野人 さん プロフィール

  •  
野人さん: 伊那谷の古民家再生
ハンドル名野人 さん
ブログタイトル伊那谷の古民家再生
ブログURLhttp://zenhankai.blog.fc2.com/
サイト紹介文2013年1月に築150年の古民家を購入。 3年3ヶ月の再生を経て移住し、古民家再生続行中です。
自由文2016年3月に移住後も、古民家再生続行中です。
・古民家再生
・薪ストーブ生活
・家庭菜園
・ヤギの飼育
・ニワトリの飼育
まだまだやりたいことがたくさんあります。
丁寧でシンプルな生活がしたいです。
伝統も大切にしたいです。
自然や地球や地域と調和したいです。

でもなんか、オーガニックやナチュラルや、そういう雰囲気は苦手なのです(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/11/09 23:12

野人 さんのブログ記事

  • 桟積み場の片づけがやっと完了(2018年2月10日)
  • 2月11日は午後からのみ現場作業に入れました。辰の部屋の再生をはじめるか、桟積み場の片づけをするか。正直、どちらでも良かったのですが、桟積み場の片づけをすることにしました。桟積み場の片付けはこの日の午後で完了できそうです。キリよく終えられるほうを優先します。一方、辰の部屋の再生のような大工仕事は集中力が必要なので、丸一日作業できる日のほうが向いているのです。さて、その前に。畑もどうにかしたい。寒起こ [続きを読む]
  • 「空き家、つぶします。」
  • 先月にフジテレビの関連会社から連絡がありまして、「特番にスズメバチの動画を使わせて欲しい」とのことでした。ふーん。でまあ、OK。元動画はもう4年半前のものだから、PCの中から探すのが大変だったけれども。前回と違って今回は番組内でも「ブログ 伊那谷の古民家再生」っていうクレジットを出してくれるそうです。明日の、この番組です。年に1回、元日にしかテレビを見ない僕ですが、たまには見てみるかな・・・。それに [続きを読む]
  • 【発掘】庭から廃材がまだまだ出てくる(2018年2月10日)
  • 昨日の記事の続きです。午後からも雨が降るギリギリまで庭の廃材片づけをすることにします。まだまだでてくる廃材たち。現状、凍った泥がへばりついていてどうしようもないので、蔵に立てかけて解凍を待つことにします。さらにこちら。こちらは廃材ではなく、伐倒した木ですね。4年くらい放置されている気がします。持った感じもスカスカで、燃料としての価値は低いですが、片付けなければなりません。引っ張り出して40センチに切 [続きを読む]
  • 【発掘】庭から廃材がゴロゴロ出てくる(2018年2月10日)
  • 2月10日の作業です。2がつ10・11・12日は3連休。うち、仕事が入っているのは11日午前中のみ。作業に集中できそうな連休です。天候はいまいち。この10日は午後から雨の予報。さて、どうしたものか。やるべき作業は辰の部屋の再生に取り掛かりたいのと、年始からずっと続けている庭の整備もそろそろ区切りをつけて終わらせたい。庭の整備は雑草のない冬のうちにやらなければならないのですが、雨とか雪で中断しているのです。一方で [続きを読む]
  • 薪小屋の1列がついに満載に(2018年2月4日)
  • 2月3〜4日の土日は部活の引率で潰れ。3日は終日。4日も終日になりそうなところを、なんとかコーチにお願いして午後からのみ作業に入れました。何度もちらちらと書いていますが、半強制的に休日をたった3000円で買い上げられるのはひどいです。ぜひとも働き方改革を進めて、ちゃんと休日を取れる社会になって欲しいものです。3日前に降った雪は寒波の影響でちっとも解けていません。最近薪を割っているあたりもご覧の状態。まずはそ [続きを読む]
  • 凍りついた朝には太陽熱温水器が活躍する(2018年2月2日)
  • 昨日の記事の続きで、あれから雪はほぼ一晩中降り続き、20センチくらい積もりました。ということで、早起きして保育園の雪かきに参加しなければなりません。出発準備をしていると、嫁さんが太陽熱温水器のところでなにやら・・・。そうそう。以前にもチラッと紹介しましたが、我が家の太陽熱温水器からは直接温水を抜き出すことも出来るのです。圧力抜き弁を使った、裏技みたいなものですけれどね。そのお湯をジョバーっとかけると [続きを読む]
  • 雪の中で薪作り再び(2018年2月1日)
  • 2月1日の作業です。この日は午後から作業に入れました。といっても、休みを申請した直後から雪。家に帰る。寒い。作業しようか迷う。寒い。寒い。【結論】薪割りをしよう。体を温めるために(笑)1時間もやれば、ほら体はポッカポカ♪割った薪を薪小屋に積んで、これまた体が温まる♪これがビフォーなので、30センチくらい嵩が増しました。10日分くらいの分量だと思います。例の桟積み跡地を片付ける作業がしたかったんだけれども [続きを読む]
  • 丸鳥を食べた次の日はこれでしょ(2018年2月10日)
  • 昨日の記事の続きです。嫁さんの誕生日に丸鳥を食べたのだけれども、流石に2.5kgもあったので全部は食べきれず、胸肉が一塊と、あとは骨周りの細かな肉が残りました。とりあえず、食べられそうな部分は取り除いて、残ったのがこちら。食べ残し?残骸?残渣?うーん。いい言葉が浮かびません。捨てずに、まだ利用するものですから。そうそう。まだ捨ててはもったいない。骨周りにも細かな肉が付いていますし。鍋に水を張って。鶏 [続きを読む]
  • 嫁さんの誕生日に鶏の丸焼き(2018年2月9日)
  • 昨日、2月9日は嫁さんの誕生日でした。今日はその様子をお伝えします。誕生日前日の2月8日。仕事帰りにスーパーをうろうろ。何をつくろうかな・・・。やっぱり2月9日で「肉の日」なので、肉料理を作ることが多いです。ステーキでも焼こうかな・・・。でも、いい肉がなかなかない。外国産ばかり。かといって、国産もびっくりするほど高いから、見切り品でもない限り買わないと思うけれど・・・(笑)ステーキ肉って、スーパーとか、 [続きを読む]
  • 伊那市は北海道より寒い??
  • いやあ、今朝は冷えましたねえ。我が家辺りでは今季一番の寒さでした。それで、朝のラジオを聴いていたら「冷え冷えランキング」というのをやっていたんです。いつもやっていて、半分聞き流しているんですけれどね。それが今朝はたまたま意識に止まりまして。1位  長野県菅平 -24.4℃2位  北海道十勝地方陸別 -22.9℃3位  長野県野辺山 -22.7℃ん??これって全国のランキングだったの??しかも1位と3位が長野県とは。長 [続きを読む]
  • 真冬に薪作りをするメリット・デメリット
  • 昨日までの記事で真冬の薪作りの様子をお伝えしました。皆さんは通常、どのような時期に薪作りをするものでしょうか?僕はあまり深い理由はないのですが、工期の関係で2013年も、2016年も、2017年も晩春〜初秋にかけて、5月〜10月くらいの時期に行っていました。本当に、あくまで工期の都合です。なんとなくですが、冬までに作り溜めた薪で冬に温まるというイメージがあって、真冬には薪作りはしないという印象です。しかし、薪ス [続きを読む]
  • 吹雪の中で薪割り(2018年1月28日)
  • 昨日の記事の続きです。吹雪が続いていますが、薪割りをします。ちなみに日曜日の薪作りは17時まで玉切りをして、17時からは薪割りをするという風に決めてます。それは17時から僕の好きな「NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE」が始まるから。チェーンソーの音とかに邪魔されずに、集中して聞きたいからです(笑)では、割っていきましょう。雪の振る中、薪をパカパカと割っていきます。※スローライフを満喫中です。ピカと [続きを読む]
  • 吹雪の中で玉切りをする・厳冬期薪作りのデメリット(2018年1月28日)
  • 昨日の記事の続きです。桟積み跡地の片づけを順調に続けていまして、「このまま順調に、この日のうちに片付け終わるか?」なんて考えていたのですが、そうもいかなくなりました。雪が降ってきたのです(汗)しかも吹雪が。あちゃー。しかし、この日の午後の降水確率は30パーセント。こんなのすぐ止むさ♪と、甘い見通し。ちっとも止みませんがね。ということで、現地での玉切りを進めます。これはどう見ても大引き。すごい太さです [続きを読む]
  • 薪割り・桟積み跡地の片づけを始める(2018年1月28日)
  • 1月28日の作業です。この日は薪作りをしました。箪笥階段も片付いたことだし、早く寅の部屋の再生に取り掛かりたいところなのですが、先にもう少し敷地内の廃材を片付けたほうが良いと判断しました。敷地内が廃材だらけだといろんな作業に支障が出るし、春が来て草が生えれば廃材片付けも困難になってしまいますので。案外この極寒の時期にやっておいたほうが良いと思います。前日の作業ではウッドボイラー用の燃料を作ったり、運 [続きを読む]
  • チェーンソー目立て用丸ヤスリの切れ味
  • ある時、ふと、チェーンソーの目立て用ヤスリの切れ味について他所さんのブログ記事を読みました。そういえば、自分の使っているヤスリは大丈夫なものか??正直ですね、ヤスリの切れ味なんてあまり考えたことがなかったのです。というのも、以前に使っていたヤスリが折れたことがありまして。自分の中ではなんとなく、「折れたら寿命」みたいに考えていた節があったのですが、いやいや、むしろ折れることが例外でそれ以前の寿命が [続きを読む]
  • 廃材からウッドボイラーの燃料を大量生産(2017年1月27日)
  • 昨日の記事の続きで、1月27日に探検さんが箪笥階段を解体している間に僕が行っていた作業です。探検さんの作業が冒険的かつ創造的だったのに対して、僕のほうの作業はあまり創造的ではないのですが(笑)こういう作業も必要ということで・・・。まずこちら。玄関軒下のウッドボイラー用燃料置き場(1軍)です。そしてこちらは薪小屋の一角に設けた、ウッドボイラー用燃料置き場(2軍)です。今「1軍」「2軍」と書いたのは、実は当 [続きを読む]
  • 探検さんが箪笥階段を解体した(2018年1月27日)
  • 1月27日の作業です。【一応告知】箪笥階段を処分します・欲しい人はいますか? - 2018.01.21 Sun">【一応告知】箪笥階段を処分します・欲しい人はいますか? - 2018.01.21 Sun以前のこちらの記事で告知したとおりなのですが、辰の部屋に保管してある箪笥階段がでかくて重くて、しかも我が家には今のところ使い道がなくて、持て余していました。しかもそれがあることには、辰の部屋の再生も始められないし。どかすにしても、どかす [続きを読む]
  • 桟積み箇所の後片付けなど(2018年1月21日)
  • 昨日の記事の続きです。おっと、その前に。以前に写真を撮り忘れていたのを載せます。蔵に保管してあった壁土ですが、このように卯の部屋の前に積みました。これで敷居と縁側の框との隙間が埋まって、歩きやすくなりました。保管場所も兼ねた応急処置です。さて、それでは辰の部屋の片づけを続けましょう。昨日の記事では古材の移動が終わったところまででしたね。ご覧のように奥には再利用の当てのないような廃材がたくさんありま [続きを読む]
  • 桟積み木材と解体した蔵の古材を積み終える(2018年1月21日)
  • 昨日の記事の続きで1月21日の作業です。前日は4分厚の木材を蔵の前に放り投げたところまででした。一晩経って見事に霜だらけです(笑)これを桟積みしていきます。薄い分だけ、積んでも嵩張らなくていいです。使い道のあてがなくて一瞬このまま処分しようかと思ったのですが、よく考えたら物置とか茶室を再生するときの荒野地なんかに使えそうなので、保管しておきます。野地板だって買えば1坪で2000円くらいしますからね。 [続きを読む]
  • 庭の桟積み木材を蔵に移動し始める(2018年1月20日)
  • 1月20日の作業です。この日は午前中は仕事で、午後から現場作業できました。以前からチマチマ書いていますが、庭の桟積み木材を蔵に移動させます。この敷地図の右下の部分が木材を桟積みした場所です。2014年2月くらいのことだったので、もう丸4年になります。それらの木材は7割くらいは消費したのですが、まだ結構残っておりまして。すぐに使う用事もなく。屋外の桟積みなので、完全に雨を避けられるわけでもなく、木材にとっても [続きを読む]
  • 丸鋸の刃は替えるべし!・全てが凍っている世界(2018年1月13日)
  • 1月13日は午前中は仕事で、午後から作業に入れました。ええっと、おさらいしますと。柱に傾き矯正材を抱かせる(2017年12月24日) - 2018.01.08 Monでサッシを入れるために、傾いた柱に矯正材を入れたわけですが。史上空前の大失敗が発覚!!(2018年1月7日) - 2018.01.19 Friで、矯正材を上下逆に入れてしまって、傾きを悪化させていたことが発覚しまして。もう、仕方ないから、その部分は開口部のさらに外側に、サッシ用 [続きを読む]
  • 木工ボンドは剥がれるのか??(2018年1月8日)
  • 1月8日、成人の日。午前中は仕事。午後から作業しました。この日は久々の雪。予報では「冬の嵐」といっています。実際にはそれほど激しく降ったり、積もってしつこく残るようなことはなかったのですが、それでも久々の雪でした。さて、何をしようか。材料の移動やサッシの取り付けはこの天気ではできそうにありません。そこで1月19日の記事の続きです。史上空前の大失敗が発覚!!(2018年1月7日) - 2018.01.19 Friこの [続きを読む]
  • なるべく薪ストーブだけで調理を済ませる
  • 時系列から外れたついでにもう一つ。我が家はお風呂はウッドボイラーと太陽熱温水器で沸かし。部屋の暖房は薪ストーブ。と、循環可能に近い生活を心がけています。ガスの使用については、冬場は薪ストーブが稼動しているので、なるべくその熱を使って調理したいところです。そうすれば我が家におけるガスの使用は食洗機用の温水と、あとはお風呂の追い炊きくらいに限定できます。薪ストーブによる調理というのは、一番定番は汁物・ [続きを読む]