wsuki2001 さん プロフィール

  •  
wsuki2001さん: 騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ハンドル名wsuki2001 さん
ブログタイトル騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ブログURLhttps://ameblo.jp/wsuki2001/
サイト紹介文「Won't Get Fooled Again」  原災はROCKの凄さを信じて、もう騙されない!
自由文27年間勤めた会社を2011年3月11日に退職、挨拶回りで、帰宅困難者となる。 生涯忘れられない2011年3月11日 元(映画館支配人・ WEBコンテンツプロデューサー・サービサー)もね。歳など関係なく、挑戦です。

原災関係に気をもみ、いまこそROCKの凄さを信じて意見します。
(ロック好きのApple・MAC嫌いのipad2ファンとして、ipad2の使用感想も時々、報告します。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供403回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2012/10/30 00:30

wsuki2001 さんのブログ記事

  • GLIM SPANKY - THE WALL
  • グリムスパンキー:GLIM SPANKYの「THE WALL」で、アルバムは新譜のようで『BIZARRE CARNIVAL』ですね。BIZARRE CARNIVAL/GLIM SPANKY今のロックに洋邦楽とすこぶる疎い小生ですが、それでも、映画やアニメから邦楽は、くるり、アジカン、ワンオク、サンボマスター、YUI等は聴きますが、それにスーパーフライ(アメリカの本家は大リスペクトですが)を少々ですが…スーパーフライ抜かして、ニューウェイヴ系がルーツと思いますが… [続きを読む]
  • Creedence Clearwater Revival - Fortunate Son
  • Creedence Clearwater Revival:CCR:クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの「Fortunate Son」で、アルバムは69年『Willy and the Poor Boys:ウィリー・アンド・ザ・プアボーイズ』ですね。Willy & The Poor Boys/CREEDENCE CLEARWATER REVI【このブログ、反原発で始まったブログです。例えをロックのカウンターカルチャーになぞり、時たま、私見があります】この曲は3回目のUPです。それぐらい、今の日本に合ってる曲との [続きを読む]
  • The Byrds - Have You Seen Her Face
  • バーズの「Have You Seen Her Face:あの娘を見なかったかい」で、アルバムは67年・4th『Younger Than Yesterday:昨日よりも若く』です。昨日よりも若く(紙ジャケット仕様)/ザ・バーズサイケ時代の尖った曲・音色で勝負でなく、フォーク・ロックなりカントリーぽさもありで、たどたどしさも初々さになるバーズ、コーラスも絶妙で、小生の場合は後追いでありますが、70年代にかなり好きなったアメリカン・ロックバンドです。ディラ [続きを読む]
  • Paul McCartney - No Other Baby
  • ポール・マッカートニーのカバー曲の「No Other Baby」で、アルバムは1999年『Run Devil Run:ラン・デヴィル・ラン』です。Run Devil Run/Paul Mccartneyポールの1999年、ロックンロールのカヴァー・アルバム集で、前年にお亡くなりのリンダの提案で創ったアルバムのようで、ロックンロール、ロカビリーのポールが若い時のカバー、ぷらす、このアルバムに合わせて曲風のオリジナル3曲のアルバムですね。ジョン・レノンの75年『ロ [続きを読む]
  • Deep Purple - The Surprising
  • ディープ・パープルの「The Surprising」で、アルバムは最新作の『Infinite』ですね。Infinite/Deep Purple 小生のロックのキモであり、ビートルズ以降のバンドでは!70年代のブリティッシュ・ロック好きの高校生ではマストだったハードロック、特にディープ・パープル、レッド・ツェッペリンは思い強しですが…ZEPは70年代モノを何度も聴き返しになるわけですが、ハードロックの古典??扱いなのか?? 今はクラシック・ロック [続きを読む]
  • Foghat - I Just Want To Make Love To You
  • フォガットの「I Just Want To Make Love To You」で、アルバムは72年1st『Foghat』なんですが…Nightshift/Live/Foghatこの曲、最初に聴いたのは、77年ライブ盤だった思います。動画は1st『Foghat』から、今回小生は、これは初めて聴きました。 スポティファイ便利ですね。取り敢えず聴ける、聴いてからCDなり、購入するか、考えられる。CDが売れなくなるわけです。で、フォガットはなんかアメリカンぽいのですが、ブリティッシュ [続きを読む]
  • Bobbie Gentry - Mississippi Delta
  • ボビー・ジェントリーの「Mississippi Delta」で、アルバムは68年・1st『Ode to Billie Joe』です。Ode to Billie Joe /Bobbie Gentryボビー・ジェントリーは60年代アメリカのカントリー系でありながらファンクぽさ、ブルース、フォークロックもありで、ブリティシュ・インヴェイジョンなりのUKRock勢やアメリカのサイケロックなりが人気ある時に、割って入った女性シンガーでした。いきなりのだみ声の「Mississippi Delta」はイン [続きを読む]
  • Public Image Ltd -The Order of Death
  • PIL:パブリック・イメージ・リミテッドの「The Order of Death」で、アルバムは84年『This Is What You Want... This Is What You Get』ですね。This Is What You Want...This Is What You Get/Public Image Ltd.動画は90年のチープながら、世紀末のSF映画仕立てのモロ、ターミネーター風にストーリーでカルトな映画『ハードウェア』の抜きの映像・挿入歌の「The Order of Death」冒頭のDJ語りはイギー・ポップのようで、サービス [続きを読む]
  • Uriah Heep - Dream Mare
  • ユーライア・ヒープの「Dream Mare」で、アルバムは70年・1st『VERY 'EAVY... VERY 'UMBLE:...ヴェリー・ヘヴィ・ヴェリー・ハンブル』ですね。Very Eavy Very Umble/Uriah Heepヒープの1stは、「ジブシ−」ばかりでなく、キャチなハードロック、70年代後半の後追いで聴いた時はハード・プログレロックとの思いより…好きな連中がいて、聴かせられたカンジですが、パープルやZEPに比べて、人気がなかったけど、サバスにも負けない [続きを読む]
  • Sting - All This Time
  • スティングの「All This Time」で、アルバムは91年『The Soul Cages:ソウル・ケージ』です。Soul Cages/Sting スティング当時はあんまり人気が無かったスティングのソロ『The Soul Cages:ソウル・ケージ』ですが、小生も当時は30代で、ロック・ロックばかりでなく、だいぶ音楽の指向がジャズ指向で、逆のこの手のアルバム、フュージョンぽくて聴きやすかったと思います。80年代後半には、ギル・エヴァンスとも交流があり、指向は [続きを読む]
  • Bert Jansch - Angie
  • バート・ヤンシュの「Angie」で、アルバムは65年・1st『Bert Jansch』ですね。Bert Jansch/Bert Janschバート・ヤンシュはブリティッシュのフォークロック・バンドのペンタングルの創始メンバーですが、まずソロでデビューだったようで、ボブ・ディランの影響ありのようですが、インストでも力を発揮のようで、小生の好みのブリティッシュ・トラッドやアイリッシュ・メロは、寂寥感ありの叙情的で世界から愛されるメロとの思いです [続きを読む]
  • The Jeff Healey Band ー Blue Jean Blues
  • ジェフ・ヒーリー・バンドの「Blue Jean Blues」で、アルバムは89年・1st『See the Light』ですね。SEE THE LIGHT/JEFF -BAND- HEALEY「Blue Jean Blues」はZZTOPの75年『ファンダンゴ!』の曲で、これはブリティッシュ・ロックファンに限らず、ハードロック、ブルースロック好きなら、聴いたZZTOP『ファンダンゴ!』ですが、そのブルースロックの名曲もジェフ・ヒーリーがカバーで、本家に劣らず素晴らしい出来との思いです。ジェフ [続きを読む]
  • The Traveling Wilburys - Inside Out
  • トラヴェリング・ウィルベリーズの「Inside Out」で、アルバムは90年『トラヴェリング・ウィルベリーズ Vol.3』ですね。The Traveling Wilburys Vol 3/Traveling Wilburys小生すこぶる、ボブ・ディランが苦手なんですが、このブログ、7年目に突入なんですが、なかなか書けない。でも今日は大丈夫で、トラヴェリング・ウィルベリーズの Boo Wilbury:ブー・ウィルベリーが唄う「Inside Out」ですので、関係ないので、UPです。でも、 [続きを読む]
  • Ace Frehley - Hide Your Heart
  • エース・フレーリーの「Hide Your Heart」で、これは同時期の素顔キッスのカバーで、アルバムは89年『Trouble Walkin'』ですね。TROUBLE WALKIN’/ACE FREHLEYいかにも、アメリカンなPOPなハードロックなアルバムの『Trouble Walkin'』ですね。「Hide Your Heart」は元のキッスも、ボニー・タイラーのカバーも素晴らしいと思いますは、華やかキン・キンな音色で、もしかしてエース・フレーリーの「Hide Your Heart」が好みかもしれ [続きを読む]
  • Booker T & The MG's - Hang Em' High
  • ブッカー・T&ザ・MG's の「Hang Em' High」で、アルバムは68年『Soul Limbo』です。Soul Limbo/Booker T & Mg'sブッカー・T&ザ・MG's は、その時代の多くの曲をカバーして、インスト・オルガンで極めるイカしたバンドですが、ビートルズの69年『アビイ・ロード』のカバー集の70年『McLemore Avenue』はお茶目なアルバムジャケットといい、スカした感じといい、面白いモノでした。で、この「Hang Em' High」は映画68年『Hang 'Em Hi [続きを読む]
  • Heart - Magic Man
  • ハートの「Magic Man:マジック・マン」で、アルバムは76年『Dreamboat Annie:ドリームボート・アニー』です。Dreamboat Annie/Heartどうしてもジジイなんで、ハートは80年代ゴージャスなPOPなハードロックで、ヒットも連発しましたが、そこはなんで??と思いながら…女性ならではのセクシーで聴いてしまいましたが、もともとは音楽的に真面目で、その思いは70年代の1st『Dreamboat Annie』や77年・2nd『Little Queen』の「バラ [続きを読む]
  • Tears For Fears - Woman In Chains
  • ティアーズ・フォー・フィアーズのメローなAOR風の「Woman in Chains:ウーマン・イン・チェインズ 」でアルバムは89年『The Seeds of Love:シーズ・オブ・ラヴ』です。アルバムも軟派なカンジですが。The Seeds of Love/Tears For Fears一所懸命の初期の83年の1st『The Hurting:チェンジ』の頃も大好きで、ひたむきなメロ重視のシンセPOP、テクノPOPで、憂いありで、ロック的もありでしたが、それが大見得の85年の2nd『Songs fr [続きを読む]
  • Tom Petty&TheHeartbreakers-Mary Jane's LastDance
  • トム・ペティがお亡くなりなったようで、まず、Youtubeのピンク・フロイドの応援サイトの方が何故か、トム・ペティの「Mary Jane's Last Dance」と「Free Fallin」UP、更新メールが届いて、いつもピンク・フロイドのHD映像のUPにこだわるのに、何故?? でも気がつきませんでした。昨日・アーハのブログを上げて、皆様のブログを見て、多くの方々の追悼のブログを拝見して、やっと気がつきました。66歳で突然死にちかいようですね [続きを読む]
  • a-ha - Stay On These Roads
  • アーハの「Stay On These Roads」で、アルバムは88年の3rd『Stay on These Roads』です。ステイ・オン・ディーズ・ロード /a~ha日本ではMTVの威力・インパクトもありの85年「Take On Me:テイク・オン・ミー」の大ヒットで、ダンスミュージックとしても、勢いで、どうしても1st『Hunting High and Low』が評価高しですが、86年2nd『Scoundrel Days 』と3rd『Stay on These Roads』と80年代は欧米特にヨーロッパで人気がありますね [続きを読む]
  • Elton John - Sorry Seems To Be The Hardest Word
  • エルトン・ジョンの「Sorry Seems To Be The Hardest Word:悲しみのバラード」で、アルバムは76年『Blue Moves:蒼い肖像』ですね。Blue Moves/Elton John70年代の前半までの、喧騒の如くの売れの状態でオンタイムでは、もうエルトンは、けばけばしい衣装の派手なピアノの弾くミュージシャン。なんかジョン・レノンとの仲が良いで、ジョンの74年「Whatever Gets You Thru The Night:真夜中を突っ走れ」で、カバーの「Lucy in the [続きを読む]
  • Paul Simon - The Boy In The Bubble
  • ポール・サイモンの「The Boy In the Bubble:ボーイ・イン・ザ・バブル」で、アルバムは86年『Graceland:グレイスランド』ですね。GRACELAND 25TH ANNIVERSAR/PAUL SIMON小生の音楽、POP・ロックの始まりはビートルズとサイモン&ガーファンクルなんですが、60年代POP・フォーク・ロックのサイモン&ガーファンクルは、後追いでしたが10代時、好きだったし、メロがすり込まれました。UKRockファンの小生は、ブリティッシュ・ロック [続きを読む]
  • Neal Schon - Late Nite
  • ニール・ショーンの「Late Nite:レイト・ナイト」で、アルバムは同主題89年ソロ1stの『Late Nite』です。Late Nite/Neal Schonニール・ショーン、80年代前半ジャーニーの売れ方は半端なく、他のミュージシャンとのジョイントで絶好調のようですが、80年代半ばにジャーニーはイザコザとあっけいない終焉、ジャーニー、まあ復活しましたが…88年にバッド・イングリッシュ結成の頃の出たのが、初ソロの「Late Nite:レイト・ナイト」 [続きを読む]
  • The Cranberries - Linger
  • クランベリーズの「Linger:リンガー」で、アルバムは93年『Everybody Else Is Doing It, So Why Can't We?:ドリームス』ですね。Everybody Else Is Doing It So Why Can’t We/Cranberriesクランベリーズは95年のウォン・カーウァイ監督の映画『恋する惑星』のフェイ・ウォンのカバーで「夢中人:Dreams」から、知ったようなものですが…この映画自体好きですが、いろいろありと苦い思い出もあり…で、映画の前年に94年「Zombie [続きを読む]
  • Free - The Stealer
  • フリーの「The Stealer」で、アルバムは70年・4th『Highway:ハイウェイ』です。HIGHWAY/FREE若いフリーのヒットまでのいたらずだった『Highway:ハイウェイ』ですが、彼らフリーの自信作の「Be My Friend」があるアルバムですね。ジャケットも地味目ですが、フリー自体、アルバムジャケットのデザインにこるバンドでなく、曲・演奏で勝負と思っているカモです。若い20歳少し超えた時のアルバムとは、ほんと凄いです。フリーの短い [続きを読む]