かわはら さん プロフィール

  •  
かわはらさん: 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ハンドル名かわはら さん
ブログタイトル春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ブログURLhttp://kawahara1967.blog93.fc2.com/
サイト紹介文DIYで費用を抑える方法〜高級機まで幅広く網羅。薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザ等使いこなしの話題
自由文自宅の裏山の倒木がもったいないと思って、ホームセンターで3万円の中国製の鋳物をDIY設置でやりはじめた薪ストーブ。最初は使えるか使えないかも判らない状態で半信半疑だったけど、すぐにその魅力に取りつかれて、薪ストーブ専門店『アース・リー山武店』を開業して、取り付け工事、設置コンサルとして活動中。公式サイト→http://www.geocities.jp/frankrin_1st/eaath_re_sambu/index.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/10/21 10:38

かわはら さんのブログ記事

  • 【特売情報/Sale】金属製の薪ラック5000円
  • 「自分で薪棚を作るのはちょっと難しいかな?」という人でも、簡単にできる薪ラックを5000円で特売する。ツーバイフォーの適当な長さの木材を別途自分で買ってきて差し込むだけ。ビスもインパクトドライバーも不要だ。設置する場所のツーバイフォー材の長さに応じて適当な間隔でコンクリートブロックを下に敷くだけで簡単にできる。雨の当たる場所で、屋根をつける場合はパイプに適当な金具を使って工夫すれば良いだろう。もっと簡 [続きを読む]
  • 昭和3年上棟の古民家が薪ストーブで蘇る
  • エイトノットを設置したお客様宅では、現在、薪棚を作成中。まだ柱や屋根ができていない土台だけの状況だったけど、とりあえず先行して薪を納品した。薪棚を製作する場合には、可能であれば、地面から300ミリ程度浮かしたい。また屋根をかける場合の庇(ひさし)も同様に薪の位置から300ミリ程度は出しておきたい。意外と庇をギリギリで作ってしまいがちだけど、地面に当たった雨粒が飛び跳ねたり、屋根から垂れた水滴が風で当たる [続きを読む]
  • 薪ストーブで洗濯物を乾かす
  • 天気が悪い日が続くと、一般住宅ではなかなか洗濯物が乾かないけど、薪ストーブのある家だと短時間でパリパリに乾く。万一洗濯物が落ちても、薪ストーブに触れない位置で干すというのは言うまでもない。写真だと距離感が判りにくいけど、この家も問題ない状況だ。薪ストーブの設置直後の取り扱い説明、火入れは生活感や使用感がなくて、ちょっと物足りないけど、このように実際に使っている状況を見ることができるのは、とてもうれ [続きを読む]
  • エイトノットのオーブン室が大活躍してた
  • 私が万全の耐震対策で設置したオーブン付きの薪ストーブ、エイトノットが、設置後に大活躍しているのを見る機会に恵まれた。普通は設置後の取り扱い説明をして引き渡した後は、実際に使っている状態をなかなか見る機会がないので、こうして、活用しているのを見るのは、とてもうれしい♪(煙突掃除などのメンテ時の使っていない状態は見ることができるけど・・・)https://kawahara-stove.com/3pr_inst_feature/earthquake_resista [続きを読む]
  • エイトノットの木製ハンドルの焦げ対策
  • 以前、エイトノットについての記事に使っているユーザーさんと思われる方から「木製ハンドルが焦げる」というコメントがあった。先日、設置したお客様宅へ薪の配達に行った際に、現物を確認する機会があったので、その点について補足しておく。確かにこの機種はガラスのすぐ近くに木製ハンドルがあるので、何の対策もしないでガンガン焚き続けると、そういうことも起きるのも無理はない。コメントした人が、製造元に問い合わせたら [続きを読む]
  • この春には薪ストーブを卒業?
  • 薪ストーブが稼働しているシーズンは、薪ストーブの炉内でピザ窯を再現するのも良いけど、シーズンオフには屋外で本格的なピザ窯で焼くのも良い。先日の雪の日に初体験したが、ピザ窯だと、薪ストーブで焼くよりも、シビアさがなく誰にでも簡単にできた。薪ストーブだとピザに最適な炉内の状態を長時間に渡って保つのが難しい。熾火の量、薪から立ち上がる炎の量などバランスを取りながら、調整するテクニックが必要になってくる。 [続きを読む]
  • 新築の薪ストーブ設置現場で上棟後の打ち合わせ時に角トップ搬入
  • 上棟直後の新築現場で、薪ストーブ設置の打ち合わせをしてきた。この後に野地板を開口して、チムニーを作るのだけど、角トップの現物があった方が工務店や大工さんにイメージをつかんでもらいやすいので、持参した。普通は、とりあえずチムニーを作ったら、板金で仮蓋をしておいてもらって、実際の煙突工事の時に角トップをつけるのだけど、この現場の場合は煙突を取り付ける前に、角トップをつけてしまって外観だけは完成形にして [続きを読む]
  • そろそろ、次の工事車両を考えないとならない
  • 現在使っている車は、走行距離が30万キロ近くなって、だいぶ調子悪くなってきた。エンジンの吹き上がりも悪くなってきてアクセルを踏んでもリニアに回転が上がらない。振動や音も大きくなってきて、パワーも出なくなってきて、オイルの消費も多くなってきた。そろそろ寿命を迎えそうな気配を感じる。長距離移動することが多いので、そろそろ次の車を探したいと思っている。エンジンだけでなくボディにもガタや歪みがきて、スライド [続きを読む]
  • 薪の配達のラストスパート
  • 薪ストーブシーズン終盤だ。最も寒い時期を乗り切るための2年乾燥薪の配達が続いている。乾燥不足の薪を焚いても、炉内で水分が蒸発するために熱が奪われて、部屋が温まらないし、燃え方もイマイチで悲しくなる。煤や煙も大量発生する。最悪の場合には煙突に付着した煤に引火して、煙突トップから火炎放射器のように炎が噴き上げる「煙道火災」となる。その際、煙突の表面温度は1000℃近くになり、貫通部分の木部が発火して火災に [続きを読む]
  • 薪棚を作る時に大事なこと
  • 薪棚を作る時に、細かい点は、現場の状況に合わせてカスタマイズすれば良いけど、以下のようなポイントを抑えて作ると、使い勝手が良くなる。◆しっかりとした基礎◆薪の重みでたわまない強度◆最下段を地面から30センチ以上浮かす◆薪の設置面から前後方向も左右方向も、30センチ以上の庇(ひさし)の出◆短い薪でも下に落ちたり、横にこぼれない工夫【↓ 一日一回、訪問のしるしにポチっと (タップ)いただけると幸いで [続きを読む]
  • 樫は2年乾燥必須
  • 今シーズンから薪ストーブを使いはじめたお客様から薪の注文を受けたので、納品してきた。ガッツリ1立米の、2年乾燥の樫を納品お客様も自分で薪集めを頑張っている同じ樫なのに、経年での色の違いが対照的だ。奥の薪棚が割ったばかり、手前の薪棚が2年乾燥。美味しい樫の原木薪棚も製作中だけど、薪として使えるのは2年後樫は特に乾燥に時間のかかる樹種だ。1年だと焚いても、まだ水が木口からシューシューと蒸発して、温度が上が [続きを読む]
  • かわはら薪ストーブ本舗オリジナルの角トップ(バージョン2)
  • 国産の高木工業所の角トップが秀逸なことは、既に何度も紹介しているが、定価も16万円くらいと価格と品質が比例する通り、それなりに高額だ。予算に制約があって、ローコスト施工を希望する場合には、この価格がネックになるケースもある。雨仕舞い的に不利な安易なフラッシング施工で妥協するケースもあるけど、なるべくならその方法は取りたくない。他社製の角トップ→http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-1966.html [続きを読む]
  • 焚きつけ時の薪の組み方レクチャー
  • 今回の相談で「住宅地で薪ストーブの煤や煙で近所からクレームを出してしまった」ということだった。自分で薪作りをしていたそうだけど、【太過ぎ、長過ぎ、形状が長方形、丸のまま】と、よくあるパターンのダメ薪だったことと、乾燥不足と、焚きつけの際の稚拙さで煙や煤を出してしまっていたようだ。今回のレクチャーでは、見本となる問題のない理想的な薪を持って行き、それを使って組み方のレクチャーを行った。最初に、これま [続きを読む]
  • 同じ薪ストーブでも、購入する場所によって全然違う
  • 他店で施工した案件で「新築でドブレ700SLを導入したけど、上手く使いこなせない」ということで相談を受けた。適切な取り扱い説明を受けてないため、煙や煤の問題で近所からクレームまで出てしまったそうだ。住宅地での薪ストーブの使用は、自己流で試しての失敗が許されないシビアな状況なのだ。最初から、ほぼ完璧な状態で使わないと、苦情により薪ストーブライフの出だしから大きくつまづくことになる。使いこなしのテクニック [続きを読む]
  • クレカ払いの対応完了
  • クレジットカード払いへの対応に関しての先日のブログの記事に対して、PaypalやSquareなどの情報をコメントでいただいたので、順次、進めていった。オンラインでの申込と審査と設定だけで物理的な機械が不要なPaypalはすぐに準備が済んだけど、この方法はお客様がPaypalアカウントの取得する必要があるので、利用に当たっては少し敷居が高いが、一番最初に利用できるようになった。Squareはタブレットに接続するクレジットカードリ [続きを読む]
  • 薪ストーブの炉内でシューマイを焼いた
  • 熾火の炉内は調理に最適だ。その時の火力に応じて、ふさわしい素材を投入しよう。薪ストーブ料理は美味しいし、楽しいので、ぜひとも挑戦してみよう。最初のうちは熾火の量でどの素材が最適なのか解らないと思うが、やっているうちに、だんだん解ってくる。ポイントは、素材にふさわしい火力の見極めだ。熾火の炉内は調理に最適な状況AGNI-CCの専用五徳の上だとピアットも安定する 取っ手が取れてとっても便利なピアット(取り [続きを読む]
  • 海外の、薪ストーブとビール
  • 国産の定番ビールは、苦味があって好きじゃないという人もいるだろう。世界には日本のビールとは全く違う個性的なものが多い。今回はドイツビールを試してみた。すっきりと爽やかな飲み口で、苦味が少なくて、とても飲みやすい。ビールの苦手な人でも、これなら飲めそうな感じ。欧米の薪ストーブを焚いている人も多いけど、ビールも積極的に欧米のものを試してみてはどうだろうか?きっと新しい発見があると思う。薪ストーブの炎を [続きを読む]
  • 炉内にやっと入るサイズの巨大サツマイモの焼き芋は失敗
  • 炉内にやっと入る薪のようなサツマイモ蜜が出て、アルミ箔を剥がしたら一緒に皮も剥がれるくらいトロトロに柔らかくなったとりあえず輪切りにして様子を見たやはり内部までは十分に火が通らず硬さが残る周辺部は柔らかいけど、中心部分にちょっとだけ硬さが残った。食べられないほどではないけど、イマイチだった。巨大で太いサツマイモの場合には表面が柔らかくなっても、内部まで火が通らない。横着して一個ドンとではなく、複数 [続きを読む]
  • スカゲンの空気調整の不具合は簡単に解決した
  • ハンターストーブはシンプルな構造でメンテナンス性に優れている。そのため、万一の不具合の発生時にも薪ストーブ店に修理を依頼しなくても自力で解決することもできる。ハンターのスカゲンのユーザーから「空気調整ダイヤルを左に回しても空気が絞れなくなった」という連絡を受けた。対処方法を伝えたら、ユーザーの処置だけで復旧した。スカゲンの空気調整の機構はとてもシンプルで、底面の空気調整ダイヤルはカセット式になって [続きを読む]
  • 販売用の2年乾燥の極上薪の残り在庫は3立米
  • 先日、東京でも雪が積もった。その雪がまだ完全に溶けていないところへ薪の配達へ行ってきた。まだ日陰の路上には雪が残ったり、凍りついているいて、スタッドレスタイヤでないと危ない状態だった。これから2月が1年で一番温度が低い、寒さのピークだ。「薪が足りなくなったけど残り少ないシーズンを楽しみたい」という人のところへ、2年乾燥の極上薪の配達へ行ってる。(軽バンに無理なく積める量の1立米で、配達料込3万円だ。現 [続きを読む]
  • 静岡県へ薪の配達に行ってきた
  • 静岡県へ薪の配達に行ってきた。遠方だったので、前泊で停めた駐車場での、まさかのスモールライト消し忘れでバッテリー上がりのためJAFを呼んだ駐車場から出して押し掛け(牽引してもらった)予定より1時間以上遅れて、ようやく到着して、薪を降ろした私のブログを参考にして建てたという家と設置した薪ストーブを見せてもらった今回の薪の配達のことを、ご本人のブログでも記事にしてくれたhttp://www.makifuyu.com/entry/2018/0 [続きを読む]
  • 地方出張のピークで2月の予定はほぼ埋まった
  • 2月は関東圏での仕事も入っているけど、地方出張もバンバン入ってきた。本当は岡山と福岡を同時に一回で動きたかったのだけど、現場の工事の都合で二回行くことになり、かなりの移動距離、時間を要することになった。1月末は静岡県への薪の配達2月初旬は岡山県でのリフォーム案件の現場確認2月下旬は福岡県での、新築住宅への薪ストーブ設置工事2月は、関東にいる期間がかなり限られているので、関東圏で、これから用事のある人は [続きを読む]
  • 私は薪ストーブや煙突を売っているわけではない
  • 私は薪ストーブ屋だけど、薪ストーブや煙突を単純に売っているわけではない。安全で快適な薪ストーブライフを送るための、ノウハウを売っているのだ。極端な話だけど、私が取り扱っている高品質な国産の高木工業所の煙突も、欧米の高級薪ストーブも、かわはら薪ストーブ本舗で買わなくても、他のストーブショップでも買おうと思えば買えるので、入手は可能だろう。薪ストーブを取りつける場合には新築、既存の家へのリフォームを問 [続きを読む]