禅玄道士 さん プロフィール

  •  
禅玄道士さん: ウラBKTS
ハンドル名禅玄道士 さん
ブログタイトルウラBKTS
ブログURLhttp://iteqpom.naturum.ne.jp/
サイト紹介文「本物」「男の中の男」を目指す者への「新・狼たちへの伝言」。 心して読むべし!
自由文男とは、人生とは、武士の生き様とは何であろうか。その答えが、ここにある。
やがてあなたは、「本物」「男の中の男」を、このブログの中に見出すだろう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2012/11/06 11:08

禅玄道士 さんのブログ記事

  • 男の特性2
  • おはようございます。今日も、男の特性について考えます。人間は、色々な人との関わりの中で生きています。その中で、男が果たすべき役割は、、、。与えること、ではないでしょうか。会社に行けば、給料をもらうことばかり考える。商売をすれば、客からお金を取ることばかり考える。それでは、男と言えません。会社にあっては、自分はどんな貢献ができるのか。商売にあっては、自分はどういうメリットをお客様に与えることができる [続きを読む]
  • 男の特性1
  • おはようございます。ごきげんいかがですか。自分が男であることに、誇りをもっていますか?自分が自分であること、男であることに、誇りと喜びとこだわりを持って生きたいですね。どんなに平凡に見える人生にも、アップダウンはあります。問題は、ダウンの時です。こんな時にこそ、元気と勇気を奮い立たせましょう。好調な時は、誰もが強気でいられる。真価が試されるのは、ピンチの時です。ピンチを楽しむ心を持ちましょう。リラ [続きを読む]
  • 男らしさを表すもの。
  • こんばんは。一口に、「男らしい」と言っても、その様を一言で表すのは、難しいですよね。人によって意見はそれぞれ。十人十色だと思います。その事実を踏まえつつ、、、。思い切って、本記事では、男らしさを表すものを端的に述べたいと思います。男らしさを表すものは多々あれど、やはり、一番大事なのは心の持ちようではないかと思う。男なら、強く、優しく、美しく。この心の在り様を、一言で言うならば、、、。「武士の心」と [続きを読む]
  • 「男らしさ」をどう体現するか?
  • 「男らしさ」は、人によって定義が異なるものです。ある程度の一般的傾向は、あると思うのですが、、、。その行為が男らしいか否かは、対立概念に照らし合わせ、比較衡量し、どちらがより男らしいかを考えてみると分かりやすいかと思います。たとえば、トイレの長さ。 トイレの長さを、男らしさの軸で測るのはむずかしいと思われるかもしれません。では、肉食動物と草食動物では、どちらの方がトイレが長そうでしょうか?肉食動物 [続きを読む]
  • 高知アカメ紀行6
  • 大変お待たせいたしました。高知アカメ紀行の最終編です。グリッサンド90を折ってしまい、ブルーカレント85TZオールレンジで代用しておりました。K-UTENミノーは若干ウエイトオーバーであるものの、竿自体の軽さも相俟って軽快に前にルアーを飛ばしてくれます。しかし、しかしながら、、、アタリはありません。これはもう、我慢比べ。ポイントは間違っていないのだから、ここに居座ってひたすら粘るしかない。幸い、この釣り場の [続きを読む]
  • 高知アカメ紀行5
  • おはようございます。釣りを再開した◯◯◯◯であった。さすがに、K-TENミノーはよく飛びます。こうやって釣るのね!と思いました。暑いので、適宜休憩を入れつつ、ビュンビン飛ばします。ビュンビンと、、、。すると。バシッ!と音がして。穂先が飛んでいきます。あれ!グリッサンドは、ワンアンドハーフで、穂先はなかったよね、、、?そうです。足元の障害物にぶつかって、穂先が折れたのです。あーあ。これ、保証期間、1年だっ [続きを読む]
  • 高知アカメ紀行4
  • お待たせいたしました。なかなか記事が進まず、申し訳ございません。前回の続きです。寝る前は、夜中でも目が覚めたらgo!と思っておりましたが、いざ2時頃目がさめると、当然のごとく辺りは真っ暗で、出掛けようという気になりません。どうにもならないヘタレ野郎です。結局、うっすら明るくなる4時頃まで横になって待って、出かけます。先ずは昨日のポイントへ。二時間ほどキャストするも、異常なし。ボラらしき魚体がたくさん跳 [続きを読む]
  • 高知アカメ紀行3
  • こんにちは。前回の続きです。雰囲気のいい岸辺を撃って行きますが、一向にアタリがありません。冷たい水が流れ出ている一級ポイントでも同様。やむなく、どんどん撃っていきます。釣り上がって行きますが、やがて山に阻まれて道路より移動。黙々と釣りを続けます。しばらくすると、上の道路から声が。ロードバイクに乗っている方でした。地元の方で、以前水産庁のアカメ調査を手伝ったこともあるそうです。どこに立って、どこから [続きを読む]
  • 高知アカメ紀行2
  • おはようございます。昨日の続きです。意を決して、四万十市を目指したものの、遠い、、、。高速を降りてすぐの釣具屋さんに聞くと、やっぱり浦戸湾の方が釣りやすいそう。また、二年がかりくらいで考えた方がいい、とも、、、。でも、ここまで来たら戻れません。一路四万十川を目指します。ああ〜。画像が容量オーバーで載せられません。こちらのブログ、そろそろ他ブログへ移動か、文字専用のブログと成ります。現地に着きました [続きを読む]
  • 四国アカメ紀行1。
  • こんにちは。真面目に釣行記です。航空機を安く取りたかったため、かなり前から旅行社を経由してチケットを頼んでありました。だから、正直、めんどくさくなってはいたけど、行くことになりました。羽田までは、車で行きました。事前に駐車場を予約して。チケットは、JALで頼んでいたのですが、駐車場は何も考えず第2で取ってしまいました。ところが、第2はANAの乗り場と直結で、JALに乗るには、第一の駐車場を予約していなければ [続きを読む]
  • 四国にアカメを狙いに行きました。
  • こんにちは。6月の末に、四国に関する記事をいくつか載せましたが、、、。高知に行っていたのです。アカメを狙いにね。5月から、新しい趣味を始めて、そちらが充実して忙しかったので、行くことすら面倒くさくなっていたのが正直なところです。ただ、前々から飛行機を予約したあったもので、、、。準備も当然、不十分。でも、大きな忘れ物はなかったですよ。釣りは成立しました。これから、小刻みに書いていきますね。お楽しみに。 [続きを読む]
  • 誤字脱字に注意。
  • おはようございます。仕事の量と質は、トレードオフの関係にあると言われます。つまり、量を追求すれば質は低下せざるを得なく、質を追求するためには、ある程度量は絞らなければならない。これが、人に見せない練習や没原稿などであれば、量がいつか質に転化することもあるようですが、ブログは、常に人目に晒される真剣勝負。誤字脱字なくやろうと思えば、集中している時間に執筆を行い、チェックももれなく行う必要があります。 [続きを読む]
  • ネイティヴロッドの使い分け。
  • おはようございます。ちょっと前に、ネイティヴロッドの記事を載せましたが、なぜか注目記事に上がってこず(笑)、アピールする意味からも、こちらに記事を載せます。ザ・安達ワールド。バリバスのワークスリミテッドに、ネイティヴ・ヴァージョンが出ました。それを、二つとも買いましたよ。今は、パックロッドも出ているようですがね。フルグラスのTRD510FSと、ハイブリッドモデルのTRD511FSです。510の方は、例えば上野村で軽 [続きを読む]