wsuki2001 さん プロフィール

  •  
wsuki2001さん: 騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ハンドル名wsuki2001 さん
ブログタイトル騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ブログURLhttps://ameblo.jp/wsuki2001/
サイト紹介文「Won't Get Fooled Again」  原災はROCKの凄さを信じて、もう騙されない!
自由文27年間勤めた会社を2011年3月11日に退職、挨拶回りで、帰宅困難者となる。 生涯忘れられない2011年3月11日 元(映画館支配人・ WEBコンテンツプロデューサー・サービサー)もね。歳など関係なく、挑戦です。

原災関係に気をもみ、いまこそROCKの凄さを信じて意見します。
(ロック好きのApple・MAC嫌いのipad2ファンとして、ipad2の使用感想も時々、報告します。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供434回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2012/10/30 00:30

wsuki2001 さんのブログ記事

  • The Doors - Strange Days
  • ドアーズの「Strange Days」で、アルバムは67年2nd同主題『Strange Days:まぼろしの世界』ですね。70年代後半高校生ブリティッシュ・ロックファン、後追いで聴く60年代後半、特に67年は、ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』筆頭にピンク・フロイド『夜明けの口笛吹き』そしてアメリカ人ですがジミヘン『アー・ユー・エクスペリエンスト?』その他のミュージシャンもレベル高のアルバムを出し [続きを読む]
  • Ten Years After - Convention Prevention
  • テン・イヤーズ・アフターの「Convention Prevention」で、アルバムは72年『Rock & Roll Music to the World:ロックンロール・ミュージック・トゥ・ザ・ワールド』ですね。70年代後半高校生の頃、ハードロックに夢中なるのですが同時にブルース・ロック、クリームを知って…後追いで聴きますが、これがツボにはまると言うか、UKRock元・素のようなモノで、同様なバンド、テン・イヤーズ・アフターを知るワケですが、元祖・速弾き [続きを読む]
  • Lita Ford - Out for blood
  • リタ・フォードの「Out For Blood」で、ソロとしては1st?同主題83年『Out For Blood』です。キン・キンなヘビィメタル風な曲で、動画はビックリで、この後のオジー・オズボーンも参加の88年『Lita』では、セクシーでハート同様なゴージャス感でしたが…この『Out For Blood』はケバさ荒んだカンジもありで、これはこれで良いとは思うけど、なんかおおっぴらなかなか言えないかもで、音色は頑張ってる感はありますが。Out for Bloo [続きを読む]
  • Queen - All Dead All Dead
  • クイーンの「All Dead All Dead」で、アルバムは77年『News Of The World:世界に捧ぐ』です。UKはパンク時代、小生はこんなのありと、素晴らしいアルバムに疑心暗鬼になった事を覚えております。77年は17歳は、もう素直なお歳でなかったかもですね。世界に捧ぐと云うことで、父の介護も始まり、小生の病後の休養養生も終わり、で、仕事に復帰です。ブログもやりは、かなりタイトとなるカンジです。7年間入院以外はほぼ毎日更新で [続きを読む]
  • Tokyo Blade - Night of the blade
  • Tokyo Blade:トーキョー・ブレイドのアルバム主題と同じ曲名「Night of the blade」で、アルバムは85年『Night Of The Blade』ですね。邦題「闇を裂け」ですが、覚えていない。小生のいまだに何?の思い強しの80年代UKハードロックをニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタルと呼びますが。これぞハードロックと思ったアイアン・メイデンや小生にとっては華やかなPOPロックのデフ・レパードよりは、Tokyo Bladeはアメ [続きを読む]
  • Graham Nash - Better Days
  • グラハム・ナッシュの「Better Days」で、アルバムは1sy・71年『Songs for Beginners』です。クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングはアメリカのバンドですが、クロスビー・スティルスは米、ニール・ヤングは加、グラハム・ナッシュは英でホリーズを脱退でのバンドでしたが。69年にクロスビー・スティルス・ナッシュで『Crosby, Stills & Nash』 70年にクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングで『Déjà Vu:デジャ・ヴ 』で [続きを読む]
  • The Who - Sparks
  • ザ・フーの「Sparks:スパークス」で、アルバムは69年『Tommy:ロックオペラ トミー』ですが、動画はライブで長めの曲です。69年ブリティッシュ・ロックが最高に旬の頃、多重人格ぎみのフーのコンポーザーのピート・タウンゼントによる曲が多いアルバムですが…シリアス調子、オペラもどきの気分ですから、小生が初めて『トミー』を聴いた70年代・10代、ノレないアルバムとの思いも、知っていた曲「Pinball Wizard:ピンボールの [続きを読む]
  • Santana・ Chester Bennington-Riders on the storm
  • サンタナ のカバーアルバム2010年『Guitar Heaven: The Greatest Guitar Classics of All Time:ギター・ヘヴン〜グレイテスト・ロック・クラシックス〜』から、ドアーズの「Riders on the Storm:ライダーズ・オン・ザ・ストーム 」ですね。サンタナ、ボーカルはリンキン・パークのチェスター・ベニントン、オルガンはドアーズのレイ・マンザレク、豪華なメンバーですが、後に2013年レイ・マンザレク、2017年チェスター・ベニント [続きを読む]
  • Neil Young + Promise Of The Real - Almost Always
  • ニール・ヤングの「Almost Always」で、アルバムは昨年末出た新譜『ザ・ヴィジター』ですね。ニール・ヤングの新譜、この御大、ほんとアルバム出すのが凄い、やっと昨年9月リリースの76年録音お蔵入り曲『ヒッチハイカー』を消化と思っていたところ、小生が年末入院中に、『ザ・ヴィジター』が出ていたのですね。2014年から半年ごとに1枚ペース、72歳、小生の方が追いつかない、聴き込みできないアルバムがあります。質的に高低、 [続きを読む]
  • MOTT THE HOOPLE-The Golden Age of Rock 'N' Roll
  • モット・ザ・フープルの「The Golden Age of Rock 'N' Roll :ロックン・ロール黄金時代」で、アルバムは74年『The Hoople:ロックンロール黄金時代』です。モット・ザ・フープルはグラムロックで、デヴィッド・ボウイの助けのありで72年『All The Young Dudes:すべての若き野郎ども』がインパクトありでしたが、そのほかにもご機嫌なアルバムがありです。この頃、なんかグラムロックがぶり返しで、T・レックス、スレイド、スウィ [続きを読む]
  • Rainbow - The Shed
  • レインボーの「The Shed (Subtle) :ザ・シェッド」で、アルバムは78年『Long Live Rock 'n' Roll:バビロンの城門』です。70年代末、小生的にはレインボー、これも青春の1枚(青臭い言い方ですが)のハードロック。もう当時ニューウェイブがちらほら、パンクのクラッシュ、そしてアメリカンの超強力なヴァン・ヘイレン、メジャーになったAC/DCの登場でライバルも多しの中で…70年代ブリティッシュハードロックの命運は、レインボ [続きを読む]
  • T.REX - Monolith
  • T・レックス の「Monolith:モノリス」で、アルバムはグラムロック、ブリティッシュロック好きなら、みんな大好き71年『Electric Warrior:電気の武者』ですね。邦題も直訳ですがカッコイイ!ジャケット・デザインはヒプノシスで、このブログで何度も絶賛してますが、この『Electric Warrior』とウィッシュボーン・アッシュの72年『Argus:百眼の巨人アーガス』は70年代ブリティッシュ・ロックのアルバムジャケデザインで俊逸の出 [続きを読む]
  • 「日々写真日記」今年84才になる父が読んでいる本、小生負けそう(笑)
  • Satoruさん(@wsuki2001)がシェアした投稿 - Feb 5, 2018 at 7:20pm PST父:村上春樹の本は面白くないね〜でも、村上春樹を読むと、世界を知ることだね。  小生:そうなの(心の中で、負けそう。感性は歳には関係ないかも)昨年末、小生は入院、同じ頃、田舎の高齢の父も病気に、奥方の機転で、父を東京によんで(大変だったけど)の同じ病院で入院となりましたが、当初は運の悪さに、落胆しました。でも、奥方は運が良いと、小 [続きを読む]
  • Dire Straits - Romeo And Juliet
  • ダイアー・ストレイツの「Romeo and Juliet」で、アルバムは80年・3rd『Making Movies:メイキング・ムーヴィーズ』ですね。78年1st『Dire Straits:悲しきサルタン』はUKがニューウェイヴ突入時に、人気はあるのに異質な音色、そちらの方がインパクトありで、小生的にはエレジー・演歌調なロックに聴こえました。ダイアー・ストレイツだけ別モノ。「悲しきサルタン」のヒット曲もありでしたが、リーダーのギタリストのマーク・ノ [続きを読む]
  • さよなら日劇
  • 思いで深い日劇が閉館なんですね。寂しいですね。新宿プラザ派だったけど、これぞという映画は、日劇に行きました。1998年『プライベート・ライアン』は試写で観て、冒頭20分のノルマンディー上陸シーンは背もたれに押さえつけられた圧力感で圧倒されました。昔は厳しい評価もあった日劇の音響でしたが、この時は素晴らしいかったと…当時は東日本で最大スクリーンですので、画の迫力もありました。大きなスクリーンで観る映画を [続きを読む]
  • Bonnie Raitt-Angel from Montgomery
  • ボニー・レイットの「Angel from Montgomery」で、アルバムは74年『Streetlights』です。70年代後半ライ・クーダーを知って、ボニー・レイットも、スライド・ギターを弾く女性ミュージシャンで知るわけですが、その頃はカントリー系を毛嫌い…ライ・クーダーも、そもそもストーンズつながりから、ブリティッシュ・ロックにトランスされたブルース・ロックの評価でしたが、本物は歳を重ね、すんなりと聴けます。しみ入ります。ボニ [続きを読む]
  • R.E.M. - Radio Free Europe
  • R.E.M.の「Radio Free Europe」で、アルバムは83年・1st『Murmur』です。アメリカのバンドですが、もの凄くUKぽいレム、いまはアール・イー・エムと呼ぶみたいですが。小生的には84年日本公演後あたり、その頃夜な夜な遊び回ていた新宿のクラブで知り合ったロック好きな方に、無理やり強制的に聴かされて知ったと覚えていますが。当時、ほんとアメリカン・ロックには、聴こえず…お洒落よりは、か細い内省的ロックと、それがオルタ [続きを読む]
  • Aerosmith - Combination
  • エアロスミスの「Combination」で、アルバムは76年『Rocks』です。4作目のアルバムですが、日本では最初のアルバム73年・1st『Aerosmith:野獣生誕』は後に出ましたので、当時、デビューしたてのエアロの印象でしたが、かなりのハードロック、この『Rocks』はアルバムジャケットも渋いカンジでした。このアルバムの1曲目「Back In The Saddle」はブリティッシュ・ロックとの違いはファンキーなヘビィロックで、跳ねるようなカンジ [続きを読む]
  • Pentangle - Light Flight
  • ペンタングルの「Light Flight」で、アルバムは69年・3rd『Basket of Light 』ですね。小生の持論はブリティッシュ・ロック最強69年説を唱えていますが、まあ厳密に言うと60年代末から70年代前半ですが(笑)ビートルズ終焉、フーとストーンズのフルパワーに、アートロック・サイケからプログレ、ブルース・ロックからヘビィロックからハードロック誕生と、ブリティッシュ・ロックは劇的に多様性で進化があったと思っているのです [続きを読む]
  • Van Halen − You're No Good
  • ヴァン・ヘイレンの「You're No Good:悪いあなた」で、アルバムは79年・2nd『Van Halen II:伝説の爆撃機』です。今思うに邦題が凄いですね。78年・1st『炎の導火線』そして『伝説の爆撃機』・80年3rd『暗黒の掟』・81年『戒厳令』初期4作は邦題がハードロックらしいモノでした。伝説の爆撃機カバーとオリジナルと混合のアルバムですが、デビューはカバーがヒットのキッカケ、このアルバムもリンダ・ロンシュタットのヒット曲の「 [続きを読む]