かわはら さん プロフィール

  •  
かわはらさん: 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ハンドル名かわはら さん
ブログタイトル春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ブログURLhttp://kawahara1967.blog93.fc2.com/
サイト紹介文DIYで費用を抑える方法〜高級機まで幅広く網羅。薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザ等使いこなしの話題
自由文自宅の裏山の倒木がもったいないと思って、ホームセンターで3万円の中国製の鋳物をDIY設置でやりはじめた薪ストーブ。最初は使えるか使えないかも判らない状態で半信半疑だったけど、すぐにその魅力に取りつかれて、薪ストーブ専門店『アース・リー山武店』を開業して、取り付け工事、設置コンサルとして活動中。公式サイト→http://www.geocities.jp/frankrin_1st/eaath_re_sambu/index.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/10/21 10:38

かわはら さんのブログ記事

  • 「薪ストーブ焚いても暖かくなんだけど」という相談を受けた
  • 今年の春頃に、かわはら薪ストーブ本舗に来店いただいたお客様から「他店で昨シーズンに薪ストーブを設置したのだけど、焚いても全然暖かくならないから買い替えたい」という相談を受けていた。私はその時には「薪の乾燥がイマイチか、あるいは焚き方がきちんとできてないからだと思うから買い替える必要はないと思う。とりあえず煙突掃除やメンテナンスに行くから、その時に煙突や薪の状態を確認させてもらって、その後でまた考え [続きを読む]
  • 薪ストーブ屋の秘密兵器(昇降式台車)
  • 岡山県での設置工事に備えて、かわはら薪ストーブ本舗に入荷した薪ストーブ(Heta45H Snow)を、車に積み込んだ。その時の舞台裏を紹介しよう。重量物の薪ストーブを車の荷台に積む時や、車の荷台から降ろす時に、人力で持ち上げたり、降ろしたりするのは、とても大変だ。通常の成人男性が1人では不可能だし、2人でも、かなり厳しい。4人いれば何とかなるかなという感じだ。しかし平行移動ならば、薪ストーブの下に毛布を敷いて毛布 [続きを読む]
  • 2日間連続で薪ストーブ設置工事の後に3日間連続で煙突掃除
  • 北海道ツアーから帰ってきて、次の関西ツアーに出かけるまでの一週間の間に、地元でこれだけこなした。それぞれの案件の詳細は、後日気がむいたタイミングで別途アップするが、まずは概略の一連の流れを先にアップする。これらの案件の他に、荷受け、積み込み、打ち合わせや今後の工事の段取りなど、この1週間は息をつく間もないくらい、あっという間だった。DAY1 AGNI-CC設置工事&レクチャーDAY2 ドロレ デコ設置工事&レクチャ [続きを読む]
  • 煙突掃除したお客様からいただいたお酒を薪ストーブの前で飲んだ
  • 先日の東北ツアーでの煙突掃除の時に、お客様からお土産にいただいたお酒を、北海道ツアーの後にやっと飲むことができた。ここのところ、地方出張が続いていて、なかなか飲むチャンスがなかったのだけど、ツアーの合間に地元に戻ってきたタイミングで、薪ストーブに火を入れて味わった。Heta45Hの炎とのコラボちなみに、このHeta45Hの扉の色違いのホーローバージョンを、今週末に岡山で設置工事する予定となっている。今週は入荷、 [続きを読む]
  • 薪ストーブのある店舗「ココペリ」
  • 前回の、今期2回目の北海道ツアーの途中で寄った上川郡当麻町薪ストーブのあるピザ屋さん「ココペリ」。(ちなみに、来月以降の年内に第3回目も予定されている)ここはメンテナンスのことを考えた設計になっていた。当たり前に見えるかもしれないけれども、意外とそこまで配慮されている施工例は少ないのが実情だ。薪ストーブについてある程度の見識がある工務店や、薪ストーブ店に依頼しないと、こうはならない。ピザハウス「ココ [続きを読む]
  • 薪棚の基礎工事
  • 先日、薪ストーブ設置工事をしたお客様から薪棚作成の依頼を受けた。薪棚と一口によっても色々あるので、一概には言えない。方向性については、話し合いの上で、客様のニーズに合わせて柔軟に対応している。今回は、仕様(と予算)について、お客様と打ち合わせした結果「地震や強風でも倒れにくいしっかりしたもの」という依頼を受けたので、基礎工事から行った。きちんとやると、こうなる。地面から60センチ掘る砕石を入れる砕石 [続きを読む]
  • 最後の煙突掃除
  • 他店施工で、これまでは二連梯子をかけて屋根の上に上がって煙突トップを回収しないと煙突掃除の作業ができなかった設置状況の案件。そのためユーザーが煙突掃除をやるのはちょっと無理があった。しかし、電動ドリルで回転させて遠心力でナイロンブラシを広げるツールの登場によって、トップを外すことなく、地上から作業できるようになった。その様子をお客様の前で実演して見せて「来シーズンからは自分でできそうですか?」と聞 [続きを読む]
  • 世界ふれあい街歩きにラトビアの煙突掃除人が登場
  • 偶然つけたテレビでNHKの『世界ふれあい街歩き』という番組が目に入った。ラトビアの特集をやっていた。ボーっと見ていたら煙突掃除人が登場したので、思わず見入ってしまった。暖炉の煙突掃除の作業風景を見ることができた。番組の公式サイトはこちらhttp://www6.nhk.or.jp/sekaimachi/archives/arukikata.html?fid=180904ラトビアでは煙突掃除人に触ると幸運を呼ぶと言われていて、すごい人気者だそうで、入試の時期には女子学生 [続きを読む]
  • シングル煙突は大量に煤がつく
  • 今回の煙突掃除をした別荘の煙突は平屋で、室内側がオールシングル煙突+小屋裏と屋外が二重断熱煙突という典型的なよくある煙突のパターンだった。平屋なのでシングル煙突と二重断熱煙突がどちらも2メートルづつくらいという解りやすい状況だ。この同じ煙突長さだけど、それぞれに付着する煤の量は全然違っている。二重断熱煙突に付着していた煤の量→コーヒーカップ一杯分シングル煙突に付着していた煤の量→丼一杯分使っている [続きを読む]
  • アメリカの薪ストーブのメンテにはインチ工具が必要
  • 山梨県の別荘に設置した薪ストーブのメンテナンスと煙突掃除に行ってきた。お客様が別荘に行くタイミングと、私が動けるタイミングを合わせる必要があるので、お客様と連絡してスケジュール調整した。たまたま神奈川県に煙突掃除に行く予定があったので、そちらを午前中にして、夕方から山梨と二件合理的に動くことができた。こちらの別荘に設置されていた機種は、工務店が建物の建築時に導入する場合に、よく見かけるダッチウェス [続きを読む]
  • メッシュパレットボックス回収
  • 昨シーズン販売した薪が入っていた、空のメッシュパレットボックスを回収してもらった。後日、これらのメッシュパレットボックスに今シーズン販売用の薪を詰め込んで納品してもらう。クレーンで吊り上げて回収縦横を交互に重ねて高くならないようにするワイヤーロープで締め付けて荷崩れしないようにする【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)を (タップ)して応援いただけると幸いです。一 [続きを読む]
  • 販売用の薪の受け入れ準備完了
  • 薪置き場に放置しておいた原木を片付けて、販売用の薪の仕入れのための置き場所を作った。今後、長期出張が目白押しで入ってくる予定なので、前倒しして、できる時にやっておかないと収拾がつかなくなる。でも、こうして締め切りがあるからこそ、やれるのかもしれない。打ち合わせの結果、今シーズン販売用の薪は、10月20日(土)、21日(日)の私が岡山で薪ストーブ設置工事に出張中に、納品されることが決まった。それまでもずっ [続きを読む]
  • 割った薪の保管、移動用に中古のメッシュパレットボックスを購入
  • 今シーズン用の販売用の薪が入荷するのに備えて、そろそろ薪置き場に放置してある原木たちを片付けないとならなくなってきた。薪割りした分を詰め込んで、スペースを作るために、中古のメッシュパレットボックスをゲットした。新品の1/3位の値段だったので、もっとボコボコの錆び錆びのものがくると思ったら新品同様でびっくりした。入荷した中古のメッシュパレットボックスこの玉を薪割してから、詰め込んで、これから入荷する今 [続きを読む]
  • 強風の被害(?)
  • 現在、私がいる北海道地方では台風25号の影響で大荒れだ。心配していた停電にはならずに、こうしてブログを更新できている。今年は台風が多いので、少し前の台風の話になるが、先日の関西から北陸へ抜けていった台風21号の影響で、関東地方でもそれなりの強風が吹いた。その時の、かわはら薪ストーブ本舗での被害は、薪のフレコンバッグに被せておいたビニールカバー&シートが外れたくらいで、大したことはなかった。昨シーズンの [続きを読む]
  • 煙突の問題
  • シングル煙突を曲がりくねって引き回して、集合煙突の上部に接続した既存物件。「薪ストーブを焚くと室内側に煙が出る」ということで相談を受けた中富良野の店舗。シングル煙突が吹き抜けを立ち上がる上部を見上げると複雑な経路で曲がっている最上部で集合煙突に接続されているオシャレな外観と集合煙突この状態では煙突掃除もできないし、排気抵抗も大きいし、室内側に煙が出るのは当然という内容だった。これをどう修正するか、 [続きを読む]
  • ドブレ700SLがついに生産中止(在庫限りで販売終了)
  • 私の大好きな薪ストーブが本国のドブレ社で生産中止になって、現在の在庫限りで販売終了となる。これからは新品で入手してくてもできない、伝説の幻の超プレミアムストーブとなる。入手を考えている人は早めに手を打たないと欠品となる。私のイチオシのドブレ700SL時代ともに商品も移り変わっていく。最近では新しいストーブがたくさん出てきているが、廃盤になっても、私にとっては永遠の指標となるモデルで、これからも長く大切 [続きを読む]
  • 再び北海道に出発
  • 二回目の1週間の北海道の薪ストーブの旅のスタート。今回は札幌と旭川周辺の現場確認で二件回る予定。打ち合わせの当日にバタバタしないように、あらかじめ前日に現場の近くまで到着して前泊する。今回(成田→新千歳)で搭乗した飛行機ジェットスターGK113便離陸後、はるか彼方に富士山が見えた富士山が見えるとうれしい機内で、白ワインとポテチのオツマミセットを、この日のランチにした宿に到着して、近所のスーパーで買ってき [続きを読む]
  • ユーザーの設置希望と全然違う提案をした
  • 材木屋さんと工務店の横のつながりで、紹介された既存住宅のリフォーム中の現場。ユーザーは部屋のコーナーに大型のストーブを設置希望ということだった。事前にその情報を聞いていたので、サイズを調べたら横幅が300に対して奥行が800もある、極めて大型の長細い長方形の機種だった。施主さんの設置希望の位置を確認すると、部屋の一番片隅のコーナーだった。奥の家具が置いてある場所のコーナーに大型ストーブを設置希望だったそ [続きを読む]
  • 耐熱温度800℃/15秒のグローブをアマゾンUSで3000円くらいでゲット
  • まだまだ薪ストーブに火を入れる時期ではないし、この時期に薪ストーブ料理なんて考えている人も少ないと思うけど、これから少しづつ涼しくなってきて、いつの間にか、薪ストーブに火を入れたくなる日も来るだろう。薪ストーブに火が連続して入っている真冬の時期には、炉内料理をするタイミングが難しいけれども、シーズンに入った直後は、炎を入れて、暖かくなってきたら薪を追加しないという状況もけっこうあり、残った熾火での [続きを読む]
  • 安全性まで配慮したチムニー
  • 4日間に渡った福島での煙突工事は無事に終了した。勾配のきつい屋根なので、毎年の煙突掃除の際の安全性を確保するために、チムニーの柱にボルトを通して鎖を垂らした。これがあるのと、ないのでは全然違う。外壁のサイディングを打ち付けていく四隅のコーナー部分をコーキングして防水処理完成したチムニー地上から見ると、かなりの勾配なのが判る二連梯子から屋根に上がる時に、この鎖をつかめば安心感が全然違う【↓ 一日一回 [続きを読む]
  • 天気予報通りの雨だったので、室内作業
  • ありがた屋さんの現場の3日目の様子。まずは室内足場を撤去炉壁下地の作成(ケイカルで空気層確保)現場に固定設置するだけの即席の既製品の炉壁が完成室内側煙突を火打ちに固定して、薪ストーブの到着まで、室内の暖気が逃げないように蓋をしておく残りの煙突部材を現場に置いて、室内側の一次工事は完了コーナー設置の場合には、900×900のコーナーに薪ストーブを置くのは無理だ。今回の現場のように最低でも1200×1200は必要に [続きを読む]
  • 福島で煙突工事の準備
  • 今回の東北ツアーの最後が、福島の既存住宅に煙突をつける案件だ。ありがた屋さんで受注した地元福島の設置工事を、かわはら薪ストーブ本舗が行う。この経緯は、元請けのありがた屋さんのブログでも経緯が書かれている。https://blog.goo.ne.jp/kankanwa/e/518e59832e40b0abada91362256db608ぐるっと山形→宮城→新潟→山形と東北地方の各県を回ってきて、この現場で、普段、千葉の私のところでリフォームや薪棚作り、チムニー作成 [続きを読む]
  • 無事に山形の煙突交換も完了
  • ちょっと暑くて、家族からはブーイングが出たけど、火を入れた。シーズン終了間際に「焚いて温度が上がると口元付近から笛のようにピーっと音がするという」症状が出た」ということで、スライド煙突の交換後にテストを行った。今回の作業にあたって、音の解消のために対策を取った。考えられる原因としては凹んだスライド煙突の隙間から風が流入するとか、口元付近の隙間から風が流入するかのどちらかだろうと推測した。まずはスラ [続きを読む]
  • 新潟でも盛沢山
  • 新潟でも、盛沢山の内容だった。宮城から移動してきて、新潟のストーブサポートの店舗の横に車を停める出先の(山形での)工事で足りない部材を在庫から分けてもらった(国産の高木工業所の二重断熱煙突)とロッキングバンド難易度の高い煙突工事のお手伝いこの時の状況や様子はストーブサポートのパートナーさんの「薪ストーブの旅」ブログにも掲載された。https://ameblo.jp/stovesupport/entry-12407263291.html仕事の後に、人 [続きを読む]