かわはら さん プロフィール

  •  
かわはらさん: 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ハンドル名かわはら さん
ブログタイトル春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ブログURLhttp://kawahara1967.blog93.fc2.com/
サイト紹介文DIYで費用を抑える方法〜高級機まで幅広く網羅。薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザ等使いこなしの話題
自由文自宅の裏山の倒木がもったいないと思って、ホームセンターで3万円の中国製の鋳物をDIY設置でやりはじめた薪ストーブ。最初は使えるか使えないかも判らない状態で半信半疑だったけど、すぐにその魅力に取りつかれて、薪ストーブ専門店『アース・リー山武店』を開業して、取り付け工事、設置コンサルとして活動中。公式サイト→http://www.geocities.jp/frankrin_1st/eaath_re_sambu/index.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/10/21 10:38

かわはら さんのブログ記事

  • 真夏にドブレ700SLに火入れ
  • これから新築で薪ストーブを導入したいという、夫婦が来店した。かなり色々と下調べしているようで、知識もしっかりあるし、他店も事前に見学して、それぞれの店でのお勧め内容で見積もりしてきて、最後に私のところへ来てくれたような感じだった。一通り確認事項をお話させてもらった後に「実際に火が薪ストーブに火が入っているところを見たことがないので見てみたい」ということだった。単なる冷やかしのお客様だったら「また冬 [続きを読む]
  • N-VANは薪の運搬や薪ストーブ設置工事に使えるのか?
  • 先日の地元での煙突工事の帰り道にあるホンダのAディーラーに寄って、その時に自分の車に積んでいた工事で使って空いたダンボール箱一式が実際に積み込めるかテストしてみようとした。普段は工事の時には現場でダンボールを潰してしまうのだけど、N-VANへの積み込みテストをしようと思って敢えて潰さずに、そのまま持って行ったのだ。そしたら、営業マンに「試乗車、展示車だから寸法を測るだけにしてくれ」と積み込みテストを断ら [続きを読む]
  • 特注化粧板の寸法取り
  • 昨日紹介した、チムニーの内壁がオフセットしている現場の続編だ。煙突貫通部分を隠すための化粧板の既製品は一辺が600ミリの正方形だ。しかし、この現場は変則的で長方形の煙突貫通部部分の開口となるため、既製品を使うとふさぐことができない。2階の床を支える桁が下にあるので、煙突貫通部分を正方形で開口できない通常であれば、赤線で描いた煙突芯の位置を対角線の中心に持つ正方形で単純に開口する。しかし、今回の現場の現 [続きを読む]
  • オフセットした変則的なチムニー
  • 通常は正方形のチムニーの真芯に、正方形の内壁を作成して、その中心部分に煙突を通す。シンプルで単純な設計で解りやすい。しかし、今回の現場は、建物の構造の都合で、そのようなシンプルな形では作成できない状況だった。棟を避けて、梁や桁や垂木を避けると、長方形にオフセットさせないと煙突が通らないので、やむを得ずに変則的な形で作成することになった。左側の枠が狭く、右側の枠が広い、内壁がオフセットした長方形の内 [続きを読む]
  • ファイヤーサイドから薪火ビール(MAKIBEER)が届いた
  • 伐採→薪割り→焚き火の一連の流れを感じさせるイラストのラベルで、飲みながら瓶を見ていて楽しくなる薪火ビール(MAKIBEER)を、ファイヤーサイドからお中元にいただいた。ファイヤーサイド取り扱いのHeta45Hの前で撮影炎好きには心に響くラベルファイヤーサイドのオリジナルラベルで届いたラベルのように、お約束通り、屋外のウッドデッキで、焚き火の前で飲んだ真夏の焚き火は強烈だったけど、その分美味しさが倍増だった深く濃 [続きを読む]
  • 見積もり作成は5万円いただきます
  • 四国、関西ツアーを終えて地元の千葉に戻ってきたので、その間に溜まっていた、見積もり作成や、お盆の時期の工事の発注を行った。こういう作業は落ち着いてやらないと、ミスが出てしまいがちなのだ。だから、出先でバタついている時には極力やらないようにしている。幻のコンゴ産のコーヒー豆Minovaで淹れたコーヒーを飲みながら、心を落ち着かせて1件目の作成見積もりの作成は、金銭が絡んでいるので正確にやる必要がある。提出 [続きを読む]
  • 関西ツアーの帰りに台風12号を抜けて神奈川に立ち寄って現場確認
  • 「これからリフォームして、サンルームを作って、その中に薪ストーブを設置したい」という案件が神奈川県藤沢市であった。今回の関西ツアーの帰りに寄らせてもらって、現場を確認する予定になっていた。しかし、帰り道は東から西に向かって進んでくる台風12号に突入する形となってしまい、無事にたどりつけるか微妙な情勢となった。青い点が自分の位置で、当初の予定の移動距離の半分程度で足止め反時計回りの渦のため台風に東側や [続きを読む]
  • 和歌山に向けてスクランブル発進
  • 今回の関西ツアーで、たまたま京都にいるタイミングで、和歌山のお客様から「ガラスが割れちゃった」と連絡があった。速攻で取引先に電話して、ガラスとガスケットを現場直送してもらって、電話の翌日に商品の到着を確認してから、訪問して交換してきた。当初の予定では、その日は和歌山ではなく、関東に向かっての帰り道で、静岡のゆで落花生さんの家に泊めてもらうことになっていたけど、それは、またの機会にということにして、 [続きを読む]
  • 回転式ブラシの煙突掃除の現実
  • ドリルの回転の遠心力でナイロンブラシで掃除するブラシで作業すると、トップから大量の煤が派手に飛び散るのが現実だ。今回作業させてもらった京都のお家は煙突のところに天窓があるので、飛び散った煤が天窓に積もったのが良く解る。天窓に見えている煤と同じように、周辺の屋根の上にも煤が積もっているはずだ。これが雨で洗い流されるからOKと割り切れるか、隣近所に飛散してクレームにならない環境や状況かを良く見極めた上で [続きを読む]
  • 京都でビンテージ50のメンテと煙突掃除
  • 千葉から出発して、京都→高知→愛媛→兵庫と薪ストーブの旅を回ってきて、再び京都に戻ってきての作業。まずは念入りに室内を養生する「暑いから」と差し入れてもらった海外のノンアルコールビール(製法が日本のインチキとは違って、実際にビールを作るのと同じで、最後にアルコールを飛ばすので、風味が本物っぽくて美味しい)をいただいたどっさりバケツ1杯分の煤の量でびっくり3年分だから仕方ないが、あまり溜め込むと煙道火 [続きを読む]
  • シーズンオフの夏の薪ストーブと対面
  • 関西方面に行った時に、いつも寄らせていただいている、私がビンテージ35を設置、煙突工事をしたお家に、今回も泊まらせてもらった。薪ストーブが稼働している時期は、いつも薪ストーブ料理を楽しむけど、さすがにこの暑さなので、薪ストーブはお休み中だ。メンテナンスを終えて、お休み中の夏の薪ストーブ行く度に成長を感じる子供を見るのも、うれしいドイツビールと枝豆も相性が良かった奥様が悩みに悩んでチョイスしてくれた、 [続きを読む]
  • ヒミエルストーブでの私
  • ヒミエルストーブの製作者の西岡さんが、私を被写体として撮影した写真を送ってくれたので、ブログに掲載しておく。昨日のブログの記事では、外側から見た表面的なところだけしか写真を公開していないが、実際には、このように火入れ前に、分解して内部の構造を確認して、詳細な部分まで含めてチェックして個人的な記録をしている。特に特許を取得した、心臓部分の「燃焼装置」(=サイクロンチューブ)は興味深く、写真を掲載した [続きを読む]
  • ヒミエルストーブ訪問
  • 今回、四国からの帰り道には、兵庫県のヒミエルストーブを訪問した。「火が見える薪ストーブ」というところから解りやすいいネーミングだ。一般的なロケットストーブはヒートライザーの燃焼部分に炎が立ち上がるので、炎がガラスから良く見えないという、炎好きには致命的(?)な構造なのだけど、ヒミエルストーブはロケットストーブにも関わらず、炎が見えるというユニークなものだ。私の訪問の様子はこちらのブログにも掲載され [続きを読む]
  • TN20のガラスの煤け
  • Herth and Homeの重松さんのところで取り扱っているTN20が、実際にログハウスの中で使われていたので、見せてもらった。気をつけて焚いてもガラスが煤けてしまうということだった。焚き方で回避できるのだろうか?それとも、この機種の宿命なのだろうか?【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)を (タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計 (タップ)数がブログ村ランキ [続きを読む]
  • Hearth and Homeの本社&倉庫を訪問
  • Hearth and Homeの薪の生産現場に行った後には、倉庫&事務所を訪問させてもらった。倉庫前の駐車場に到着ラックに積まれた薪割り機や、薪ストーブ本体薪割り機薪割り機用のオイルフィルターなどの交換部品も輸入済みログハウスが倉庫の奥にあって、重松さん自身が住みながら現在も建築中【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)を (タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリ [続きを読む]
  • Hearth and Homeの薪の生産現場を訪問
  • 既に紹介されているが、晴耕雨読というタイトルのブログをやっている、愛媛県のHearth and Homeの重松さんの薪の生産現場を訪問させてもらった。今回、高知県宿毛市で煙突掃除&メンテナンスに行った帰り道に立ち寄らせてもらえた。私は販売用の薪を主に、こちらから仕入れさせてもらっているので、販売側からの意見を伝えて、生産の品質管理へフィードバックしてもらうことにした。私の到着時に薪プロセッサーを操作していた重松 [続きを読む]
  • 四国入りして、煙突掃除&メンテナンスレクチャー
  • 本州から四国に車で渡る橋は3つある。兵庫県から淡路島を通って香川県に行くルートA、岡山県から瀬戸大橋を渡って香川県に行くルートB、広島県から、しまなみ海道を通って愛媛県に行くルートC。前回の高知県宿毛市での煙突工事&薪ストーブ設置工事の時はルートAだったので、今回の四国行きは、違うルートを通ることにした。行きをルートB、帰りをルートCというプランにした。これで、本州=四国間の全部の橋を制覇したことになる [続きを読む]
  • ニュースになるほどの高温の中の京都で煙突工事だった
  • 工事中に、地元の京都で暮らしているお客様が「今日は異様に暑い」と連発していた。炎天下で直射日光を浴びながらの煙突工事なので、私も熱中症にならないように、こまめに日陰で休憩をとって、水分補給を心がけた。この天気の中を、無理をしたら体調がおかしくなるのは容易に想像がついたからだ。傍からみたら、「休んでばかりでダレきっている」「気合が入ってない」というふうに見えるかもしれないけど、倒れてはまずいので、超 [続きを読む]
  • 中国製の中空二重煙突から、国産の二重断熱煙突への入れ替え工事
  • 関西ツアーの第一弾は、京都で煙突の入れ替え工事だ。薪ストーブは焚火と違って、ファンで送風したり、ウチワで仰いで風を送って燃やすようなことはない。そのため、煙突からの排気温度をいかに高く保つかで燃え方が違ってくる。熱気球で熱い空気をためることて空を飛ぶ原理と同じように、排気温度が高いほど勢い良く煙突から煙が抜けてくれる。煙突から抜けるのと同量の空気が、燃焼用の空気取り入れ口から吸い込んでくれるので、 [続きを読む]
  • ドリルで回転式のブラシで地上から煙突掃除
  • かわはら薪ストーブ本舗では、現場の状況(※)に応じて、ドリルの回転力を使って煙突掃除をするツールも使っている。ブラシを巻き込んで破損しない形状のトップと確認が取れている場合多少周辺に煤が飛び散ってもクレームにならない環境屋根の上に登らなくて済むので、ハシゴをかけたりする手間が削減できて作業時間が短縮できるし、雨の日や夜間でも作業できるという点でも、プロとして天候に左右されずにスケジュールこなせると [続きを読む]
  • ヨツールF400のメンテ(ガスケットロープの交換)
  • 地元の千葉の案件。前回のメンテの時にガスケットが限界に近い状態になっていたので「あと1シーズン使って次回のメンテの時に交換しましょう」とアドバイスしておいた。その予定通り、今回交換作業してきた。ガスケットロープの劣化は、少しづつ進んでいくので気づきにくいけど、気密性が悪くなると本来の設計通りの空気の流れならなくなって、燃費が悪くなったり、異常燃焼して薪ストーブの寿命が短くなったりするので、とても大 [続きを読む]
  • 口元付近をシングル煙突から二重煙突に入れ替えた
  • かわはら薪ストーブ本舗のショールームでデモ機のニューフェースのアスペクト5だけど、以前は下の写真のように口元付近がシングル煙突だったのが気になっていた。以前はアスペクト5の口元付近はシングル煙突だったスライドの二重断熱煙突と入れ替えて口元付近まで二重断熱煙突にした煙突が二重断熱煙突だと、排気温度が高いまま煙突を抜けてくれるので、強い勢い(早い流速)で排煙される。一方シングル煙突だと煙突から放熱してし [続きを読む]
  • ハンターストーブ公式サイトの施工事例に掲載
  • かわはら薪ストーブ本舗のショールームのデモ機の販売先の現場は、ハンターストーブの公式サイトの施工事例に掲載された。「冬のガレージライフ」写真や取り扱い説明書に同封のアンケート(レポート)を施主さんに提出してもらうのが掲載の条件だ。面倒かもしれないけど、良い記念になるし、他の検討中のお客様の参考にもなるので、まだ出してないお客様は、ぜひとも協力して欲しい。もし、紛失してしまったり、どこかへしまい込ん [続きを読む]