whitebear さん プロフィール

  •  
whitebearさん: Fragments
ハンドル名whitebear さん
ブログタイトルFragments
ブログURLhttp://whitebear0930.net
サイト紹介文「ことば」に関するさまざまな話題や、2012年に始めたフィンランド語の学習記を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/11/14 12:45

whitebear さんのブログ記事

  • フィンランド語学習記 vol.505 − 見つかる、見つける
  • 次の文を比較してみましょう。Lompakko löytyi kadulta.(道で財布が見つかった。)Pojat löysivät lompakon kadulta.(少年たちは道で財布を見つけた。)「Tarkista Tästä」P.79löytyi は「見つかる」を意味する自動詞 löytyä の三人称単数過去形。löysivät は「見つける」を意味する他動詞 löytää の三人称複数過去形。まずはそれぞれの語形変化をお楽しみください。löytyälöytää一人称単数現在löydynlöydä [続きを読む]
  • presentator(プレゼンテイター)
  • 先日あるプレゼンテーションの研修に参加したときのこと。講師の先生がプレゼンテーションをする人のことを繰り返し「プレゼンテーター」と呼ぶのが気になりました。プレゼンテーター?違和感があるなあと思い、英語の辞書を引いてみたもののやはり presentator という単語は出ていません。プレゼンをする人はプレゼンテーター(presentator)ではなく、プレゼンター(presenter)のはず。おそらくプレゼンテーションという語感に [続きを読む]
  • フィンランド語学習記 vol.504 − 2冊の教科書
  • 現在、通っているフィンランド語教室では『suomea suomeksi 2』と『suomen mestari 3』という二冊の教科書を使っています。隔週でそれぞれの教科書を使っており、お互いの関連性はないのですが、時折、一つの教科書で習った表現が、すぐにもう一つの教科書で出てくるということがあります。例えばこんな表現。− Arvaa, mitä minä teen?(私が何をしているか当ててみて。)− En tiedä. Kirjoitat kirjettä.(知らないよ。手紙 [続きを読む]
  • be all mouth
  • 威勢のいいことばかり言って、行動が伴わない人のことを「あいつは口だけのやつだ」なんていうことがあります。こういった表現というのは万国共通なのだろうか?と思って調べてみると、少なくとも英語には似たような表現があることがわかりました。be all mouth(informal) if you say somebody is all mouth, you mean that they talk a lot about doing something, but are, in fact, not brave enough to do it「Oxford Advanced [続きを読む]
  • The rain in Spain stays mainly in the plain.
  • オーストラリア英語において today を「トゥデイ」ではなく「トゥダイ」と発音することがある、というのはよく知られた特徴の一つです。これはすなわち標準英語における /ei/ の音が /ai/ に変化しているということ。このオーストラリア英語のルーツの一つと言われているのがイギリス、ロンドンのいわゆるコックニー訛りと呼ばれている発音です。イギリスからオーストラリアに渡ってきた労働者たちの話す英語がそのままオーストラ [続きを読む]
  • パンダはどこから
  • 先日、御徒町から上野までいわゆるアメヤ横丁を歩いていたときのこと。上野動物園で生まれた
    パンダの赤ちゃんシャンシャンのグッズが屋台で売られていました。このパンダという単語を英
    語辞書で引いてみると次のように出ています。panda(also giant panda)NOUNA large bearlike mammal with characterist
    ic black and white markings, native to certain mountain forests in China. It feeds almost entirely on bamboo and has b [続きを読む]
  • uber
  • uber と聞けば、現在世界中に広まっている自動車配車アプリケーションを思い浮かべる人が多いと思います。この uber という名前はそもそも何に由来するのでしょう?先日読んだ MacMillan Dictionary Blog の記事にこんな説明が出ていました。Uber is not just the name of the company behind the phenomenally successful app, of course. Uber- is a very productive prefix meaning ‘very’, ‘total’, or ‘complete’, foun [続きを読む]
  • tmesis
  • 今日紹介するのは tmesis という英単語。タイトルを見た瞬間、その綴りに違和感を覚えた人もいるでしょう。その正体はおそらく冒頭の tm の部分。tm で始まる単語というのは珍しいですし、他に存在するのかどうかもわかりません。(atmosphere のように途中に tm が入る単語ならあります。)e を一つ挟んで temesis にすれば、自然な綴りに見えるのですが。。。そんな謎の単語 tmesis の発音は「トゥミースィス」。決して難解な専 [続きを読む]
  • 体育はどこへ行く?
  • 本日10月9日は体育の日。体育の日と言えば10月10日というイメージのある人も多いと思いますが、調べてみると体育の日が10月10日から10月の第2月曜日に変わったのは2000年のこと。ということは、今の若い人にはそもそも「体育の日=10月10日」というイメージはないのでしょうか?さて、そんな体育の日を迎えるのも、もしかしたら今年が最後になるかもしれません。というのも以前より、2020年の東京オリンピックを前に、体育の日を [続きを読む]
  • このケーキ、普通においしい。
  • 「このケーキ、普通においしい」などというときの「普通に」の使い方について考えてみたいと思います。ふつう[(普通)]一(名・形動ダ)…⑤〔俗〕〔「ーに」の形で〕?べつに変なところがなく。とても。「あの人、ーに歌うまいよね・このアイス、わたし的にはーにおいしい」?当然(であるかのように)。「あんなことを言われたらーにおこる・おれが言ったことを、なにーに忘れてるんだ?」〔⑤は、二十一世紀になって広まった [続きを読む]
  • 「立憲民主党」は英語で何と言う?
  • 日本の政党には、海外での広報等も視野に入れて、必ず英語の名前が付けられています。例えば、自由民主党なら Liberal Democratic Party、日本共産党なら Japanese Communist Party です。それでは、今、何かと話題になっている立憲民主党の英語名はどうなっているのでしょう???と思ったら、ロゴマークの下に書いてありました。「立憲民主党」の英語名は The Constitutional Democratic Party of Japan。constitutional は「憲 [続きを読む]
  • 「豆汁」は何と読む?
  • 手持ちの国語辞書アプリで難読語の一覧を眺めていたら、こんな単語が目にとまりました。豆汁難読語ですから、おそらく「まめじる」ではないのでしょう。音読みの「とうじゅう」は間違いではないようですが、ここでは別の読み方を紹介します。その読み方はこちら。ご[(:豆汁)](名)ダイズを水にひたして こまかくひいたもの。とうふの材料。また、染め物用。「三省堂国語辞典 第七版」「豆汁」と書いて「ご」と読みます。ひ [続きを読む]
  • でこぼこの英単語
  • 「凸面レンズ」や「凹面レンズ」という日本語に使われている「凸凹」という漢字の優れた点は意味が伝わりやすいこと。凸がふくらんでいる方で、凹がへこんでいる方というのは、字面を見れば誰でもわかります。それではこの「凸凹」は英語でどのように表したらよいのでしょう?辞書を調べてみると、次のような単語が出ていました。convex(of an outline or a surface) curving out「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」concave [続きを読む]
  • 「哀悼」と「追悼」の違いとは?
  • 文章を書いていると、ちょっとした言葉の使い方に迷うことがあります。この前、ふとわからなくなってしまったのが「哀悼(あいとう)」と「追悼(ついとう)」の使い分け。亡くなった人についての文章を書いていたときに、「哀悼の意を表する」「追悼の意を表する」のどちらがしっくりくるだろうと考えていたのですが、考えているうちにますますわからなくなってしまったので辞書を引いてみました。あいとう[哀悼]人の死をかなし [続きを読む]
  • Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch
  • 英語辞書のアプリで a で始まる単語を眺めていたら、こんな単語が出ていました。 Aberystwyth 意味もわかりませんが、読み方もわかりません。タップしてみると、次のような意味が出ていました。Aberystwytha town on the west coast of Wales, famous for its university「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」Aberystwyth はウェールズの西海岸にある町の名前。日本語のカナ表記では「アベリストウィス」となるようです。こ [続きを読む]
  • フィンランド語学習記 vol.500 − Kauas pilvet karkaavat
  • フィンランド語教室で使っているテキスト『Suomen mestari 3』でフィンランドの映画監督アキ・カウリスマキの1996年の監督作品『浮き雲』が紹介されていました。『浮き雲』の原題はKauas pilvet karkaavat。そのまま訳せば「雲が遠くに逃げていく」という感じでしょうか。フィン英日kauasfar遠くpilvicloud雲karataescaperun away逃げる 今回は映画のあらすじ紹介も兼ねて、テキストの本文をがりがり訳してみたいと思います。199 [続きを読む]
  • 『なくなりそうな世界のことば』
  • 先日、新宿の紀伊国屋書店に行ったときに、書棚で見かけたのがこちらの本。これはずるい。一瞥しただけですぐにレジに持っていってしまいました。『なくなりそうな世界のことば』は、世界の50の少数言語を選んで、その言語特有のユニークな表現を素敵な絵とともに紹介する一冊。掲載されている50の言語は話者数の多いものから少ないものへと並べられています。その一覧を見てみましょう。アヤクチョ・ケチュア語(900,000人)ネワ [続きを読む]
  • amn’t の代役
  • 例えば、海外などでよく聞かれる、 Are you from Tokyo? という質問に No で答えるとき、 No, I’m not. と答えることはできますが、 No, I amn’t. と答えることはできません。(方言などでは使うこともあるようです。)一方、You are not / It is not の場合は二通りの短縮形を作ることができます。× I amn’t◯ I’m not◯ You aren’t◯ You’re not◯ It isn’t◯ It’s not こうして並べたときに不思議に思うのは [続きを読む]
  • influenza, influence
  • influenza(インフルエンザ)という単語はよく見ると influence(影響)という単語によく似ています。最初の7文字目までは同じで、違うのは最後の2文字だけ。これは単なる偶然なのでしょうか?Oxford Dictionaries のウェブサイトで influenza と influence を調べてみると、それぞれ次のような語源の説明が載っていました。(一部のみ抜粋)influenza…OriginMid 18th century: from Italian, literally ‘influence’, from me [続きを読む]
  • 山歩きのきろく(2)− 青と緑の霧ヶ峰[2017.09]
  • 先週、長野県の霧ヶ峰を歩いてきたので、そのときの様子を少しシェアしてみたいと思います。霧ヶ峰は長野県の茅野市、諏訪市にまたがる車山(くるまやま)を中心とした高原地帯の名称。特定の山を指した名前ではありません。 霧ヶ峰への行き方都内から公共交通機関で行く場合は、新宿駅から特急あずさなどで最寄りの茅野駅まで2時間、路線バスに乗り換えて車山高原まで60分というルートが一般的なようです。あるいは東京から長野 [続きを読む]
  • 星人たち
  • ウルトラマンシリーズに出てくる「◯◯星人」の中で一番有名なのはおそらくバルタン星人でしょう。他にもダダ星人・メフィラス星人など様々な◯◯星人が登場しますが、バルタン星人ほどのネームバリューはないような気がします。この星人というのはウルトラマンでしか使われない用語なのかと思っていましたが、何と国語辞書の見出し語になっているのを発見しました。せいじん[星人](造語)①その星の人。「バルタンー〔=特撮ド [続きを読む]