野人 さん プロフィール

  •  
野人さん: 伊那谷の古民家再生
ハンドル名野人 さん
ブログタイトル伊那谷の古民家再生
ブログURLhttp://zenhankai.blog.fc2.com/
サイト紹介文2013年1月に築150年の古民家を購入。 3年3ヶ月の再生を経て移住し、古民家再生続行中です。
自由文2016年3月に移住後も、古民家再生続行中です。
・古民家再生
・薪ストーブ生活
・家庭菜園
・ヤギの飼育
・ニワトリの飼育
まだまだやりたいことがたくさんあります。
丁寧でシンプルな生活がしたいです。
伝統も大切にしたいです。
自然や地球や地域と調和したいです。

でもなんか、オーガニックやナチュラルや、そういう雰囲気は苦手なのです(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/11/09 23:12

野人 さんのブログ記事

  • ところで、野菜種の保管ってどうしています??(2018年6月10日)
  • 昨日までの記事で書いたとおり、6月10日(日)の午前中は畑作業。午後から雨の予報どおり、11時半過ぎより雨。保育園から慌てて帰って、お昼ご飯。さて、それで、午後は・・・。お昼寝(笑)だって、前日の長距離ダンプ運転で疲れていたんだもん。おまけにこの日は朝6時から地区の花壇整備活動。それに、雨だし。雨の日の作業って、ろくな事はありません。ましてや左官作業が始まるのだから、せっかく作った室内のあちこちが泥だら [続きを読む]
  • 保育園のメロンをお世話する(2018年6月10日)
  • 昨日の記事の続きです。家庭菜園のお世話が大体終わって、まだお昼ご飯までは少し時間が残っていました。よし。保育園のメロンをお世話しに行こう。保育園で菜園を持っていて、年長になると畝の一区画が与えられて、自由に作物を栽培できるのです。うちの次女はイチゴを希望したのですが、イチゴは残念ながら時期外れで、もうすぐ収穫が終わってしまいます。で、僕が提案したのがメロン。本当はトマトとかキュウリが簡単なんですけ [続きを読む]
  • 春夏野菜の様子(2018年6月10日)
  • 昨日の記事の続きで、畑の様子をお伝えします。まずは全体像。去年は6畝でしたが、今年は9畝に増えています。面積は45平米ほど。右の畝から順に説明します。ここは連作畝Ⅰ。手前からニンジン・育苗中の長ネギ・収穫直前のニンニクです。ニンニクの収穫が終わった跡地には、去年みたいに地這いキュウリの種でも蒔こうかな。隣の輪作畝A。今年はイチゴを栽培中です。イチゴの収穫はもうすぐで終了。収穫が終わったらマルチを外し [続きを読む]
  • 春夏野菜のお世話2018(2018年6月上旬)
  • 今日の記事では春夏野菜のお世話をまとめてお伝えします。まずはトマト類。平日の畑作業は定時に仕事を終えて、帰宅後に夕暮れまで3〜40分できればいいほうなので、チマチマと進んでいます。さらに、その3〜40分の作業の半分くらいは全盛期のイチゴや豆類の収穫に費やす事になりますから、ゆっくりです。これは6月7日(木)の夕方。トマトの支柱に横棒を渡しました。こういう後回しできる作業は、小分けにして進めていきます。同じ [続きを読む]
  • 長野市まで中塗り土を買いに・2回目(2018年6月9日)
  • 6月9日(土)は長野市まで中塗り土を買いに行きました。前回、買いに行ったのは9月30日で、9ヶ月ぶりくらいとなります。はるばる長野市まで泥を買いに(2017年9月30日) - 2017.10.07 Sat今回は前回の2倍の量。4トン分を買いに行きます。乗っていくダンプカーも4トンで、大きいです。下道で片道3時間半かけて、長野市の小坂商会さんに到着。前回の2トンダンプの時には荷台にミキサーから直接泥がボトボトと落ちてくるやり方で泥を [続きを読む]
  • 壁の変色の謎が解明した気がする(2018年6月8日夜)
  • 以前から何度かお伝えしています、中塗り仕上げの色むらに関する事を書きます。壁の色がどんどんと濃くなっていく不思議 - 2017.12.14 Thu中塗り土・色むらの怪 - 2018.01.13 Satというのが以前にこの色むらについて書いた記事です。色むらの写真を改めて紹介しますと。こんな風になったり。こんな風になったり。物を立てかけた場所はこんな風になっていました。現象の特徴としましては。①中塗りが乾いたと思われる、塗り付け後一 [続きを読む]
  • 壁土プールの再補修(2018年6月4日早朝・夕方)
  • 昨日の記事の続きで、6月4日の早朝作業です。畑仕事を終えて、もう後1時間弱くらい作業できそうだったので違う事を始めます。それは壁土プールの再補修。このプールは2014年1月に作って、さらに2017年9月に半分の大きさに減らしながら補修したのでした。壁土プールの補修・草刈りと残土の撤去(2017年9月26・27日) - 2017.10.01 Sun壁土プールの補修・劣化したコンパネの撤去まで(2017年9月26・27日) - 2017.10.04 Wed壁土プール [続きを読む]
  • 早朝作業なんてするつもりなかったのに・・・(2018年6月4日)
  • 6月4日(月)前日の作業では夜7時半まで草を運び続け、それからシャワーで、夕食作り。流石に疲れて、珍しく10時には寝ました。これで、朝までぐっすりかと思いきや・・・。3時半くらいになぜか目覚める。そのまま布団の中でゴロゴロするも、寝付ける気配はなく。仕方なく、起きて作業する事にしました。いや、別に、農作業は溜まっているから、作業するのは良いんですけれどね・・・。ただ、疲れて眠った翌朝の早朝とは・・・。4 [続きを読む]
  • 草刈り2018その1(2018年6月3日)
  • 昨日の記事の続きです。最後の荒壁塗りを終えて、雑草の駆除をする事にしました。まずはこの部分。敷地の雑木が飛び出していて、せめて下の用水路に覆いかぶさらない程度にしなければなりません。どんどんと鎌で刈り払っていきました。反対側から。午前中の作業はここまでで終了。午後。まずは刈り払った蔓や枝を片付けました。続いて、敷地内の伸びきった雑草を刈り払っていきます。まだまだ敷地内は石や廃材が残っていて、刈り払 [続きを読む]
  • 最後の荒壁塗り・後編(2018年6月3日)
  • 6月3日の作業です。昨日の記事の続きで、最後の荒壁を塗り終えます。午前中はですねえ、いろんな作業がありまして。それらを一つ一つこなしておりました。①生ゴミを片付けて、生ゴミバケツを洗う②車のエンジンオイルとエレメントの交換③刈り払い機用チップソーの購入④荒壁塗り⑤左官道具の片付け⑥庭木の整理という感じです。生活の大部分って、こういう記事にもならないような雑事ですよね。そういうものです。あ、ちなみに、 [続きを読む]
  • 最後の荒壁塗り・前編(2018年6月2日)
  • 昨日の記事の続きです。既に午後6時を過ぎていて、いつもならそろそろ上がるかな・・・、と言ったところです。まあ、なんだかんだで、日の長いこの時期は7時くらいまでは作業してしまいますけれどね。ということで、この日もまだ作業する事にしました。荒壁塗りです。少し無理してでもこの日のうちに表塗りをして、一晩乾かせば、翌朝には裏返し塗りができます。1日で荒壁を両面とも塗り終えられるわけです。そのために残業する事 [続きを読む]
  • 袖壁を作ろうとしただけなのに・・・後編(2018年6月3日)
  • 昨日の記事の続きです。昨日の記事では踏んだり蹴ったりの様子をお伝えしましたね(笑)そこから続けていきます。敷居を4センチほどずらすと言う事で、4センチ厚ほどの添え柱を入れる必要があります。手ごろな古材を探したのですが、見付からなかったので、こちらを使います。45mm厚の木材です。庭木を製材してもらったものです。挽き割りまして。入れます。レーザーで見ても、この添え柱にぴったり合うように敷居をずらすと [続きを読む]
  • 袖壁を作ろうとしただけなのに・・・前編(2018年6月3日)
  • では、また時系列に戻って、古民家再生の話を続けていきます。母屋の全ての床と天井が終わりまして、あとは9月末までに左官作業を終わらせるのが次の目標なわけですが。その前にまだいくつかやっておくべきことがあります。それがこの間仕切り。幅は1間半くらいあります。が、一間半には少し足りません。写真で仮で当てはめてある襖。あれは幅1間半なので、少し余ってしまうと言うか、重なってしまうのです。8センチほど。我慢しよ [続きを読む]
  • 玉ねぎの収穫後処理(2018年6月3日)
  • 昨日の記事の続きです。前日に収穫した玉ねぎは丸一日畑に放置して乾かしておきました。天気予報を見るとまだ晴れが続いているので、もう一日乾かしても良かったのですが、玉ねぎの跡地に豆類を定植しなければならないので、これで撤収します。このように10個を1組にして、物干し竿に吊るします。この作業は嫁さんがやってくれる事になりました。ネイティブ長野県民の嫁さんもやった事が無い作業なので、簡単にレクチャーしました [続きを読む]
  • 玉ねぎの収穫(2018年6月2日)
  • 再び家庭菜園の話題に戻ります。6月2日(土)、夕方に玉ねぎの収穫をしました。収穫直前の玉ねぎ畝の様子。半分くらいが倒伏したらタイミングと言いますが、この日は暖かかったので、8割くらい倒伏の状態。まあ、ベストのタイミングでしょう。去年は6月5日収穫だったので、やはり暖かい分だけ、少し早くに収穫時期がやってきたようです。玉ねぎの収穫で一番難しいのが、天気ですね。でも今年は、梅雨前に晴れが続いてくれて、ベス [続きを読む]
  • 午の部屋の床が完成(2018年5月23・27日)
  • 午の部屋の床断熱が終わりまして、あとは床板を張っておしまいです。おっと、その前に。断熱材を入れながら平行してですが、電気工事も行いました。と、このように室内コンセント2箇所と、外コンセント1箇所です。外コンセントは家の外周四隅につけます。何せ敷地は広いですし、チェーンソーも刈り払い機も電動なので、外コンセントが四隅にあると非常に作業しやすくなります。では5月23日の作業を。この日は午後から作業に入れま [続きを読む]
  • 午の部屋・床断熱が完了(2018年5月20日)
  • 5月20日の作業です。前日に午の部屋の床下地が終わったので、この日は一日かけて床断熱を完了させることが目標です。材料となる押し出しポリエチレンフォームを運んできます。こんにちは、ミラフォーム君。君とお付き合いするのも今日が最後だよ。今までどうもありがとう。もう二度と君の顔を見なくてすむことを願ってるよ・・・。というくらい、新建材だし、扱いにくいし、ゴミも出るし。愛憎の感情が交錯します(笑)っと、断 [続きを読む]
  • 午の部屋の床・根太までが完成(2018年5月19日)
  • 昨日の記事の続きで、5月19日の作業です。昨日はこのように午の部屋の床を解体したところまででした。一つ、やっぱり問題だったのはこの掘りごたつ。うーむ。これがあると根太が一本入れられない。もし根太の問題を別の補強の方法で回避したとしても、この部分には断熱材が入れられない。断熱欠損が発生してしまう。断熱欠損は結露の原因になる。・・・。迷ったけれども、掘りごたつを壊してでもちゃんと床を作ろうと決心しました [続きを読む]
  • 午の部屋の床を解体(2018年5月12・19日)
  • しばらく家庭菜園の話題ばかりが続いてしまいましたが、ここで久々に古民家再生の話題に戻します。時間軸で言いますと、5月12日。GW作業で午の部屋の天井を作り終えて、その翌週の話です。その週末は振り替え休日を含めて3連休だったのですが、残念ながら3日間とも部活の引率で仕事(涙)12日の午前中のみ、短時間ですが作業できました。午の部屋の床を作り直します。まずは掃除と解体。この部屋は2年以上の間、刻み場として使う [続きを読む]
  • アブラムシが発生・キュウリとスイカを植えなおし
  • 今日の記事では定植後の夏野菜の様子をまとめてお伝えします。5月13日に植えたばかりのキュウリの苗が、19日には既に死にそうになっていました。4株中1株だけですが。キュウリはもともと弊店間際の店に駆け込んで買ったので、すこし老朽気味の苗でした。それが原因かも。やっぱりキュウリは本葉3〜4枚の若苗のほうがいいみたいです。ということでこの1株を植えなおしました。続いて同じく5月13日定植のスイカ2株。こちらの写真は26 [続きを読む]
  • サツマイモの定植(2018年5月26日)
  • 家庭菜園の続きです。夏野菜の定植をして、種蒔きも大体終えて、一息といったところかと思いきや、まだまだ、サツマイモの定植が残っています。4月〜6月はいろんな農作業が波状にやってきます。それが終わったら7〜11月はいろんな作業と収穫が波状にやってきます。つまるところ、オンシーズンは休みなしにいろんな作業が続くものです。そろそろ玉ねぎの収穫をしないと・・・。それで今日はサツマイモの定植の話。5月24日。定時に仕 [続きを読む]
  • 種蒔き2018春
  • 家庭菜園の話題を続けて、今日は今年の春に蒔いた種です。5月12日。そろそろ育苗を開始しようと思い、ツルムラサキとクウシンサイを蒔きました。去年より3週間ほど早い種まきです。ツルムラサキは去年は紫茎種を育ててしまい、食味がいまいち。紫茎種はどちらかというと観賞用ということでした(野菜コーナーにしっかり種があったのに)。ということで今年は食用の緑茎種を蒔きました。両方とも発芽まで10日ほどかかるので、早めに [続きを読む]
  • イチゴとエンドウマメの収穫
  • これもリアルタイムから遅れに遅れている、イチゴとエンドウの収穫記事です。5月8日、初収穫。5月13日。知らない間にエンドウマメの成長にブースとがかかっていました。こうなると成長は速いです。昨年秋にキヌサヤとスナップエンドウとソラマメとグリーンピースを蒔いたのですが、寒すぎる冬にキヌサヤ以外は死滅。仕方ないのでスナップエンドウは2株ポット苗を買ってきて、春に定植しました。探してみると既に実っていまし [続きを読む]
  • 夏野菜の植え付け(2018年5月13・14・15日)
  • 昨日の記事の続きで、今日は買ってきた夏野菜の植え付けについてです。まずは買ってきた翌日の5月13日朝6時。もうね、夢の中で詳細に夏野菜を植えつけていたので、起きたときには「夢でやったばかりなのに、またやるのか・・・」と、少しぐったりしました。それくらい詳細な夢だったのですよ!!まあ、文句を言わずに始めましょう。まずは畝を立てます。続いてマルチ。トウモロコシに引き続き、ウリ科ナス科の畝もシルバーマルチに [続きを読む]
  • 夏野菜の植え付け準備と苗の購入(2018年5月12日)
  • いかんいかん。随分と記事と現実との間でタイムラグができてしまった。というわけで、午の部屋の天井も完成した事ですし、今日からしばらくは家庭菜園の記事を続けて書きます。まずは、夏野菜の植え付けから。昨日の記事では堆肥・肥料を入れて耕耘したところまででしたね。まずは5月12日朝の作業から。この日は土曜日でしたが、午後から仕事で、それまでの時間を使って作業しました。奥に豆類が植わっている部分の手前に畝を立て [続きを読む]