野人 さん プロフィール

  •  
野人さん: 伊那谷の古民家再生
ハンドル名野人 さん
ブログタイトル伊那谷の古民家再生
ブログURLhttp://zenhankai.blog.fc2.com/
サイト紹介文2013年1月に築150年の古民家を購入。 3年3ヶ月の再生を経て移住し、古民家再生続行中です。
自由文2016年3月に移住後も、古民家再生続行中です。
・古民家再生
・薪ストーブ生活
・家庭菜園
・ヤギの飼育
・ニワトリの飼育
まだまだやりたいことがたくさんあります。
丁寧でシンプルな生活がしたいです。
伝統も大切にしたいです。
自然や地球や地域と調和したいです。

でもなんか、オーガニックやナチュラルや、そういう雰囲気は苦手なのです(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供371回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/11/09 23:12

野人 さんのブログ記事

  • 不登校
  • まったく、藪から棒に書くのですが、実は昔、不登校していました。小学校2年生から5年生にかけて、断続的に。理由を書くとそりゃ複雑で、直接的なものから間接的なものまで。小学校2年生当時の担任の体罰や悪行なんかを列挙しなければならないので、書きません。ただ、端的に言うと「社会と反りが合わなかった」のですよ。これは難しい問題。社会的に不適応とか。集団に馴染めないとか。まあ、その、親としては心配しますよね。僕 [続きを読む]
  • 卯の部屋の大斑直し・感覚が戻ってくる(2017年10月15日)
  • 昨日の記事の続きです。あ、昨日載せ忘れました。寅の部屋の大斑直しが完了した写真です。うん。我ながらきれいに塗れていると思います。続いて卯の部屋に移動します。まずはこちらの面から。この日のうちに卯の部屋の大斑直しまで完了したいところですが、ちょっと無理そうです。左上の小壁。右上の小壁。この、右上の小壁を塗っているときにひらめくものがありました。これだよ!これ!なんか、2年のブランクがあった大斑直しの [続きを読む]
  • 寅の部屋の大斑直しが完了(2017年10月15日)
  • 10月15日の作業です。前日の10月14日は仕事でした。この日は雨。連日の雨。作業には残念な雨。でも、壁塗り作業には悪くない天気です。泥を運んだりするとき以外は雨に濡れるわけでもなく、黙々と作業できます。まずは寅の部屋の大斑直しを完了させます。あと壁が2面と、小壁が2面残っています。これは前の週末の作業で塗った大斑直し。綺麗に乾きつつあります。大斑直しなので、まだひび割れもします。まずはこの壁から。70分間で [続きを読む]
  • 大量のコカブと水菜(2017年10月18日)
  • 昨日の出来事を紹介します。一昨日の記事で書いたとおり、本当に野菜がたくさん採れ続けています。チンゲンサイやらピーマンやら小松菜やら。それらの消費に追われる。さらに問題なのは、雨続き。踏み固まってしまうので、なかなか畑にも入れません。昨日は夕方までは久々に晴れていたので、畑に入って放置している野菜を収穫してきました。5時半といえばすっかり暗い時期なので、投光機とヘッドランプでの作業です。こちらがコカ [続きを読む]
  • 人生の道標
  • 古民再生を初めてもうすぐ5年。古民家に住み始めて1年半。何か見えてきたものがあります。ただ漫然と、それでも迷いながら生きてきた人生に見つかった道標。何のために生きるのか?これは3〜4年くらい前に見つかりました。それは輪を繋げて、ちゃんと回すこと。人生にあるいろんな輪。それは。先祖から子孫への生命の輪。歴史・伝統・文化といった社会的遺伝の輪。生産と消費という社会の輪。食料・燃料・肥料を自給する循環の輪。 [続きを読む]
  • 野菜たちの猛攻
  • 家庭菜園あるあるなのでしょうが、ここ1ヶ月くらい野菜たちの猛攻を受けて、消費が後手後手になっています。10月4日。小松菜。同日。チンゲンサイ。10月9日。チンゲンサイ。10月10日。春菊の間引き菜。10月11日。ピーマン。同日。チンゲンサイ。と、このような感じ。もちろんですが、写真はごく一部です。うーん。去年は夏野菜は早々に撤収し、秋冬野菜の種蒔きや植え付けが10月になってしまって、ほとんどが生育不良で収穫に至り [続きを読む]
  • 寅の部屋・小壁の大斑直し(2017年10月9日)
  • 昨日の記事の続きです。鴨居の垂れが矯正できたので、続いて小壁の大斑直しをしていきます。この平面図の赤丸を打った部分です。まずはAから。はい完了。ちょっとピンボケ(笑)続いてBの面完了☆大斑直しの記事というと、ちょうど2年前の今頃もそうでしたが、大きな変化が無くて、単調ですみません(汗)「荒壁→大斑直し」の場合ですと「汚い→ちょっと綺麗」くらいの変化です。作業そのものは楽しいし、変化や発見に満ちてい [続きを読む]
  • 鴨居の垂れを矯正する(2017年10月9日)
  • 昨日の記事の続きです。今まで土壁のことを絶賛してきた僕ですが、土壁にはいくつかの弱点があります。弱点というか、性質というか。それは・工期がかかること・チリに隙間が空きやすいこと・気密性に欠けることなんかです。そしてもう一つの弱点が、重いこと。壁の重さって普段はあまり気にしないし、屋根なんかの重さと違って建物の強度にも関係なさそうな気がするのですが、実は意外なところで関係してくるのです。それがたとえ [続きを読む]
  • 謎の板壁を土壁に変える(2017年10月9日)
  • 昨日の記事の続きで、大斑直しを続けます。今回はここの壁。これがですね、現状、変な板壁なのです。家の内壁としてはここだけ板壁。なぜ??しかも、この板壁が汚れていたみたいで、購入時には安っぽいプリント合板が貼ってありました。テープの剥がし跡はそのプリント合板のものです。さて、これをどうしようか。確かに汚い壁。テープの剥がし跡も嫌。ここの問題に最初に気づいたのは、10月7日のBドライ塗りの最中だったので、 [続きを読む]
  • 玄関の大斑直しをする(2017年10月9日)
  • 10月9日。3連休最終日の作業です。3連休中日の8日の作業風景が無いですが、実は午前中は運動会、午後は昨日の記事と被って堆肥作りの続きと、あとは雑用をしていました。本当、撮影したり、紹介したりするまでもないような雑用。9月中に大工仕事を終わらせるために、いろんな道具やゴミを片付けずに放置していたので、それらの片づけを3時間くらい。ということで、10月9日。いよいよ大斑直しが始められます。まずはこちらから。家 [続きを読む]
  • 今年も自家製雑草堆肥を作った(2017年10月7日)
  • 昨日の記事の続きです。3連休初日はBドライ塗りをして、にんにくの植え付けをして、さらに敷地内の草刈りをしました。これが草刈り前の状態。今年は去年よりは若干マメに草刈りをしているので、草も少なめの状態です。このタイミングでいっせいに刈ってしまって、年内の草刈りは終了にしたいところです。現状、草置き場はこのような状態。奥の山は春ころからちょいちょい刈った草を積んでいます。いろんな作業の合間にやったから [続きを読む]
  • にんにくの植え付け(2017年10月7日)
  • 昨日の記事の続きです。10月7・8・9日の3連休。用事といえば8日(日)午前中の保育園の運動会くらい。あとはほとんど自由で、作業に没頭できます。さて、左官作業には入れるでしょうか。もちろん、すぐに入れる状態ではあるのですが、他にもやるべき作業がいろいろとあるものですから。で、昨日の記事の続きなわけです。昨日の記事で紹介した土曜日の午前中は小壁にBドライを塗りました。午後からは・・・。草刈りをしたいけれども [続きを読む]
  • 卯の部屋と寅の部屋・小壁にBドライを塗る(2017年10月7日)
  • 10月7日の作業です。ようやく左官仕事に入れるのですが、この日は残念ながらBドライです。同じ左官仕事のはずなのですが、やっぱり土壁とはテンションが違うんですよね・・・。改めて説明しますと、石膏ボードには中塗り土は塗れません。なので、中塗り土を塗るための下塗りとして、Bドライを塗ります。Bドライというのは多分石膏系の塗り材で、軽量骨材という、砂の代わりに軽石を砕いたようなものが入っています。久々のBド [続きを読む]
  • 迷ったけれどやっぱり長押をつけた(2017年10月1日)
  • 天井と床が終わって、壁土プールの補修も終わって、前日には中塗り土も買ってきて。もう壁塗りに入れるはずなのに、なかなか入れません。細々した作業が残っているからです。左官仕事はいったん始めてしまうと集中したいし、大工仕事とはまったく道具も違うから一緒にはできません。なので、安心して左官仕事に入るために、残った細々したことを片付ける必要があります。その一つが長押。長押って分かります?多分若い人は知らない [続きを読む]
  • 卯の部屋と寅の部屋・小壁に石膏ボードを貼る(2017年10月1日)
  • 10月1日の午後の作業です。なかなか左官仕事に入れません。そうそう。左官仕事に入る前にここの石膏ボードを貼らなきゃ。まずは寅の部屋。はい、完成。続いて卯の部屋。こちらも完成。ね。つまんないでしょ(笑)石膏ボードの作業ってのは本当につまらないです。不燃ごみがたくさん出るし。あまりにつまらなくて、記事としても申し訳ないので小ネタを二つ。夜にチビ達のお誕生日会をしました。2人は僅か8日違いの誕生日なので、ま [続きを読む]
  • はるばる長野市まで泥を買いに(2017年9月30日)
  • 我が家の土壁といえば、荒壁はほとんどは蔵の土壁を再利用したものを使いました。残り2割くらいかな、足りなかった分は飯田市の城山建材さんから購入して。中塗り土も2トン車に一杯購入しました。それがなんと、城山建材さんが廃業してしまったみたいで(汗)とても困りました。岐阜県多治見市にある泥コン共立さんに電話するも、荒壁つちしか扱っていないとのこと。続いて長野市にある小坂商会さんに電話すると、2トン車一杯で230 [続きを読む]
  • 初めての煙突掃除と初焚き(2017年10月4日)
  • ちょっと時間軸を飛ばして10月4日の作業です。この日は煙突掃除をしました。記録を見てみると、去年の煙突掃除と焚き始めは10月15日なので、今年は10日ほど早くなります。早めた理由は2つあって、一つはこの日から翌日にかけての最低気温がシーズン最低の6℃であるということ。なので、薪ストーブを焚かなければ、石油ヒーターを焚くことになります。もう一つは、週末にチビ達の保育園の運動会が会って、義母が泊まりにくるという [続きを読む]
  • 壁土プールの補修が完了(2017年9月27日)
  • 昨日の記事の続きです。壁土プールの朽ちたコンパネの撤去掃除まで終わったので、作り直しをしていきます。新たに買ってきましたコンパネ。敷き詰めて、重なり部分をビス止めします。ちなみに補修前のプールは幅3間の奥行き2間で12畳分でしたが、補修後は半分の6畳分にします。何せ最初に作ったプールは膨大な量の荒壁土を寝かせる必要があったのですが、今回はもう中塗り土しか入れませんから。半分の大きさで十分なわけです。 [続きを読む]
  • 壁土プールの補修・劣化したコンパネの撤去まで(2017年9月26・27日)
  • 壁土プール補修の続きです。周辺の草刈りと、残土の撤去までは完了しました。続いて、プールに覆いかぶさっている草を刈らないといけません。草といえば、我が家では雑草で堆肥を作っています。左側が昨年から寝かせてある堆肥。右側が今年の春から新しく積んでいるものです。さっきの草、どんどん刈ったら右側の山に積んでいきたいのですが、このままだと左の既にできている堆肥と混ざっちゃいそうなんですよね。もっと言うと、秋 [続きを読む]
  • 白菜・キャベツ・タアサイ・レタス・イチゴ(2017年9月15日・10月1日)
  • 昨日の記事の続きで、菜園関係のことをまとめて書いてしまいます。もう随分と昔のことになってしまいました。9月15日。一つも収穫できないまま、枝豆を撤収します。撤収跡地に自家製堆肥と草木灰と鶏糞を撒きます。耕耘しまして。畝たてと、マルチ張り。育苗中の白菜とキャベツとタアサイです。植え付けまでしました。そして時は流れて、10月1日。日暮れが早くなってしまったせいで、なかなか作業が進みません。少しずつ時間を作っ [続きを読む]
  • サツマイモが掘れたよ!!(2017年10月1日)
  • 壁土プールの記事を続けたいところですが、タイムリーな農作業のほうを先に書いてしまいます。試し掘りではがっかりするほど収量の少なかったサツマイモですが、あれから3週間が経ってどうなったでしょうか?お隣さんの畑でも芋掘りが始まっていますので、適期と判断して掘ることにしました。家族が来る前に下準備をしておきます。これが畑の状態です。試し掘りを除いた、9株がここにあります。蔓を除きまして。9株の蔓だけで一輪 [続きを読む]
  • 壁土プールの補修・草刈りと残土の撤去(2017年9月26・27日)
  • 9月26日の作業です。2部屋の天井と床が終わって、いよいよ左官工事に入りたいところですが、まだまだやることが。それがこの、壁土プールの補修。なんか光の加減で、何回撮影してもこんな写真になっちゃいました。レンズに傷でも入っているのかな・・・?分かりづらいので、違う角度から撮影。ひどいものです。草に覆われています。そして、草だけの問題なら草刈りをして終了なのですが、そうは行かないのがこちら。底面のコンパネ [続きを読む]
  • 寅の部屋の天井が完成(2017年9月24日)
  • 昨日の記事の続きです。寅の部屋について、北面を張り終わったので、南面を張っておしまいにします。っと、昨日の記事で紹介したのと同じように根太彫りをしたのですが、ご覧のとおりの有様で。スカスカに崩れていくだけです。しかもこの部分は梁の上に補修材が入れてあるので、それがまた天井板と干渉してしまいます。少し考えてこの部分にも廻り縁を入れました。これで解決。最初からこうすればよかったんですね。天井根太まで入 [続きを読む]
  • 寅の部屋・北面の天井板を貼り終わる(2017年9月24日)
  • 昨日の記事から一夜明けて9月24日の作業です。この日のうちに寅の部屋の天井根太と天井板まで完了させることを目標にします。一日で天井根太と天井板までできるのは既に卯の部屋で経験済み。でもこの部屋の場合は、他にも細々とやるべきことがあるのです。それが、たとえば根太彫り。この部屋の天井根太はほぼ全てを新材で作り直すので、新たな寸法に合せて根太彫りを少し広げなければなりません。そして、その天井根太の加工。大 [続きを読む]
  • 寅の部屋・天井根太を入れ始める(2017年9月23日)
  • 昨日の記事の続きです。昨日の記事で一応は寅の部屋の廻り縁が終わったはずなのですが、まだ細々したところがあるのでそこをやります。ここです。上の桁が腐朽で折れてしまっていたので支持材が入っています。なのでこの部分にも天井板を支える廻り縁のような材を入れなければなりません。支持材の面取りに合せるように刻みます。あと、この中心部に根太がくるので、根太彫りもします。古色をつけて完成。上手く入りました。遠景か [続きを読む]