eru-L さん プロフィール

  •  
eru-Lさん: 美封堂「BI・HU‐DO‐」
ハンドル名eru-L さん
ブログタイトル美封堂「BI・HU‐DO‐」
ブログURLhttp://rarecover.blog.fc2.com/
サイト紹介文戦後記念・公園・年賀・通常・航空切手の『ぶろぐ』
自由文・ようこそヽ(・∀・)メ 
日本切手の使用例を中心に、紹介致します。タマ〜に旅先の風景や釣りでの釣果、アンティークルアーなど、切手以外の出来事も掲載予定です。
ちなみにニックネームであるeru-L(エル)とは、Lure(ルアー)を右書きしたものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2012/11/03 21:39

eru-L さんのブログ記事

  • 通常切手なの?それとも記念切手なの??
  • 先達てのJAPEXでの一コマ。とある小型シートについて、「コレって記念切手なの?」との御指摘がありました。カタログ上では通常切手にエントリーしてるのですが、性質上このS/Sは記念切手です。・贈呈状しかしながら、発行公示が無かった事や、記念銘が無い事で通常切手に組み込まれていますが、<忘れられた記念切手>として、この平等院鳳凰堂があります。贈呈状でも、「切手趣味週間に因み」とハッキリ記念切手であることが主張 [続きを読む]
  • 赤十字共同募金S/S丸ごとCXL
  • JAPEX作品を、目白の日本郵趣協会にハンドキャリーしてから間もなく、記念S/Sの使用例がLOT売りでヤフオクに出ていました。9枚程纏められてた内の1枚。↓欧櫛『TOKYO 1.10.48 NIPPON』このS/S発行初日の金属印。この紫ゴム印も、手持ちであったね。↓こちらは現在作品の中なので、東京に滞在中。確か去年も同様なコトが、この募金S/Sのカバーであった記憶が。 [続きを読む]
  • 使用時期の遅い和文ローラー
  • 折角入れたんだケド、失念しておりました。・使用時期の遅い和文ローラー印そう高かった訳でもなかったのか、ブックに突っ込んでから時間が経ってるし。でも、印影はしっかりしているから、使い道は見つかると思うね。札幌切手展の和ローラーなんて、あまり見かけないよね。確かこの3枚で、5,000円もしてなかった記憶があります。 [続きを読む]
  • 大阪展CXL
  • JAPEX・JPSオークションでの落札品。↓落札できたのは、この1点のみ。和櫛『七條油小路(京都) 23.12.3 ★★★』この消印は結構押された様で、ウチにも他に京都展と名古屋展があります。それでも小型シートの実逓印には違いありませんので、入れておくには問題御座いません。 [続きを読む]
  • 競馬法5円貼り第一種書状
  • 今回のJAPEX即売品。↓・競馬法5円貼り第一種書状この切手は第一種5円用を目論んで、第一種1.2円時期に制作・発売。この1.2円時期の書留料金は5円。和櫛『子浦 23.11.15 静岡縣』ルックスが良いことと、一般便(中身入り)なので購入しました。また、安価だったことも理由です。左:船便印刷物/右:第一種書状確か、仕入れ価格も同じだった様な・・・。 [続きを読む]
  • 驚異の差分『?(デルタ)』
  • 「浅草花やしき」の前にあるお店に、卸された伊勢海老。↓それと、サザエに蛤。↓昨日ですが、高級な魚介類を横目に見ながら、産業貿易センター「台東館」へ。6階会場で、審査員から今回の作品の総評をいただき、表彰式に参加した後に戦場と化するであろう、8階・ジャパンフロア会場へ、いざ出陣。数年前に頑固な落札価だったアイテムが、今回は多数出品されている。あまりにも高すぎて入札を見送ったモノや、競りに競っても落とせ [続きを読む]
  • JAPEX2017を通じて
  • 浅草から無事に帰阪し、2日分の洗濯をしながらブログを綴っております。今年のJAPEX、去年に引き続き2回目の参戦となりました。また関係者の方々には、拙作ながら当方の作品を御参観いただき、お礼申し上げます。誠に有難う御座いました。そして審査員の方々からは、色々と助言・アドバイスをしていただき、本当に有難い次第です。重ね重ね、お礼を申し上げます。最終日の本日13:00からは、JAPEXのメイン・イベントでもあるジャパ [続きを読む]
  • <JAPEX2017>
  • @@@ヾ( ^◇^)ノ@@@いつも【美封堂】をご覧いただき、誠に有難う御座います。切手収集されてる方は元より、更に切手収集をされていない方もいつも当ブログに立ち寄っていただいております。こちらとしても励みになり、有り難いコトです・・・ヽ( ・∀・)メ切手関係者の方はご存知と思われますが、11月3日〜5日の3日間、「東京都立産業貿易センター台東館 6・7階」(住所:東京都台東区花川戸2-6-5)において、第52回・全国 [続きを読む]
  • 切手付1.20円に熊本展3.80円・長野展15円貼速達書状
  • JAPEX開催も近くなりました。・1.20円切手付封筒に熊本展3.80円切抜、長野展15円切抜貼り第一種速達書状ウチの手持ちカバーでも、ハイレベルクラスです。熊本展3.80円貼り適正使用例、且つ長野展15円貼り速達適正使用例です。おそらく熊本展3.80円、長野展15円貼りにおける現存数1点のカバーです。地方限定販売時期(全国発売前)の、ダブル適正使用例。このカバーを見た方は、どちらを主張すべきか迷うと良く言われます。まぁ、どち [続きを読む]
  • 魚介シリーズ「さざえ」
  • 魚介シリーズ最後の1枚。・魚介シリーズ「さざえ」勝浦が、初日指定局。ここで、魚介シリーズ12種類を纏めて載せてみました。「いせえび/こい/まだい/かつお/あゆ/うなぎ」「さば/さけ/ぶり/とらふぐ/するめいか/さざえ」魚介シリーズ・全解説書を見れるのは、きっとこの【美封堂】だけでしょう・・・(^ω^ ≡ ^ω^)ネ!! [続きを読む]
  • 魚介シリーズ「とらふぐ」
  • この表紙絵、イイですね〜(´ω`人)・魚介シリーズ「とらふぐ」下関が、初日指定局。ちなみに、発行初日使用として↓・とらふぐ15円貼り第一種書状こんなカバーも持っております。モチロン、郵趣家便。和櫛『下関 42.3.10 8-12』ハト印とらふぐ発行初日の実逓印。左:赤判記念消し/右:初日実逓印魚介シリーズは全部で12種類。これで10種類目なので、残り2種類。 [続きを読む]
  • 魚介シリーズ「ぶり」
  • ・魚介シリーズ「ぶり」福江が、初日指定局。ちなみに、発行初日使用として↓・ぶり15円貼り第一種書状こんなカバーも持っております。モチロン、郵趣家便。和櫛『福江 42.2.10 8-12』ハト印ぶり発行初日の実逓印。左:赤判記念消し/右:初日実逓印魚介シリーズは全部で12種類。これで9種類目なので、残り3種類。 [続きを読む]
  • 魚介シリーズ「さけ」
  • ・魚介シリーズ「さけ」石狩が、初日指定局。ちなみに、道内での初期使用として↓・さけ15円貼り第一種書状こんなカバーも持っております。やっと出た、一般便。和櫛『旭川 41.12.1 後0-6』しかも、さけ発行初日の実逓印。左:赤判記念消し/右:初日実逓印魚介シリーズは全部で12種類。これで8種類目なので、残り4種類。 [続きを読む]
  • 魚介シリーズ「さば」
  • ・魚介シリーズ「さば」銚子が、初日指定局。ちなみに、発行初日使用として↓・さば15円貼り第一種書状こんなカバーも持っております。モチロン、郵趣家便。和櫛『銚子 41.9.1 8-12』ハト印さば発行初日の実逓印。左:赤判記念消し/右:初日実逓印魚介シリーズは全部で12種類。これで7種類目なので、残り5種類。 [続きを読む]
  • 魚介シリーズ「うなぎ」
  • ・魚介シリーズ「うなぎ」浜松が、初日指定局。ちなみに、発行初日使用として↓・うなぎ15円貼り第一種書状こんなカバーも持っております。モチロン、郵趣家便。和櫛『浜松 41.8.1 8-12』ハト印うなぎ発行初日の実逓印。左:赤判記念消し/右:初日実逓印魚介シリーズは全部で12種類。これで6種類目なので、残り6種類(やっと半分)。 うなぎの御当地は、浜松。 [続きを読む]
  • 魚介シリーズ「あゆ」
  • ・魚介シリーズ「あゆ」郡上八幡が、初日指定局。ちなみに、発行初日使用として↓・あゆ10円貼り第一種書状こんなカバーも持っております。モチロン、2つとも郵趣家便。和櫛『郡上八幡 41.5.16 8-12』ハト印、『岐阜 41.6.1 8-12』あゆ発行初日の実逓印。左:赤判記念消し、中/右:初日実逓印この際ですが、岐阜も御当地みたいなものですね。魚介シリーズは全部で12種類。まだ5種類目なので、残り7種類(もある・・・)。 [続きを読む]
  • 魚介シリーズ「かつお」
  • ・魚介シリーズ「かつお」焼津(+土佐清水)が、初日指定局。ちなみに、発行初日使用として↓・かつお10円貼り第一種書状こんなカバーも持っております。モチロン、郵趣家便。和櫛『土佐清水 41.5.16 8-12』ハト印かつお発行初日の実逓印。左:赤判記念消し/右:初日実逓印魚介シリーズは全部で12種類。まだ4種類目なので、残り8種類(もある・・・)。 [続きを読む]
  • 魚介シリーズ「まだい」
  • ・魚介シリーズ「まだい」千葉・小湊(+広島・鞆)が、初日指定局。ちなみに、発行初日使用として↓・まだい10円貼り第一種書状こんなカバーも持っております。モチロン、郵趣家便。和櫛『千葉小湊 41.3.25 8-12』ハト印まだい発行初日の実逓印。左:赤判記念消し/右:初日実逓印魚介シリーズは全部で12種類。まだ3種類目なので、残り9種類(もある・・・)。 [続きを読む]
  • 魚介シリーズ「こい」
  • ・魚介シリーズ「こい」野沢が、初日指定局。手元には2枚あります。ちなみに、発行初日使用として↓・こい10円貼り第一種書状こんなカバーも持っております。モチロン、郵趣家便。和櫛『野沢 41.2.28 8-12』ハト印こい発行初日の実逓印。左:赤判記念消し/右:初日実逓印魚介シリーズは全部で12種類。まだ2種類目なので、残り10種類(もある・・・)。 [続きを読む]
  • 魚介シリーズ「いせえび」
  • 今日からマジメに、切手解説書を示していこうと思います。・魚介シリーズ「いせえび」熊本・牛深が、初日指定局。手元には2枚あります。ちなみに、発行初日使用として↓・いせえび10円貼り第一種書状こんなカバーも持っております。モチロン、郵趣家便。和櫛『熊本・牛深 41.1.31 8-12』ハト印いせえび発行初日の実逓印。左:赤判記念消し/右:初日実逓印こんな感じで、これから切手解説書『魚介シリーズ』を紹介します。ちなみに [続きを読む]
  • 2匹の龍
  • 「切手解説書」というカテゴリを設けてから約半年間、1度も更新していませんでしたね。ある程度揃っているのですが、正直「単調で面白くなさそう」・・・なので、書くのを避けていたのが本音です。でも、この様に並べれば面白いかも知れません。↓左:1964年用年賀切手/右:陽明門40円並べてみて改めて思うコト、「表紙の図柄がいいね」。右の通常切手である陽明門40円の中ですが、↓こんな感じ。この切手解説書は中身で勝負する [続きを読む]
  • 秋の大鹿村
  • この3連休、私は4連休(金曜年休)にして、東京と長野に行ってきました。東京へはJR夜行高速バスを使って、目白の郵趣協会へ出品作品を納めに行き、提出して直ぐに浜松の実家へ帰郷。実家にはマイカーがあり、次の日はそれで長野へ。その長野ですが、いつも出向く大鹿村への旅です。まだ紅葉は早かった様で、またそう寒いとは思えない気温でしたね。毎年お世話になっている、↓赤石荘(← してね!)に宿泊。この宿は何と言って [続きを読む]