まっしんはやぶさ さん プロフィール

  •  
まっしんはやぶささん: 奇跡のマイホーム建築記録
ハンドル名まっしんはやぶさ さん
ブログタイトル奇跡のマイホーム建築記録
ブログURLhttps://kisekinomyhome.blog.fc2.com/
サイト紹介文素晴らしい工務店平塚アコルデの注文住宅を、奇跡的に出会った湘南茅ヶ崎の土地にローコストで建てたブログ
自由文最初は建売でと思っていたのが、好条件の土地に、建坪約30坪ながら広々4LDK間取を注文住宅で楽しく実現できました。2012年8月末に入居済み。
建築当初からの活動を記憶をさかのぼり、関わった全ての方に感謝しながら記録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/11/02 18:27

まっしんはやぶさ さんのブログ記事

  • [イエマガ更新!]ローコストなのに、ほぼ、ほぼほぼのクローズド外構
  • 先週、イエマガの第23回目が公開されました!前回は、外構工事の相場を探るで、やりたいことが項目ごとにどのくらいでかかるのかを調べたお話でした。相見積もりは、批判的な意見も見かけるのですが、誰もが外構工事なんて一生に何度も経験出来ないのではないでしょうか。個人的には全くの素人が、経験のない大きな出費がかかる対象の相場観や外構費用の仕組みを知るために、慎重に比較検討することに、遠慮はいらないのではと思い [続きを読む]
  • テラス屋根施工してもらったら、バルコニー拡張を勧められた!
  • バルコニーのテラス屋根検討の続きでございます。前回無事?10万円ポッキリの価格が出たことで、購入を決断しいよいよ施工の日を迎えました。と言っても、随分さかのぼっての2013年3月の話ですが...散々、激安業者を探しておいてなんですが、アンテナ業者の対応や太陽光取り付けの対応を体験しているので、正直一抹の不安があります。特に、ほとんど口コミを見かけない業者だったので、運を天に任せるしかありません(笑)ということ [続きを読む]
  • 激安LED電球に交換してみた
  • 今回は、照明のお話です。最近の折込チラシを見ていると、格安の注文住宅でも全室LED照明を標準仕様になっていることを見かけますが、我が家がLED照明を採用したのはダイニングのシーリングライトのみです。当時、予算がないながらも、LED照明には憧れてましたね〜電気代が安くなることや、長持ちするため結局安くつくなんて情報を見ながら、なんとかLED照明に出費することの正当性を探していた気がします。しかし、アコルデの清水 [続きを読む]
  • 素敵だけど我が家には向かなかった新規分譲地
  • 新聞の折込チラシを見ていると、我が家と同時期に建てられた戸建て中古物件が出ていました。我が家よりもちょっと駅に近いとはいえ、土地も建物も我が家より一回り小さいのに物件価格は3,680万円!諸費用含めて3,500万円で建てた我が家からすると、一体当時いくらで購入されたのだろうと想像してしまいます。興味深々でチラシの写真や情報を見ていたら、どうやら大きめの新規分譲地に建てられた物件のようでした。当時の新規分譲地 [続きを読む]
  • 住宅価格シミュレーションは役に立つ?
  • 注文住宅って、実際一体いくらぐらいから建てられるの?本当のところを誰か具体的に簡単にわかりやすく教えて!家建てられないかな・・・と思い始めた時に感じた素直な感想です。我が家は、そもそも二軒目の住宅ローンを組めるのか?という根本的なハンデがあって、注文住宅なんて夢にも思っていなかったのですが、「1500万円で30坪ぐらいの家は建てられるよ」という不動産屋さんの一言に背中を押されました。しかし、その言葉を真に [続きを読む]
  • パパっと決められない、我が家のソファ選びの注目ポイント
  • ソファ選びの続きでございます。とうとう、ソファ選びが待ったなしとなってしまったのですが、正直不安でいっぱいでした。置けるスペースが決まってないことを買い換え先延ばしの理由にしていましたが、本当はそれだけではない気がします。何度もお値打ち価格のソファを物色する機会があったのですが、夫婦揃ってまったく欲しいソファのイメージが固まらなかったんですよね。もう、買い替えを先延ばしに出来ないのですが、正直「と [続きを読む]
  • 4寸柱と3.5寸柱の組み合わせの我が家の設計はまずいのか?
  • 一般的には、ローコストな木造軸組み工法だと、3.5寸(105mm)の柱を採用していることが多いのではないでしょうか?我が家は、元々建売住宅を買おうと思っていたぐらいなので、柱の太さには無頓着だったのですが、ローコストな工務店でもオール4寸柱を標準仕様にしているところがありました。人間、現金なもので、予算内で手に入るとわかるとやっぱり「オール4寸柱」という強そうな響きに惹かれてしまいます。アコルデにも見積もりし [続きを読む]
  • ピッタリサイズのカゴがなければ作るしかない!
  • イメージ以上のオープンスペースを備えた窓際カウンターをGETして、大満足だったのですが、ひとつ甘く考えていたことをすぐに思い知ります。それは、オープンスペース部分に入れるちょうど良いサイズのカゴやケースが、全然見つからないんです!イメージとしては・・・キッチンが散らかるのは「片づけすぎ」が原因!?壁とカゴで改善できますキッチンのカウンター下や作業台の上は、悩みの多い場所です。この悩みを、「壁にかけるだ [続きを読む]
  • 幼木ばっかりの我が家の追加植樹たち(5年前)
  • 注文住宅は、色々と自分たちで選ぶ楽しみがあるのが醍醐味ではあるのですが、選ぶ楽しみというのは、ある程度お膳立てがあってのものという気もします。各分野の専門家を抱えるハウスメーカーや経験豊富な設計士さんだと、そのあたり上手なプランニングで施主の潜在的要望を可視化しつつ、セオリーから外れないようにアドバイスしながら「選択」の楽しみを与えてくれるんでしょうね。それらが、高級ハウスメーカーなどの付加価値の [続きを読む]
  • [イエマガ更新!]坪単価より摩訶不思議! 外構工事費は比較できるか?
  • 先週、イエマガの第22回目が公開されました!前回は、外構の予算は50万円。どこまでできる?という、わずか50万円の外構予算の中で樹脂デッキ取り付けまで妄想するという無謀なお話をご紹介しました。ところで、外構予算50万円って、そんなに少なすぎるもんなんですかね?  ←まだ言ってるw外構費の予算の相場を調べてみると、建築費の1割という説をよく見かけるのですが、我が家が当初目指していた建築費1500万円だと、150万円もの [続きを読む]
  • 入居6年 変わる普通と変わらない普通
  • ぼーっとしていたら、入居以来6年を過ぎていました。チコちゃんに叱られそう(笑)入居日は、2012年8月31日だったのですが、その二日後に撮影したキッチン様子が写真で残っていました。初めてのIHでの目玉焼きに挑戦しているのは、当時10歳の次男です。一個失敗したようです(笑)当然ながら、彼もこの春に高1に成長しまして、時の経つ速さを実感しております。(そしてコンロがピカピカw)ちょうど、アコルデの岡本社長と少しお話する [続きを読む]
  • 激安エクステリア業者のテラス屋根価格を徹底比較
  • 前回、固定タイプの柱ありテラスで気持ちが固まったかのように書きましたが、実際は最後まで柱なしテラス屋根含めて気持ちはグラグラしていました。最終的には、やはり柱ありを選択することになるのですが、先日の台風21号の強風を体験すると、本当に柱ありにしておいてよかったと痛感します。あちこちで、カーポートや屋根が吹っ飛んでいる映像を見ると壁付けした屋根なんて簡単にめくれあがってしまってもおかしくありません。外 [続きを読む]
  • トイレの有効幅を78cmより広くできた可能性
  • かのアップル経営者のスティーブジョブスが、iPhoneの試作機を水没させて「泡が出るということは、隙間がある」=まだ、小型化できるはずということを技術者に言ったという逸話があります。実際はデマらしいのですが、コンピュータのソフトウェアの高速化や省電力化に励むエンジニアは、これに近い感覚で無駄を省く努力をしているので、ジョブスがいい出しても不思議じゃないなぁと思います。ありえそうだから、広まった話なんでし [続きを読む]
  • 満を持して選ぶソファのサイズをどうする?
  • 以前、ご紹介したとおり今年の3月に16年もののソファが、とうとう限界に達しました。革地と布地のリバーシブルの生地のどちらもへたりきった後に、ニトリのソファカバーを活用してごまかして来ていましたが、近年はあきらかにクッション性が失われていました。ずっと、今にも底が抜けそうという雰囲気をわかっていたのですが、買い替えを先延ばしにし続けていたのは、窓際カウンターが決まらなかったことにあります。さらに、その [続きを読む]
  • 塞ぐだけじゃないカウンターの隙間の下のヒミツ
  • 前回、長年?悩んだ窓際カウンターがとうとう搬入されたお話を書いたわけですが、大満足のこの家具にも一つ残念な問題がありました。それは、カウンターを並べた際にできるスキマのことでございます。[我が家に猫はおりませんのであくまでイメージです]このスキマが出来てしまう点が、造り付けの家具と特に違いの出てしまうところなのですが、今回は他に選択肢のないデザインの家具で、しかもかなりのお値打ち価格だったこともあり [続きを読む]
  • こだわるべきか否か?バルコニーまたぎ問題
  • かなり前に、すこ〜しだけ触れたことのあるバルコニーまたぎ問題を振り返ってみたいと思います。現在のお住まいが、バルコニーに面した窓から、こんな感じで床からフラットに出られるようになっているのに慣れていて、これから新たな家づくりという方もいらっしゃるのではないでしょうか。すでに家づくりを経験された方は、よくご存知だと思いますが、この仕様は「当然」ではないので注意が必要なんです・・・高級なハウスメーカー [続きを読む]
  • 柱ありテラス屋根のデザインがスッキリしないと思う理由
  • このところの異常気象・自然災害には驚かされるばかりですが、最近の局地的なゲリラ豪雨にあらためて庇や軒の大切さを実感させられています。建築当初に妻が軒の出を心配していたときには、その重要性を正直あまり実感がなかったのですが、さすがやはり普段家を守ってくれている妻の目線はさすがだなぁと、感服しております。我が家の場合、この酷暑でも極力窓を空けて、自然の風を通して過ごすようにしているのですが、ゲリラ豪雨 [続きを読む]
  • 資金不足と借金持ちは家づくりを諦めるしかないのか?
  • 我が家は、幸い二度家を買う機会に恵まれたのですが、共通して感じたのが不動産屋さんは、やはり家を売るプロだなぁということです。思い返してみると、どちらのマイホーム購入も、資金不足で「自分が家を買えるのか?」と半信半疑で不動産屋のドアを叩いたのですが、結局無事買うことができました。どちらのケースも全く計画性に欠けている上、資金不足だったりしたわけですが、それほど難しそうな素振りも見せずに淡々と対応して [続きを読む]
  • [イエマガ更新!]立ちはだかる外構予算への無知の壁
  • 先週、イエマガの第21回目が公開されました!前回は、外壁シミュレーションと後から知ったサイディング選びのポイントというお話でした。最後に目地が目立ちにくいサイディングのデザインがあることを書きましたが、縦張りも目立ちにくていいですよね。例えば、我が家のサイディングのコルモストーン調とケルンストーン調を横張りで並べてみると、こんな感じになります。どちらも横ラインの柄なので、縦に入るコーキングの目地がど [続きを読む]
  • AIが間取りを作ってくれる日が訪れる?
  • 最近AIの話題を色々目にする機会があるのですが、真偽は不明ですが、住宅メーカーがAIで間取り作成の研究を始めている話をどこかで見かけました。米国の2割以下とはいえ、18年度のAI関連の政府予算が770億円、民間投資は6000億円以上とのことですから、そのような動きがあっても不思議ではありませんね。すでにリノベーション分野では、AIがプランを作成するサービスが実用化していたみたいなのですが、残念ながら提供していた会社 [続きを読む]
  • 待望の窓際カウンター ? 2台 搬入!!
  • いくらなんでも間を開けすぎの窓際カウンターの話の続きでございます。当ブログをよく訪れていらっしゃる方でも、「あぁ、そんな話あったね」という遠い記憶の世界ですよね(汗)前回、まさかの二台同時購入を決断したニトリのタクトというキャビネットの搬入の様子をご紹介します。まずは、搬入場所ですが、前回別れを惜しんでご紹介した古い段差カウンターが撤去された写真がこちら。右側には、まだえらいことになったソファが鎮座 [続きを読む]
  • [これも格安住宅の選択肢かも]二軒同時に建てればローコスト?
  • 2011年当時の話ですが、家づくりを考え始めたばかりの頃に、パワービルダーと言われる建売の建物は500万円〜700万円で建てられていると言われて衝撃を受けました。あまりに安く建てられるため、土地を相場より高く買い取ることが出来るため、入札などでも圧倒的に落札率が高いようです。大抵ギリギリの土地面積に窮屈に建物を建てて売ってしまうため、町並みに余裕がなくなったり、私のように土地を買って注文住宅を建てたい人に、 [続きを読む]
  • 風速55mに耐えられる? 心配な我が家の太陽光取り付けの耐風基準
  • 被害が心配な大型台風12号が接近していますね(この記事は7月28日時点で書いています)。最大瞬間風速が最大55メートルにもなると言われていますが、毎年台風の時期にこの手の話を聞いて心配になることがあります。それは、我が家の屋根についている太陽光パネルが吹き飛ばされることがないか?です。最近は、台風に限らず洪水などの影響でも野立ての太陽光パネルが吹き飛ばされたり、流されたりというショッキングな映像がTVでもよく [続きを読む]
  • メンテナンス予測と本当の家計改善効果
  • メンテナンスのお話の続きでございます。我が家は、住宅ローンを借りられる期間目一杯の35年間で借り入れしました。そのまま予定通り返済すると、完済時の年齢は77歳です。自分自身ももちろんですが、35年後の自宅の状況や周囲の住環境がどうなっているのか全く想像が付きません。何もメンテナンスしないと、こんな感じになっちゃうのでしょうか・・・そういえば、私が13歳の頃に新築した実家がちょうど築35年になります。当時は、 [続きを読む]