洪正幸 さん プロフィール

  •  
洪正幸さん: 宇宙の兄弟たちへ@スピリチュアルブログ
ハンドル名洪正幸 さん
ブログタイトル宇宙の兄弟たちへ@スピリチュアルブログ
ブログURLhttps://www.spacebrothers.jp/
サイト紹介文様々なる星から転生してきた仲間たちへ、そして敬愛する地球人へお伝えするメッセージです
自由文ある日を境に、今まで霊的な事とは無縁だった普通の人間である私に、不思議な出来事が起こり始めました。
高次の存在から受け取ったスピリチュアルメッセージ、政治経済から、人類の秘史、文明論、宇宙人まで、インスピレーションを受けて書いた記事を中心に配信していきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供449回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2012/11/07 22:16

洪正幸 さんのブログ記事

  • フランスでデモが暴徒化
  • フランスではマクロン大統領の政権に反発する抗議デモが頻発し、一部は暴徒化してブランド店などの商店を略奪していますもとは燃料税の増税に反対するデモで、参加者は約13万6千人に上り、400人以上の逮捕者が出たとされますフランスと言えばフランス革命で、「自由、平等、友愛」をスローガンに掲げて革命がおこりましたその賛否は両論ありますが、人権の尊重が世界的に広まる一因になったと思えます今回のデモのきっかけの一つに [続きを読む]
  • 宇宙の偉大な力にゆだねる
  • 苦しみや迷いの中にある時には、人は必死にあがこうとしますそれは溺れた者が必死になって水かきをしているような状況です溺れまいと必死にかいているつもりが、むしろ水を飲み込んだり、沈んでしまったりします人生にも同じようなところがあって、自我の服を着ていると、溺れてしまうことがあります私たちは自我こそが自分を守ってくれるものだと思っているため、それを手ばなせずにいますそして必死になってもがくのですが、かえ [続きを読む]
  • フィギュア紀平梨花さんの宇宙時代の前世
  • フィギュアスケート:GPファイナルで日本の紀平梨花さんが優勝をなしとげました紀平さんはシニアに入り1年目にしてグランプリファイナル制覇を達成したことになりますロシアのザギトワ選手は二位でした紀平梨花さんを拝見していますと、不思議な風景が浮かびました月夜の海なのですが、地球とは違ってもっと明るい感じがしますその海の水面から、キラキラと銀色に輝く生き物が飛び出してきました月夜の光に照らされて反射して輝い [続きを読む]
  • すべての人に光は注がれ、愛されていること
  • 以前に降りてきたスピリチュアルメッセージを再掲載いたします現代のひとびとは五感で捉えられる世界=物質世界に魂が捕らわれ、見えない世界に意識を向けることがほとんどなくなりました地上にある者が、喜びにあるときに、ともに喜び、悲しみにあるときに、ともに涙を流す存在のことを忘れ去って久しくなります人間とは本来、太陽のようにたくさんの光りという愛を降り注がれている存在であるにもかかわらず、そうしたものを否定 [続きを読む]
  • 貴ノ岩さんの件にみる人の心の問題
  • 大相撲の貴ノ岩さんが、付け人に暴行を働いたとしてニュースになりましたご本人は責任を取って相撲を引退する覚悟のようです貴ノ岩さんは以前に同じくモンゴル力士の先輩である、元横綱・日馬富士さんに暴行されたとして話題となられた方でした今回は逆にご自身が暴行したとして、被害者の立場から加害者の立場になってしまったことになります私たちは他人にネガティブな側面や、欠点などを見る時に、そこに自身の弱点や問題点を見 [続きを読む]
  • 光と仲間たちとの縁
  • 開設しています「スピリチュアルスクール」にてスクール生の縁について記事を書きましたので、こちらでも公開したいと思いますこの光との縁を感じられる方にメッセージが届くことを願いますスクール生の縁私たちはそれぞれが個性的な経験を積んで、個々の集い集まっていますしかし偶然に集まったのでもなく、過去世からの縁で繋がっていることがありますスクール生の鑑定をさせていただいて感じたのは、前世で知り合ったもの同士が [続きを読む]
  • 運命を切り開く力
  • 人間には考える力が宿っていますその力は目に見えないため、どのような効果があるか分からないと思います一見すると無力のように見える思考の力には、大きなパワーが秘められていますひとは考える力によって運命を切り開いていける力を神様によって授かりました物事をどのようにとらえ、どのように考えていくかで人の運命は変わっていくものです人生ははじめから決められたレールがあって、その上を走るだけの存在ではないという事 [続きを読む]
  • 見方次第で人生は変わってくる
  • あるところに泣き虫ばあさんと噂される人がいましたそのおばあさんには二人の娘がいて、長女は靴屋に、次女は傘屋に嫁いでいきましたおばあさんは嫁いだ娘のことが心配で、雨の日も晴れの日も泣いていたと言います「どうしてそんなに悲しんでいるのか?」とお坊さんが聞いてみますすると「晴れの日には次女の傘屋が儲からないと心配で、雨の日には長女の靴屋がお客さんが来ないだろうと悲しんで泣いている」と泣き虫ばあさんは答え [続きを読む]
  • カルロス・ゴーン氏の経営能力は?
  • 先日逮捕されたカルロス・ゴーンさんについて、日本人の首を切っただけで、それで経営を回復させただけという低評価な意見もありますたしかに彼は冷酷に赤字工場を閉鎖させたり、人員の削減をしてきましたそれだけ見れば、経営は実に簡単なように見えますただ赤字の部分を削減すればよいのだとすれば、会社の経営も簡単でしょうですが実際にはそう簡単にはいかないものですたとえば日本ではバブル崩壊後から、色んな会社でリストラ [続きを読む]
  • 恨みを解く方法
  • 人に対して苦しみを与えてしまったり、迷惑をかけて恨まれることがありますそうした相手からのネガティブな念は、自身の運命の足を引っ張るもとともなります相手から恨まれたり、怒りを向けられた時に、その念を解くために考えるべきことについて述べてみます前回は最近逮捕されて自動車会社の責任者について取り上げましたリストラなどをして、業績を回復させたのはよかったのですが、裏では多くの人からの恨みの念が来ていたと思 [続きを読む]
  • 人を苦しめるといつか自分に返ってくる事
  • 人の恨みを買うような事をしていると、いつかは自分に返ってきてきます人を騙して儲けたり、気に入らない人を苦しめるなどをしていると、いずれは自分に返ってきますそうして返ってきた因果を、自らまいてきた人ほど、「世の中はおかしい、どうして自分がこんな目に合うのだ」と憤ります多くの人を苦しめてきた過去は忘れて、いざ自らに苦境が訪れると、世の中を呪う事が多くなりますたとえば凶悪犯罪を犯して捕まった人なども、「 [続きを読む]
  • 歴史は繰り返す、東京五輪、大阪万博…
  • 先日は2025年の国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決定したと話題になりました大阪万博というと懐かしい響きとして思い出される方もいるでしょう若い方にはご存知ない人もいらっしゃるでしょうが、1970年にも大阪で万博が開かれたことがあります55年ぶりに大阪万博の開催となるわけです前の大阪万博では岡本太郎氏の太陽の塔や、月面の石が飾られるなどいろんな話題がありました前回の大阪万博は、私はまだ生まれていなかっ [続きを読む]
  • 移民法案が可決した裏
  • 事実上の移民法案ともいえる、「出入国管理法案」の改定が衆議院を通過しました日本の未来にとって大切な法案だと思いますが、まるでウナギのようにするっと通過していきました先日はゴーン氏の逮捕を受けて、その隙に何か重要な法案を通すのだろうと思っていたら、この法案が通過しました外国人のカリスマ経営者を逮捕させて、騒いでいる隙に移民法をサッと通過させるのは、なかなか悪戯なやり方だなっと思えますたいていはマスコ [続きを読む]
  • 不足を見ていては幸せになれない
  • 満たされない思いというのは誰しも持っているでしょうもっとたくさん得たい、もっともっと欲しいという思いが人を突き動かしていることもありますお金が足りないと悩んでいる人は、もっと収入が欲しいと思い、収入が多くなっても、それが当然になってきてお金を使いますから、もっと欲しいとなりますいつまで経ってももっと欲しいときりがなくなりますほかにも人から称賛が欲しいとか、褒められたいという欲もあります自分が周りの [続きを読む]
  • ゴーン氏の逮捕で感じる事
  • 日産自動車の経営者であるカルロス・ゴーン氏が金融商品取引法違反で逮捕されたことはこのブログでも取り上げましたブログ読者の感想では、やはりゴーン氏に反発する意見が多かったようです彼が報酬として有価証券報告書に書いたものより多くの報酬を得ていたとのことですが、どうも最近の報道からは、それは引退後に受け取る予定のもので今現在は実際には受け取っていない金額のようですこの将来無事に引退した時には受け取る予定 [続きを読む]
  • 幸せの中に不幸の種はあり不幸の中に幸せの種はあります
  • 人は幸せの時にそれが続くことを願い、不幸のさなかには、はやく過ぎ去るものを願うものですしかし、幸せのなかに不幸の種は潜んでいて、不幸のなかに幸せの種があることを気づかずにいるかもしれませんたとえば願い通り会社で出世したとしますはじめは嬉しいでしょうが、立場があがるほどに責任も大きくなります以前は自分ひとりが頑張って成績をあげれば誉められていたのに、出世すると今度は部下を動かして成果を出さなくてはな [続きを読む]
  • 不幸を呼び込んでしまう心の曇りを除くには
  • ふと気が付くといつも同じことを考えたり、気にしていることがありますたとえば顔や身体に劣等感を持っていたら、その部分が人に笑われないだろうか?とか人から指摘しないだろうかと繰り返し考えていることがありますあるいは昔に失敗したことがあって、気が付くといつもその事ばかり思い出しては後悔していることがありますほかにも、憎らしい相手の事を思い出しては、怒りが湧いて来ていることもあるでしょうずっとある人の事ば [続きを読む]
  • 不遇な環境と恵まれた環境に生まれるのはどちらが幸せか
  • 家庭環境の問題で、暴力的な親に育てられたり、貧しい環境で育ったりすることがありますその一方では、愛情豊かな親の元に生まれたり、豊かな環境に生まれる場合もありますたいていは良い環境に生まれることが幸せとなっていくように考えますしかしどちらの環境にあっても、幸せを気づいていく人もいれば、不幸になっていく人もいますたとえば親の欠点が見えて、そのために苦労する環境にいたとします幼児期にそうした苦労する環境 [続きを読む]
  • 私たちは旅人のようなもの
  • 私たちの本質は光であり、やがて光の世界に帰らなくてはなりませんこの地上に肉体に宿って生まれて来るのは、ほんの一時の旅をしているようなものですやがては旅もおわり、故郷に帰る時が来ますいくら旅先が気に入ったからと言って、ずっとそこに住むことは出来ませんみんなで旅に出て、現地で出会い、また一人一人帰っていきます故郷に持って帰れるのは、旅での思いだけです旅先でどのような思いを持ったか、何に感動し、何を学ん [続きを読む]
  • 日本は再び不況に突入か!?
  • 昨日は日産自動車のCEOであるカルロス・ゴーン氏の逮捕について取り上げましたこうした逮捕の裏には、政府による見せしめという噂もあります来年には消費税の増税をする考えのも動いていて、庶民の不満をなだめるために、富裕層を潰して見せしめにしようとする考えがあったとも言われます以前にITバブルと言われたころに、当時絶好調だったホリエモンこと堀江貴文さんの逮捕や、村上ファンドの社長の逮捕などがありましたこれを受 [続きを読む]
  • カルロス・ゴーン氏の逮捕
  • 日産自動車、ルノー、そして三菱自動車工業の会長を務めていましたカルロス・ゴーン氏が金融商品取引法違反容疑で逮捕されたというニュースが流れましたゴーン氏は、ルノーの当時の会長にスカウトされ、ルノーに入り、不採算事業所の閉鎖や、調達先の集約などで経費の圧縮を進め、赤字だったルノーの経営を数年で黒字へと転換させる手腕を発揮しますこれによりゴーンは「コストカッター」「コストキラー」の異名を持つようになりま [続きを読む]
  • 守護霊様や前世の性別の心理学的解釈とは?
  • ユングについて語ってきましたが、一般には関心が浅いようでアクセスがだいぶ減りますので、今回で終わりとしますユングが唱えたもので重要な概念に「元型」というものがありますたとえば母親といえば自分を包み込んでくれるものなど、人類に共通した印象がありますそうした人類に共通していて、はじめから人間の心に備わっているものを元型と呼びましたそうした元型の中で幾つかを紹介しますまずは「老賢者」というものがあります [続きを読む]
  • ユング心理学とスピリチュアル
  • それでは昨日の続きとして、ユング心理学とスピリチュアルの関連について述べていきますまずユングはシンクロニシティについて取り上げていますユングがある女性患者の夢の話を聞いていましたその夢の内容は「黄金のコガネムシを受け取る」というものでしたちょうどその話を聞いた時に、診察所の窓からコツコツと音がしましたなんとそこには本物のコガネムシがいて、窓に当たっていましたこのように「意味のある偶然」のことを共時 [続きを読む]
  • ユングとオカルト
  • ユングは人間の潜在意識を探求した偉大な心理学者でした彼はオカルト現象を認めていますが、実際には学問的な立場を取って自身の心理学を打ち立てていますそのため少し分かりずらかったり、湾曲した表現になっているものがありますそこでユングの語っていることを、スピリチュアルな視点から解説してみたいと思いますまずユングとオカルトについて紹介しますそもそもユングの祖父は優れた霊能者だったと言われていますので、小さな [続きを読む]