フランスエクスプレス さん プロフィール

  •  
フランスエクスプレスさん: フランス旅だより
ハンドル名フランスエクスプレス さん
ブログタイトルフランス旅だより
ブログURLhttp://www.france-ex.com/blog
サイト紹介文個人旅行専門の旅行会社フランスエクスプレスのブログ。フランスよもやま話をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/11/02 15:28

フランスエクスプレス さんのブログ記事

  • フランス陶器巡り ⑤セーヴル焼
  • 前回ご紹介のリモージュ焼き同様、磁器の文化は中国からヨーロッパへと渡り、その代表格ともいえるのが、ドイツの「マイセン」でした。 このマイセンに追いつきたい!とルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人は持っており、王を説得しセーヴルという町に1759年フランス王室御用達の製陶所が設立されたそうです。ルイ15世により金彩と色絵の独占使用が宣言され「国王の青」”Blue de Roi(ブル・ドゥ・ロワ)”と呼ばれるまでに [続きを読む]
  • フランス陶器巡り ④リモージュ焼 
  • ヌーヴェルアキテーヌ地方に位置するリモージュ。この町は16世紀に中国から渡ってきた磁器の技術がヨーロッパで花開いた地。原料となるカオリナイトが発見されることにより、1771年から作陶が始まり、各地に製陶所が設立されました。19世紀中ごろよりは、リモージュ全盛期を迎え、とりわけアメリカへの輸出が成功。名実ともにフランスの作陶の技術が世に認められました。リモージュにはアドリアン・デュブーシュ博物館という美術品 [続きを読む]
  • **クリスマス セーヌ川クルージング**
  • 2018年も折り返し、旅の準備としては年末年始のお問合せもいただくようになってきました。フランスエクスプレス一押しのクリスマスの過ごし方は高級リバークルージングです。浮かぶブティックホテルとも呼ばれているリバークルーズはまるで5つ星ホテル居室の空間から一幅の絵画のを川の流れに乗り、眺めることのできる贅沢な環境です。河なので大きく揺れることもなく、快適な旅がお楽しみいただけます。寄港地で仕入れたおいしい [続きを読む]
  • 鷲巣村とロ−ヌ川地方の一番きれいな街
  • フランスの鷲巣村というのは南フランスにだけある美しい村です。16世紀、戦争中、村を防御するために、要塞として造られたのが始まり。けれども、最も古い時代に建てられた村もあります。例えば、ゴルドというプロヴァンスの村に11世紀に建てられたお城があります。昔、ゴルド人は戦争のために地下に村を作っていました。例えば、Les caves du palais Saint Firmin(レ・カーヴ・デュ・パレ・サン・フィルミン)という地下遺跡が現 [続きを読む]
  • コルシカ人の心のふるさと
  • 昔、コルテという山村はコルシカの首都であったことから、今でもコルシカ人にとって北コルシカはコルシカの心です。北コルシカは伝統的で、歴史的で、文化的な味わい深い場所として捉えられています。本当のコルシカの姿を見ることができるでしょう。そして、中世時代に建てられた教会や城郭は驚くべき絶景として見るものの心をつかんで離しません。パスカル・パオリはコルシカ独立の旗手として、今もなおシンボルとなっているム [続きを読む]
  • 南コルシカを往く
  • “L’île de beauté” (リル・ド・ボーテ)というコルシカの呼び名は日本語で美しい島の意。実に、コルシカはフランスで最もきれいな島のひとつです。南コルシカのきれいな海岸を散歩して、伝統的な生活様式が残る村を観光してはいかがでしょうか。コルシカの美味しい豚肉製品を食べながら、フィガリやサルテーヌのワインを味わってみてください。そして、船クルーズをして、カランク・ド・ピアナとい [続きを読む]
  • Micropolis La Cité des Insectes(昆虫博物館)
  • 夏真っ盛り、お子様方は夏休みですね。昆虫採集や観察日記など、夏の宿題に向き合っているのではないでしょうか?大人の皆さんも、ファーブルの昆虫記(Souvenirs entomologiques)と聞けば、幼少期に読んだことのある書物の一つではないでしょうか?フランス人であるジャン・アンリ・ファーブルは昆虫の習性を細かく観察し、研究論文としてよりも読み物としての昆虫についての物語を著しました。世界中で翻訳されているものの、フラン [続きを読む]
  • フォアグラと貴腐ワインの名産地ペリゴール・ノワール地方
  • フォアグラの名産地ペリゴール・ノワール地方はフランスで最も美しい村があります。ドルドーニュ川からフランスで一番美しい中世時代に建てられたお城や村を見ることができるので、ドルドーニュ川でカヌ-をするというのもおすすめです。例えば、ラ・ロックガジャックという断崖の近くに建てられた美しい村からカヌ-で5キロメートルから20キロメートルまでの旅路は、素晴らしいカステルノ城やベ-ナック城を臨むことができます! カ [続きを読む]
  • フランス おもしろホテル 【後編】
  • 前編に引き続きフランスの面白いホテルをご紹介。③天体好き、山好きには一押しピレネーの山で寝泊まりスペイン国境沿いにあるピレネー山脈。Pic du Midi(ピック・デュ・ミディ)ここに天文観測所を兼ねた観光施設があります。館内にはプラネタリウムもあり、宿泊施設としてのホテルなんかがあったりします。満天の星空を楽しむにはもってこいの場所です。天体好きさんにおすすめの宿泊スポットです☆④大自然を感じながら過ごす一 [続きを読む]
  • ロワ−ルの美しい村とアキテーヌの美酒
  • 今日はフランスのロワ-ル地方の一番きれいな村と町を観光しましょう!ロワ-ル川の近くに歴史的な街や村がたくさんあります。トゥールという町には12世紀に建てられた教会がたくさんあります。また、ラ・プラス・プルムロ-というトゥールのコロンバージュ様式の建物が立ち並んでいます。街にあるカフェのテラスでロワ-ルの美味しいワインとトゥールの有名なリエットや羊乳 チーズとのマリアージュは絶品です。この旅でワインを飲むだ [続きを読む]
  • フランス おもしろホテル 【前編】
  • 観光客数世界一を誇るフランスには言うまでもなく数多くのホテルが存在しています。そんな中でもとっておきのおもしろいホテルをご紹介。ただ寝に帰るだけではもったいない。ゆったりと過ごしてこそ楽しめる”とんでも”ホテルのご紹介です。①かつて刑務所だった修道院ホテル古城ホテル宿泊も貴重な体験にはなりますが、一風変わって修道院に泊まるというのはどうでしょうか?そしてこの建物かつては刑務所だったとか。F [続きを読む]
  • フランス 花を巡る旅 すみれ祭り
  • むらさき色の小さな花「すみれ」で有名な小さな村がニースから車で小一時間の所にあります。その村の名は、Tourette sur loup(トゥーレット・シュール・ルー)ここは、石造りの建物で取り囲まれた鷲の巣村と呼ばれる作りとなっています。1880年ごろよりすみれの生産が始まり、主要産業として栄えました。お花としてだけではなく、お菓子などにも使われています。スミレのアイスクリームや砂糖菓子、チョコレートのフレーバーとして [続きを読む]
  • フランス 花を巡る旅 ジャスミン祭り
  • 南フランス、グラースここはフランスはもとより世界で一番といっていいほどの「香水」で有名な街。お花の栽培から、抽出、調香そのすべてがこの小さな街で行われています。香水工場もあり、工場見学や調香体験を楽しむこともできます。シャネルが初めて香水を作ったのもここグラースでした。その香水こそ「No.5」「シャネルのナンバーファイブ」のためだけに栽培され、摘み取られるジャスミン畑は90年以上の歴史を持つそうです。そ [続きを読む]
  • フランス 陶器巡り ③カンペール焼
  • ブルターニュの遺産、フランス最古の企業として今もなお生産をされ続けている陶器があります。1690年ルイ14世の時代に王立工場制手工業として始まったアンリオ・カンペール社の製陶はフランスの最果ての地を意味するフィニステールであるところのカンペールという街に位置しています。カンペールタッチと呼ばれる絵付け技法は現代にまで受け継がれ、転写シートは使わず職人が手描きで絵付けをしていくため一点一点に味わいがありま [続きを読む]
  • デュカス・エデュケーションで学ぶ 夏のフレンチ講座
  • 夏休みの期間にデュカス研修センターでは調理のデモンストレーション講座が開催されます! 日本語通訳付きで一流の講師陣が担当。 伝統的なフランス地方料理をはじめモダンなビストロレシピそして、スープやブイヨン、ソースなどの基礎的なノウハウををしっかりと学ぶことができます。レシピもお持ちかえりできるので、思い出だけにとどまらずご帰国後もご自宅で再現可能! 調理の基礎コースは8月20日から24日の5日間 募集枠の残 [続きを読む]
  • フランス 陶器巡り ②ジアン焼き
  • ロワール川河岸にある町、ジアン。1821年 イギリス人実業家の トマス・エド・フルムにより設立されたのがジアン社です。王侯貴族からの注目を集め、家紋の刻印などをした陶器が当時流行しました。古き良きパリのメトロのタイルもジアン焼。Liege(リエージュ駅)では今でもジアン焼で描かれたタイル絵を見ることができます。ジアンブルー必見です!そんなジアン社の陶器をオリジナリティー溢れる色でアレンジすることのできる、絵付 [続きを読む]
  • タラソテラピーの本場 ブルターニュ
  • タラソテラピー(Thalasso Therapy)言葉は聞いたことあるけれど、今いちどういうものかよくわからないという方多くいらっしゃるのではないでしょうか?タラサ(海) + テラピー(療法) つまり海洋療法のことです。海水の成分と人体の組成はかなり近いということから医療としてもリラクゼーションの一環としても発達してきました。その本場ともいえるのはフランスはブルターニュ地方が有名です。海藻のアルゴパックはミネラルをたっぷ [続きを読む]
  • フランス 陶器巡り ①ムスティエ焼き
  • フランスの陶器の歴史、一番古いものはムスティエ・サント・マリーという南フランスプロヴァンス地方の山合の村にあります。フランスの最も美しい村としても認められ、美しい自然の中にひっそりとたたずんでいます。交通が不便で、専用車で行くしかたどり着けない村ではありますが、陶器の歴史と可愛らしさに惹かれてわざわざ足を運ぶ価値ありの小村。1668年イタリア修道士たちが村へ立ち寄り、白い陶器の作り方を伝えたところから [続きを読む]
  • La Salon du Do It Yourself (ラ・サロン・デュ・ドーゥイットユアセルフ)
  • 好きな色の壁紙、好きな素材の引き出しの取っ手、自分の個性にあったお部屋の内装・・・フランス人は日曜大工に精を出し、自分のおうちをデコレーションするのが大好き。可愛い布屋さんやボタン屋さん、裁縫道具屋さんが街中にあり、パリはマレ地区にある流行の発信地として名高いデパートBHVではホームセンターさながらのDIYグッズが並んでいます。そんなお国柄を表してか、毎年11月末から12月にかけてパリ国際展示場でLa Salon d [続きを読む]
  • ヴァン・ジョーヌ(Vin Jeaune)の里 
  • シャトーシャロンと聞いてピン!と来た方はご存知でしょう。フランスが世界に誇るワインの中でも文字通り異色の!?ワインこそヴァン・ジョーヌ(黄ワイン)です。スイスとの国境にあるフランシュ・コンテ地方(現在はフランシュ・コンテ・ブルゴーニュ地方)にはジュラ山脈が通り山岳地帯となっています。ジュラ紀以来残る泥火土と黄土質の土壌に生る、サヴィニャン種という字義通り野性味あふれるセパージュから生み出され、木樽に6年、 [続きを読む]
  • 専用車で旅をしよう! フランス南西部オクシタニー地方を味わう
  • 「パリ」を見たからと言ってフランスの全てを知った気にならないで!フランス滞在中によく地方出身のフランス人に言われた言葉です。かつてのミディ・ピレネーとランドック・ルシヨンが統合されてオクシタニー地方となったフランス南西部は自然、美食、美しい村どの角度からアプローチしても豊饒な魅力を湛えています。専用車をチャーターして極上の旅を実現いたします。以下オクシタニー地方の見どころをピックアップしてご紹介い [続きを読む]
  • フランス 馬に関するデスティネーション7選
  • フランス北西部 ノルマンディー地方フランス国内でも馬場産業が非常に盛んな地域です。そのためフランス国内には競馬場が200を超え、パリ近郊でも乗馬ができたり、伝統馬術のスペクタクルを見ることができるのです!競馬を楽しむなら・・・Hippodrome de Longchamp(ロンシャン競馬場)凱旋門賞といえばロンシャン。2年間の改修工事を果たし、いよいよ本場でのレースが再開します。凱旋門賞の前哨戦となるヴェルメイユ賞やフォワ賞も [続きを読む]
  • チョコ好きは必ず訪れて! バイヨンヌのチョコレート祭り
  • フランス南西部、バイヨンヌ(Bayonne)10分で海辺に30分でスペインに行くことができるバスク地方の中心都市。カラフルな木組みの家が立ち並ぶ美しい街です。16世紀以降にスペインよりやってきたユダヤ人たちがチョコレートを広めたところから、フランスチョコレート発祥の地となりました。牛乳を入れないでカカオ本来の味をそのまま味わう”Chocolat à L'eau"(ショコラ ア ロー)は地元で人気のチョコレートドリンク。 [続きを読む]
  • フランスでお菓子作りを学びましょう!
  • 夏休みの期間にデュカス研修センターでは製菓のデモンストレーション講座が開催されます!日本語通訳付きで一流の講師陣が担当。土台となる生地作りから、飾り付けまで基礎講座をしっかりと学ぶことができます。レシピもお持ちかえりできるので、思い出だけにとどまらずご帰国後もご自宅で再現可能!製菓の基礎コースは8月27日から31日の5日間募集枠の残席もあと少しとなりました。ご興味ございましたらお早目にお問合せください♪ツ [続きを読む]
  • 中世の宮廷文化を感じられる街 アンジェ(Angers)
  • アンジェという街はフランスの西部ペイド・ロワール県にあります。美味しくて、とても有名なワインが飲めます。 アンジェに対する現在のイメージは中世時代です。都心を散歩するとき、至る所でコロンバージュ様式の建物が立ち並び、中心地に13世紀の岩で建てた城があります。そのお城の周りに美しい庭があり、拾い葡萄の農地の中に古い白い岩で建てた教会もあります。そして、そのお城の中には13世紀の至宝があります。それは &ld [続きを読む]