かわはら さん プロフィール

  •  
かわはらさん: 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ハンドル名かわはら さん
ブログタイトル春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ブログURLhttp://kawahara1967.blog93.fc2.com/
サイト紹介文DIYで費用を抑える方法〜高級機まで幅広く網羅。薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザ等使いこなしの話題
自由文自宅の裏山の倒木がもったいないと思って、ホームセンターで3万円の中国製の鋳物をDIY設置でやりはじめた薪ストーブ。最初は使えるか使えないかも判らない状態で半信半疑だったけど、すぐにその魅力に取りつかれて、薪ストーブ専門店『アース・リー山武店』を開業して、取り付け工事、設置コンサルとして活動中。公式サイト→http://www.geocities.jp/frankrin_1st/eaath_re_sambu/index.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/10/21 10:38

かわはら さんのブログ記事

  • ネスターマーチンのメンテ
  • 炉内のパーツ、角トップの蓋などは屋外で清掃営業中の店舗での煙突掃除&メンテなので、来客中のお客様に配慮しつつの作業あまり盛大に道具を広げないで、養生も必要最低限にして邪魔にならないようにした。【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)を (タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計 (タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】 [続きを読む]
  • イントレピット2のメンテ
  • まずは煙突掃除引き続き炉内メンテ触媒を取り外し、積もった灰を清掃毎年、きちんとメンテしないと、灰が積もってまともに燃焼しなくなる。【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)を (タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計 (タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】にほんブログ村 [続きを読む]
  • 千葉県野田市の樫の伐採現場情報(5月下旬に回収可能の見込み)
  • これから伐採開始、とりあえず枝打ちして、数日以内に伐採する。その後、建材として使えそうな部分は大工さんが持っていくが、残った分を、現場から回収可能。写真でも判る通り、車横づけ可能で回収しやすい状況だ。この樫ほか5本を伐採枝打ち完了道路との位置関係周辺の状況地主さんとの話「今月中に片づける」ことになっているので、いつまでも回収可能というわけではなく、タイミング良く取りに行ける人限定だけど、興味のある [続きを読む]
  • 施主支給の薪ストーブでも、煙突工事、薪ストーブ設置工事やります
  • 薪ストーブ本体と煙突工事をセットでないと引き受けないという施工店もあるみたいだけど、かわはら薪ストーブ本舗では、煙突工事だけ、炉台、炉壁工事だけというパターンでもやっている。今回も長野のイエルカという鋼板製の薪ストーブを施主さんが買ってきて、それに合わせて対応することになっていた。パンフレットやウェブ上のデータだけでは、炉台、炉壁の仕様、外気導入をどうするかまでの詳細は決められないので「現物が届い [続きを読む]
  • 初年度ユーザーへ煙突掃除の後にアドバイスした
  • 初めて薪ストーブを一冬使った後の煙突掃除、メンテナンスに呼ばれたので行ってきた。煤の量が多く、煙も発生させていたようなので、焚き方や薪の作り方についてアドバイスしてきた。薪棚を見ると、かなり太目だったので、腕ぐらいの太さにするように伝えてきた。また来シーズンからは、ユーザーが自分自身で煙突掃除とメンテナンスをするつもりということだったので、指導しながら行った。煙突内にもかなり煤が付着していた炉内の [続きを読む]
  • 煙突ステーを屋根の上に固定するのはアリなのか?
  • 私は絶対にやらないけど、平屋の住宅へ煙突を施工する場合、低い位置だと煙突高さが稼げないので、屋根の上を極端に立ち上げて伸ばすパターンとなりがちだ。そうすると風の影響で煙突がぐらつくので、このようにステーをつけて屋根材に打ち付けて固定するパターンをたまに見かける。たまに見かける長く伸ばした煙突をステーで屋根に固定するパターン将来的には雨漏れしそうな気がする。しかし施工した人は自分は10年後は、仕事をし [続きを読む]
  • 中国製の煙突の問題点
  • 「二重断熱煙突ならメーカーや生産国はどうでいい」みたいな無頓着な考え方をしている人も多い。薪ストーブ本体にはこだわっている人が多いのに、とても残念だ。実際のところ煙突は薪ストーブ本体以上に重要だし値段も高いのだ。薪ストーブ本体は問題があればサクっと入れ替えも可能だけど、煙突工事のやり直しはかなり難しいし、いざやらざるを得なくなったら費用もかさむ。薪ストーブ本体以上に、もっともっと煙突の品質にも目を [続きを読む]
  • 一日で2件の煙突掃除
  • 薪ストーブシーズンが終わりつつあるので、煙突掃除の依頼が立て続けに入ってきている。1件目は他社施工の「なんだかな」という状態の煙突なんだかの内容については、後日改めてレポートしよう。2件目は自社施工の煙突なので安心して作業できた先週末は、午前中にこの2件の煙突掃除を終えて、午後はこの現場の近くの現場の煙突工事とフル稼働の一日だった。いよいよ今週末から、関西ツアーに出かけて、11台の煙突掃除&メンテをし [続きを読む]
  • ドリルで回転式の煙突掃除ブラシ体験レポート
  • 私の場合は依頼を受けて煙突掃除をする場合、基本的には屋根の上から煙突トップを取り外して、上からブラシを通して炉内に煤を落として作業している。煙突トップの網やルーバーに付着したり、角トップ内部の煤を確実に綺麗にすることができるからだ。単純に下から、普通のブラシを突き上げただけだと、煙突内部は掃除できるけど、煙突トップは物理的にブラシが届かないので、隙間や金網が詰まってしまって、最終的には煙突トップを [続きを読む]
  • 古民家の小屋裏部分の煙突工事
  • チムニーのベースは古材の形に合わせて材木をカットしてビスで仮止めした後にボルトで固定して構造と一体化させてあるチムニーは単に屋根の上に乗っているだけでなく、小屋裏部分の建物の構造まで柱が伸びてガッチリ造作されている煙突固定金具の下地も十分な強度を確保してある室内足場なしには不可能な煙突工事だったチムニー造作時の足場を残しておいてもらったので、煙突工事も安心して作業できた高品質な国産高木工業所の二重 [続きを読む]
  • 急勾配の屋根だったけど、特設足場のおかげで天国でのような作業
  • 古民家リフォームで薪ストーブを設置する案件だ。足場なしでは厳しいけど、左官屋さんの作業時の足場を使わせてもらうことができたこのチムニーの外壁は、よくあるサイディングでもなく、板金仕上げでもない、ホンモノの煉瓦タイルだ。左官仕事はモルタル、タイルなどの大量の資材を使うので、しっかりとした足場が必要になるのだ。この足場を使わせてもらうことができたので、まるで天国にいるかのような快適な煙突工事になった。 [続きを読む]
  • 本物の暖炉の点検
  • 今から25年くらい前の新築時に設置した暖炉が故障したということで呼ばれた。送風ファンが止まらなくなってしまったといことだ。当時施工した販売店は連絡がつかなくなってしまっていて、お客様の最寄りの薪ストーブ店に連絡しても対応してくれなくて、インターネットで検索して、私のことを見つけたということだった。送風ファンがずっと動き続けると、うるさいし、火が入ってない状態で冷風が出てきても困るだろう。最初は電気屋 [続きを読む]
  • ちょっと肌寒かったので薪ストーブに火を入れてドイツビールを飲んだ
  • GWは夏のような陽気だったのに、終わったら急激に冷え込んできた。温度差に身体がついていかないので、薪ストーブに火を入れて、先日薪の配達に行った時に、お客様にお土産にいただいた、とっておきのドイツビールを飲んだ。わざわざ、私のために珍しいビールを用意してくれていて、感動だ。特別な時に飲もうと機会をうかがっていた。薪ストーブとドイツビールのコラボ麦の香りが楽しめた【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチ [続きを読む]
  • GWのキャンプ用の薪の販売
  • かわはら薪ストーブ本舗のすぐ近くに有野実苑というキャンプ場がある。ここでは杉の薪が1コンテナ800円で売られている。杉だと、火をつけるのは容易だけど、火持ちがイマイチだったり爆ぜたりする。これに満足できないお客さんが、足を伸ばして広葉樹の薪を買いにくることがある。こちらは約1コンテナ分1000円と若干高めの値段設定にしているけど、リピーターさんや、紹介で少しづつお客様が増えている。キャンプ用品の隣に3コン [続きを読む]
  • GW後半も薪の配達からスタート
  • これまで、5年くらい別荘で薪ストーブを使ってきたそうだけど、冬に薪を焚きたくなって注文しても、すぐに持ってきてもらえなかったり、乾燥不足の生乾きの薪を持ってこられたりという経験から、今回は、薪棚が空いたシーズンオフに突中した今の時期に薪の注文をいただいた。新緑の季節の中の薪の配達は、とても気持ち良かった。冬の間に焚いて空になった薪棚を満載したすぐに焚ける即戦力の薪を持って行った配達の後は、東京湾越 [続きを読む]
  • 薪を入れたメッシュパレットボックスの回収
  • 販売用に仕入れた薪はメッシュパレットボックスに入った状態で納品される。販売後に空になったら、折りたたんで場所を取らないように積み重ねておく。昨シーズンの納品時にトレーラーでまとめて輸送された分だけど、今回の回収時はユニック車だったので折りたたんでも、一度に全部は積みきれなかった。長辺と短辺を交互にして、重ねて高くならないよう安定するようにしてから積み込む真ん中の山はフォークリフトで積んだので同じ方 [続きを読む]
  • 庭木伐採での死亡事故が発生
  • 庭木伐採で死亡事故という衝撃的なニュースが目に入った。丸い円盤状の刃ということなので、安易に丸鋸を使ったのだろう。丸鋸は製材した板材を切断するための道具なので、庭木のような生木、丸い形状を切断には向かない。回転する刃の反動で、激しく本体が吹っ飛んでくる。この現象をキックバックと言う。生木の丸い形状を切断する場合にチェーンソーが適切な道具で、正しく使えば比較的安全だけど、先端付近を下手に切断面に当て [続きを読む]
  • GWは4日間連続で、煙突掃除とメンテナンス
  • 薪ストーブのメンテナンス、煙突掃除のベストシーズンのGWに突入した。連日、作業に動き回っている。一日に一現場づつ詳細にブログの記事を書くほど、多くの写真は撮らなかったので、今回はまとめて一日一枚の特徴的な写真でまとめて紹介する。このように、毎回毎回、同じやり方ではなく、現場の状況に合わせて最善の方法を考えながら、臨機応変に対応している。【DAY 1】 ピキャン メガオーブン初日は問題なく無難にサクっと終 [続きを読む]
  • あなたの煙突内に付着している物質は、そもそも煤なのか?
  • これから梅雨入り前までが、煙突掃除やメンテナンスのベストシーズンだ。薪ストーブの燃焼時に必ず発生する煤は、不完全燃焼の産物だ。焚いた薪の質(樹種)、乾燥度合い、空気の量、燃焼温度によって違ってくる。単純に「量」だけで判断しないで、もう少し突っ込んで考えてみたい。「量」である程度、そのシーズンの燃やし方の判断ができるのだけど、もっとこまかく「色」「サイズ」「硬さ」などの複数のチェックポイントがある。 [続きを読む]
  • ドブレ640CBの扉の開閉レバーの調整のコツ
  • お客様が数年使っているドブレ640CBだけど「扉の開閉レバーの内部のナットが緩んだので回したら折れてしまった」という事例があった。当然、そのままの状態では使えないので、交換パーツを取り寄せて、修理した。この部分は高熱にさらされるので、ボルトのネジが熱酸化しているので、何も対策しないでいきなりやると、そういうことが起きやすい。もし扉の開閉レバー緩んで調整したくなったら、まずは潤滑油を噴きつけてしばらく置 [続きを読む]