こだし さん プロフィール

  •  
こだしさん: Easy Come, Easy Go !
ハンドル名こだし さん
ブログタイトルEasy Come, Easy Go !
ブログURLhttp://bonnechancepict.blog.fc2.com/
サイト紹介文飛行機、モータースポーツ、ポートレートなどなどゆる〜く書いてます(^^;)
自由文鉄道写真だけでなく、飛行機や車などを始め、夜景などの風景も撮影してます。愛機はEOS-60Dです。今年から一眼を始めましたので、まだまだです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2012/10/31 23:24

こだし さんのブログ記事

  • SuperGT2018 LEXUS LC 500
  • 本日スーパーGT開幕戦が岡山国際サーキットで開幕となりまして、なんとNSXのワンツーとなりました。富士のテストも好調でしたが、岡山はレクサスが行くんじゃないかと思っていただけに、次戦の富士がより楽しみになってきました。個人的には開幕戦の相性の良い昨年のチャンピオンKeePer TOM'S。平川君もGT+では浮かない顔をしていましたが、その通りの結果となってしまいましたが、表彰台に上る辺りはやはり実力通りなのでしょう。 [続きを読む]
  • SuperGT2018 HONDA NSX
  • さて、スーパーGTも本日岡山国際サーキットで開幕となりました。生憎のウェットでの予選となり、なんと300クラスは88号車のマネパランボがPPでした。やはりドライバーが重要なのかしら。。。そして500クラスは!ポールは塚越君のドライブする17号車KEIHIN号が奪取。続く2番手は昨年の開幕戦でポールなARTAとなり、好調なNSXがフロントローなんてどうしたんでしょうか。Q2担当のJBも5番手とテストでの走り込みが功を奏したのかなか [続きを読む]
  • SuperGT2018 NISSAN GT-R NISMO
  • さて500クラスはまずは厳しそうな日産から。ドライバーやらチームやらいろいろと異動がありまして、果たして結果にコミットできるのでしょうか。昨年は残念な結果の日産勢にあっては必死さは伝わってくるものの若干半信半疑です。BMAXが300からSloadの入れ替わりになりましたが、戦闘力的にはさほどの変化が感じられず。カルソニックも大樹君が移動してきてテストで上位に名を連ねたりして多少の期待は持てるのかとも。独りよがり [続きを読む]
  • SuperGT2018 MCとJAF-GT
  • スーパーGT300クラスはGT3車両勢に対し、マザーシャシーと日本独自の車両としてJAF-GTの活躍も期待です。それにしてもこちらも話題満載です。なにせ31号車のaprプリウスにはサードから移籍の平手選手が登場。やはり話題の選手だけあって見ものですね。そして同じく500クラスから移籍の小林選手の18号車は明らかに去年より黄色味の強いアップガレージハチロクで登場ですが、こちらのマシンはピントが合いにくいです。そしてツチヤエ [続きを読む]
  • SuperGT2018 LEXUS RC F GT3
  • 古参の日産、新規参入のホンダとくれば、やはりレクサスもGT3をRC Fで台数増となり2018年シーズンを。こちらも結果的には2台から3台にエントリーが増えました。昨年活躍の51号車のLMcorsaがスポンサーも変わり96号車で中山選手とベテランの新田選手のタッグへ。個人的にはここが優勢かなと思ってます。60号車は宮田 莉朋選手がビックリなステップアップ。将来を有望されているドライバーとして楽しみですので、是非とも暴れまくっ [続きを読む]
  • SuperGT2018 NISSAN GT-R NISMO GT3
  • 国産GT3車両では比較的長い期間参戦している日産NISMO GT-R GT3ですが、いろいろと異動が有りました。昨年まで日産のGT3ワークス的な存在だったB-MAXが500へ昇格し、1台のGT-Rで参戦していたゲイナーが2台体制で参戦。しかも2018年エボリューションモデルで準ワークス的な位置づけになり、500のカルソニックから安田選手が11号車で平中選手とドライブ。これに植毛GT-RとRUNUPの系4台と昨年と台数は変わりませんが、ゲイナーが果た [続きを読む]
  • SuperGT2018 NSX GT3
  • 今年のGT300クラスの目玉はやはりNSX GT3でしょう。デザイン的にはもっともカッコいいのではと思ってます。しかも34号車は道上選手がGTレースで監督さんからドライバーへ復活となりまして、F3などで活躍中の大津選手とペアとなりました。もう一台は長らくレース界で活躍の横溝選手がチームオーナーと共に参戦。そのオーナーさんはレース参戦歴はまだ3年程度とか。うぅ〜ん羨ましすぎる。そして今年のNSX GT3はどんな成績となるの [続きを読む]
  • SuperGT2018 Mercedes AMG GT3
  • 昨年5台参戦のメルセデスAMG。チャンピオンもGSRのAMGが獲得したりと一大勢力な感じでしたが、今年は2台減りと少々小粒に。テスト前にAS誌でGSRが新車を導入という事で真っ黒ボディーかと思いきや、GSRとデカデカとステッカーを纏い登場。何だか65号車のLEONと兄弟車のよう。50号車は昨年はフェラーリでの参戦だったようですが、一説では昨年ピットで話題だったエヴァ号?の様で、メルセデスにスイッチ。スポンサードも寂しいよう [続きを読む]
  • SuperGT2018 BMW M6 GT3
  • 今回の富士の公式テストで我愛機が不注意により、長期入院となってしまいました。カメラの落下にはみなさまお気を付け下さいませ。さて、GTの公式テストですが数少ないBMWが世界の荒選手とワークス級のミューラー選手が乗る7号車Studieの撤退により、55号車のARTA号のみと寂しい状況に。まだ2年位しかはしっていないはずなのにこの状況はやはり人気がないのか?個人的には嫌いじゃないのですが。にほんブログ村 [続きを読む]
  • SuperGT2018 Lamborghini & BENTLEY GT3
  • 昨年同様に開幕前の富士スピードウェイでのスーパーGT公式テストに参加してきました。今年はいろいろと500クラスも予想が難しいシーズンの様ですが、300クラスはもっと混戦な予感です。そんな300クラスの中でもっとも変化の少ないランボとベントレーのGT3車両。ベントレーはGT3も新車が発表された様でもっと日本で活躍しても良いのではないかと思っていますが、貴重な車両ですから走らせて頂いているだけでも十分に話題はあります [続きを読む]
  • 久し振りの羽田空港へ
  • 桜の開花と共に降雪となかなか春は遠いのかなという感じですが、週末は待望のスーパーGT富士公式テストです。ちょっと寒さが気になります。カメラ機材変更により解像度やAFの速さと引き換えに重量アップがあだとなり、仕事帰りに羽田に行く機会がめっきり減ってしまいました。そんなこんなで久し振りに気合を入れて第一ターミナルの展望デッキへ。この日は雨で風も荒れ模様で殆どカメラを構えている方はおらず。陽もどっぷり暮れて [続きを読む]
  • やはりS14シルビア
  • それにしても今回のドリフトキングダムはチケットが2,000円とお安いイベント。あちらのイベントに比べればとてもリーズナブルですwそんな訳で自宅近くの筑波サーキットで久し振りにドリフトイベントを撮影して参りました。今回は、稲田大二郎氏に代わりGTドライバーの松田次生選手が審査員となり、いつものサーキットでの距離感と違い、ホントに車好きなお兄ちゃんな感じでブラブラされていました。そしてこのイベントには外人さん [続きを読む]
  • ドリフトキングダムで4ドア三姉妹
  • ドリフトベース車両といえば先の記事の通り2ドアだけでなく4ドアも全盛。特にトヨタはあの3姉妹も。トヨタの3姉妹であるマークⅡ、チェイサー、クレスタにはトップグレードでツインターボ車なんてファミリーセダンには必要?と思われるような設定もありました。パワー的にもドリフトするには十分な車両ですから、ちょっといじればドリフトなんか楽チンでしょうから、ドリフトイベントに増えるのは必然なのかも。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ドリフトキングダムでスカイライン
  • 日産のFR車両は何もシルビア&180SXだけではないのです。やはり名車スカイラインもドリフトには欠かせません。シルビアは4気筒ターボでスカイラインは6気筒ターボで、なかなかドリフトには向かないのかと思いきやそうでもない様子。D1ではノムケンがR344ドアで参戦していて、少数派ながらドリフトイベントには必ず参戦してますね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ドリフトキングダムでMR2&RX-7
  • ドリフト車両といえば、やはりこの車種は外せません。トヨタがリリースした本格的ミッドシップの2台目のSW20MR2と峠では欠かせないロータリーなRX-7のFDがまだまだ現役です。どちらの車両もドリフトするには非常に繊細な車両です。どちらもレーシーな車両ですがその分ドリフト状態に持ち込んだ後はとてもスピンしやすい車両で、私的にもなかなか難しいクルマです。それにしても乗りこなしているドライバーさんはやはり素晴らしいド [続きを読む]
  • ドリフトキングダムでS15シルビア
  • シルビアも一番売れたS13から14になりとってもおデブちゃんになってしまいました。お山に行ってもとても不評で、兄弟車両である180SXの方が多くなったり。そんな14から結果的に最後のモデルになったS15シルビアもイベントにはまだまだ沢山登場です。3ナンバーの14型からダウンサイジングな5ナンバーシルビアで復活しましたが、なんと歴代でもっとも販売期間が短かったようで、言われてみればそんなに長く売っていた印象は少ないで [続きを読む]
  • ドリフトキングダムでS13系シルビアと180
  • 平成初期のドリフト初期の時代から日産シルビアと180SXは人気ですが、現在でも非常に多くのエントリーが今回のドリフトキングダムでも見られます。やっぱりS13系の車両はパワーもそこそこでLSDさえ入れてしまえば非常に楽しい車でした。標準のビスカスLSDっていったいなんだったのでしょうか?日産もトヨタを見習って楽しい車を再び作って欲しいものですが、如何なもんでしょうか?にほんブログ村 [続きを読む]
  • ドリフトキングダムでS14シルビア
  • 今回の筑波でのドリフトイベントはとても久し振りですが、大きすぎず小さすぎない中途半端感満載なサーキットな訳です。今回のサーキットの審査ポイントは1コーナーから1ヘアピンまでと非常に短くなかなか撮影ポイントは少ないです。唯一まともに撮影できるのも1ヘアピンのみ。ヘアピン手前のポイントもなかなかカメラを構えず来場所ばかりで、どうしても同じアングルの写真ばかりです。そして、ベースとなる車両も懐かしの車両ば [続きを読む]
  • ドリフトキングダム2018 AE86
  • しばらく飛行機ネタが続きましたが、久し振りに筑波サーキットへ。ドリキン土屋さんが主催のドリフトマッスルが今年からドリフトキングダムへと変わりました。審査員にスーパーGTで活躍中の車オタクでもある松田次生選手が審査員に加わり走行が開始。陽気的にはもうすぐ3月だというのに相変わらずの寒さ。この日は前日がイベントだということで1Dayの予選と決勝というプログラム。個人的には練習走行と予選だけを撮影。いろいろな [続きを読む]
  • 早朝の猪名川土手
  • ここの所大阪出張が多く、この日は朝から猪名川土手のポイントを散策するべく早朝から出撃となりました。ここ伊丹では比較的飛行機に近いポイントに行きがちなわけですが、この日は早朝で時間が少ない為直ぐに捕獲できるポイントを探していました所、桑津橋の土手辺りが良いらしいということで徒歩で移動。宿泊したホテルがJR伊丹駅と阪急の間くらいだったので、土手のポイントは徒歩で15分程度とあまり苦にならない距離。早速小さ [続きを読む]
  • 最後は千里川土手
  • 今回の関西遠征?の最後の場所はやはり伊丹空港南側の千里川土手へ向かいました。これまでは100-400で撮影していましたが、千里川土手では長物レンズは役立たず。広角系レンズに切り替えて待構えます。しかしながらA滑走路に飛来してくる小さめな機体は残念ながらここではまだまだ高度が高く、撮影するには200ミリ位は必要なので、付け替えたシグマの17-70では撮影は見送らざるを得ません。しかしながらこちらB滑走路に着陸してく [続きを読む]
  • スカイランドHARADAで着陸機
  • スカイランドHARADAでの撮影も続々と飛来する機体が着陸してきます。この地点からだと手前のB滑走路はトリプルセブンなどが着陸する場合、100-400のレンズだと機体がはみ出るケースもあり、なかなか悩ましいレンズ選択となります。しかしながらこの迫力はクセになります。プロペラのボンQはフィルター付けて流し気味に撮ってみたり、大き目な767やトリプルはタッチダウンの瞬間のタイヤスモークが間近に見えるので、設定を変えなが [続きを読む]
  • スカイランドHARADAへ
  • 伊丹空港へ行く際には、毎回阪急岡町駅からレンタル自転車での移動。今回はお休みを頂いての撮影の為、時間的には余裕が有りますが、比較的暖かくなったとはいえやはり冬ですので、車で暖をとれるいつもの撮影と違い寒さが応えます。伊丹スカイパークを後にして、南側のスカイランドHARADAへ向かいます。事前に調べたつもりでしたがうっかり処理場の屋上に向かってしましたが、下を見ると駐車場の脇には同業の方々が。自分も行きた [続きを読む]
  • いざ伊丹空港へ!
  • 神戸空港を後にしてやはり自然と伊丹に足は向きました。神戸空港の後はやはり聖地である伊丹空港へ向かいました。今回は唯一訪れた事の無いポイントに向かう前に伊丹スカイパークへ向かう事に。少々南側で構えていると、奥のA滑走路では着陸機はもっと先でランディング。手前のB滑走路では大分先で着陸となりました。それにしてもここはとても飛行機との距離はメチャクチャ近いので、やはり鳥肌ものですね。にほんブログ村 [続きを読む]