増田艸亭 さん プロフィール

  •  
増田艸亭さん: 増田艸亭のブログ−書の道草・ことばの書窓。
ハンドル名増田艸亭 さん
ブログタイトル増田艸亭のブログ−書の道草・ことばの書窓。
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/shodo_itusyukai
サイト紹介文他愛のない詩を作り、そして生涯かけて古典に立脚した馥郁の書を求めて・・・
自由文|書家:増田艸亭|書との出合い、生涯かけて古典に立脚した馥郁の書と自由詩を求めて・・・他愛のない気儘な自由詩を作り、その詩を日々調和体で書いています。その他日常の日記や旅先の事なども綴っています。専門は漢字系書家、幾つかの書道団体の役員・審査員をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2012/11/14 17:18

増田艸亭 さんのブログ記事

  • 世並み/柿の木。
  • |世並み|世のなりゆきには、かなわずときあり。世の中の一寸先は闇、俄に思わぬ事が起きる。|柿の木|長年に亘り育てた、柿の木を一瞬伐採、思い出の多きこと、木の束の間無念さ。柿の木が可哀想だったが、都合で仕方なく伐採した。   [続きを読む]
  • 感/山茶花の花。
  • |感|食感がよい食べ物を、書感もよい書作品を。「感性」と「感覚」を大いに働かせ、よき書作品を書きたい。|山茶花の花| 十月中雨降り続き、寒さの影響此の時期に咲かない、自宅に在る山茶花の花が咲く。   [続きを読む]
  • 書くことは/内に秘める。
  • |書くことは|字を書く専門家は、それなりの技術を磨かなければ  ならない。書く=①絵や符号・文字をしるす。②文章を  しるす。③著作する。・・・書字力、書写力、作文力がそ れぞれに充実され、総合されて、初めて書く活動が円滑に行われる。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・|内に秘める|誰かさんを見習う、何分野でも言える、 表面に語る極端な、自信過剰好くない。プロボクシングの 「村 [続きを読む]
  • 対立。
  • |対立|はげしさ増す角目だつ、面汚しになりかねない。   [続きを読む]
  • 大樹。
  • |大樹|  樹齢の長き高木は生物の中で長寿、古から多くの歴史を見つめている。 高く聳え立つ大樹は威風堂々とし、 声なしの揺ぎ無い貫禄の容姿なり。   [続きを読む]
  • 鐵舟展/価値観。
  • 鐵舟展 平成二十九年六月小川町出身・幕末三舟のひとり。|感動|小川町にて、古人を偲び、ラスト侍の、鐵舟展みる。|価値観|何の分野でも言える裏切り者は支持せず。人間の価値無し。◇墨水会教室(東京)の稽古日。   [続きを読む]
  • 二字書(積善)/足下。
  • |二字書(積善)|善行を積み重ねる。積み重なった数々の善行をいう。 ・・・・・・・・・・・善き行いを重ねたいもの。同一作品の色反転。|足下|足下を確り見つめて歩こう。◇大宮教室(水曜クラス)の稽古日。   [続きを読む]
  • 寝床で/清々しい。
  • |寝床で|寝床について、寝付けるまで、過る心の片隅。・・・・・・・・・・・・寝床につくと色々な事が過る。同一作品の色反転。|清々しい| 朝の散歩中に挨拶した、 中学生の三人に感心し、清々しい気持になった。   [続きを読む]