あみい さん プロフィール

  •  
あみいさん: 仲間と歩くあみいの日記(双極性障害→躁うつ病あるよ)
ハンドル名あみい さん
ブログタイトル仲間と歩くあみいの日記(双極性障害→躁うつ病あるよ)
ブログURLhttp://nsnao.hatenablog.com/
サイト紹介文双極性障害・看護師・シンママです☆双極性障害のこと、日々の何気ないことを綴っています♪
自由文看護師・シンママです☆仲間やいろんな人に支えら助けられ生きています。育児・楽しいこと・双極性障害→躁うつ病☆のこと、日々の何気ないことを綴っています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/11/11 14:51

あみい さんのブログ記事

  • 双極性障害・精神科に勤めていた頃
  • 看護師であり患者でもあること以前精神科に勤めていたことがありました。閉鎖病棟でした。一日通して患者さんの看護をしていました。いろんな患者さんがおられますがずっと観察していて思ったことはやっぱり自分と重なるところが多々あるなぁと思ったことです。閉鎖病棟に入院されているからと言っての偏見はもちろんありません。それなりの理由があって入院されているとは思いますが看護師として、自分も精神疾患を患ってい [続きを読む]
  • 看護師への道4 卒業
  • 実習クリア☆春が来て、留年した私は一学年下のクラスに入り、同じクラスで留年した子たちと混じって新たな新学期が始まる。今回のクラスもとてもいいクラスだった。みんな優しかった。実習のグループも、クラス全体も、一学年の時と同じようにみんなが一つになっていた。実習が始まると泣いている子もちらほら。看護記録を提出しても提出してもOKが出ない時がある。心が折れそうになる。それでも諦めるわけにはいかなかった。 [続きを読む]
  • 看護師への道3
  • リハビリ生活☆前回の続きです(*・∀・*)骨折の手術後から少しして早速リハビリが始まるということで自分の腕に合った装具を作ることになった。色はなんと赤!目立つ(笑)右手くびは単純骨折だったのでギブスも外れて装具はなしで大丈夫になった。右手は軽くなった。問題は左腕。肘の部分。粉砕骨折だったからリハビリにも時間がかかる。担当の理学療法士さんは少し年下の可愛い女性の方。リハビリは日曜以外は毎日行う [続きを読む]
  • 看護師への道2
  • 入院生活☆入院してから腕の手術をするまでに一週間かかった。私はその間、学校に行けないこと、実習に出られないことそのことがショックすぎてふさぎ込んでいた。割り切ればいいのに、悔しくて泣いてばかりいた。私は混合病棟にいた。そんな時、あの日運ばれたときに全身を診てくれた外科のM上先生が朝、私のベッドサイドに訪れた。何を話されたかは覚えていない。でも一言二言、椅子に座って話をして去っていった。私 [続きを読む]
  • 看護師への道
  • 新たな始まり☆父の死から数年がたち私は子供を出産し子供が三歳になったころ私は正看護師の資格をとるため全日制の看護学校へ入学した。準看護師の資格を持った人たちが入る看護学科へ。年齢層は幅広く、私は中間くらいの年齢。二年間の学生生活。感覚としては大学のような感じ?一学年の時は学課のみ。自由で楽しく充実した日々。笑顔に溢れた毎日だった。特に楽しかったのは体育祭や学園祭。青春な時間だった。学課の単位 [続きを読む]
  • 看護師になったきっかけ2
  • 大好きな父私は父が大好きだった。一人っ子だった私を父は溺愛していた。「大人になったら一緒に酒を飲もう」よくそう言っていた。父はどこに行くにも私を連れて行っては「今日は姫とデートなんだ」嬉しそうにそう言っていた。私は大人になり、准看護師の資格を取り働くことにも遊ぶことにも楽しかった時期。私は父とは別に暮らしていた。そんなとき父が「最近やたらと黄色い痰が出るんだがどうだ?」と電話してきた。私は「 [続きを読む]
  • 不育症・私が子供に出会うまで6
  • こんにちは、赤ちゃん初めて命を授かってから4年の間私は何度も母になった。その間一度も、赤ちゃんには会えなかったけどそれでも私は母だった。この度わたしのお腹を選んでくれた我が子は男の子。かかりつけの産婦人科の先生とスタッフのみなさんに支えられいよいよその日が来た。赤ちゃんに会える日。帝王切開の前日入院。私のお腹に赤ちゃんがいること私のお腹で赤ちゃんが育ってくれたこと一緒にこ [続きを読む]
  • 不育症・私が子供に出会うまで5
  • 妊婦生活妊婦生活ってあれなんなんだろう。言葉にしようがない幸せ。自分のお腹が大きくなる幸せ我が子が育っているこが目に見えてわかる。いつもお腹に手をあてて話しかける。自分はひとりじゃなくてもうひとりお腹に人間がいるなんて不思議すぎる。そして毎朝起きてお腹の赤ちゃんが動き出すと「ああ今日もちゃんと生きてる。よかった。」って安心する。私が妊婦だった頃、体系を隠さない服装が多かったから私の妊婦 [続きを読む]
  • 不育症・私が子供に出会うまで4
  • 入院生活産婦人科のご飯はおいしいです。おやつも出ます。しかも豪華なんです。入院中の楽しみはご飯とおやつ。でも・・・診察で外来に下りるときは不安で仕方がない。診察室が怖かったです。期待と不安が一つになった感じ。「赤ちゃん大丈夫だろうか。どのくらい育ってるかな」お腹の張りが強かったため、張り止めと引き続きアスピリンは内服。そんな日々が何日も続き妊娠3か月も過ぎて4か月に入りました。診 [続きを読む]
  • 不育症・私が子供に出会うまで3
  • 不育症と引きこもり我が子に出会うことはごく普通に、誰にでもできることじゃない。それまでの私の人生で一番のハードルの高さでした。でも子供に会うための治療の痛みも、通院の大変さも、それにかかる費用もちっとも苦にはなりませんでした。それよりもずっと辛かったことは死産の後の、家の外から聞こえる子供たちの声。私は引きこもりました。日中は外に出られなかった。元旦那さんの職場の社宅に住んで [続きを読む]
  • 不育症・私が子供に出会うまで2
  • 誰でも妊娠したら普通に子供って産まれるでしょ?そう思っていた時の死産からすぐ、産婦人科では原因追及のためにあらゆる検査をしました。染色体検査から、血液凝固系、免疫系すべて。でも異常はどこにもなかった。原因不明でした。「こういう事も中にはあることだから、次は大丈夫よ」そんな先生の言葉を信じてそれから3か月後、私は妊娠しました。嬉しかったです。でも内心不安でした。また途中でお腹の中で死んじゃ [続きを読む]
  • 不育症・私が子供に出会うまで
  • その始まりこんな私にも宝物が。それは中学生になる一人息子です。20代後半で産んだ王子。バカだって言われるくらい、それ異常だよって言われるくらいにデレデレ。もう中学生なのに(笑)そんな息子に会うまでに4年かかりました。私は妊娠しやすく、20代で挙式を挙げた時に赤ちゃんは既に4か月でした。まさに幸せの絶頂。そして定期健診のとき6か月手前、ちょうど安定期になる頃でした。そろそろ胎動って [続きを読む]
  • 看護師のたまご
  • きっかけ私は保育園のころ、奈良の病院へ入院したことがあります。確か眼の病気だったと思います。病室は6人部屋。周りはみんな大人の方で子供は私ひとり。処置の時、大暴れしていたのを今でも覚えています。子供の力って意外に強いので看護師さんたちも大変だったろうと思います。そんな中ある看護師さんが私のそばにきて作ってくれたもの・・・それは白い画用紙で作ってくれた小さなナースキャップでした。それを私 [続きを読む]
  • 双極性障害と仕事
  • オープンではたらく私は看護師として働いていましたがこの病気をオープンにして働いていたことがあります。最初はクローズで入職したんですが欠勤が続いたことで話さざるを得なくなり師長さんにカミングアウトしました。最初はずっと言わないつもりでいたのですが・・・初勤務早々調子が悪くうつ状態でした・・・そして休みがちになりました。師長さんはとても心配してくれていたし周りからもどうしたの?どうしたの?と心配 [続きを読む]
  • 双極性障害・鬱が来た!かも!
  • こんばんは☆やっぱり鬱が来たみたいです。気分落ちてます。絶対嫌だから認めたくないけど身体と頭がうつだよー!って信号だしてるような(>_つい最近までずっと安定してたのにもう面接うける直前だったのに何で今なのよ・・・(;´・ω・)もし何日か前の軽躁状態の反動なら軽い鬱で済むはずだと心から願う。だいたい同じくらいの波がくる、はずだから。さっそくこの三連休は家から出なかった。家族や後輩との予定 [続きを読む]
  • 双極性障害と女子力について
  • うつ状態の時は女子力が下がる件双極性障害でうつ状態のとき私は女子力が下がります。よく聞く話だけど皆さんはどうですか?病気になる前、または躁の時はせっせとメイクに時間をかけて楽しみながらメイクができますよね。ファッションにも気を使って、ショッピングや、オシャレをして出かけるのが楽しいものですよね。でもうつ状態だとそれが一変して一言でいうと何もしなくなる。ほんとに見た目が別人なんですよね( [続きを読む]
  • 双極性障害の日内変動
  • 双極性障害、特にうつ状態での日内変動双極性障害での特にうつ状態での日内変動との付き合い方について思う事を書きます。日内変動とは朝がいちばん気分の落ち込みがひどく午後から夕方にかけて徐々に楽になっていくという症状。うつ病の特徴の一つであるとされていますね。なので自宅でも仕事をしていても朝とてつもなく調子が悪く出勤するのに時間がかかったりするのはそのせいですね。まったく厄介な症状だ。この病 [続きを読む]
  • 双極性障害・もしかして鬱転?
  • この症状は現在フラットで就活中の私ですがこのところやたらとお風呂が面倒くさいんですよね。「明日の朝シャワー浴びよう」ってなるんです。あとはメイクも億劫です。「すっぴんでいいや」ってなります。外出も減りました。睡眠時間が増えました。眠剤を減らしたのですが過眠になっています。え?これってまさか鬱転じゃないだろうね・・こないだ一日だけハイな日があったんですよ。その時はすぐに気がつきました。自分でも [続きを読む]
  • 双極性障害・復職・就活
  • 双極性障害での復職・就活での個人的迷い私は双極性障害でしばらく自宅療養していました。でもそろそろ体調も戻ってきたし、気分の波も穏やかになってきたし、「少しずつならもう働けるだろう」と主治医からも言われたので就活してるところです。私は看護師だけど、看護職に戻るか、以前に経験したことのある居酒屋での仕事にするか、その二つの選択肢でとても迷っています。以前は看護師と居酒屋を掛け持ちしていた時もあったん [続きを読む]
  • 双極性障害と眠剤
  • 今日はメンタルクリニックの日だった。明日で薬が切れるから、今日はメンタルクリニックへ行った。病院は待ち時間がとても長くてしんどいから私はいつも閉まる前ぎりぎりに走り込みをする。今日は眠剤のことについて相談してきた。主治医には「このところ、朝になって起きても寝不足でもないのにまだ眠たいんです。寝ても寝てもまだ眠たい。寝すぎで頭痛が来ることもないしどうしてかわからないけど、とても過眠になってゴロ [続きを読む]
  • 双極性障害・面接で落ちた時のこと
  • お仕事するよ私は看護師だけど、今も昔も人手が足りないせいか、今まで看護師として応募して落ちたことってほとんどない。その中で一番最近に応募したときのこと。フラットになっていたし、また仕事頑張ろーーって受かる同然で面接を受けた時の話。正直者にもほどがある!!履歴書も完璧!面接ももちろん完璧!・・・のはずだった。でも実は私、リストカットの経験があるんです。自傷行為してました。左手をよく見たら、バーコ [続きを読む]
  • 双極性障害(躁鬱病)の誤診ってあるの??
  • 世の中情報にあふれているいろんな動画やインターネットでどんな情報も手に入るこの世の中。鬱がひどかった時は「鬱に効く」なんて情報があれば、飛びついては、あの手この手で何でも試してた(>_そんな時にたまたま「双極性障害(躁うつ病)の誤診について」の情報を耳にしたのだ。誤診ってそんなにあるものなの?いろいろ調べてみたら双極性障害の37%は、単極性うつ病と誤診され双極Ⅱ型障害の正確な診断率は9%に過ぎずうつ病 [続きを読む]
  • 双極性障害・・・フラットになって
  • フラットになったきっかけってなんだろうあれだけ気分の波が安定しなかったのに、今年になって波は緩やかになり、あれだけ悩んでいた昼夜逆転も治り、今ではフラットになりました。何故落ち着いたのか分かりません。これだ!っていうのは分からないけどいくつかきっかけになったのかも?っていうことを書きます。いろいろ変えた。今年に入ってから実家の自室を移動しました。東向きの部屋で太陽が差し込むとても明るい部屋。窓 [続きを読む]
  • 双極性障害で昼夜逆転していたときのこと。
  • 昼夜逆転と私ずいぶん前に、毎日明け方に寝て夕方起きる、という昼夜逆転生活を送っていた時期がありました。眠剤を飲んでも夜眠れなくなり、朝になってやっと寝る・・・という状態が徐々に増えていきとうとう完全体になってしまったお話です(???ㆀ)どうしても眠れない日が続くそれまでは眠剤を飲めばコロリンと眠りについていた私ですが、その時期はなぜだろうか、眠剤を飲んでも一向に眠れなかったんですよね。躁転した訳で [続きを読む]
  • エビリファイの副作用
  • エビリファイで便秘私はエビリファイを内服しているんですが、副作用で便秘になります。何日たってもお通じがないときがあります。なので漢方薬の便秘薬であるツムラの84番、大黄甘草湯を内服しています。飲まないとかなりの確率で便秘になってしまう。今体調がよいので、エビリファイを外すのが正直怖いし、便秘に効く漢方薬を処方してもらってエビリファイは飲み続けています。代表的な副作用体の勝手な動き、手足のふるえ、 [続きを読む]