wsuki2001 さん プロフィール

  •  
wsuki2001さん: 騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ハンドル名wsuki2001 さん
ブログタイトル騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ブログURLhttps://ameblo.jp/wsuki2001/
サイト紹介文「Won't Get Fooled Again」  原災はROCKの凄さを信じて、もう騙されない!
自由文27年間勤めた会社を2011年3月11日に退職、挨拶回りで、帰宅困難者となる。 生涯忘れられない2011年3月11日 元(映画館支配人・ WEBコンテンツプロデューサー・サービサー)もね。歳など関係なく、挑戦です。

原災関係に気をもみ、いまこそROCKの凄さを信じて意見します。
(ロック好きのApple・MAC嫌いのipad2ファンとして、ipad2の使用感想も時々、報告します。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2012/10/30 00:30

wsuki2001 さんのブログ記事

  • 紫貴族 そしてディープ・パープルへ
  • お気に入りブログのmasa-yan666さん・https://ameblo.jp/perfumania1961/ バンド紫貴族 1周年記念ライブに四ッ谷アウトブレイクに行きって来ました。幕張で本家ディープ・パープル前に。 オープニングから、渋い選曲でもパープルファンを満足する曲、同世代わかってる方と!初めてのまさやんさんのライブ観戦ですが、気分はカミングホーム(笑) パープル2期派ですが、ボーカルがデイヴィッド・カヴァデールの3期のアルバム『バーン [続きを読む]
  • Hüsker Dü - Something I Learned Today
  • Hüsker Dü:ハスカー・ドゥの「Something I Learned Today」で、アルバムは84年・2nd『Zen Arcade』ですね。このときはインディーズでした。これも短命でも、80年代ロックでは、新しいかったハスカー・ドゥで、日本ではメジャーの、小生は1stと思っていたが86年『Candy Apple Grey』で知ったと覚えていますが…インディーズのレコード・CDを聴いたのはNY音楽に興味持ち、初めてNYを訪れた90年にレコード店周りをした時でした。ま [続きを読む]
  • America - Sandman
  • アメリカの「Sandman:サンドマン」で、アルバムは71年・1st『America:名前のない馬』です。この頃、東京の恵比寿や東京駅で、馬さんを見かけるので、「 A Horse With No Name:名前のない馬」を聴くとアルバム『America:名前のない馬』を久しぶりに聴き通してしまいました。オンタイムではジョージ・マーティンのプロデュースの『Hearts』の「金色の髪の少女(Sister Golden Hair)」が中坊には、軽やかなアコギなPOP・ロックで大 [続きを読む]
  • The Edgar Winter Group-Autumn
  • エドガー・ウィンター・グループの「Autumn」で、アルバムは72年『They Only Come Out at Night:ゼイ・オンリー・カム・アウト・アット・ナイト、昔はエドガー・ウィンター4』でしたね。本日・日曜日、東京自宅32度もあるのですが、思わずインスタで夏空のような東京を、暑くてUPしてしまいましたが、秋:Autumnはどこに?で、エドガー・ウィンターの72年『They Only Come Out at Night』にありました。このアルバムはどうしても [続きを読む]
  • Gabor Szabo - Dear Prudence
  • Gábor Szabó:ガボール・ザボの「Dear Prudence:ディア・プルーデンス」で、アルバムは『1969』です。ビートルズの「ディア・プルーデンス」は小生的にホワイト・アルバムになかで大好きな曲、1曲目の「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」から切れ目なしのつなぎも絶妙な曲ですが、リンゴがドラムを叩いていませんがポールが代役ですが…で、多くのミュージシャンにカバーされているようで、60年代後半にも、カバーが出ていました。ハ [続きを読む]
  • Jefferson Airplane - Blues From An Airplane
  • ジェファーソン・エアプレインの「Blues From An Airplane」で、アルバムは66年・1st『Jefferson Airplane Takes Off:テイクス・オフ』ですね。ジェファーソン・エアプレインの創始メンバー、マーティ・バリンが9月27日に亡くなったのですね。70年代後追いで聴くジェファーソン・エアプレインはグレイス・スリックが加入の67年・2nd『Surrealistic Pillowシュールリアリスティック・ピロー』からで最初の知ったアルバム、「ホワイ [続きを読む]
  • Ramones - Pet Sematary
  • ラモーンズの「Pet Sematary」で、アルバムは89年『Brain Drain:ブレイン・ドレイン』ですね。スティーヴン・キング作「ペット・セマタリー」と同題で、映画も同年89年『ペット・セメタリー』として公開で主題曲で、PVもそのイメージですね。当時、地方映画館勤務で提携していた映画館で上映がきまり、試写でラモーンズの曲が嬉しいかったのを覚えていますが、80年代映画にはハードロック、ヘビィメタルやパンクの挿入歌がけっこ [続きを読む]
  • The Beatles - Rocky Raccoon
  • ビートルズの「Rocky Raccoon:ロッキー・ラクーン」で、アルバムは68年『The Beatles:ザ・ビートルズ』(日本では69年なんですね)こと『ホワイト・アルバム』ですね。来月のポール公演では選曲しないと思うレノン=マッカートニー作のポールの曲ですが、好きな曲で、この動画は『ホワイト・アルバム』『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』アンソロジー3は持ってるだけでほとんど聴かない、それとも違うバージョンですね。で、『ザ [続きを読む]
  • Jane's Addiction - Ocean Size
  • ジェーンズ・アディクションの「Ocean Size:オーシャン・サイズ 」で、アルバムは88年1st『Nothing's Shocking:ナッシングス・ショッキング』ですね。ブリティッシュ・ロックファンとしては、当時80年代モノは打ち込みサウンドとダンスミュージック多しで、ハードロック系音色が新しい音にはならず、むちゃくちゃ魅力的に映えずと思いでたが…80年代ロックは、70年代ロック同様に聴いての驚きは、もう無いモノと諦めムードでした [続きを読む]
  • John Lennon-Borrowed Time
  • ジョン・レノンの「Borrowed Time:ボロウド・タイム」で、アルバムは84年『Milk And Honey:ミルク・アンド・ハニー』ですね。正式にはジョン・レノン&オノ・ヨーコですね。当時は素直に『Milk And Honey:ミルク・アンド・ハニー』をすんなりと聴けなかったけど、ブログしてから、聴けるようになりましたが、これも、ほんとの遺作となった80年『ダブル・ファンタジー』ジョン・レノンとオノ・ヨーコが半分づつのアルバムと同様な [続きを読む]
  • Paul McCartney - Fuh You
  • ポール・マッカートニーの「Fuh You」で、アルバムは新譜『Egypt Station』ですね。今回の新譜は「アイ・ドント・ノウ」のイントロのメロが小生に響きまして、リフレインでビートルズぽいし、ノスタルジーに聴きやすいし、76才になっても創作意欲は昔と同じ、メロディ・メーカーは変わらじ、お気に入りになりそうと思ったいたら…新譜『Egypt Station』全米初登場1位だそうで、82年の『Tug Of War』以来36年半ぶりの全米No.1だそ [続きを読む]
  • Tom Tom Club - Wordy Rappinghood
  • トム・トム・クラブの「Wordy Rappinghood:おしゃべり魔女」で、アルバムは80年・1st『Tom Tom Club:おしゃべり魔女』ですね。と言っても、当時はトーキング・ヘッズの新譜と思いました、バンドの内のプロジェクトだったようですが、トーキング・ヘッズ自体は今はクールと思いますが…トーキング・ヘッズはニュー・ウェーヴでもかなり尖り度ありで、ワールドミュージック風、NY音楽も夢中になった80年代ですが、このバンドだけは [続きを読む]
  • Rod Stewart-Cut Across Shorty
  • すんばらしい名曲、久しぶり聴いて絶句、魂震えました。ロッドはやっぱ凄えわ!!ロッド・スチュワートの「Cut Across Shorty:カット・アクロス・ショーティー 」で、アルバムはスーパー名盤『Gasoline Alley:ガソリン・アレイ』ですね。アコギ・カントリー風でのハードロック、ブリティッシュ・ロックで、アコギでトラディッショナル・メロ風にもなっていて、激しい、ロッドも唸りますが、小生も唸りリズム取りで踊っていた(笑 [続きを読む]
  • Swing Out Sister - Masquerade
  • スウィング・アウト・シスターの「Masquerade:マスカレイド」で、アルバムは89年『Kaleidoscope World:カレイドスコープ・ワールド』ですね。スウィング・アウト・シスターも10月来日公演があるのですね。秋はブリティッシュ系ミュージシャン目白押しですね。スウィング・アウト・シスターは6月に新譜出て、80年代デビューから寡作ですがコンピレ、ベストを含めて、日本だけリリースなど、手堅い人気です。Kaleidoscope World80 [続きを読む]