wsuki2001 さん プロフィール

  •  
wsuki2001さん: 騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ハンドル名wsuki2001 さん
ブログタイトル騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ブログURLhttps://ameblo.jp/wsuki2001/
サイト紹介文「Won't Get Fooled Again」  原災はROCKの凄さを信じて、もう騙されない!
自由文27年間勤めた会社を2011年3月11日に退職、挨拶回りで、帰宅困難者となる。 生涯忘れられない2011年3月11日 元(映画館支配人・ WEBコンテンツプロデューサー・サービサー)もね。歳など関係なく、挑戦です。

原災関係に気をもみ、いまこそROCKの凄さを信じて意見します。
(ロック好きのApple・MAC嫌いのipad2ファンとして、ipad2の使用感想も時々、報告します。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供404回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2012/10/30 00:30

wsuki2001 さんのブログ記事

  • Alabama Shakes - Don't Wanna Fight
  • アラバマ・シェイクス の「Don't Wanna Fight」で、アルバムはまだ2枚目2015年『Sound & Color』ですね。からっきし、今の音楽に弱い小生ですが、Youtubeのあなたへのおすすめで、気がついたアラバマ・シェイクスです。最初のインプレッションはジャズ・ロックで、強烈なボーカル、女性ブリタニー・ハワードなんでが…この手の音曲は、アメリカから出ると思いますが、ソウル風ファンク風なのに、かなりハードロックよりで、ここが [続きを読む]
  • Faces - Debris
  • フェイセズの「Debris:デブリ」で、アルバムは71年・3rd『A Nod Is As Good As a Wink... to a Blind Horse:馬の耳に念仏』で、これも70年代の名盤ですね。当時邦題を知った時は、なんでと思いました。馬を例えのことわざが、東西で、偶然同意味なんでしょうが、ロックぽく感じなかった(笑)このブログでは、毎度フェイセズを絶賛しますが、小さなストーンズとの揶揄もありですが、ストーンズと同じくラフ感ありにロックンロ [続きを読む]
  • 4 Non Blondes - What's Up
  • フォー・ノン・ブロンズの「What's Up」で、アルバムは唯一の92年『Bigger, Better, Faster, More!:ビガー、ベター、ファスター、モア!』ですね。90年代以降のロックに疎いに小生でも、覚えていた4 Non Blondesで、この曲「What's Up」はヒットでCMに使われていたと思います。4 Non Blondesは男女混合のバンド、アメリカン・ロックですが、小生的には、エアロスミスを仿佛させるカンジぷらす歴代のアメリカン・ロック女性ボーカ [続きを読む]
  • Donovan - Hurdy Gurdy Man
  • ドノヴァンの「Hurdy Gurdy Man:ハーディー・ガーディー・マン」で、アルバムは68年『The Hurdy Gurdy Man』ですが、全米のみEPだったのですね。ブリティッシュ・フォークの出のようでも、60年代中頃はサイケぽさでビートルズと両輪、66年『サンシャイン・スーパーマン』はフォーク・ロックからのサイケデリックへのアプローチで、『リボルバー』と共に評価されているアルバムですね。小生は70年代後追いでビートルズに夢中になり [続きを読む]
  • Suzi Quatro - Glycerine Queen
  • スージー・クアトロの「Glycerine Queen」で、アルバムは73年『Suzi Quatro :サディスティック・ロックの女王』ですね。スージー1stですが最初から邦題「サディスティック・ロックの女王」と、サディスティックよりはブギロックのグラムロック…当時はサディスティック・ミカ・バンドもほぼ同時期で、このネーミングが流行りだったかも。小生の中坊時のアイドル、ロッククイーンがすり込まれ、レザーの衣装がセクシーさで洗脳され [続きを読む]
  • Donna Summer - I Feel Love
  • ドナ・サマーの「I Feel Love:アイ・フィール・ラブ」で、アルバムは77年『I Remember Yesterday:アイ・リメンバー・イエスタデイ』ですね。70年代にロックに夢中になりますが、それと並行して現代音楽も興味をもち、それが電子音楽で冨田勲、サティの演奏のピアニスト・作曲家の高橋 悠治も聴きだします。この頃はアナログ・シンセでテクノの前、80年代初期、高校の後輩がジュピター8を手に入れた事を知って、お金持ちのおぼち [続きを読む]
  • Suchmos - 808
  • Suchmos:サチモスの「808」です。まあ、カッコイイ今風の曲で、最初に興味をもった「STAY TUNE」はジャミロクワイも嫌いでない小生には聴きやすしのメロ。浅くソウル系も聴いたモノには、今ごろカーティス・メイフィールド、ダニー・ハサウェイに夢中な遅れ者には、心地よし音楽です。で、まだアルバムは2枚のようですが、今年2月シングル「808」は配信のようで、二ヶ月後には無料でのYoutubeで見聴きできるようで、キョウビ:今 [続きを読む]
  • Aerosmith - She's on Fire
  • エアロスミスの「She's on Fire」で、アルバムは70年代後半グループ離散状態から、ジョー・ペリーとブラッド・ウィットフォード復活の85年『Done with Mirrors:ダン・ウィズ・ミラーズ』ですね。80年代のエアロ復活はヒット的マーケット的には86年のRun-D.M.C.「ウォーク・ディス・ウェイ」ですが、音楽的ロック的には85年『Done with Mirrors:ダン・ウィズ・ミラーズ』からになると思いますが…小生の場合は、アメリカン・ロッ [続きを読む]
  • Simple Minds-Someone Somewhere in Summertime
  • シンプル・マインズの「Someone Somewhere in Summertime」で、アルバムは82年『New Gold Dream (81?82?83?84):黄金伝説』ですね。これぞ、ニュー・ウェーヴのシンプル・マインズの『黄金伝説』ですね。この後にスティーヴ・リリーホワイトのプロデュースの85年『Sparkle in the Rain:スパークル・イン・ザ・レイン』と世界でヒットした「Don't You (Forget About Me)」の余勢と、これも大好きな85年『Once Upon a Time:ワン [続きを読む]
  • Playing For Change - All Along The Watchtower
  • プレイング・フォー・チェンジの「All Along The Watchtower」ですね。 プレイング・フォー・チェンジの選曲はいつも、胸にせまる曲が多く、センスありで、ワールドに受けるワールドミュージックになっていますが、今回も小生にとってはジミヘンの名曲が、又違う音色で聴けました。もちろん元曲はボブ・ディランですが(笑)と云うことでおまけは二連発でThe Jimi Hendrix Experience - All Along The WatchtowerNeil Young with B [続きを読む]
  • Guns N' Roses - Shadow Of Your Love
  • ガンズ・アンド・ローゼズの「Shadow Of Your Love」で、これは日本のみの88年『Guns N' Roses (EP):ライヴ・フロム・ザ・ジャングル』だったのですね。倫理観の違いから、日本では日の目を見たアルバムジャケデザインのようで、この手のモノは70年代のアルバムでも、西洋と日本に違いがありました。日本はアートとして、とらえたモノには西洋的タブーでも寛大ですね。ライヴ・フロム・ザ・ジャングルで、ハードロック、ヘビィメ [続きを読む]
  • Siouxsie And The Banshees - Cities in Dust
  • スージー・アンド・ザ・バンシーズの「Cities in Dust」で、アルバムは86年『Tinderbox』ですね。スジバンですが、小生は健気にスージー・アンド・ザ・バンシーズとフルに呼ぶか、バンシーズだったと覚えていないです。70年代からブリティッシュ・ロックを聴いてきた小生は、ハードロック・プログレからパンク・ニューウェイヴへの移行は、すんなりと出来ましたが、そこは流行り感で聴いた分もありで、78年1st『The Scream:香港庭 [続きを読む]
  • Nazareth -Witchdoctor woman
  • ナザレスの「Witchdoctor woman」で、アルバムは71年・1st『Nazareth』です。今も現役のようですが、ボーカルのダン・マッカファーティーは健康問題で2013年でお辞めになっていて、ベースのピート・アグニュー が残り、70年代からメンバーも入れ替わりですが、続いておりますね。小生の世代はロジャー・グローヴァーがパープルしながらプロデュースした73年『Razamanaz:ラザマナズ』や、実質世界的なヒットになる75年『Hair of th [続きを読む]
  • Prince - I Wanna Be Your Lover
  • プリンスの「I Wanna Be Your Lover」で、アルバムは自らの名の2nd『Prince』ですね。日本では、このアルバムから知られるようになったと覚えておりますが…小生的にはUKニュー・ウェーヴに夢中の頃、アメリカンなPOP系は響かず…プリンスに興味を持つようになったのは、このアルバムに収められていますが「I Feel For You」をチャカ・カーンがカバーした「フィール・フォー・ユー」と80年代のこれこそメディアミックス映画84年『 [続きを読む]
  • 遠藤賢司-雨あがりのビル街
  • 遠藤賢司の「雨あがりのビル街《僕は待ちすぎてとても疲れてしまった》」で、アルバムは、これが1stの70年『niyago』ですね。曲はアルバムやシングル、ライブでバージョン違いがあり、同じ曲を時代ごとに変遷があるのも遠藤賢司ですね。エンケンの1stの曲頃70年、小生は小4で、遠藤賢司の曲を初めて知ったのは吉田拓郎を知った頃、72年小6での「カレーライス」だったと…なんか変な唄・曲、寂しいカンジと…その後フォークは井上 [続きを読む]
  • YES - No Opportunity Necessary, No Experience ~
  • イエスの「No Opportunity Necessary, No Experience Needed:チャンスも経験もいらない」でカバー曲ですが、アルバムは70年・2nd『Time and a Word:時間と言葉』ですね。苦手なイエスでも(正確にはジョン・アンダーソンの高音)プログレ前の時期は69年1st『Yes:イエス・ファースト・アルバム』や、この『Time and a Word:時間と言葉』あたりは、ディープ・パープルⅠ期と同様にアートロック指向で、オルガンが効き、そしてベ [続きを読む]
  • Uriah Heep - Return To Fantasy
  • ユーライア・ヒープの「Return To Fantasy」で、アルバム同主題の75年『Return To Fantasy:幻想への回帰』ですね。まあ小生のユーライア・ヒープはアル中だったボーカルのデヴィッド・バイロンの頃が一番好きだし、聴いているし、80年代以降のユーライア・ヒープは疎いですが…ブログを始めた頃、FBで今も現役の創始メンバーのミック・ボックスとはメールにて、ご挨拶はできましたが、やっぱり70年代モノが それも初期作品が思い [続きを読む]