Su~chan のカワセミ さん プロフィール

  •  
Su~chan のカワセミさん: Su〜chanのカワセミ物語
ハンドル名Su~chan のカワセミ さん
ブログタイトルSu〜chanのカワセミ物語
ブログURLhttp://kawasemihisashi.blog.fc2.com/
サイト紹介文カワセミを初め沢山の野鳥との出会い。野鳥の写真にのせて筆者の感じた思いを一齣一齣に載せて綴る。
自由文野鳥にはそれぞれ生き様のドラマがある。そんな野鳥の生きる姿から我等人間にも教えられることが多田ある。野鳥の世界魅せられる楽しさと喜びを多くの人と共有したい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供513回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2012/10/27 20:48

Su~chan のカワセミ さんのブログ記事

  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その17)北関東の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その17)北関東の小さな漁港にて軍艦の魅力 その?・・・軍艦のもう一つの魅力といえば・・・ 陽の光を受けて鉛色に輝く翼の美しさ!です。 尾羽を長く流して・・紺碧の空に両翼を一杯に広げ悠々と舞う雄姿は正に“空の紳士”! 両翼の肩に散りばめらられたダイアモンド??ダストが翼の美しさをグッと引き立てる。 本章ではその“翼の魅力”に迫ってみたいと・・・・  ==>(その18 [続きを読む]
  • ノゴマの朝食 (その4・最終章)北関東の運動公園にて
  • ノゴマの朝食 (その4・最終章)北関東の運動公園にて繁みから恥ずかしそうに・・・今どき、関東の彼方此方からノゴマ情報が聞こえてきます。。が、ここほど至近距離で撮れるポイントはありません。 精悍な??ジカラ・・・ ピンと跳ね挙げた尾羽・・ 細くも力強い??! 全身がウグイス色に覆われて。。地味な中にも・・全てが魅力のデパート!   束の間の出逢いでしたが、しばしのノゴマ風味を味わうことがで来ました。 [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その16)北関東の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その16)北関東の小さな漁港軍艦の“一本釣り” ・・奈紗の”一本釣り“! 遂に、”九の字”に曲げた首の先についた鉤状の針に魚が引っ掛かりました。 捉えた魚は空中で料理して食べる!そういえば、軍艦は滅多に留まって休むことがありません。。朝飛び始めると一日中飛び続ける・ なんとも“不思議の塊”が詰まった鳥??です!==>(その17)へ続く奈紗ちゃん。。さっきの漁の失敗の [続きを読む]
  • ノゴマの朝食 (その3) 北関東の運動公園にて
  • ノゴマの朝食 (その3) 北関東の運動公園にて繁みから恥ずかしそうに・・・緑濃き蔦の葉陰から顔を出すノゴマ。その可憐で愛くるしい表情からは不思議な“魅力“がにじみ出てくる。 一日も早く胸のエプロンを真っ赤に染めて欲しい! 無事の旅路を祈りつつ・・ ==>(その4・最終章)へ続く庄吉を囲む・・・・緑が・・美しい!緑の中の・・・庄吉が・・・凛々しい!尾羽を張って!マイナスイオンを・・一杯に吸って・・・ [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議 (その15)北関東の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その15)北関東の小さな漁港軍艦の“一本釣り” ・・軍艦の曲芸的漁法を“軍艦の一本釣り”と命名しました。。 しばし、一本釣りの妙技をじっくり楽しませてもらうことに!   ==>(その16)へ続くこちらは相棒の奈紗ちゃん。。漁の始まりです!獲物を・・・ロックオン!クチバシを垂直に差し込む!失敗。。。飽くなき挑戦!こんなになっても・・・羽根はは絶対水に浸けない・・・軍艦 [続きを読む]
  • ノゴマの朝食 (その2)北関東の運動公園にて
  • ノゴマの朝食 (その2)北関東の運動公園にて繁みから恥ずかしそうに・・・ノゴマといえば・・・初夏の北の大地の湿原に囀るノゴマを思いだします。ハマナスの木??のテッペンに留まりあの澄みきったソプラノでお相手の気をそそる。湿原一帯に響き渡りそうな・・ “野に囀るコマドリ”からノゴマとなったほど美しい鳴き声が今だに耳を離れない。ここ渡りの地では囀りは聞くことが叶いませんが、可愛い表情を見ているとその顔が [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議 (その14)北関東の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その14)北関東の小さな漁港軍艦の魅力 その? ・・これぞ軍艦の魅力!と絶賛するのは何といっても彼らの“漁の型ち”ではないでしょうか。100mもの高い空から水面に魚影を捉えると急降下!そこまでは他の鳥におなじ・・いざ水面すれすれに近づくと、カワセミのように飛び込むでもなく。。ミサゴのように飛び込んで??爪で掴むでもなく・・トンビのように水面に接し??爪で すくいあげ [続きを読む]
  • ノゴマの朝食 (その1)北関東の運動公園にて
  • ノゴマの朝食 (その1)北関東の運動公園にて繁みから恥ずかしそうに・・・ノゴマの幼鳥(15.5cm)が渡りの途中、広大な運動公園の片隅にやってきました。胸には赤いエプロンのシンボルが薄っすらと色づいて見える・・・ ややもすると、雌と間違えそうです。散歩道の脇に植えられた樹々の茂みに潜み、お腹がすくとヒョイッと出てきては餌を食む・。。 ==>(その2)へ続く遥々北の国からやってきた・・・庄吉です。ま [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その13)北関東の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その13)北関東の小さな漁港クチバシの魅力!グンカンチョウのクチバシがこれほど魅力的とは! 空中で閉じたクチバシ・・・鉤状の・・このクチバシで漁をする。。 どことなく SEXYな・・・ 見れば見るほど不思議なクチバシ。。本章では軍艦の“クチバシ“にフォーカスしてみました。薄色のピンクのクチバシが何とも言えず・・クチバシに惚れてしまいそう! ==>(その14)へ続く茜が漁 [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議 (その12)関東の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その12)関東の小さな漁港顔をアップしてみました・・・英名では文字どうり”Great Frigate Bird" 巨大なる軍艦??!と呼ばれています。大空を闊歩する奈紗ちゃんの顔をアップしてみました。白くて滑稽な坊主頭はコンドルの頭のようで・・・ クリッとした可愛い目。 なによりも、鋭く曲がった鉤状のごついクチバシ。 紺碧の空を突きさすように伸びた両翼。ダイヤの??を散りばめた上羽の美 [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議 (その11)関東の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その11)北関東の小さな漁港二人の共演!・・・青空の中に奈紗と茜が仲良く弧を描いている。 まるでタンゴを踊るかのように・・・ グンカンチョウの雄は喉に赤い“のど袋”を持ち、繁殖の季節には“赤い風船”を大きく膨らませ女子に魅力のアピールを! 雌は喉から胸にかけて白く目立たない・・ 二人とも“赤いのど袋”を持ち合わせず・・・ 雌同志ということになります。今度は“赤い風船 [続きを読む]
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その10・最終章)相模の河川敷にて
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その10・最終章)相模の河川敷にて蜜を食む蝶々・・・・花から??に舞うキアゲハがあまりにも可憐で・・主役のノビタキを忘れ、思わずカメラしてしまいました。。か細い蜜腺を花弁に伸ばし日田すら蜜を食むアゲハが愛らしい! か細い??には知らず知らずのうちに黄色い花粉がついて・・ 雄シベから雌しべに・・ こうして??が咲き実が出来る彼らの役割の大切さを学ぶ瞬間でもありました。。ノビ [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議 (その10)関東の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その10)関東の小さな漁港朝食タイムの始まり!・・ 忍耐・・オオグンカンの漁ほど滑稽なものはありません・・ 水面にクチバシを入れたかと思うと、もうそこには魚が引っ掛かかっている。。 勢い余って羽根が先に行き、水面一杯に曲げた首が折れそうに後からついてくる。。空振りの時は首だけが後ろに残り・・・・ なんとも愉快な漁で笑ってしまいます。  ==>(その11)へ続く奈紗の [続きを読む]
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その9)相模の河川敷にて
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その9)相模の河川敷にて蜜を食む蝶々・・・・秋桜に集まる者はノビタキだけではありませんでした。。 ふと??をやると、 ヒラヒラと蝶々が花から花へ・・・ 蜜を吸う姿もまた秋の風物詩。。   ==>(その10・最終章)へ続く麻子、コスモスの岩上に!そして・・・   突・撃・ィ!赤い花言葉めがけて!赤の次は”ピンク色”に・・・愛と・・純潔と・・・  優美さを備えて・・・ススキに [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議 (その9)関東の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その9)関東の小さな漁港にて朝食タイムの始り!・・・昨日までは豊漁で入港する?漁師のお零れを難なく口にすることで漁の苦労はなし。が、今日は自分で食料を確保せねば。。 久しぶりの漁はなかなかうまくいかないようです。。でも生活の知恵も!? うまくいかないときは再び大空に舞い上がり高いところから魚影をチェック! 狙いを定め、 改めて急降下!飽くなき漁への挑戦!。 ==>(そ [続きを読む]
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その8)相模の河川敷にて
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その8)相模の河川敷にて美しさが止まらない。。。秋を詠う??。 ノビタキは色々な秋の花に留まってくれますが、コスモス畑に秋を謳歌するノビタキが一番好きです。でも、一日中待って全く現れてくれないことの方が多いのです。。青空に風もなく・・・ ポカポカ日和。 目の前のコスモスは花盛り。 舞台は全て整っているのに肝心の主役が現れてくれない。。。 空を見上げるとヒヨドリの渡りの群れ [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議 (その8)関東の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その8)関東の小さな漁港にて 朝食タイムの始り!・・・朝から大空高く弧を描いていた奈紗と茜。港内の水面を凝視しつつ高度を極度に下げてきました。そろそろ朝食タイムの始まりです!ユニークな漁の模様をじっくり拝見することに・・・・ ==>(その9)へ続く奈紗が・・・港の上空にやってきました。冷たい秋風をついて・・・高度を下げて・・・奈紗。  川面に・・・魚影を見つけたよう [続きを読む]
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その7)相模の河川敷にて
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その7)相模の河川敷にて美しさが止まらない。。。女子の麻子がコスモスのテッペンに留まりはしゃいでいます。。 よほど楽しいことがありそうな・・・ もしや、別の彼氏との約束ことでも? “女心と秋の空” という言葉がありますが、、 少なくとも美しい花言葉の“コスモス”真っ只中にいる麻子の気持ちは変わること無し! と信じたいですね。。 ==>(その8)へ続く麻子。 いつもと違って [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議 (その7)関東の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議 (その7)関東の小さな漁港にてグンカンチュオウの魅力は・・・グンカンチョウの魅力は・・・ 何といっても、1.2kgの軽量な体を風船のように浮き上がらせる230cmに及ぶ両翼の長さ。 陽の光に寄ってはピンクに見える鉤状のクチバシ。白い坊主頭はまるでコンドル。。。そして、水面を這うように飛び、浮きあがってくる魚をクチバシに引っ掛ける・・なんともユニークな一本釣り漁法。獲獲 [続きを読む]
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その6)相模の河川敷にて
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その6)相模の河川敷にて華麗なる飛翔!・・・女子・麻子が飛んだ! 秋桜の中を華麗に飛んで・・ 花から花??へ! コスモスの香のする秋風を食む麻子。 これだけでお腹が一杯になりそうな! 秋の味覚を満喫する麻子・・・ でした。。  ==>(その7)へ続く緑の風に静かに揺れるピンクの花・・・勘太郎が・・・飛んだァ!麻子も花のお山にやってきて・・・・ささやかに ”秋を詠う”・・・ [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その6)房総の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その6)房総の小さな漁港にてブロンズ色の上翼!・・降り注ぐ陽を受けて上翼の鉛色・・ 両肩に散りばめられたダイヤの??! オオグンカンチョウの美しい瞬間です。 空中から水面に狙いを定め急降下。まるでミサゴの飛び込み!? でも大きな違いはミサゴは水に飛び込み漁爪で魚を掴む。グンカンチョウは・・決して水には触れず、あの鋭く曲がったクチバシで水面に浮く魚をすくい獲る。初めて [続きを読む]
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その5)相模の河川敷にて
  • 秋を詠う?? ノビタキ (その5)相模の河川敷にて美しさが止まらない。。。ノビタキペアーが漸く至近距離にやってきました。 お互いの愛を語り合う絶好のチャンス! コスモスの花言葉はまだまだ続きます。 色ごとに・・・“赤”は 「愛・愛情・調和」。“白”は「優美」 “ピンク”は「純潔」。 彼らはどの色の花に留まって愛を語り合っているのでしょうか。。  ==>(その6)へ続く勘太郎がピンクの花に・・・ピン [続きを読む]
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その5)房総の小さな漁港にて
  • 迷鳥オオグンカンチョウの不思議(その5)房総の小さな漁港にてクチバシに赤い魚!・・あッ、グンカンチョウが赤い魚を咥えている。。 良~く見ると尾が三つに分かれた・・ 丸々と太った金魚。どうやら高級な“ランチュウ”のようです。漁港に流れ込む付近の川から迷い出てきたところをグンカンチョウの鉤クチバシに引っ掛かった可哀想な金魚。。でも、グンカンチョウにとっては格好の獲物!大空高く舞い上がり”空中食事”の始 [続きを読む]