wsuki2001 さん プロフィール

  •  
wsuki2001さん: 騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ハンドル名wsuki2001 さん
ブログタイトル騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ブログURLhttps://ameblo.jp/wsuki2001/
サイト紹介文「Won't Get Fooled Again」  原災はROCKの凄さを信じて、もう騙されない!
自由文27年間勤めた会社を2011年3月11日に退職、挨拶回りで、帰宅困難者となる。 生涯忘れられない2011年3月11日 元(映画館支配人・ WEBコンテンツプロデューサー・サービサー)もね。歳など関係なく、挑戦です。

原災関係に気をもみ、いまこそROCKの凄さを信じて意見します。
(ロック好きのApple・MAC嫌いのipad2ファンとして、ipad2の使用感想も時々、報告します。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供416回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2012/10/30 00:30

wsuki2001 さんのブログ記事

  • The Rolling Stones−(I Can't Get No) Satisfaction
  • ローリング・ストーンズの「(I Can't Get No) Satisfaction:サティスファクション」で、アルバムは英米の違った時代ですが、世界的なヒットの口火を切るアルバム65年『Out Of Our Heads』にしまいた。Out of Our Heads/Rolling Stonesで、UPしているようで、していなかった「サティスファクション」で、65年アイリッシュ・ツアーをのドキュメント『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』からのオフィシャル扱いの抜きですね。ローリ [続きを読む]
  • The Dandy Warhols - You Were The Last High
  • ダンディ・ウォーホルズの「You Were The Last High」で、アルバムは2003年『Welcome to the Monkey House:モンキー・ハウスへようこそ』ですね。Welcome to the Monkey House/Dandy Warholsここ1年ぐらい、今に近い、と言っても94年デビューですから、20年以上の演っているベテランになるかもですが、2000年のワールドワイドのヒット曲「Bohemian Like You」はCMの力とは言え、洒落たメロにお茶目なPVで、もの凄くひかれるモノが [続きを読む]
  • Sandy Denny−It'll Take a Long Time
  • サンディ・デニーの「It'll Take a Long Time」で、アルバムはソロの2ndの72年『Sandy』ですね。Sandy/Sandy Dennyフォーク・ロックと言っても、アメリカのフォーク・ロックとはちと違うブリティッシュもので、メロがブリティッシュ・トラッドですので、小生のようにビートルズから始まるブリティッシュ・ロックファンには、耳さわりの良い、メロですね。フォーク・ロックバンドのフェアポート・コンヴェンションにいた頃から、孤 [続きを読む]
  • Tom Robinson Band - Winter of '79
  • トム・ロビンソン・バンドの「Winter of '79」で、アルバムは79年『Power in the Darkness』ですね。Power in the Darkness (CCCD) [Bonus Tracks]/Tom Robinson昔はパンクと思われてましたが、ちゃんとしているパンクよりは、ガレージ・ロックかもです。アルバムのデザインは反骨でした。トム・ロビンソンの同性好き指向が昔はセンセーショナルなプロモで、ありましたが今では、どうでも良いこと、昔は英国では違法だったようで、 [続きを読む]
  • AC/DC - Love Hungry Man
  • 地獄のハイウェイ [ AC/DC ]AC/DCの「Love Hungry Man」で、アルバムはロックファンなら、みんな大好き79年『Highway to Hell:地獄のハイウェイ』ですね。70年代末の頃のハードロックのオンタイムは、ヴァン・ヘイレンとこのボン・スコット遺作となった『Highway to Hell:地獄のハイウェイ』のAC/DCでした。まあ当時は小生はもうかなりニューウェイヴですが、『Highway to Hell:地獄のハイウェイ』の前のアルバムも超強力なブギ [続きを読む]
  • Madonna - I Want You
  • Inner City Blues/Various Artistsマドンナの「I Want You」で、アルバムはマーヴィン・ゲイの トリビュート・アルバムの95年『Inner City Blues: The Music of Marvin Gaye』ですね。このマドンナの「I Want You」はマッシヴ・アタックをフィートしての曲で、幻想的な曲にマドンナのセクシーな声が重なりに、妖艶なカンジです。マッシヴ・アタックは11月に来日ですね。これは行きたいですね。チケットは今ないけど豊洲ピットです [続きを読む]
  • Scorpions - Always somewhere 
  • Lovedrive/Scorpionsスコーピオンズの「Always Somewhere:果てしなきロード」で、アルバムは79年『LOVEDRIVE:ラヴドライヴ』ですね。相変わらずのヤバイ、スコーピオンズのアルバムジャケット・デザイン、これが初犯でなく、76年『Virgin Killer:狂熱の蠍団 ヴァージン・キラー』もありましたから、再犯だったのですね(笑)『LOVEDRIVE:ラヴドライヴ』はヒプノシスだったのですね、これはすっかり忘れていました。で、スコー [続きを読む]
  • Oasis - Stop Crying Your Heart Out
  • ヒーザン・ケミストリー/オアシスオアシスの「Stop Crying Your Heart Out:ストップ・クライング・ユア・ハート・アウト」で、アルバムは2002年の5th『Heathen Chemistry:ヒーザン・ケミストリー』ですね。最近の曲と思っても、15年前になってしまうところが、90年代以降のロックにすこぶる疎い小生であります。90年代以降、特にブリティッシュ・ロックに興味薄だったし、革新・驚きは一段低めと思っていたアメリカン・ロックに [続きを読む]
  • Motörhead - Heroes
  • Under Cover/Motorheadモーターヘッドのボウイのカバー「Heroes」で、アルバムは2008年『Motörizer』ですが、これまでのけっこうカバーを演っているモーターヘッドですが…9月にモーターヘッドが演っていたカバー集のアルバムが『Under Cover』リリースのようです。これがけっこうハードロックで、かなりヘビィな音色で、ヘビィメタルとは言わない小生ですが好みで熱き血をカンジます。 パンクもあれば、ハードロックもそしてボ [続きを読む]
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION - 遥か彼方
  • 崩壊アンプリファー/ASIAN KUNG-FU GENERATIONアジカンの「遥か彼方」で、アルバムは2002年のミニ1st『崩壊アンプリファー』ですね。まずインディーズで出して、その後メジャーと言っても、ソニーのインディーズぽいレーベルから出していたのですね。で、昨日、遠くない東京の若洲公園でロックフェスが行われたようですが、 【MUSIC COMPLEX 2017】そのトリがアジカン:ASIAN KUNG-FU GENERATIONだったようで、 [続きを読む]
  • Joe Walsh - Turn To Stone
  • Barnstorm/Joe Walshジョー・ウォルシュの「Turn To Stone」で、アルバムは72年・1st『Barnstorm:バーンストーム』です。「Turn To Stone」はソロ名義の74年・3rd『So What』でセルフカバーしてますが、こちらがイーグルスのグレン・フライ、ドン・ヘンリー、ランディ・マイズナーが参加で、当時FEN覚えたジョー・ウォルシュの「Turn To Stone」はそれなりにまとまった整音の『So What』盤の方だったのですね。まあそれでもジョー [続きを読む]
  • U2 - Angels Too Tied To The Ground
  • War/U2もろニューウェイヴ世代、昨日のクラッシュに続き、若人の頃のU2で、まあ最高でした。同世代、共感・共鳴したしです。U2の「Angels Too Tied To The Ground」で、アルバムは83年『War』の2008年『War:Previously unreleased outtake from "War" sessions』のアウトテイクですね。気だるいカンジ、でも当時のU2の音色はそのままで、このアルバム83年『War』は就職前の引きこもり状態の時に、よう聴いたし、思い入れも強しで [続きを読む]
  • The Clash - Know Your Rights
  • 過激なシーンがありますので苦手な方は無理はなさらずに。自己判断で視聴してください。Combat Rock/The Clashまあ、世の中気合を入れた曲・ロックが在るし、聴くのにも気合がいるし で、ザ・クラッシュの「Know Your Rights:権利主張」で、アルバムは82年『Combat Rock:コンバット・ロック』です。「Know Your Rights:権利主張」は権利主張と訳するより、権利を知れ! でも例外・除外があるけど、いちおう話すから、とかなり [続きを読む]
  • Ted Nugent - Venom Soup
  • Weekend Warriors/Ted Nugentテッド・ニュージェントの「Venom Soup」で、アルバムは78年の4th『Weekend Warriors』です。この方、70年代から戦士だったのですね。それも週末の限定的な(笑)70年代はハードロックの時代、高校生時が70年代後半ですので、王道のブリティッシュ・ハードロックは一番好きだったし、聴いたしですが、アメリカン・ロックのKISSやエアロスミス、POPながらチープ・トリック、そしてテッド・ニュージェン [続きを読む]
  • Then Jerico - The Motive
  • First (the sound of music; 1987) / Vinyl record.../Then Jericoゼン・ジェリコの「The MotivThen」で、アルバムは87年・1st『First (The Sound Of Music)』です。尽きないニューウェイヴでも、80年代少し遅れての登場のUKPOPに近い、ゼン・ジェリコで、このアルバムの「Muscle Deep」と「Let Her Fall」「The Motive」で、認知だったと思いますが、日本公演も87年にしてますね。これは覚えていない。少し遅れのディランディラン [続きを読む]
  • STEELY DAN - The Boston Rag
  • Countdown To Ecstasy/Steely Danスティーリー・ダンの「The Boston Rag:ザ・ボストン・ラグ」で、アルバムは73年の2nd『Countdown To Ecstasy:エクスタシー』です。スティーリー・ダンのウォルター・ベッカー氏がお亡くなりなったようで、皆さんのブログで知りました。スティーリー・ダンは70年代からFENで覚えたと思いますが、72年・1st『キャント・バイ・ア・スリル』から、80年・7th『Gaucho:ガウチョ』までは、オンタイム [続きを読む]
  • Carlos Santana & Buddy Miles - Them Changes
  • Carlos Santana & Buddy Miles: Live!/Buddy Milesカルロス・サンタナ&バディ・マイルスの「Them Changes」で、アルバムは72年『Carlos Santana & Buddy Miles! LIVE!』です。と云うことで(いきなり・笑)何度か、このブログに書きましたが、サンタナとジェフ・ベックがギターロック好きと言いながら、これはこれで苦手と云うか、聴き込みが足らないと云うか、聴けなかったと云うか… それはボブ・ディランよりは、はるかに聴い [続きを読む]
  • The The - Red Cinders in the Sand
  • Burning Blue Soul/The Theザ・ザの「Red Cinders in the Sand」で、アルバムは81年の1st『Burning Blue Soul』です。まあ困ったちゃん的ファースト・アルバムです。普通、こんなの聴かないし、ですが、小生は70年代から、現代音楽的なものも聴いたし、ロックでもアバンギャルド的なモノはけして嫌いでない。サイケ、アートロック的なモノも大好きで、この流れでアンビエント前のブライアン・イーノも大好きです。で、ニューウェイ [続きを読む]
  • Deep Purple - Lalena
  • Deep Purple/Deep Purpleディープ・パープルの「Lalena:ラレーニャ」で、Ⅰ期・69年のアルバム、昔は『素晴らしきアートロックの世界』だったはず、何故かレコード会社が変遷になって廃盤になったり、復活したり、70年代後半高校生時に、Ⅱ期でないけど手に入れたけど、レーベルがどこだったか忘れている。そして、これもどこに行った? で、今は正式名は69年『Deep Purple:ディープ・パープルIII』 リマスターでアルバムジャ [続きを読む]
  • Neil Young - Hitchhiker
  • HITCHHIKER [CD]/NEIL YOUNGニール・ヤング御大の新譜ではないのですが、9月に未発表音源がリリースのようで、76年録音のアコギの『ヒッチハイカー』のようです。これまでいろいろなアルバム等でていたようですが、アコギのみが今回のアルバムで76年当時録音のようです。未発表曲も2曲あるようですね。ニール・ヤング御大、近年は新譜も毎年1枚以上の異常なペースで、御大、勢力的で、一言居士で、過激、お茶目な発言もありで、反 [続きを読む]
  • Sonic Youth - Within You Without You
  • Sgt. Pepper Knew My Father/Variousソニック・ユースの「Within You Without You」で、アルバムは88年『Sgt. Pepper Knew My Father』ですね。ジョージのサージェント・ペパーの「Within You Without You」のカバーとなりますが。アルバム名は「サージェント・ペパーは私の父を知っていた」となりますが、「父はサージェント・ペパーを知っている」も方が自然かもですね。このアルバム、NMEのチャリティアルバムで、ビートルズの6 [続きを読む]