。ただ、やりやすかったのは商品構成がしっかりしていたことと、マニュアルがあったことも要因のひとつだったと感じます。それでは続きをご覧ください。 続 [続きを読む]
  • メンズショップ《アウトドア》の平面プランとその関連図
  • 今回は、以前ご紹介しましたアウトドアショップの百貨店バージョンですが、ブランドは違います。当時は百貨店の自社ブランドでの平場では商売にならないと考え、テナント構成に移行したのが約10年前のことと記憶します。今では当たり前の売場構成ですが、当時はテナントと平場が両立していて、今以上にテナントエリアは売場の中でも光っていましたね。 今回ご紹介する店舗事例は、そんな中でのひと店舗で、元々テナントとして入居 [続きを読む]
  • レディースバッグ&服飾雑貨_展開図事例
  • 長い間ほったらかしをしていた「レディースバッグ&服飾雑貨」を今回から復活と行きましょう。年明けから急な仕事が舞い込んできたものでブログはほんと久しぶりです。さて、今回は店内の展開図面を二枚お見せしますが、平面図を参照しながらご覧になってください。⇒ レディースバッグ&服飾雑貨_平面プラン上記の展開図は、C〜D〜E とそれぞれの面を表現していますが、スーパーブランドだけあって、奇をてらう内装ではありませ [続きを読む]
  • カフェテリアの展開図事例
  • ヨーロッパをイメージしたデザインです。図面を着色すればより理解しやすいのですが、昔(20年前)はカラーコピーで出力することは殆どなかったので、そのままで保管していました。ところで、デザイナーの中には、平面計画が完成すればすぐに展開図を描かず、その展開図をアシスタントに任してしまう人が多いそうです。また、展開図が苦手な設計者もいるぐらい手間のかかるのがこの作図です。でも私は、結構好きですね。何故って [続きを読む]
  • 食品スーパー_ 展開図指示図
  • 食品スーパーの展開図の指示図となりますが内容的にはそれほど重要ではありません。ただ、あまりにも今回の事例には展開図が多いのでこういうカタチでまとめたというひとつの事例です。普段は、展開図の右端ないしは右下に「キープラン」と呼んでいる展開指示を付けるのですが、たまにクライアントから上記の表現を求められることがあります。それでは進めますね!続きを読む [続きを読む]
  • アクセショップ_店内奥壁面の演出事例
  • このコーナー詳細図は、店内の奥壁面を旨く使った事例ですが、アクセショップならではの演出方法でしょう。なにしろ商品が小さいものですから、「何かで囲う、括る+演出照明」でお客様に訴求しなければ店舗として成り立ちません。「何かで囲う、括る」とは、ここではショーケースを意味します。壁面の上部がそれに当たり、下部がショーケースに当たります。では、もう少し詳しく行きます。続きをどうぞ!続きを読む [続きを読む]
  • レディース毛皮&ファー_ 多種多様なフィッティングルーム
  • 今回はちょっと気合いが入りますよ!タイトルも「レディース毛皮&ファー_ 多種多様なフィッティングルーム」となっているだけにこの店舗事例には5カ所のフィッティングルーム(以下FR)があるのです。すでにこのサイトでもFRの記事は投稿してますが、今回の図面事例をしっかり理解すれば、ある程度のFRが描けると思います。上記の作図は、そのひとつです。仕様などは全て統一しています。しかし、形状がそれぞれバラバラなのでス [続きを読む]
  • レディース毛皮&ファー_ 清楚さを感じる展開図
  • 先回はじまった毛皮&ファーのショップの続きですが、カラーリングもフォルムも高級化を感じます。まあ、図面での着色ですからクライアントの要望ということでそうしたわけです。百貨店の展開ではこのパターンが多いようです。高級品、即販売とはなかなか難しく、お客様の気持ちも考え出来るだけゆったりとした空間を演出する必要性があります。今回の展開図は3枚で構成しましたが、どれをとっても見た目は綺麗ですが面白みも欠け [続きを読む]
  • レディースバッグ&服飾雑貨_ファサード立面図
  • 本日から、レディースバッグ&服飾雑貨のショップ環境図をお見せします。まずは、ファサードの立面図ですが、整然とした佇まいで華やかさに欠けるようにも思えます。当時は図面に着色するのを嫌った設計者が多かったように感じます。私も図面の着色はプレゼンの時のみで、実施及び施工図にはほとんど着色しません。やはり中身で勝負でしょう。上の作図じゃちょっと物足りないので、もう少し大きな作図も添付しておきます。続きを見 [続きを読む]
  • レディース毛皮&ファー_にぎにぎしい平面プラン
  • 今回は冬の季節には欠かせない「毛皮&ファー」のショップの平面プランをご覧頂いていますが、冬といっても秋の終わりには立ち上がる商品です。ですから、設計は毎年ではありませんが、8月末には仕上げすぐに施工に繋ぐといったせわしい仕事でしす。作図はもう10年も前の図面ですが、商品の代わり映えもながゆえにショップのレイアウトも大きな変化は無く、毎回のように仕上げ素材が変わる程度です。応援宜しく御願いします! ↓ [続きを読む]
  • レディースバッグ&服飾雑貨_詳細図・什器図指示図
  • レディースバッグ&服飾雑貨のショップ事例の続きですが、これは図面を進めるためにスタッフ内や、クライアントへの確認図面です。店舗設計において描かなければならない箇所を図面作業を進める前に整理しておきます。闇雲に進めるとあとで抜けが生じるからです。この図面を作成して関係者と共有しておけば、絶対と言って良いほど失敗はありません。それでは、順を追って説明しましょう。応援宜しく御願いします! ↓ ↓ ↓に [続きを読む]
  • レディースバッグ&服飾雑貨_平面プラン
  • レディースバッグ&服飾雑貨_平面プランをご覧頂いてますが、この店舗ではイタリアブランドの商品を主に扱っています。平面図には、必ず展開方向を指示しておきます。(ブルーでマーキング)主に、百貨店の出店が主だったこの店舗ですが、通路から垂直な導線を見ていると整然とした雰囲気があります。これから、この店舗の実施レベルの図面を日を分けて紹介しますが、まずは店舗環境図を平面図含め理解してください。それでは、平 [続きを読む]
  • カフェチェーン店_各コーナー詳細図一覧
  • 先回からの続きでカフェチェーン店_001の詳細図を引き続きご紹介しようと考えていたのですが、今回から店舗内の各コーナーの詳細図を一挙にお見せしましょう。というのも、各記事の寸評はいつでも書けますが資料の方はかなり準備がかかってしまい、本来見せたい一連の資料はどうしても遅れてしまいストーリー性に欠けると判断しました。ですから今回は、テストケースでカフェチェーン店_001の詳細図を全て投稿しておきますので、し [続きを読む]
  • ベーカリーショップ_トング収納什器の詳細図《完》
  • この図面事例は、ベーカリーショップには欠かせないトング台の三面図とその詳細図です。このトング台のサイズはトレーもワイド寸法が基準となりますが、点線で表現しているのでどれだけのトレーを置けるのかがこの図面で直ぐに分かります。設計上での注意点はトレーサイズの他にトングを掛けておくパイプの位置ですね。今回は少なくとも1000mm以上の位置に設定しておきましたが、問題は無いでしょう。ここで、ひとつ注意しておく事 [続きを読む]
  • 食品スーパー_天井伏図 (重点照明)の図面事例
  • 先回に続き、今回は食品スーパーマーケットの環境図のひとつである天井伏図をご覧頂いています。天井伏図と行っても、この事例については重点照明図と言った方がよいかもしれません。内装工事は建築工事との絡みもあって我々は、普段大きくA工事、C工事に分けて考えますが、この重点照明はC工事に分類されます。要は内装工事ってことです。本来の天伏図とは呼ばず照明計画図と呼んでいて、天井にへばりついているあらゆる照明器具 [続きを読む]
  • ベーカリーショップ_実演テーブルの詳細図
  • 先回に続き店内での試食テーブルの詳細図をご紹介します。このテーブルは、先回紹介した中央テーブル什器の横にレイアウトしたテーブル什器です。店長はプロモーション用什器なんて言ってましたが、要は試食もかねてフランスパンや食パン等をお好みの大きさにカットして提供するいわゆる実演台のようなものです。カットした際のパンくずが床に落ちないようにする為に、天板の中央部をスノコ状にして下に落とすような工夫をしていま [続きを読む]
  • ベーカリーショップ_店内中央テーブル什器の詳細図
  • この図面は、ベーカリーショップ_003の店内中央に設置したラウンド型のテーブル什器です。少し見えにくいですが、平面図にはトレー位置を点線で表現しています。このトレーを表現した事でこの什器の改善点が明確になりました。それは什器の奥行きを調整すべきだった点です。一度は、描いた図面ですが良くないところは反省点してすぐに修正にかかるのも大切です。ではその改善策を進めましょう。 続きをどうぞ!応援宜しく御願いし [続きを読む]
  • 食品スーパー_回遊性を考えた平面プラン
  • 元々環境設計の仕事が多かった我々ですが、10年前から食品スーパーの設計にも携わるようになりました。最初の物件は、当時の「ニチイ」っていう食品スーパーの売場レイアウトからスタートしました。これまでにもけっこうな物件をこなしてきましたが今回の事例は、某食品スーパーの平面プランです。これで決定〜竣工とは成りませんでしたが、まとまりのある売場に仕上がったのでご紹介します。ただ、かなりの枚数があるので編集に [続きを読む]
  • ベーカリーショップ_フレーム什器の詳細図面
  • この什器は店頭のガラススクリーン背面に設置しているデニッシュ用フレーム什器です。この後にご紹介していく中央什器やトング台とは違い、スチール角パイプ組の什器にしています。店頭に設置している事もあり、中央什器の様にあまり重厚感ある印象よりも出来るだけスッキリさせたいというデザイナーの意図が伺えますね。ただ棚下照明用のコンセントが露出になってしまう所が、唯一の難点で・・・・・・。応援宜しく御願いします! [続きを読む]