砂月 さん プロフィール

  •  
砂月さん: 黒い糸 
ハンドル名砂月 さん
ブログタイトル黒い糸 
ブログURLhttp://black.stxst.info/
サイト紹介文虚構と現実の区別がつかない方の閲覧はご遠慮頂くよう、お願い申し上げます/ J庭 あ20ab
自由文黒い糸 について

このシリーズは一人の少年の成長と共に進行します。(未成年者との性交を推奨する意図で書いたものではありません)
生と性、善と悪、狂気と現実、
その狭間で人生を歩む登場人物達。
百%のフィクションです。
登場人物の行動・心理全て、現実有り得ない虚構の世界です。この小説には一部残虐なシーンが含まれます。
実年齢だけでなく精神年齢も大人の方を対象としています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/10/23 01:32

砂月 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 天使の頬杖 (33)
  • ?目次? ★!必読!読まれましたか?★ 「おぉコワ。氷と薬を持ってきますから、そのまま痛みに耐えていて下さい。この際、エムに目覚めるのもありですよ」 西野がビニール袋に入れた氷と自分の鞄をを提げて戻って来 [...] [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (32)
  • ?目次? ★!必読!読まれましたか?★ 「―――い、…け、か、な…め…」 亮二がやっとの思いで声を絞り出す。 「お父さん! 僕、一人でいけない」 クッ、クッと笑いを堪えた西野が 「だったら、私がイかせてあ [...] [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (31)
  • ?目次? ★!必読!読まれましたか?★ 「自分で起きろ。自分の足で歩けるだろ」 「…子どもの僕も大歓迎って言った」 要が抱き上げてと言わんばかりに両手を伸ばす。 「ガキめ」 亮二が要の背中とベッドの隙間に [...] [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (29)
  • ?目次? ★!必読!読まれましたか?★ ★機上恋シリーズ文庫3冊の帯企画4弾、発送済みです。ご応募ありがとうございましたm(__)m ★ 朝から色々あったが、まだ土曜の昼だ。 服を着た西野は [...] [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (27)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★★機上恋シリーズ文庫3冊の帯企画4弾、発送済みです。ご応募ありがとうございましたm(__)m ★ 「本当に自覚がないのでしたら、要クンを追い詰める言動も仕方ありませんね」 「俺が要を苦しめているとでも言いたげだな」「その通りです。要クンに殺されてもいいなど、二度と言わないで下さい。要クンが誰かを殺すことを肯定しないで下さい。手を血に染めていいのはあなたと私 [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (26)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★★機上恋シリーズ文庫3冊の帯企画4弾、〆キリました。ご応募ありがとうございましたm(__)m ★ 「呑んでるのか」 「落ち着きたくて、勝手に頂いてます」西野はリビングでバーボンのロックを呑んでいた。「書斎から持ってきたのか?」書斎というのは亮二の仕事部屋のことだ。「ええ。あなたもどうです?」亮二の分のグラスとアイスも用意してあった。「昼間っから酒か…。悪く [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (25)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★★機上恋シリーズ文庫3冊の帯企画4弾、〆キリました。ご応募ありがとうございましたm(__)m ★ 「二人を同時に刺し殺す夢だったんですね。感触を覚えていますか?」 「――覚えて…います…」噛みしめながら、要が言う。「どんな風でした?」 「いい加減にしろっ!」矢継ぎ早に続ける西野に、亮二がまた切れる。「お父さん、怒らないで!」 「もう十分だ。何も答えるな。何も [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (24)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★★機上恋シリーズ文庫3冊の帯企画4弾、〆キリは8/31です。お急ぎ下さいネ。勇一×時枝(ガチに絡みます…この企画では初です)★ 「――よくないッ!」涙を浮かべた要が叫ぶ。 身体はまだ震えていた。 その身体を亮二が「いいんだ」と抱きしめる。「最悪」傍観者になっていた西野が吐き捨てる。 なにがだ、と亮二が西野を振り返り、睨む。「いいわけないでしょ。要クンを悪 [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (23)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★★機上恋シリーズ文庫3冊の帯企画4弾、〆キリは8/31です。勇一×時枝(ガチに絡みます…この企画では初です)★ 「要、どうした」 「要クン!」突然の要の叫び声に、大人二人が身体を即座に解く。「しっかりしろ!」痙攣しているように身体を震わす要を亮二が胸に抱き上げる。 パッと目を見開いた要が、亮二を認識するなり、亮二を突き飛ばしてその胸から逃げた。 そして、 [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (22)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★★機上恋シリーズ文庫3冊の帯企画4弾、〆キリは8/31です。勇一×時枝(ガチに絡みます…この企画では初です)★ 大人二人が要の隣で欲望のままに交わる。 激しい息遣い、マットレスの振動、二人の体臭が混じり合い独特の芳香、要の意識を呼び覚ます要素は一つではなかった。 それにも関わらず、要の意識は深い場所に沈んだままだった。 しかし別の次元では覚醒していた。 い [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (21)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★↑ホントに読みましたか?↑注意事項理解していますか?↑実年齢、精神年齢共にクリアしていますか? 「―――お父さんッ…」要の股の間に移動した亮二が、雄々しく勃起した一物を要の肛門にぶち込んだ。「ん、――ッ、――熱いっ…お父さん、お父さんッ…」グジュ、グジュ、という音が結合部分から漏れる。「嬉し涙というより、涎だ。要の尻の中は涎だらけだ。いやしいケツだ」 [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (20)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★ 「――どういうこと…?」布団から出た途端、要は左右の腕を亮二と西野に片方ずつ掴まれた。「要クン、罠に掛かったウサギさんですね」 「…なんで?」 「何がです?」腰を亮二に突き出しているはずの西野が、濡れた唇で聞き返す。「だって…お父さんと先生…」自分の腕を引っ張り左右にいる亮二と西野の顔を要が交互に見る。「セックスしてると思って慌てたんでしょ?」 「し [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (19)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★ 「ああ、その通りだ。酷い仕打ちを受けた。だから仕返すっていううのもアリだろ」 「…そんなぁ……酷い…お父さん、酷い…。昨日からずっと僕を虐める…」結局、亮二への仕置きは意味がなかったと要は知る。 何を仕掛けようと、結局辛いのは亮二ではなく自分の心と躰なのだ。「要クン、もうここまでかな? まだ、がんばる?」これ以上は無理でしょ、っていうニュアンスが西野 [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (18)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★ 「…先生…、僕…、僕…、」西野が動く度に、要はもっと刺激が欲しくなり、亮二に視線が向かう。 太腿じゃなく、身体の中を荒々しく亮二に愛されたい。 一晩放って置かれた身体に刺激を受ければ、亮二への欲望が強烈に目覚めてしまう。 結局、亮二ではなく、要自身へのお仕置きだ。「先生…、先生…っ」違う。呼びたいのは亮二だった。 だが、亮二に仕掛けた『お仕置き』に自ら [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (17)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★ 「要クン、諦めて」西野が指を抜く。そして、自分の起立した先を押し当てた。「お父さん! お父さんっ! 亮二さんっ」 要は西野ではなく亮二に訴えかけた。 どうして見過ごすのかと、悲痛な声で亮二に助けを求めた。 だが、亮二は止めようとしなかった。「いただきます」と、涼しげに西野が言う。 挿入を阻止しようと、要が尻に力を入れ肛門を絞めた。「無駄なのに」西野の [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (16)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★ 「!」要の動きが止まる。「ダメ!」 「あらあら…可愛い反応だこと」目を見開き、唾液で濡れた唇で拒否を訴える要に西野が笑う。「襲いたくなるだけ、です。ゴッコ遊びしましょう」 「ごっこ遊び?」 「お父さんにお仕置きするんでしょ?」西野が要の唾液と滲む蜜で艶っぽく光る自分の先端を指で弾く。 細い竿が左右に揺れた。「…する。お仕置きします」 「ザ、デビュー」と [続きを読む]
  • 初企画…「黒い糸 Extra Story 花死」のお届け〜
  • 応募券を貼り貼りして、ご応募下さった皆さま、予定より遅れてしまいましたが…どうにかお届けを正確にご案内できる段階に来ました。発行日と某イベントが重なったため、印刷所がイベント合わせと勘違いされたらしく・・一旦キャンセル扱いになりそうなドタバタもありましたが…(今回、初めての印刷所さんです)、今月の30日にうちに届く予定です。遅れに遅れましたので、STSTでご案内させていただいた通り、別途癒やし系CDをつけて [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (15)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★通販中 → 企画応募用台紙の説明アリの個人誌案内(STST)黒い糸の初企画物「黒い糸 花死 R18」、お届けが一ヶ月遅れます。3月中には届きます(←うちに届くのが)…入稿予定日前に事件が・・(>o。 「うふ、手じゃなくて口からとは、教育が行き届いてますね」 「当然だ」 「ぁあ、イイ感じです。そう、そう…」先端だけじゃなく茎までツルツルした舌触り。 口内に広がる苦みの [続きを読む]
  • 天使の頬杖 (14)
  • ?目次?★!必読!読まれましたか?★通販中 → 企画応募用台紙の説明アリの新刊案内(STST)黒い糸の初企画物「黒い糸 花死 R18」本日締め切りです! 帰省等で遅れる方はツイッター経由か同人誌記載のアドレス宛にてご連絡下さい。 「ほう。できるものならやってみろ」亮二がベッドの端に腰を下ろす。「要クン、先生のここも可愛がってくれますか?」亮二の存在が気になり、動きが止まってしまった要の手を、西 [続きを読む]
  • 過去の記事 …