なちゅ さん プロフィール

  •  
なちゅさん: なちゅの市川綜合研究所
ハンドル名なちゅ さん
ブログタイトルなちゅの市川綜合研究所
ブログURLhttps://ameblo.jp/mtr-cyberbranch/
サイト紹介文バリュー・株主優待・IPOセカンダリ・インデックスで「負けにくい投資」を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/10/28 19:50

なちゅ さんのブログ記事

  • 暴落時に成長したな、と思うこと。
  • 単に少し学習効果が出てきたくらいなので、成長と言って良いものかわかりませんが、やはり16年強に及ぶ投資経験で、散々ひどい目に遭ってきたのは大きいと思います。まずはなんといっても信用取引を完全に封印して、暴落時でもノンレバレッジ状態であることは最大の成長だと思います。そもそも優待のクロス取引目的以外で、信用取引を使うのは「少しでも早くお金持ちになりたい!」という思考から来るものだと思いますし、実際若い [続きを読む]
  • PayPayの高率ポイント還元についての考え方。
  • 軟調な相場を直視するのがつらいため、“インパルスバイイング”により現実逃避したいという心理も背景にあるのか、今週はPayPay決済に精を出す投資家さんが多かったような気がします(笑)。特に今は100億円分ポイントバックキャンペーンということもあり、ご承知のとおり、決済額の20%がポイント還元されるほか、2.5%〜10%のヒット率で決済額の100%がポイント還元されるということで、これらの2要素を合算した期待値で置き換えると [続きを読む]
  • 何でもかんでも「ミスターマーケット氏」のせいにしない。
  • 11月下旬からは、指数先行型かつ本則市場銘柄中心ではあるものの相場が戻ってきて、足許では新興市場も切り返し始めました。11月中旬まで完全にお通夜ムードだったのに、いつの間にか年末高を予想する声まで聞こえてくるようになり、隔世の感すらあります(笑)。投げずに粘った投資家さんはある程度戻りが取れていると思いますが、一部の銘柄はかなりエグい下げ方をしていたので、底値に近いところで投げさせられてしまった投資家さ [続きを読む]
  • 既存店底入れ気配見られず、新規出店を原則凍結・鳥貴族(3139)。
  • 【3193】鳥貴族(東証一部) −−−現在値 2,242円/100株 PER34.7 PBR3.76 7月配当優待 1月配当優待居酒屋「鳥貴族」の飲食店舗の運営及びフランチャイズ展開。配当金は1月末・7月末に4円ずつのため、配当利回りは0.36%となります。鳥貴族は株主優待を実施しており、1月末・7月末現在の単元株主に対して1,000円分の優待券を進呈していますので、配当優待利回りは1.24%となります。業績は下記の通りとなっております。 ■2015年7月 [続きを読む]
  • 11月権利確定リスト/投資戦略アウトルック(2018.11.28)
  • ご参考までに。全銘柄クロスなしの完全現物裸単騎ですので、権利落ちは真正面からくらう仕様となっております。配当があるものは優待が無くても入れております(配)。正味の優待銘柄数は8銘柄(※配当込みだと11銘柄)となります。1430東証1部 ファーストコーポレーション3244東証1部 ファーストブラザーズ2769東証JQS ヴィレッジヴァンガードコーポレーション3230東証1部 スター・マイカ7921東証1部 宝印刷(配) 1419東証1部 タマホー [続きを読む]
  • なちゅ式・優待クオカード考。
  • 私はクオカードが貰える優待銘柄が好きで、貰ったクオカードはコンビニはもちろん、本屋やドラッグストアで日常的に使用しますが、一部は未使用のままコレクションしています。今回のネタはマニアックですが、その辺の整理の考え方について書いていきたいと思います。 ①プレミアムが付きそうなクオカード・・・未使用のまま残す。代表的なのが、TBSのアナウンサーのクオカードや、有名芸能人を起用したタマホームのクオカードです [続きを読む]
  • 軽井沢に来ています。
  • 三連休、ということで軽井沢に来ています。東京から北陸新幹線を使えば1時間で着きますが、今回は車なので東京から2.5時間ほどかかりました。そのため、軽井沢に関して明らかに新幹線の使う方が優位(関越道の渋滞リスクもない)なのですが、新幹線の場合は軽井沢に停車する列車の本数に限りがあるのが残念なところです。 軽井沢は西武王国なので、今回の宿泊先は何かと便利な駅前のプリンスにしました。既に外気温が氷点下になった [続きを読む]
  • 年末IPO銘柄への参加スタンスについて(ソフトバンクなど)。
  • 何度かお話させていただいているかとは思いますが、私はIPOのブックビルディング(BB)に参加することは殆どなく、初値後のセカンダリー参加のみです。理由はいくつかあるのですが、BBする手間(というほど手間でもないのですが)や、事前拘束のための買付余力を寝かしておくのがあまり好きではこと、そして折角手間をかけたのに高確率でハズレることによる心理的ショックを受けるのが嫌なことなどがあります。勿論、当たることもある [続きを読む]