テナガ さん プロフィール

  •  
テナガさん: アジア散歩
ハンドル名テナガ さん
ブログタイトルアジア散歩
ブログURLhttp://asiani.blog.fc2.com/
サイト紹介文アジアときどき欧州ロングステイ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/10/31 19:36

テナガ さんのブログ記事

  • きゅうりを怖がるネコvsベーコンを怖がるビーガン【動画】
  • お久しぶりです!しばらくブログ投稿拒否してますwそろそろブログ引っ越すかなぁとも思っておりますがどうするかな毎日する事といったら動画鑑賞ばかりで頭がさえませんねwwで、最近おもしろいと思う動画のせますので興味あったら観てくださいね!cat vs cucmber キュウリを怖がるネコさんたち(演技じゃないよ)Scaring Vegans with Baconベーコン(肉)恐怖症のビーガンたち(米国コメディアンJP氏の動画)ではっ! [続きを読む]
  • ビエンチャン②ショッピングモールと夜景
  • ラオスにも近代的なショッピングモールがオープンしてました!〇で囲ってある所がショッピングモール内観ラオスも都会的になったもんだね。デイリークイーン5000kはタイのお金で20b。値下げされてもタイの2倍する! フードコートラオ料理中心だが中華もけっこう多い。新しいショッピングモールでキレイだけど欲しい物が見つからないw そもそもスーパーマーケットとか入ってないし。タラートサオ(朝市場)内で"ビッグC "の看板見つけて [続きを読む]
  • ビエンチャン①市場などローカルなところ
  • お金をあげないでください。この物乞いイラスト、ラオ人には見えないけど.........wそういえばバンビエンには物乞いいなかったなー。市場でよく見かけるコレは何? イノシシの皮?ノンカイ〜ビエンチャン行きバスの終着点海のないラオスではタイから魚介を輸入するんですね!まあノンカイも海から遠いけどwこちらもタイから輸入したのかな?画像のド真ん中に写ってるのは今どきブラウン管TV 街中で見かけるカラフルドリンク水彩絵 [続きを読む]
  • 変貌したバンビエン2018
  • 前回バンビエンに来たのは15年くらい前で欧米人旅行者はけっこういたけどまだまだ素朴な村だった記憶がある。そして2018年のバンビエンは..... マリオカートこれが街中至るところで予期しない方向から暴走してくるので危険極まりない!こんな田舎街に最新鋭の乗り物発見!! wこっちはそれ程スピードないし個数も少ないのでマシではあるが障害物である。サイドウォークに構える屋台群はみんな同じメニュー。テーブル席の足元は砂埃だ [続きを読む]
  • VIPバスでバンビエンのはずが
  • いつもならビエンチャンでタイビザとるだけですぐにタイへ戻るのだが今回は丸々15日間ラオスに滞在することに決めた。とりあえずネットで調べて評判のよかった某ホテルでバンビエン行きVIPバスチケットを予約した。翌朝、狭いなんちゃってVIPバスの車内某サイトで見たバスの画像とは全然違う!!ミニバスで補助席まで埋まってるではないか?!田舎道をひたすら走る我らの"VIPミニバス"最後にこの道通ってから何年も経ってるのに穴あい [続きを読む]
  • ノンカイ〜ビエンチャン&タイビザ
  • ビエンチャンにある両替所のレートXE.COMオフィシャルレートUSD 8,284,68  THB 25,809,83 GBP 11,209,89CHF 849,036,19JPY 74,85AUD 6,489,63CNY 1,272,60VND 0,3648EUR 9,930,72ラオスでの両替レートは米$、タイバーツ、ベトナムドンはXe 公式レートと同じ又はそれ以上でかなり良い。それ以外の外貨のレートは大分落ちる。列車でノンカイに着いた私たちは国境まで歩いて行った。鉄道駅からラオスの国境までは徒歩で大体10 [続きを読む]
  • 3等列車たび ナコンシータマラート〜バンコク〜ノンカーイ 
  • ナコン駅さあ長逗留したナコンを後にバンコクへ向かいます。今回、購入したチケットはナコン発バンコク行きの夜行列車で3等席!! かなり気合い入ってますよ! チケット買ったのは出発の2日前で3等席以外はないとのことでしたが安上がりなので良いでしょうw それとついでにココでバンコクからノンカイ行きの夜行列車のチケットも購入。これも3等席! 気合い入ってますw ※ちなみに過去にバンコクのフアランポン駅で長距離の3等席チケ [続きを読む]
  • マレーシアからタイに陸路入国~ナコンシータマラートへ
  • 明けましておめでとうございます!!しばらくブログお休みしてたら新年になってました。2017年12月マレーシアからタイへ入国しました。パダンブサール(パダンベサール)の地図パダンベサールには2つのイミグレーションがあり1つはパダンベサール駅ともう一つは駅から出たところにある。ここからハジャイへ向かうなら鉄道で行くのが便利! ただ列車は1日2本しか運行していないので時間が合わない場合は徒歩で駅から出た直ぐのところに [続きを読む]
  • ある宿での出来事〜サイコパス女は去ったが・完結
  • 登場人物マリアマレーシア人サイコパス女。顔はマレー系だが中国語が話せる(マレー語と英語も流暢)謎の人種。サイコパス特有の社交性と魅力があるので取り巻きが多い。トマスマリアの連れのスロバキア人。彼一人だと大人しく礼儀ただしい。マリアの取り巻きたちマレーシア人や西洋人複数Dちょっとダラシナイ宿のスタッフ*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*画像はイメージですマリアは去ったが隣のツイン [続きを読む]
  • ある宿での出来事〜サイコパス女を警察に通報②
  • 登場人物マリアマレーシア人サイコパス女。顔はマレー系だが中国語が話せる(マレー語と英語も流暢)謎の人種。サイコパス特有の社交性と魅力があるので取り巻きが多い。トマスマリアの連れのスロバキア人。彼は一人だと大人しく礼儀ただしい。マリアの取り巻きたちマレーシア人や西洋人複数Dちょっとダラシナイ宿のスタッフ*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*画像はイメージです翌朝、私たちが言うより先 [続きを読む]
  • ある宿での出来事〜サイコパス女と取り巻きたち①
  • 登場人物マリアマレーシア人サイコパス女トマスマリアの連れのスロバキア人マリアの取り巻きたちマレーシア人や西洋人複数Dちょっとダラシナイ宿のスタッフ*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*画像はイメージDay1それはマレーシアにある某宿での出来事。ある日の夜中、宿前に止めてある車から大音量の音楽が聴こえてきた。かなりの音量だったので近所のホテルの客も外に出てきた、いかにも迷惑そうだ [続きを読む]
  • グッバイ ドイツ!
  • ヘムスバッハ(Hemsbach)という街に存在する旧ロスチャイルド邸で現在は役所として使われている。 ロスチャの起源はフランクフルトだが18世紀から各地、各国に豪邸建てるほどの財閥になってたんだね。ヘムスバッハのお隣の町ヘッペンハイムへ今年のヘッペンハイムワイン祭りのチャンス逃しました。丘の上の教会へ行ってみたら消防員の結婚式が行われてた!週末の目抜き通りスカスカドイツ最後に過ごした町はワインハイム♪♪こ [続きを読む]
  • ドイツ新ワイン入荷!
  • 今回は1週間ほぼ毎日、森の中を散歩しつづけたのでたくさんのキノコたちを見つけました。この上の写真のキノコ食用だそうだけど万が一当ったら困るので食べずに観賞してましたwワイン試飲会弟と彼女のイヴォンヌさんがワインの試飲をするというので期待しないで来てみたら、かなり豪華なスナックが用意されていた!ワインを飲みながら生ハムやチーズをいただく。白と赤、合わせて5本   それぞれ試飲する前にワインの説明をし [続きを読む]
  • グッバイ ドイツ!
  • ヘムスバッハ(Hemsbach)という街に存在する旧ロスチャイルド邸で現在は役所として使われている。 ロスチャの起源はフランクフルトだが18世紀から各地、各国に豪邸建てるほどの財閥になってたんだね。ヘムスバッハのお隣の町ヘッペンハイムへ今年のヘッペンハイムワイン祭りのチャンス逃しました。丘の上の教会へ行ってみたら消防員の結婚式が行われてた!週末の目抜き通りスカスカドイツ最後に過ごした町はワインハイム♪♪こ [続きを読む]
  • Grube Marie 鉱山洞窟の中を探検
  • Grube Marieは山街道に位置するワインハイムの居住管区Hohensachsen(ホーンサクセン)地区にある鉱山洞窟である。Hohensachsenはワインハイム(このマップには載ってない)の南に位置する地図上の赤い文字のところが入り口 ”父”のうような模様w (トンカチ&カナヅチ)普段ここは閉まっているのだが「たまたま」入り口前のベンチに座っていたら車2台がやってきたので去ろうとしたら車から降りてきた2人のうち↓この方が声をかけて [続きを読む]
  • ドイツでホームパーティー
  • ドイツはビール(アルコール類全般)が安くて種類が豊富なので試さなくては損とばかりにいろいろ試しましたよ♪安いもので500ml 0・25?〜ある!!先日めずらしくレストランで外食しましたwここはオーデン森の小さな村でスーパーなどはなくあるのはこのレストランと肉屋が一軒。平日の昼ということもあり客人は老人ばかりwそこに知り合いのペリュッケ一家4人が食事にやってきた。一家の主ペリュッケ氏は見覚えあるが奥 [続きを読む]
  • 哲学の道
  • 円形劇場とフォロロマーノ? のつづきてきとうに聖なる山から哲学の道へ降りてきました。古き良き時代のハイデルベルグ今も悪くない哲学の道にはベンチが用意されているStandortという印が今いるところで↑の方向にあがっていけば聖なる山の遺跡にたどり着ける哲学の道ぞいにある花園下町におりるまで(下から上がる方のがしんどいですね)の道は坂道なので歩きなれてない方はキツイかも。ココがマレーシアならゴルフカートが用意 [続きを読む]
  • 円形劇場とフォロロマーノ?
  • 聖なる山〜Heiligenbergのつづき聖なる山(Heiligenberg)マップ今は Pマークの上 Standortのところここから円形劇場〜聖ミシャエル修道院へと向かう聖シュテファン修道院跡から駐車場をぬけ円形劇場までは歩いて10分くらいだったと思う。円形劇場入り口さあ中へ正面からの眺め斜め横から上からThingstätte(円形劇場)デザインは建築家ハーマン・アルカー担当。収容スペースは座席数8、000人、立ち席で15,000人ナ [続きを読む]
  • 聖なる山〜Heiligenberg
  • ハントシュースハイムのつづきからハントシュースハイムからThingstätte という円形劇場へ行きたかったので丘を登り適当に進むと石の道しるべが現れた。これを見てもどっちに行けばいいのかわからない。とりあえずハイデルベルグ方面に行けそうな道を歩いた。ハントシュースハイムから歩いて1時間くらいたっただろうか石造りの小屋がある中には井戸がある井戸の図 かなり深いらしいこの建物の歴史が書かれたドイツ語の看板があっ [続きを読む]
  • ハントシュースハイム・手袋の家という名の街
  • 1903年ハイデルベルグに合併したハントシュースハイム区はハイデルベルグの北側に位置する街。ハントシュースハイムの町の名前の由来は、或る騎士がHandschuh手袋をなくし、それを拾って届けてくれた乙女と、その事が縁で恋仲になり、結婚したと云う。https://i.4travel.jp/travelogue/show/10982769詳しくは上記のurlの記事を読んでみてください。(この方の記事は独語の本から訳されてるので読み応えあり!)ハイデルベルグ中心地 [続きを読む]
  • マンハイム工場街クルーズ
  • チャリでマンハイムに来ました。マンハイムシティービーチここはネッカー川岸にある人工のビーチここで泳ぐ人は見ない。(しかも昼前でまだオープンしてない)ただビーチチェアーに寝そべって日焼けしたいだけなんだろね。ビーチ隣の船着場白鳥たちよ楽しみたまえw今回はマンハイムクルーズしにここへ来た。クルーズ開始の一時間半前でこの人!出航40分前にできあがるwあちら側に向けてスタートこっからさらっと写真を載せるw教会 [続きを読む]
  • オーデン森でリゾートする
  • ドイツに来るついでに中央&南ヨーロッパへ行く計画を立てていた。計画といってもガイドブックのコピーをとっただけでフライトや宿の予約は取っていなかった。ドイツに到着後もいろいろと調べていたがナマケモノ本性がでてきて面倒くさくなったのだw スイスにも行ってきたしこれ以上の贅沢はいらないw近所にオーデン森という牧歌的で静かな山があって先週まで雨が降りつづいてたからかあちこちにキノコが育ってる。森のオアシス Ed [続きを読む]
  • 年に一度のアルプホーン大会in ワインハイム
  • スイスの葉書これをスイスから日本へ送ると2フランクかかるということでドイツから0.90?で出しましたw自家製トラベルマップ何年も前に作成し、その後訪れた街が増えたので追加しないといけないwドイツで一番好きな時期はこのワインブドウ畑が青々としてる7〜8月 ワインハイム旧市街いつ見ても可愛い街で気に入ってます♪珍しい色合いの薔薇おじ様アルポーン練習中Alphornアルポーン(アルプホルン)大会本番アルプポーンは、金管 [続きを読む]