かわはら さん プロフィール

  •  
かわはらさん: 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ハンドル名かわはら さん
ブログタイトル春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ブログURLhttp://kawahara1967.blog93.fc2.com/
サイト紹介文DIYで費用を抑える方法〜高級機まで幅広く網羅。薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザ等使いこなしの話題
自由文自宅の裏山の倒木がもったいないと思って、ホームセンターで3万円の中国製の鋳物をDIY設置でやりはじめた薪ストーブ。最初は使えるか使えないかも判らない状態で半信半疑だったけど、すぐにその魅力に取りつかれて、薪ストーブ専門店『アース・リー山武店』を開業して、取り付け工事、設置コンサルとして活動中。公式サイト→http://www.geocities.jp/frankrin_1st/eaath_re_sambu/index.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/10/21 10:38

かわはら さんのブログ記事

  • 新築住宅の完成見学会の当日に設置した薪ストーブ初火入れ
  • 今回の東北ツアーへ行く途中に組み入れることができた栃木県宇都宮市での案件。天井の煙突貫通部分の化粧板や、壁面の耐震固定金具を内装の色に調合して塗装した部材で施工した現場。設置工事の時の記事入居後の完成見学会の当日に初火入れ&取り扱い説明という、針の穴を通すような、すごいスケジュールだ。見学会の幟(のぼり)が立つ平屋に薪ストーブ設置なので、片流れ屋根の高い方向から、チムニーを立ち上げて煙突高さを確保 [続きを読む]
  • 山形で煙突掃除(この秋二回目)
  • 少し前に山形に行った時">少し前に山形に行った時に同時にできれば良かったのだけど、タイミングが合わずに、今シーズン前には、2回山形へ行くことになった。この現場の煙突工事や薪ストーブ設置工事の時には、まだ外構が完成していなかったしかし、今回の訪問で、入居後の実際に活用している様子が確認できて、うれしかった。塀を兼ねた薪棚家から見るとこんな感じで大容量が収納できる高い屋根で二連梯子が届かないメンテナンス [続きを読む]
  • AGNI-CCの焚き方レクチャーで東北地方に行ってきた
  • 「AGNI-CCを使っているけど、煙を出してしまって近所からクレームが出た」ということでのSOSで、東北地方へ行ってきた。詳細については本人のブログに、レポートされているので、そちらをチェックして欲しい。薪ストーブご近所よりイエローカード【復活の巻】講師現る!薪ストーブご近所よりイエローカード【復活の巻】講師現る!②住宅環境を見る薪ストーブご近所よりイエローカード【復活の巻】川原氏の指導を受ける【着火時ドラ [続きを読む]
  • お勧めの炉内料理は焼き魚
  • 弱めの熾火の時に、五徳と金網があれば手軽にできる。煙は煙突から屋外に出るので、部屋の中に出てこないし、調理後も薪を焚けば良いので掃除の必要もない。ピザなどのパーティ料理もいいけど、普段のオカズ作りにも薪ストーブは活躍する。炉内で熾火で焼く弱めの熾火の時が最適熾火が強すぎると、表面が焦げて中まで火が通ってないという状態になるので、最適な火加減を見つけよう。美味しく焼ける [続きを読む]
  • Heta45Hの良さ
  • 炉内が小さいので、他の薪ストーブより少ない薪の量で立ち上がってくれる。薪の消費量の少なさと立ち上がりの速さは、他機種ではまず味わえない特筆できるポイントだ。他の薪ストーブを知っている人だと「え?!こんな少ない薪で大丈夫なの?」っていう感想が出ると思う。実際に私も初めて焚いた時に、そう思った。気合を入れなくても、気軽にサクっと焚いてカジュアルに楽しめるストーブだ。大型ストーブとは違って、定格出力で焚 [続きを読む]
  • 炉内調理もこなせる縦型ストーブ「アスペクト5」
  • 一般的な縦型の薪ストーブは炉内が狭いのでダッチオーブンやスキレットを入れることが難しいけど、アスペクト5の場合には、10インチのダッチオーブンや、スキレットがギリギリ入るサイズだ。10インチのダッチオーブンアスペクト5の前に置くと、炉内に入るか不安な印象だけど・・・炉内に入れても扉を閉めることができるピザを焼く時などにもお勧めの南部鉄器の五徳と、取っ手が外せるスキレット当然、余裕で入る(熾火の時に電子レ [続きを読む]
  • 乾燥薪の配達もやってます
  • 薪ストーブを使う上で一番重要なポイントは「乾燥した薪を使う」ということだ。生乾きの未乾燥の薪を使うと、燃える前に水分が蒸発するのに熱が使われて、暖まらないし、煤や煙が大量に発生してしまう。一度温度が上がった後の追加投入の際にも、温度が下がるので薪ストーブにストレスとダメージを与えて寿命が短くなる原因となる。焚き火の場合は解放された空間で風を受けながら燃えるので、生木でも燃えるけど、薪ストーブの場合 [続きを読む]
  • 縦型ストーブならではの安直な焚きつけ方法
  • ハンターストーブのアスペクト5による実例だ。縦型の薪ストーブで、薪を炉内に立てることができる場合には、こういう焚きつけ方法もある。1..炉の後ろに薪を一列に立てかける2..中央付近に5センチ程度の空間を設けて二本の薪を立てかけた薪の前列に二本立てる3.細い焚きつけを、立てかけた二本の薪の空間の中全体にセットする4.焚きつけの下部をバーナーで点火して火柱が上がるまで待つ5.火柱が上がったら前面を薪で蓋を [続きを読む]
  • 煙突掃除のためのメンテナンス性を重視しよう
  • 新築で薪ストーブを設置する場合には、薪ストーブの本体の機種をどうしようかと悩む人は多いけど、煙突掃除の際のメンテナンス性の方が重要だ。毎年のことなので、軽視すると後で痛い目に遭う。二連梯子を直接かけて煙突掃除ができる設計たまに「この家の煙突掃除はどうやるのだろう?」っていう設計も見かけるけど、この写真のように直接二連梯子をかけて煙突トップにアクセスできると良いが、この高さでフラッシング&丸トップだ [続きを読む]
  • 新築現場で打ち合わせ
  • 新築の設計時点からコンサルしている案件が、いよいよ上棟を迎えた。構造が現場で確認できるうちに、工務店さんや大工さんと打ち合わせしてきた。上棟後、屋根の野地板と防水シートを施工したタイミングで現場を確認炉台部分にも基礎の立ち上がりを設定(脚立の置いてある位置)ガッチリとした炉台基礎 [続きを読む]
  • 一日で、移動距離620キロで三件のメンテをこなす新記録
  • 関西薪ストーブの旅で、関東へ帰る際に、途中の各地に寄って、煙突掃除やメンテナンスをこなしてきた。近場でも、一日で三件の仕事も大変だけど、これだけの距離にも関わらず無事に完了できたのは、渋滞にハマらずにスムーズに移動できたからだろう。ラッキーだった。京都 朝4時スタート【一件目】 静岡県 午前9時【二件目】 神奈川県 午前11時【三件目】 千葉県 午後2時 [続きを読む]
  • 焼き芋製造機
  • 薪ストーブで焼き芋を作る場合は色々な方法がある。下準備は新聞紙を濡らしてサツマイモを包んでから、その外側にアルミ箔を巻く。それを、どこに置くかがポイントだ。ガンガン焚いて炎が炉内で満たされている時には天板の上で1時間程度、熾火で鎮火しそうな状況の時は炉内で1時間弱程度で、美味しい焼き芋ができる。(炉内であまりに短時間で焦げてしまうのであれば、火力が強すぎるので待ってやろう)朝に熾火が残っている状態炎 [続きを読む]
  • 炎による究極の癒しのツール
  • 今月の初旬に行った関西薪ストーブの旅でのユーザー宅訪問の一コマ。まだ1週間しか経過してないとは思えないくらい、前のことのように感じるのは何でだろう?乾燥薪ならば、焚き付け材なしでもバーナーで薪全体が燃えるまで数分炙れば点火も可能仕事の疲れも炎によって癒される奥さま手作りの、美味しくヘルシーな夕食をいただいた地元の、摂津富田の地酒粕漬と相性が良かった(料理も酒も器で味が違う) [続きを読む]
  • 吹き抜け上部の二階部分での壁抜きは避けた方が無難
  • 吹き抜け上部の二階部分での壁抜きで、なおかつメンテナンス用の蓋がついてない設置状況煙突を取り外してバラさないとメンテできない。煙突と取り外さないと煙突掃除できないので不便掃除がしにくいだけでなく、横引きの後の屋外での縦引きドラフトが短くなって排気効率が悪くなるので、このような設計は極力避けておいた方が無難だ。薪ストーブのある家を新築で建てる時は煙突掃除の時のメンテナンス性まで十分に考えておこう。( [続きを読む]
  • 鳥が入ってくるトップってどうなのよ
  • 「薪ストーブの炉内に鳥が入ってきた」「煙突に鳥の巣をつくられた」みたいな話を良く聞くが、そういう煙突トップを使っているからだ。対策済みの製品を使えば問題ない。鳥が入ってくるトップから、入ってこない国産高木工業所製の丸トップに換装した案件「金網を巻けば良い」みたいな安直な対策もあるけど、金網が詰まったりして排気の抜けが悪くなったりするので、根本的な対策ではない。金網なしで「煙は抜けるけど鳥は入ってこ [続きを読む]
  • 同じような形に見える角トップでも、実は中身は全然違う
  • かわはら薪ストーブ本舗で煙突施工する場合は、日本の風土にあった国産の高木工業所の煙突を使っている。この角トップの詳細については、こちらの記事で紹介していので、参考にして欲しい。http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-1838.html他社製のものは外から見たら同じように見えるけど、実は全然中身が違う。下記の写真のようにストームカラーやコーキングでの防水処理の仕様のものが多い。煙突そのものが屋外側に露 [続きを読む]
  • アスペクト5の不満なところ
  • 今シーズンから、かわはら薪ストーブ本舗のデモ機としてデビューしたハンターストーブのアスペクト5だけど、燃焼性能や使い勝手、メンテナンス性などは申し分ない。唯一不満な点がある。それは扉のガラスの下の部分に灰が、どっさりと積もることだ。ガラスの汚れはほとんど気にならないレベル(1週間以上、ガラスを掃除しないで連続稼働して裏側から見て初めて判る程度で、正面側からは綺麗に見える)扉の下部、内側に大量の灰が積 [続きを読む]
  • これから焚く薪を下部に収納できる薪ストーブ
  • かわはら薪ストーブ本舗のショールームの縦型のデモ機の、ハンターストーブのアスペクト5、Heta 45Hは、下部に薪を収納できるようになっている。比較的狭いスペースの炉台でも、これから焚く薪をオシャレに入れておけるので重宝する。薪を収納していない状態のアスペクト5薪を収納しても絵になるし、機能的、実用的だHeta 45Hの写真はこちら↓http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-1759.html [続きを読む]
  • 炉内の熾火でお湯を沸かしてコーヒーを淹れる
  • 薪ストーブの取り扱い説明をしたお客様から、お土産に湘南チーズパイをいただいた熾火の炉内でお湯を沸かした正面からの写真なので判りにくいが、扉を開いて、コーヒーポットの「取っ手」は外に出ているので問題なし。囲炉裏の炭火の上でヤカンでお湯を沸かしているのと同じ状態だ。中深炒りのインドネシア・スマトラ島北部アチェ州アチェ・テンガ地区のマンデリン挽きたての取っておきのコーヒー豆に、ハンドドリップで熾火で沸か [続きを読む]
  • 初火入れのHeta 45Hの天板で焼き芋
  • 先日設置したHeta45Hの取り扱い説明に行ってきた。設置時の記事はこちらhttp://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-1891.html寒くなってきたので、火入れのラッシュだ。「火入れ式」とか「慣らし」とか称して、サクっと焚きつけだけをして逃げ帰るような他店の事例も良く見聞きする。多くの施工件数があって、一日に数件の取り扱い説明をしているような店だと無理もないと思う。そのせいか、「薪ストーブを焚いているのに暖か [続きを読む]
  • ガスケット交換のコツ
  • その気になれば自分でもできる薪ストーブメンテナンスの一つだ。比較的簡単で、効果が大きく体感できるので、お勧めだ。古いセメントやボンドは、バールとハンマーで、まずはざっと落とす次にワイヤーブラシで錆びを落とす刷毛、研磨剤なども併用して、溝をなるべく綺麗に清掃する※汚れていると接着力が落ちて、交換後のガスケットがきちんと付着しないガスケットセメント(ボンド)をヘラで、綺麗にした溝にまんべんなく付着させ [続きを読む]
  • 一番優秀な薪ストーブは?
  • 先日のコメントで「一番優秀な薪ストーブは?」っていう質問があった。結論から言うと、どんな機種でも一長一短で個性があるから「そんなのはない!」っていうことになる。使用目的、ニーズ、設置環境、好みで自分が良いと思う納得のいくもの選ぼう。自動車の購入時だって同じことだ。「一番優秀な車は?」なんて言ったって、スポーツカー、ミニバン、セダン、ハッチバック、キャンピングカー、トラックなど様々なものがあるのだか [続きを読む]
  • 凝った造りの完璧な炉壁
  • 炉壁を作る際には25ミリ以上の空気層が必須だけど、必ずしも内部の空気を外に排出させなくても良い。でも、薪ストーブの機種によって、このように、空気を入れ替える構造にしておけば、さらに安心だ。今回は鋼鈑製で外に熱が強く伝わる機種のため、このような炉壁の構造になっているようだ。スリットが目立たないように上手に仕上げていると思った。側面の上下端に注目上端下端金網で埃やごみが入らないようにスリットを入れて空気 [続きを読む]