ayumi さん プロフィール

  •  
ayumiさん: カメラトクラス。
ハンドル名ayumi さん
ブログタイトルカメラトクラス。
ブログURLhttp://kissdayu.exblog.jp/
サイト紹介文北海道をぐるぐる。現在左下辺りを低飛行。にわかネイチャーフォト。野鳥や野花時々スナップ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/11/10 10:05

ayumi さんのブログ記事

  • 夕方からのアオアオタイム。
  • 9月上旬。夕方たまたま通ったらアオアオタイムに遭遇しました。常時鳥運がない我々が待たずして撮れる。これは滅多にないボーナスチャンスであります。飲んでる飲んでる。ほんの数分でアオアオタイムは終了しました。たぶん我々が来たから逃げたのかも [続きを読む]
  • 束の間の休息。
  • 9月上旬。メダイチドリの団体さんがお休み中。このメダイチドリは見張り番のようです。このチドリの許容範囲ぎりぎりまで接近してみました。立ち上がりました。一度は座ったのですが、やっぱダメってことで再び立ち上がりました。それでも割と許してもらえたような。十分寄れたので満足です。見張り番チドリが起き上がったので、メダイの団体さんと一緒に休息中のミユビシギが眠い目をしょぼつかせながら立ち上がりました。起こし [続きを読む]
  • 若いキョウジョ。
  • 根室ではキョウジョの群れが採餌している姿をよく見かけたんだけど、こちらに来たら数がぐんと少なくなって寂しいです。先日一羽の若いキョウジョを見かけました。あれほどキョウジョ飽きた、キョウジョはもう撮らないと言ってたKOJI氏が異常なまでに食いついたのでビックリKOJI氏の目にはキョウジョではない謎の可愛いシギに映ったようで。。。その変な洗脳を解くのに10分くらいかかりましたちなみに私はキョウジョのこと好きです [続きを読む]
  • トウネンファン。
  • 9月上旬。もっとトウネン様にお近づきしたいということになり、再びシギチ観察へ出掛けてきました。芸能人の出待ちをするファンのように、私もじっと通り過ぎるのを待ち伏せします。しかしトウネンの群れはファンに手を振ることもなく、あっという間に目の前を通り過ぎてしまいました。トウネンとミユビシギはほんと可愛いわあ [続きを読む]
  • シギを観察する*2
  • 前回の続きです。アオアシシギだと思うのですが自信はないです図鑑通りに採餌の時頭ごと水中に突っ込んでいました。ただそれだけの理由なので違っていたらすみません。キリアイかしら?ヒバリシギかしら?全てあやふやで申訳ない。。。ラストはコサギ。いつもの面子、ダイサギとアオサギもいたよ [続きを読む]
  • シギを観察する*1
  • 9月上旬。トウネンの群れ。水面に写り込んで、一瞬だけポイント2倍キャンペーンに逆光で色のリが変な感じですが、私が飛んでる鳥を撮るたいていこんな感じです おまけ。大好きなミサゴンも健在です**********気が付いたらもう10月です食欲の秋ですね。そして新米の季節!我が家でも週末、厚沢部の道の駅に寄ったついでに新米買ってきました。厚沢部産ゆめぴりかです。先月まで美しいなと見惚れていた黄色い稲穂が、再び精米となり [続きを読む]
  • 夏の課題。
  • 8月下旬。言わずもがな夏の課題です。これ撮らないと私の夏は終われない。ランチを済ませてのんびり午後から行ったら、見事なまでに避けられ、我々の目の前に降臨してくれるまで2時間待たされました。アオバトさん来てくれるって信じてた。うん。巨大化したフナムシが多くて、じっとしているとちと怖いです。ゴキブリは知らないけど、きっとこういう気味の悪さなのかしら去年はたまたま見かけた電線にいるアオバトしか撮ってなくて [続きを読む]
  • 檜山の森で花を探す*1
  • 怖いアブも鳴りを潜める8月下旬、檜山の森はどうなっているのでしょうか。久しぶりにお気に入りの森を散策しました。キンミズヒキ。父の誕生花です。ついつい撮ってしまいます。ひょろひょろ。ゲンノショウコ。この時期たくさん見かけます。フウロソウの仲間は可愛いですね。タチギボウシ。いきなり湿原の花であれですがここでは小さなアマガエルがいっぱいいました。 [続きを読む]
  • 夏の恵山を訪ねる。
  • (恵山頂上付近にて)8月下旬。我々はふと気が付いてしまったのです。恵山付近はフラフラしていたけど、今年は一度も肝心の恵山に登っていないぞとというわけで行ってきました夏の恵山。ところどころに硫黄。硫黄臭も漂っています。活火山なので噴気もモクモクしています。恵山中腹にて。火山の地肌が露出してて赤い。恵山の権現堂コースはは白い道、赤い道、時々硫黄が見れたりと退屈しません [続きを読む]
  • 烏帽子岳の花々*2
  • エゾオヤマリンドウ。7年前函館生活最後の山は袴腰岳だったんだけど、霜の降りた寒い11月なのにまだ咲いてて、なんて強い花なんだと感動した記憶があります。7年前か。。。あの頃は痩せてたな(ボソッ)見つける度に足を止めてしまいます。オオマルハナバチもぐいぐい奥へ入り込んでいました。マルハナバチ可愛いですね [続きを読む]
  • 烏帽子岳の花々*1
  • 烏帽子岳ではトウゲブキとツリガネニンジンが咲いていました。霧の中で見るひょろひょろの花々は、私の目には奇異に映ります。 少し霧が晴れましたが、またすぐに真っ白な空に。トウゲブキは茶色の茎が夏の終わりを告げています。 ピンク色に近いツリガネニンジンを見つけました。殆どのツリガネニンジンも盛りは終わっています。    ハイオトギリソウ。黄色い花が好きなKOJI氏が立ち止まり撮りだしました。少し枯れている状 [続きを読む]
  • 横津岳縦走路を歩く。
  • 8月中旬。横津岳から烏帽子岳までのんびり歩くことにしました。まずは横津岳縦走路の花を。ここを歩ていると自然のたくましさを実感します。上の花はヤナギラン。アスファルトから溢れんばかりのコケモモ。側溝にはシラタマノキの実。ハナイカリも咲いています。外来種も負けじと咲いています。霧で濡れたフランスギク。 [続きを読む]
  • 砂原、西丸山を訪ねる。
  • (ノリウツギの登山道に癒されて。)8月上旬、砂原岳途中にある西丸山を訪ねました。花の盛りは過ぎているので、さすがに誰もいません。本当はベニバナイチヤクソウが咲く頃に行きたかったのですが、なかなか都合が付かず、夏枯れの今やっと行くことができました。草刈りもされており、とても歩きやすい登山道です。(霧の向こうに砂原岳。西丸山より)この日の檜山地方は晴天でしたが、ひとつ峠を越え森町に入ると、海霧の影響か [続きを読む]
  • 恵山を眺める。
  • (ノギランと恵山)7月下旬。八幡川コースから岬展望まで歩きました。登山口までの林道が途中で通行止めになっていたので、砂利道からのスタートでした(疲)先日、母にこの話をしたところ、母も子供の頃遠足で登っていたコースで、その時は緑化もまだ進んでおらず、岩にしがみつきながら登ったと教えてもらいました。**********岬展望までのコースで撮った画像。ツルコケモモの実。ガンコウランの実もたくさんありました。ミヤマ [続きを読む]
  • 北海道駒ヶ岳の花々*1
  • 7月下旬、北海道駒ヶ岳を訪ねました。イワブクロ。今年も会えて良かったですこの時期シラタマノキはほぼ実になっているのですが、奇跡的に花を見つけました。  オオウメガサソウ。日差しが強くてちゃんと撮れなかった馬の背から。去年は霧で何も見えなかったのですが、今年は大沼小沼が見えました! [続きを読む]