しろくろshow さん プロフィール

  •  
しろくろshowさん:  You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて
ハンドル名しろくろshow さん
ブログタイトル You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて
ブログURLhttp://4696show.blog45.fc2.com/
サイト紹介文見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/11/08 21:30

しろくろshow さんのブログ記事

  • 店の名は○○、自転車屋のとなり
  • 今月に入って直ぐのこと、京都みなみ会館一時閉館のニュースが飛び込んできた。・京都現存最古の映画館閉館へ みなみ会館、移転再開目指す・京都みなみ会館が閉館を発表 理由は施設老朽化、2018年中の移転・営業再開目指す ・京都みなみ会館2018年3月末日閉館のお知らせ!! 名残惜しいが残念!今や西日本に棲む(いやいや、住む( ̄。 ̄;))怪獣映画ファンにとっては「聖地」と言っても過言では無い劇場だと思っていただけにかえ [続きを読む]
  • November Masterpieceの謎を解け
  • 購入後ちょっと時間を要したが「特撮秘宝Vol.7」を読了(写真右参照)いつもながら大量の文字で溺れそうになるほどの情報量で溢れかえっており、また一歩老眼が進行したのではないかと心配しているところだが( ̄。 ̄;)我が輩がホントに心配なのはそのことではなく次号予告がまったく記載されていなかったことにあった。今まで必ず一言は次号に言及する記事が添えられていただけに或いは来年続刊は出ないのではないかと、今かなり [続きを読む]
  • 笑ってゴマかせこの恐さ
  • 前記事に続いて今回もスティーヴン・キング絡みのはなし。先日CSチャンネルのFOXムービーで「クリープショー」(この映画でキングは脚本を書いている)のオンエアがあり、しっかり録画・視聴することに成功した。以前も書いたが我が輩はLDソフト(右写真参照。ジャケットに写っているのはアイキャッチ風に登場する骸骨ホスト。と、言っても別に喋るわけじゃ無いし名前もよくワカランのよ(__;))で同作を数年保持していた時期があり [続きを読む]
  • 10個選んだと言うより10個わいてきたと言うべきか
  • 先日のベストテン投票についてだが、簡単に自分なりの基準を書いてみると今回はとにかく「今すぐぱっとその映画をDVD再生したとき果たして飛ばし見することなく最後まで見ることが出来るか?」「何処かで感情を揺さぶられる場面がまだ存在するか?」というこの二点に絞った抽出方法が取られていたのであった。だいたいベスト10に上げようかという映画だからどれもこれも何度となく見ている作品ばかりなわけで、その中でも上に書 [続きを読む]
  • 2017年オールタイム映画ベストテンに参加してみました
  • 毎度お馴染み年の瀬恒例(11月でこういうこと言うのも早いような気もするが(__;))washburn1975 さんブログ「男の魂に火をつけろ!」で開催される映画ベストテンの概要が発表されていた。今回のテーマは「映画オールタイムベストテン」ということでベストテン企画の原点に立ち返った全映画の中からノージャンルで好きな作品を一〇本を抽出するというもの(前回の「オール」は2007年に実施されたので実に10年ぶり)参加しようかなと [続きを読む]
  • なかなかウドン屋から出られんな
  • ◇ホントは年明けてからやろうと思っていたのだが、いつものクセでつい勢いに任せてテンプレを変更してしまった。しかもコレ以前使っていた古いヤツで新鮮さはまったく無いのだけれども、どーもこのデザインに愛着が強いのか飽きたらコレに戻してしまうパターンがここ数年何度か続いていたのである。せめてバナー画像くらいはどっかで入れ替えようと思うけど、しばらくはこれで続けてみる予定。 ◆「ブレードランナー2049」 [続きを読む]
  • もうすぐ63ですねん
  • 昨日の日本シリーズ初戦でホークスの完勝を目にして、今朝は心穏やかに自宅の台風対策をしているワケなのだけれども、ふと思い出したのは福岡出身のホークスファンで2年前まで横浜生活を送っていたブログ仲間のちょい若おやじさんのこと。当時準地元のベイスターズも応援していたと言っていた彼が今年のシリーズをどういう想いで見ているのかなと、少し話を聞いてみたくなった(もう2年近く音沙汰無いけど元気でやってますやろか) [続きを読む]
  • モンキー・ゴー・ホーム
  • ホークスの日本シリーズ進出が決まり、ようやく安心して映画を楽しめる状況が整ったので台風一過だった月曜日の夜にシネマサンシャインで「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を見てきた。 この新シリーズも早い物で今回が三作目の完結編となる(ハズだよね?)公開始まったばっかの映画のことをあんまり細かく言うのもどうかと思うのでいつもの如く漠然とした感想に終始するつもりだが、大河ドラマ的連作の幕引きとしては [続きを読む]
  • FOX止めてFOX入るんかいと
  • 10月に入って我が家では毎年恒例のスカパー契約変更を行い、これにて野球モードを終了。去年からネット配信サービスとの併用になったこともありスカパーの方は「セレクト5」という5チャンネルのパック(合計1,980円)にしか入ってなかったのだ。ちなみに内訳は以下の通りである。1.FOXスポーツ(ホークス戦用。但し「シンプソンズ」等FOXチャンネル系のアニメやドラマ、また見たことも聞いたことも無いようなB級映画を良くやっ [続きを読む]
  • どこのCMかは知らないけれど、歌はみんな知っている
  • 本屋で「映画秘宝セレクション・タケダアワーの時代」と言う本を買ってきた。購入からまだ二日しか経っておらず7割程度しか読み進んではいないが、ここ最近の映画テレビ本(特にイマイチ自分と趣味の合わないライターさんの本が続いた「映画秘宝セレクション」シリーズ)の中では個人的に大ヒットと言える内容だった。この本は所謂「タケダアワー」(武田薬品の単独提供枠)と呼ばれたTBS系列日曜19時台の人気番組(「月光 [続きを読む]
  • 鋼鉄の羽を毟る男、スパイダーマン!
  • タイトルは香山浩介(現・藤堂新二)さんの声で脳内再生するように。これは比較的最近のはなし。徳島に台風が直撃した今月三連休の中日、シネマサンシャイン北島で「スパイダーマン:ホームカミング」を見てきた。じつはシネサン北島は7月に全面リニューアルを行っており、わたしは改装後初めての劇場入りとなったのだった。今年春にイオンシネマが出来るまで徳島では映画興行を一強独占(ミニシアターがもう一館あるけどシネコン [続きを読む]
  • 邦題と中身が合ってませんがな
  • 暑い夏も終わってようやくマトモな脳活動が行えるようになったので(ーー;) 数は少ないがその間見ていた映画の話を少しずつ回顧していく。これはなんと先々月に行ってきたという「怪盗グルーのミニオン大脱走」の遅い遅い感想文である。確か野球観戦で丸亀に行ったとき時間潰しと避暑を兼ねてふらりとイオンシネマ宇多津に寄ったのだけど、特にアレを見たいコレを見たいという希望は無くこの日時間の合う三本(後の二つが何だった [続きを読む]
  • パンナムで行く怪獣島の旅
  • そんなわけでこの日の大トリとなった4本目「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」怪獣の登場する場面は全て少年の夢の中だけで、現実世界には出現しないという、ゴジラシリーズ中でも異色作中の異色作と言える内容。全編がどちらかというと「ウルトラQ」の一篇のようなムードで統一されており(音楽がその「ウルトラQ」と同じ宮内國郎さんだったことも大きい)ある種良質なジュブナイルを見ているような気分にもさせて貰え [続きを読む]
  • この田舎怪獣め!殿、宇宙でござるよ
  • 途中ランチタイムを挟んでの三本目は「怪獣総進撃」午前中の2本は佐藤勝さんの音楽だったので、この日初めて毎度お馴染みの伊福部マーチが聞こえてきたときは「おー、やはり怪獣映画の音楽はこうでないとなあ」としみじみ聞き入っていたのであった(別に佐藤さんの曲が嫌いなわけでも何でも無いし、単独で聴いたらどれも良いテーマ音楽になっていたとは思うけれども、コレばっかりは己の脊髄反射的問題なので(^_^;)しょーがないの [続きを読む]
  • まずはDNA鑑定をたのむよ
  • 二本目は「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」ここからの三本はすべて劇場鑑賞が初めてのゴジラ映画ばかりで、わたしはチャンピオン祭りでのリバイバル(及び新作)上映の際にも行ってない(「息子」は73年の夏、「総進撃」は72年の冬に「ゴジラ電撃大作戦」のタイトルでそれぞれ再映されている。「オール怪獣」は記念すべきチャンピオン祭り第一回の作品でもあった←69年冬)参考までに我が輩のチャンピオン祭り参戦を振り返ると以下の [続きを読む]
  • アイディアで勝負したらこうなりました
  • そんなわけでもはや土佐版平成チャンピオン祭りの様相を呈してきた高知県立美術館・夏の定期上映会「昭和ゴジラシリーズ・新時代」についてちまちまと感想を書いておく。上映会は8/26・8/27と二日間開催されていたのだけれども、今回は初日の26日に参戦。徳島からは高速を走って三時間程度の距離ではあるが、不思議と関西怪獣映画の聖地・京都みなみ会館へ行くときほどの遠征感はあまり感じない(実はこの二カ所、徳島からの距離が [続きを読む]
  • あの怪獣はげにわりことしじゃ
  • たった今一泊二日の高知旅行より帰還。最大の目的であった高知県立美術館・夏の定期上映会「昭和ゴジラシリーズ・新時代」をしっかり満喫してきたのでありました。もう今日はしんどいんで( ̄。 ̄;)詳しい感想や報告等は明日以降綴るけど、同地での企画上映に対する来年への期待値がさらにグッと上がったことだけは間違いなかったと断言しておきましょう。 [続きを読む]
  • 熱球ひとすじ、命をかけた
  • 今年の夏休は飛び飛びになってしまったが(三日休んで一日仕事、みたいなんが2度ほど)なんだかんだでトータル8日ほどあったのだけれども、このうち4日程度は深夜に映画だドラマだといろんなモノを見てやるつもりでいたのに、連日どーしても23時を過ぎると眠たくなってしまい( ̄。 ̄;)その後はどれほど頑張ってもけっきょく0時過ぎにはウトウトとなってしまう始末なのであった(単純にトシのせいと言うことなのだろうかね・・・) [続きを読む]
  • 今年の文月は想い出を残して過ぎてゆく
  • ◇今年の7月は自分にとって長年お馴染みだった方々が一気に三人もお亡くなりになってしまうという、たいへん寂しい一ヶ月になってしまった。その一人目はタレントの砂川啓介さん。昭和特撮ファンからすればなんと言っても「超人バロム1」の熱血キャラ・松叔父役が印象的で、ある意味オトナサイドの主役(本当の主役は猛と健太郎という子供二人だけなので)と言っても良い存在だった。二人目はホラー映画界の大巨匠・ジョージ・A・ [続きを読む]
  • 私が新マンにホレた理由(わけ)
  • この記事に書いたとおり22日の土曜日からCSチャンネル・ファミリー劇場で「帰ってきたウルトラマン・HDリマスター版」の放送がスタートした。当日は仕事だったので夜に録画していたのを見たのだけど、画質は数年前にwowowで放送された物と変わらぬクリアぶり(確証は無いけど同じ放送マスターではないのかな)BS放送のwowowとCS放送のファミリー劇場だと多少違いがあるのかもしれないけど、我が輩の老いた眼ではその差などはまっ [続きを読む]
  • コンピューター、コンピューター、ぼくを高知県に連れていけ
  • 昨年の客入りがあまり良くなかったので今年はどうだろうと心配していた高知県立美術館の特撮映画特集上映が四年連続で無事開催されることになった。主催側で前回のラインナップ(「キングコングの逆襲」「宇宙大怪獣ドゴラ」「地球防衛軍」「宇宙大戦争」)があまりに渋かったのを反省したのかどうかはわからないが( ̄。 ̄;)今回は賑やかなゴジラ映画ばかりで4本。その詳細は右画像にも書いてあるけれども文字が小さいのであらため [続きを読む]