こめぶんか さん プロフィール

  •  
こめぶんかさん: komebunnkamaのブログ
ハンドル名こめぶんか さん
ブログタイトルkomebunnkamaのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mamostt
サイト紹介文自分が関心を持ったその日のことを書いています。目標にしていることは地域社会の活性化です。
自由文自然を愛しています。いわんや人間をや
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/10/25 10:48

こめぶんか さんのブログ記事

  • 国は自由であって自由でない、個人も自由であって自由でない
  •  宮崎正弘氏のメルマガに読者の声として掲載してあった論文がまさに筆者が苦悶していた人類の課題「国家と個人」、「従国と自由」について哲学的観点から明快な回答に出会ったので控えておくことにする読者の声2)先に私は、世界中で救世主のように用いられる一方で、国家や国民の上に重くのしかかって、のびやかな自由を窮屈にしてしまっているように見える、「人権」なる概念の、いかがわしさ、非学問性を指摘しておきましたが [続きを読む]
  • 国家災害対応計画をすぐに示せ!
  • ◎五年前の7月7日*今回の参議院選挙、各党が最もらしいことをしゃべっているが必要なのは本当に体を張って自然を守る人だ。次世代のために先祖が残してくれた美しい日本の自然を守る人だ。*鈴木宗男元衆院議員(65)が代表を務める新党大地は、参院選の比例選候補に、鈴木代表と同姓同名の木工品製造業の男性(73)を届け出た。この同名の鈴木氏と鹿野山周囲にある杉林の伐採作業を共にしたことがあるが本当に真面目で丁寧な [続きを読む]
  • サッカーワールドカップ所感
  • ◎五年前の7月2日*安倍首相、参議院後、戦後レジュームからの脱出はやめたほうが良い。日本は敗戦国だったのだ。戦犯を靖国において参拝すれば理屈はどうあれアメリカだって本当は面白くない。未来志向を本当に考えるならば今の日本そして未来の日本をもっと世界にPRすべきだ。過去の話をしても世界は受け付けない。*アベノミクス効果、公的年金効果11兆円出たそうだが、リスクが高いので年金関係資金は慎重にしたほうが良い。く [続きを読む]
  • ボイジャー1号からの所感(五年前の筆者ブログより)
  •  先日「はやぶさ2」が「リュウグウ」20km上空に到着したニュースが流れた。これから着陸し、お土産を持ってくるそうだ。五年前の筆者のブログにこんな妄想を掲載していた。(繰り返しますが五年前の記事です)【6月28日 AFP】1977年に打ち上げられた探査機「ボイジャー1号(Voyager 1)」は現在、太陽系の端に到達しつつあるものの、太陽の磁場の影響から逃れるにはあと数か月から数年かかると、米航空宇宙局(NASA)が27日、 [続きを読む]
  • 津軽訪問記ー由利本荘・岩城町、総括(2)
  • ◎由利本荘地区についてもう少し詳しく*縄文時代中・後期90余か所先史時代の遺跡が確認される*「続日本書紀」宝亀十一年二十三日条に由利柵は、出羽柵が高清水岡(現秋田市)に移管された時以来、広報連絡要地として、また東方からの夷荻の圧力に備えるための要害と沿て設けられたとある。*10世紀半ば「和妙抄」に飽海郡由理郷と河辺郡邑知郷が子吉川を隔ててある*藤原泰衡郎従由利維平は由利郡に起こって所領を由利地方に [続きを読む]
  • 津軽訪問記ー由利本荘、岩城町総括(1)
  • ◎今回の津軽訪問の目的の一つは由利本荘の湾口に立つことと、古刹を訪問し古代の出羽の国の人たちを偲ぶことでした。また、福島県のいわき市の磐城一族と江戸時代由利本荘岩城町を統治した岩城氏との関連を自ら感じる事でした。そしてこの岩城一族の連子に月の家紋を背負った西條一族が宮城県桃生郡に集まった訳、そして桃生町の牛田には住民の9割が西城なのですがこの土地の西條一族は中世期、近世期(平安末期から江戸時代)ど [続きを読む]
  • 赤ずきんちゃん(6月13日から
  • ◎五年前の6月13日*どうも旧来からの組織が日本の発展を阻害しているようだ。経団連、労働組合、農協、医師会、日本プロ野球機構、全柔連、挙げればきりがない。企業組織のあり方も含めて、すべての組織を検討してみてはどうか*昨日、米中のサイバー戦争の番組がBS8チャンネルでPM8時から放映されていたが、我々日本人の知らないところで戦争が起きているようだ。日本人も今戦時下にあることを自覚しなければならないのだろう。 [続きを読む]
  • 津軽訪問記11-2
  • ◎天鷺城西暦八百年ごろ、天鷺速雄という豪族が天鷺山(現高城山)に居を構え、近況を統治していたが坂上田村麻呂と戦って滅んだと伝えられている。(筆者所感:800年ごろというと阿弖流為・モレが田村麻呂に攻められて蝦夷が投降した時期と重なるが一族がこちらに逃亡してきたことも考えられる)*遠藤家大坪流馬術師範を以って藩主に仕えた家柄で禄高は二十八石余。亀田藩武家屋敷の特徴が随所に残されています。(筆者所感:伊 [続きを読む]
  • 津軽訪問記11
  • *とりあえず写真だけ掲載しておこう。◎岩城町h龍門寺で一番立派な墓石阿部家休憩◎五年前の6月2日*アメリカが中国のTPP参加を促し、中国も検討しているとのことだが。中国がオリンピック開催のためなんとしても参加したかったWTOに参加が決まった直後の論文があるhttp://blogs.yahoo.co.jp/mamostt/10900964.html … [続きを読む]
  • 六郷家関連の五柱神社について
  • ◎五柱神社について(詳しくは別掲する)ー六郷家が神主由緒後冷泉天皇の康平3年(1060、平安)源頼義(陸奥守・鎮守府将軍、前九年の役)父子東夷征伐の際、常陸国村松に伊勢、賀茂、祇園、稲荷、春日の五神を勧請して戦捷を祈った古社(現茨城県那珂郡東海村村松に鎮座する村松大神宮)で、後花園天皇の永享7年(1435、室町)宍戸、佐竹、野口、永倉合戦の時、兵火に罹り、社・家等離散した。これを以って新に今の地を開いて遷座し [続きを読む]
  • 津軽訪問記9−2
  • ◎六郷家について *筆者が六郷家について興味を示している理由は何のことはない、単純に筆者の母の生家が六郷家だったからです。この六郷家については江戸末期を辿れば名取の五柱の神社の神職だったことがわかってきました。このご先祖様が武家六郷家と関係があったのかどうかはわかりません。しかし、武家の庶流が神社や寺に配されたことはかなりの頻度であったと思われます。例えば伊達家の重臣の鮎貝氏は自領内の松岩寺,(気 [続きを読む]
  • 津軽訪問記9
  • *文化交流会館カダーレ(素晴らしい建物だ)◎朝五時から朝食前に3つの寺を訪問し、文化交流館カダーレを訪問する前にもう一度ホテルで今日1日の予定を確認し訪問先の電話番号をナビに教え込みました。*10時に文化会館を訪問し、由利本荘について様々の情報を取ろうとして受付カウンターで全体的な街の概略をレクチャーしていただきました。そのうちに館長が見えられ、秋田県でも郷土史に詳しい専門家の携帯番号を教えていただき、 [続きを読む]
  • 津軽訪問記8
  • *訪問記7が写真の羅列で説明不足だったので趨勢しておきました。さて、今回の取材の2番目の重要さに位置づけられる由利本荘と岩城町訪問です。神社仏閣などの古刹もさることながら、どのような名前の墓石が多いのか時間を弄してっもチェックしてみるつもりです。今日のところは説明はともかく写真を掲載しておきたいと思います。◎慶祥寺◎正乗寺休憩 [続きを読む]
  • 津軽訪問記7
  • ◎5月1日、朝六時にホテルを出て朝食前に墓石調査に行きました。*まずは◎五年前の5月17日*本日、上野科学館で人類のグレートジャニー見学。そのあと、5時から銀座東武ホテルのコートヤード・マリオットで懇親会、初めてのところだ*松山英樹、何事も経験だ。今日が勝負、頑張れ。*NHK朝ドラ「あまちゃん」のベテラン海女を演じている木野花さん弘前大の教育学部を出て演出家もやってたのか http://blogs.yahoo.co.jp/mamostt/1 [続きを読む]
  • 津軽訪問記6
  • ◎宮城県登米市までの予定をこなし漸く由利本荘へ直行となるのですが所要時間と北上からの秋田高速道路がどんなものかかなりの不安を抱えて北上インターチェンジから秋田方面に向かいました。 まず驚いたのは両方向一車線で急激に道路が狭くなったように感じ対向車が大型の場合正直ビビりました。それでも後続車がさほど多くはなく対向車の交通量も頻繁ではなかったので徐々に慣れてきました。しかしさすがにトンネルの中では左側 [続きを読む]
  • 津軽訪問記5
  • ◎4月30日午前十時、まだまだ津軽への旅路の前にお会いしたい古老の郷土史研究家がおりまして登米市津山町にお邪魔しました。体調不十分の中時間を取っていただき心から感謝申し上げます。気合十分で訪問させていただきました。まさに大徳寺を含めてこのエリアについては本当に詳しい先輩です。(写真を整理しながら書いているので時間がかかります)*釣り石神社を後にして北上山地を縦断する64号線に入り追分温泉を横に見て一路 [続きを読む]
  • 津軽訪問記4
  • ◎4月30日、石巻のホテルを八時に出発しました。今日の予定は北上町の釣り石神社で社主さんと懇談し、その後登米市横山の郷土歴史家の自宅にお邪魔し、そのあとひたすら秋田県の由利本荘へ向かう予定。由利本荘着は夕方6時の予定。*釣り石神社この写真は神社境内からおっぱ側(旧北上川を撮ったものである。左が十三浜追波湾、向かい側が長面浜で家の被災で有名になった大川小学校は向かいの右手の方にある。*釣り石神社釣石神社 [続きを読む]
  • 津軽訪問記3
  • ◎石巻門脇の奇跡の土蔵2011年3月11日の大震災で二つある土蔵のうち一つが雑木に守られて残ったそうです。残された土蔵の中にあった古文書のうち筆者が気に入ったもの数点掲載しました。この日は魂の笑顔のセラピスト「あい☆えがお」代表の山本えり氏(兵庫県姫路市から)、東京新宿の一般社団法人シンギング・リン協会 代表幹事和 真音さんがこの奇跡的に残った土蔵を見に来ていました。この奇跡の土蔵も少しずつ全国区 [続きを読む]
  • 津軽訪問記(2)
  • ◎石巻香積寺(こうしゃくじ)訪問*香積寺別地域に西條家の墓石群がある。とりあえず写真を掲載する。 家紋が連子に月出ない西城*上記写真は西條家と若山家の墓碑である。西條家の家紋は連子に月になっていないし下の若山家の墓碑には不思議な家史が書いてあった。書き出してみると下記のとうりである。  若山家史 始祖鈴木三郎五郎重足は大阪城落城の際落ち延び本吉郡相川に来たりのち、桃生郡寺崎に移り [続きを読む]
  • 津軽訪問記(2)
  • ◎石巻香積寺(こうしゃくじ)訪問*香積寺別地域に西條家の墓石群がある。とりあえず写真を掲載する。 家紋が連子に月出ない西城**上記写真は西條家と若山家の墓碑である。西條家の家紋は連子に月になっていないし下の若山家の墓碑には不思議な家史が書いてあった。書き出してみると下記のとうりである。  若山家史 始祖鈴木三郎五郎重足は大阪城落城の際落ち延び本吉郡相川に来たりのち、桃生郡寺崎に移 [続きを読む]
  • 津軽訪問記(1)
  •  4月29日*朝5時17分に君津を出発しました。とにかく朝早い方が車事情はいいかと思い気合を入れて出発しました。今回津軽までの長距離にもかかわらずあえて自家用車の自運転にしたのは宮城県角田市の高蔵寺を見ることと石巻で千石船の会の事務長との面談のためと石巻北上町の釣り石神社の社主に会うためで途中下車のより道が多くなったのであえて自家用車を選択したわけです。*7時47分佐野サービスエリア以上佐野パーキングエリ [続きを読む]
  • 赤津欽ちゃん(5月7日)
  • ◎5月7日*五年前のツウィッターを見ても政治は全く進化していない。むしろ、退化しているのかも。小泉信一郎より一段上の若手の政治家が欲しい*ジャニーズ事務所はますます大変になってきた。スマップに続いてトキオまで失うとすると過去のジャイアンツがONを失うのと同じくらいダメージが大きいだろう。元来タレントを育てるのが上手な企業だからまた新しいひーとーが出てくるか!*エンゼルスの大谷が6回投げて自責点2で勝利 [続きを読む]
  • 赤ずきんちゃん(5月6日)
  • ◎5月6日*北朝鮮の核放棄が現実的なものになりそうな時期にきて大いに世界に期待を持たせていたのが急に日米の制裁解除に時期についてのクレームを発表した。つまり、リビア方式にクレームをつけたわけだ。米朝会談まだ予断を許せない。◎五年前の5月5日*日本人の海外留学者は、平成16年のおよそ8万3000人をピークに、経済的負担や就職活動への影響などを背景に減り続けており、平成22年にはおよそ5万8000人となっ [続きを読む]
  • 赤ずきん(5月5日)
  • ◎5月5日*今日は子供の日、和光の友人が遊びに来た。今年になって二回目の面談だったが小学校入学の効果がこれほどあるのかと感心するほど、成長が早い。*富津港でのコウイカ釣りは不調だったが、潮干狩りでは大変な量のアサリを確保してきた。大人一人2000円、子供1000円と結構高額だったが型はいいし、十分楽しめたそうだ。◎5年前の5月4日*これからの若者の雇用について、リスクをとってマーケットにチャレンジし(あるいは [続きを読む]
  • 赤ずきんちゃんー5月4日
  • ◎本日、和光市の友人が来ました。今年小学一年生になり、一段と少年らしくなりました。将棋も覚えようとしています。ピアノの発表会の録画を聞きましたが信じられないほど上手です。自分達のDNAではないような気がしました。ひょっとして一千年前の遺伝子かもしれません。変化が激しい時代であまり年寄りが影響することなく育っていってほしいと思います。明日は釣りに連れて行こうと思っていますし、また、潮干狩りにも行くよう [続きを読む]